熱い何が

2006年9月

熱いアーカイブはである何


2006年9月29日

緑茶の混合物はantidiabetic効果をもたらす

2006 10月はの栄養物の ジャーナルの問題 epigallocatechinの没食子酸塩(EGCG)、緑茶のflavanolが、マウスおよびラットの糖尿病を軽減することが分ることに関するスイスの 研究者 によって記事を特色にした。

1つの実験では、タイプ2の糖尿病性のマウスは2.5、5.0含んでいる食事療法を与えられたまたは緑茶の1キログラムあたり10.0グラムは94% EGCGに提供を得る。 糖尿病性のマウスの制御グループはEGCGを受け取らなかったし、もう一人のグループはantidiabetic薬剤と扱われた。 血ブドウ糖は処置の前にそして毎週7週の調査の結論まで分析された。 口頭ブドウ糖負荷試験は5週に管理された。 実験の終わりに、マウスから取られた血液サンプルはブドウ糖、脂肪酸なし、トリグリセリドおよび血しょうインシュリンのレベルのために分析された。

研究者は偽薬のグループがantidiabetic薬剤を受け取る間、10週間キログラムの食事療法ごとの5グラムでEGCGの濃縮物を受け取ったラットとの同じような実験を行なった。

EGCGは5週後に見つけられた線量依存改善する糖尿病性のマウスのブドウ糖のレベルそしてブドウ糖の許容をだった。 EGCGの大量服用を受け取ったマウスは混合物を受け取らなかった動物と比較されたブドウ糖のレベルの36.9%平均減少を経験した。 トリグリセリドのレベルはまた減った線量依存であり血しょうインシュリンは増加した。 EGCGをまた受け取った糖尿病性のラットは改善されたブドウ糖の許容を経験し、血しょうインシュリンを増加し、そしてより低い脂肪酸なしがあった。

調査チームがH411Eのラットのレバー腫瘍の細胞に対するEGCGの濃縮物の効果をテストした付加的な実験では、混合物は脂質の新陳代謝およびブドウ糖の形成にかかわったdownregulateの遺伝子に見つけられた。

「EGCGの食餌療法の補足防止のための栄養の作戦に可能性としては貢献でき、タイプ2の糖尿病の処置は」、は著者完了する。

— Dの染料


2006年9月27日

中枢神経系の腫瘍の危険はビタミンを使用した母の子供で下がる

ジャーナル蟹座の疫学のBiomarkersの9月、2006問題および 防止で出版されたレポートは 彼女達の妊娠のmultivitaminの補足を早く取る女性の子供にmedulloblastomaおよび原始neuroectodermal腫瘍として知られている成長の腫瘍のより危険度が低いのがあること 国立癌研究所が 資金を供給した研究の見つけを明らかにした。 Medulloblastomaの腫瘍は動きを調整する、medulloblastomasに類似している原始neuroectodermal腫瘍は中枢神経系の他の部分に起こる小脳と呼ばれる頭脳の区域で形作り。

だれが子供の腫瘍学のグループで登録されていたか6の年齢が米国およびカナダで、小児科癌の組織プログラムする前にGreta R. Bunin、フィラデルヒィアの小児病院および彼女の同僚のPhDは、medulloblastomaと診断された315人の子供を調査した。 グループは315人の任意に指定健康な子供と比較された。 子供の母との電話インタビューがpericonceptionのビタミンの使用に関する情報を得るのに使用された。

Bunin's先生のチームはそれ妊娠のmultivitaminsを早く取ることが腫瘍を開発している子供に対して保護だったが妊娠のそれらを後で取ることが予防ではなかったようではないことを見つけた。 「概念の近くの時間がこれらの腫瘍の開発の重要な期間であるかもしれないこと私達の調査結果」はBunin先生を示した提案する。 「しかし、ほとんどの女性はまだ知っていないこの非常に初期で妊娠していることを。 そういうわけで生殖年齢の女性は」妊娠することを試みなくても神経管欠損症を防ぐためにmultivitaminsを取るために助言される。

完了されるBunin先生は「妊娠の完全に助けの最初の数週間のmultivitaminsを取って神経管欠損症を防ぐ。 より多くの研究がされることを残る間、私達の調査結果はmultivitaminsがある脳腫瘍を」同様に防ぐかもしれないことを提案する。

— Dの染料


2006年9月25日

クルクミンは大腸癌にかかわるホルモンを妨げる

でレポート ジャーナル臨床癌研究の9月15日現われた、 2006は問題、Galvestonの医学の枝テキサス州立大学の研究者でそのクルクミン、スパイスのウコン、ブロックに含まれていた混合物を見つけることを大腸癌の開発にかかわる胃腸ホルモンの 活動記述した。 クルクミンはいろいろな腫瘍の細胞を戦うのを助けるように前に発見され1つの小さい臨床試験のコロンのポリプを減らすのを助けるように示されていた。

細胞培養との研究では、クルクミンが炎症性蛋白質のinterleukin8の生産につないだ脂肪によって呼ばれるneurotensinの消費に応じて作り出されるホルモンの活動を妨げることがB. Mark Evers医学の枝外科教授テキサス州立大学および彼の同僚は分った。 Interleukin8は人間の大腸の、膵臓および他の癌細胞をの成長そして広がりの高める。 クルクミンは細胞内の生化学的な信号の減少によって機能し、neurotensinが利用することそれによりinterleukin8の生産を下げる。

「私達は結腸癌の細胞で、neurotensinがまた他の重大な事ちょうど成長率を、細胞移動および転移を含んで高めるが、ことが」、Evers先生が注意した分った。 「この天然産物によって消すことができるすべてがクルクミン、実際に驚くべき」だったという事実。

「クルクミンが結腸癌の処置のために有用かもしれない、またこの胃腸ホルモン、neurotensinに答える細胞の潜在的な結腸癌の抑制は」、はEvers先生完了したことを私達の調査結果提案する。 「すべての大腸の癌細胞の約三番目にneurotensinのための受容器がある。 従って、概念は私達が胸および主要な療法がホルモンを妨げることを含む前立腺癌のためにすることをのようちょっとである。 私達はこのホルモンに」答える胃腸癌との同じような事をすることを望む。

— Dの染料


2006年9月22日

NiacinamideはMSの患者を保護できる

神経科学のジャーナルの2006 9月 20日、問題は 小児病院ボストンでニコチン酸アミドかniacinamideとして知られているビタミンB3の形態がまだ有効な処置あっていないかそこにどれがのためにほとんどの深刻な不能が成長する 段階である、多発性硬化の慢性の進歩的な段階に起こる神経の損傷から保護を助けるかもしれないこと研究者の見つけることを出版し。 ビタミンはニコチン酸アミドのアデニンdinucelotide (NAD)へ前駆物質として炭水化物からのエネルギーの生産で細胞によって使用される混合物に機能する。

現在の調査のために、研究員Shinjiro金子、MDおよび同僚は人間の多発性硬化に類似している実験自己免疫の脳炎のマウスを使用した。 彼らは毎日のsubcutaneousニコチン酸アミドの注入を与えることが手始めを遅らせ、神経学的な不能の厳格が対照動物と比較したことが分った。 ビタミンの大量服用はより大きい利点と関連付けられた。

処置によって保護された神経線維は髄鞘のカバーの発火そして損失からの軸索を呼んだ。 既に保護ミエリン鞘を失ってしまった繊維のそれ以上の低下を防ぐために助けられたビタミンは有効であると、早い管理がより有利だったが実験自己免疫の脳炎の誘導の後で管理されたとき見つけられ。

チームはニコチン酸アミドが脊髄ことをのNADを高めることによって働くことを発見した。 NADの最も低い脊髄のレベルがあるとすばらしく神経学的な欠損のマウスは見つけられる間、最少の欠損とのそれらはハイ レベルがあった。 動物にNADを直接与えることはまた軸索の退化を防いだ。

「私達は」金子先生が示したことを私達の仕事が臨床試験を始めること、そしてニコチン酸アミドが実質の患者で使用できることを望む。 「MSの炎症抑制薬剤の早い段階であなたがaxonal損傷から」保護する必要がある長期ははたらくようにが。

— Dの染料


2006年9月20日

カバルネワイン- sauvignon -アルツハイマー病から保護される飲むマウス

レポートはFASEBジャーナル(実験生物学のためのアメリカの社会 の連合) の11月2006日問題の出版物のためにニューヨークで赤ワイン カベルネ ソーヴィニョンを飲むことがアルツハイマー病(広告)のマウス モデルのアミロイド ベータneuropathologyそしてメモリ損失を防いだこと記述する先生および6月Wangシナイ山の医科大学院の先生のグィリオ マリアPasinetti 見つけることを予定した。 結果はまたアトランタで来月10月14-18日催される神経科学の会議のための社会の示される。

研究者はアルツハイマー病の第一次特徴である頭脳のプラクの集結を開発するために繁殖したマウスを使用しベータ アミロイドのペプチッドに起因する。 生後7か月に始まって、カベルネ ソーヴィニョンかエタノールは4か月間動物の飲料水に加えられた。 マウスの制御グループはどちらの物質も加えられなかった飲料水を受け取った。

ワイン高められた水を受け取った動物はアルツハイマー病で行われたり、またエタノールか明白な水を受け取ったマウスと比較されるアミロイドのneuropathologyを減らした空間的なメモリ機能の損失の減少があると見つけられた。 カベルネ ソーヴィニョンがアミロイドの生成を防ぐアミロイドの前駆物質蛋白質のnonamyloidogenic処理を促進したことが発見された。

「私達の調査カベルネ ソーヴィニョンの形態の赤ワインの消費がおよそ7か月間飲料水でかなり分娩した穏健派が広告タイプのベータ アミロイドのneuropathologyを減らす、およびモデル広告」はとおよそ11ヶ月のtransgenicマウスの記憶悪化であることを報告する第1 Drs PasinettiおよびWangは発表した。 「この調査」は完了することを女性のための日および人のための2ごとの1杯の飲み物のFDAの食餌療法の指針によって推薦される範囲内の穏健派のワインの消費が、広告の臨床痴呆のための相対的な危険を減らすのを助けるかもしれないことを示す疫学的な証拠を支える。

— Dの染料


2006年9月18日

科学者は寿命延長の投資のための呼出しを出す

老化する研究のための同盟によって後援された科学者の国際的な会合は老齢人口と国で「長寿配当」を作成するために政府および世界的なヘルスケアの組織で健康な人命の拡張に投資するために呼ぶ2006 9月12日、に署名した声明を出した。 「私達は科学者が結果が流れおよびすべての次世代のための健康そして経済的な利点である寿命中表現される致命的な、不具になる病気の広い範囲を延期することを私達を許可する老化することについての十分を学ぶので歴史的時に」、それら発表した達した。

「資格を与えられた声明は90人の科学者および老化する研究の支持者に長寿の配当を追求して」、署名し、老化プロセスを遅らせるそれを科学的にもっともらしい断言し、増加されたその資金は分野の劇的な前進を作り出すことができる。 イリノイ大学のS.ジェイOlshansky先生は7年がより低いヘルスケアの費用、高められた節約およびより大きい労働者の生産性で起因すると少し老化の率を遅らせることを説明した。 Olshansky's先生の感情はシカゴ大学のノーベル賞受賞者の先生およびアレグサンダーKolache生じる老齢人口が付いている国に社会的な、経済的な利点に注意した世界保健機構の先生によってロバートFogelエコーされた。 グループは研究に「あらゆる1つの主要で致命的な病気のための外科的処置、行動修正または治療がことができないものをするする潜在性があるので老化の介在の調査の増加された資金のための必要性を表明した; 即ち、寿命中の若々しい活力を」拡張しなさい。

「目的170歳人を作り出すことではないが成功の平均60であることを得るように80年かかるべきである」はダニエル ペリー同盟ディレクターは示した。 「私達に実際に選択がない最もよい考えの科学および医学研究と私達の人口統計学の未来に真正面から直面することは」発見できる。

— Dの染料


2006年9月15日

ルテインおよびゼアキサンチンの補足は皮に寄与する

2006年9月12日向こうの美のパリの会議のに報告された調査の結果はルテインおよびゼアキサンチンとして知られている脂質の酸化から保護している間目の健康のための栄養の補足として一般にまた摂取される葉が多い緑の野菜の混合物が皮の水和、伸縮性 および 表面の脂質を増加することが分った。

現在の調査はイタリアおよび彼の同僚のナポリの大学に応用化粧品の皮膚科学の教授である先生によってピエルフランチェスコMorganti行なわれた。 女性はイタリアに存在する25から50受け取った12週間口頭および項目ルテインおよびゼアキサンチン、または偽薬の百万の項目ルテイン/ゼアキサンチンの方式ごとの10ミリグラム口頭ルテインおよびゼアキサンチン、50部分、組合せを老化させた。 Morganti先生は偽薬のグループと比較された皮の脂質の酸化の肌の弾力性の改善とことが口頭で、原則的に管理されたルテインおよびゼアキサンチンそして口頭でそして原則的に関連付けられた、皮の水和および表面的な脂質レベル、また減少分った。 結合された口頭および項目ルテインは皮の水和の60%増加、肌の弾力性の20%増加、表面的な脂質レベルの50%高度、および皮の脂質の過酸化反応の65%減少に終って最も大きく全面的な利点を、提供した。

調査は提案する前の調査結果にルテインの規則的な摂取は助けが太陽および人工光によって与えられる損害から保護する皮の酸化防止防衛システムの改良を助けるかもしれないことを貢献する。

「これは人間の皮のルテイン/単独でゼアキサンチンの影響を定める最初の調査である」発表されたリチャードL.ロバーツ、Keminの健康のための科学的な出来事の上級管理者であるPhDの、ルテインの一流の製造業者。 「それは水和、伸縮性および脂質の内容」を高めることによって皮の健康および出現の促進に於いてのルテインの肯定的な役割の強く新しい証拠を提供する。

— Dの染料


2006年9月13日

飲む緑茶は十年にわたる死の低下と関連付けた

米国医師会医学総合誌の 2006 9月13日、問題は 日本の研究者によって緑茶の高い取入口がすべての原因からの、また11年のフォローアップの期間の間に心循環器疾患からの死亡率の 減少と 関連付けられたことレポートを出版した。

Shinichi栗山町、MD、公序の東北大学の学校のPhDは、仙台、日本および同僚1994年に始まった40,530人の日本の大人のOhsakiの国民健康保険のグループ調査で得られたデータを検査した。 11年間のフォローアップにわたるすべての原因から4,209の死、および892の心循環器疾患の死が7年間のフォローアップの間にあった。

緑茶の1日あたりの5個飲むまたはより多くのコップを関連付けられたフォローアップの間に1日あたりの1個以下のコップを消費した関係者が経験した危険より死ぬことの16%危険度が低いとことが発見された。 7年の期間にわたる心血管の死亡率は分析されたときに、1日あたりの緑茶の少なくとも5個のコップを消費した人の中で26%より低い見つけた。 利点は5個のコップまたはコップよりより少しを消費したグループと比較された緑茶の多くを飲むことと関連付けられた心循環器疾患がもとで死ぬことの31%より危険度が低い経験した女性間でより大きかった。

緑茶が高血圧および肥満のような心循環器疾患の危険率を減らす証拠を示したが、現在の調査は細かったと高血圧の歴史を持たなかった人の中の死亡率の減少を見つけた緑茶の酒飲み。 著者は緑茶のポリフェノール、特にepigallocatechin 3没食子酸塩が、この調査で観察される利点に責任があるかもしれないことを彼らの酸化防止特性が原因で提案する。

— Dの染料


2006年9月11日

クランベリー、自然な抗生物質

アメリカ化学会の年次総会は2006年9月10日クランベリー ジュースの混合物がだけでなく、尿路感染症を防ぐのを助けるでしたり虫歯、胃腸炎および腎臓の伝染のような他の伝染のための抗生物質へ代わりであることができることが分ることに関する マサチューセッツのウスターの工芸学校の化学工学Terri Camesanoの助教授によってに提示の場所。

proanthocyanidinsとして知られていたクランベリー ジュースまたはタンニンの混合物のさまざまな集中の消化管の細菌エシェリヒア属大腸菌の成長によってCamesano先生および彼女のチームは全か純粋なクランベリー プロダクトは最も大きい利点があることができることを提案する高い濃度の細菌に対する増加する効果を観察した。 細胞膜を変えることによってエシェリヒア属大腸菌がすべての伝染の第一歩である付着細菌がから細胞ことをにクランベリーによって細胞が付いている接触をすることを、変え、困難にする棒から球へ細菌の形を防がれた。

チームが行なった前の研究ではクランベリー ジュースにより細菌が尿道ライニングに結合することができるようにエシェリヒア属大腸菌の表面に圧縮されるようになるためにあるそれをさらに困難にするfimbriaeとして知られていた小さいつるを引き起こしたことが発見された。 クランベリーが変わったこと現在の研究の見つけることはエシェリヒア属大腸菌の棒の形今までに一度も観察されてしまわなかった。 さらに、グラム陰性のエシェリヒア属大腸菌はのようにクランベリー ジュースが細菌の細胞膜を変えたことを信じるために研究者を導いているグラム陽性の細菌をし始めた--別に新しい見つけること。

「私達はクランベリー ジュースの映像を得始めて、特に、タンニンは可能性としては有効な抗菌性の代理店としてクランベリーで見つけた」、Camesano先生は示した。 「これらの結果意外、陰謀的、抗生物質に特にある特定の病気もたらす細菌の成長する抵抗についての増加しつつある心配を」は与えられてである。

— Dの染料


2006年9月8日

Tocotrienolsは前立腺癌の細胞のapoptosisを引き起こす

ジャーナル生化学的な、生物物理学の研究コミュニケーションの2006 7月28日、問題は かなり正常な前立腺の細胞に影響を与えていない間パーム油のtocotrienolが豊富な一部分(TRF)の適用がプログラムされた自滅(apoptosis)および前立腺癌の細胞の成長停止で起因したこと、Janmejai K. Srivastavaおよび場合のクリーブランド、オハイオ州の 西部の予備 大学のSanjay Guptaの調査結果を出版した。 Tocotrienolsは他の利点と共に癌の予防の特性があるかもしれないビタミンEの8つの一部分の4つである。

現在の調査のための人間の前立腺癌の細胞の正常な人間の前立腺の上皮細胞、ウイルスに変形させた正常な細胞および3つのタイプのデュオによって使用される文化。 Tocotrienolsは1ミリリットルあたり5、10、20、40のそして80マイクログラムの集中で管理された。 細胞の制御グループは不活性の解決を受け取った。

最低の成長の阻止が常態に起こり、ウイルスにtocotrienolsの高い濃度の付加に続く正常な細胞を間、変形させたりより低い集中で始まる前立腺癌の細胞ラインすべての細胞の実行可能性そしてコロニーの形成に重要な減少があった。 tocotrienolsと扱われた前立腺癌の細胞は正常な細胞はapoptosisを経なかったが、高い濃度と増加した重要なapoptosisを経た。 細胞周期の分析はまた3つの前立腺癌ラインでだけ細胞周期の特定段階に線量依存した効果を示した。 「前立腺癌の細胞が正常な同等よりTRFの露出に特異的に答えることこれらの観察観察される」、は著者を提案する。

Drs SrivastavaおよびGuptaに従って、前立腺癌の流行そして長い潜伏期間はそれにchemopreventive手段のための理想的な候補者をする。 知識にこれは正常な細胞を変化しない残している間示す最初の調査ことを前立腺癌の細胞のパーム油の原因の細胞周期の阻止そしてapoptosisのtocotrienolが豊富な一部分である。

— Dの染料


2006年9月6日

NCIの科学者は戦いのメラノーマに免疫細胞を設計する

いろいろな癌では、扱う方法であると証明するかもしれない何がスティーブンA. Rosenberg、国立癌研究所のMDおよび彼の同僚は遺伝的に彼らの腫瘍を確認し、攻撃するためにメラノーマの患者のT細胞を変更した。 腫瘍のそれらのような外国の細胞を戦う、けれどもほとんどの人間の彼らの能力は癌を除去して十分ではないT細胞はタイプの白血球 である。 2006年8月31日ジャーナル科学の科学明白なセクションのに研究はオンラインで印刷物に先んじて 出版された

Rosenberg先生のチームはmetastaticメラノーマと17人からT細胞を取除き、メラノーマの細胞を確認する受容器を挿入するのに変更されたウイルスを使用した。 患者への細胞を再導入した後、研究者は細胞が少なくとも2か月間15人の患者の循環で主張した、ことが分り1年後に2人の患者で。 腫瘍の患者によって経験された退化の2つは病気が療法を受け取った後18か月あり。

プロシージャが巧妙だった患者の数が小さいが有効性を改善するために、それ以上の研究は予測される。 Rosenberg先生は彼のチームがまた攻撃胸、肺およびレバー腫瘍に免疫細胞を設計する方法を見つけたことを示した。

現在の研究は「人間で腫瘍退化を引き起こすために遺伝子の処理により示されていたこと最初に」Rosenberg先生を示した表す。 「私達は患者からの正常なリンパ球を取り、腫瘍反応細胞に」変えてもいい。

科学「、s年長の編集者コメントされるスティーブン シンプソン「のこの著作記号戦い癌への私達の免疫組織の力の利用の重要な次のステップ。 このペーパーの出版物は基礎研究に」かかわる患者、臨床医およびそれらを含む人々の広いスペクトルに重要な仕事の、強調を助けるべきである。

— Dの染料


2006年9月5日

飲むジュースはより低いAlzheimerの危険とつながった

2006 9月はの アメリカの医療ジャーナルの問題 1週あたりのジュースの3つ以上のサービングを飲んだ人々は1週あたりのジュースをより少なくより一度消費した人と比較されたアルツハイマー病を開発する減らされた危険があった ことチー 戴、MD、PhDおよび同僚の見つけることを出版した。

関係者はハワイ、シアトルおよび日本に住んでいる日本の民族性のより古い個人の痴呆を調査したNI Hon海のプロジェクトで登録された。 現在の調査は痴呆なしで認識機能のために2年毎に10年まで間査定されたシアトルの1,836人の主題を含んだ。 自己管理されたアンケートが果物と野菜ジュースの取入口を定めるのに使用された。

調節された分析は飲むジュースに1週あたりの少なくとも3回を報告した関係者は1週あたりに役立つより少しにより1消費した人と比較されたアルツハイマー病の印を開発する危険の76%減少があったことを明らかにした。 関係は遅手始めのアルツハイマー病と関連付けられた遺伝標識を運んだ個人間で特に強かった。

日本の居住者間のアルツハイマー病の発生が低いが、率は米国に住んでいる食事療法のような環境要因が複雑であることができることを提案している日本の家系の人々間でより大きい。 研究者はジュースのポリフェノールの内容が現在の調査で観察された利点に責任があることができることを信じる。 最近の動物実験は認識低下の遅れとポリフェノールの取入口を関連付けた。 「ジュースからのあるポリフェノールが酸化防止ビタミンより強いneuroprotective効果を示したことをまた、動物実験および細胞培養の調査は確認した。 従って私達は今ポリフェノールを見ている」と戴先生は示した。

先生が戴行なった未来の研究は果物と野菜ジュースで見つけられるポリフェノールの高い血の集中が認識低下およびアルツハイマー病に対して保護なら確認する。

— Dの染料


2006年9月1日

イギリス ジャーナルはアジア幼児のためのビタミンDの補足を推薦する

イギリスのビタミンDの不足の再発に応じて、幼年期の病気のアーカイブの 印刷物に先んじて出版される記事は ビタミンDの補足が生れからの2年の年齢へのアジア民族性の子供に与えられることを推薦する。 ビタミンDの不足が前に低下してしまったが、条件にビタミンDの補足のための政府の資金の停止が最近なったより流行する原因がある。 ビタミンDは皮でが日光に露出されたとき総合される、色黒の個人を不足により敏感するより少ないビタミンDの統合の色素形成の結果を高めた。

現在の調査のために、Lancashire、イギリスのBurnleyの総合病院の研究者は1994年から北西イギリスのおよそ242,000人の居住者を機能した国民医療制度の信頼の2005年まで小児科の記録のhypocalcemic動乱、hypocalcemic tetanyおよびくる病の場合を捜した。 弓足、tetany、放射能証拠、生化学的な結果および他の要因のような結合された規準は診断のビタミンDの不足に使用された。 12が2000年から2005年診断されたからビタミンDの不足の14の場合は識別された。 子供の1人を除いてすべてはアジア民族性であり、どれもビタミンの補足を受け取らなかった。

著者はビタミンDの不足がより調査されたすべての子供間のアジア子供間の8倍高くだったことを定めた。 すべての子供間の923から1と比較された117人のアジア子供に付き1人はビタミンDの不十分だった。 いくつかの病気のの苦労そして高められた危険に加える条件を、扱う高い費用のためにそれは相談する、生命の最初の2年のアジア起源のすべての赤ん坊のビタミンDとの補足が成長する問題へ経済的な答え」であるかもしれないことを著者は「提案する。

— Dの染料


熱いアーカイブはである何