熱い何が

2005年11月

熱いアーカイブはである何

2005年11月30日

N acetylcysteineは肺線維症の肺低下を遅らせる

ニューイングランドの医療ジャーナルの11月 24日2005問題は acetylcysteine、酸化防止グルタチオンの前駆物質が、独特の肺線維症のために扱われている患者の肺の機能の悪化を遅らせる独特の肺線維症の国際的なグループの探検のN acetylcysteine Iの年次(IFIGENIA)試験の調査結果を報告した。 独特の肺線維症はオキシダント酸化防止不均衡が病気プロセスに貢献するかもしれないが、原因が未知の慢性の進歩的な間質性肺炎である。

600ミリグラムのN acetylcysteineか偽薬を受け取るために二重盲目の偽薬では制御された試験は、182人の肺線維症の患者1年間1日あたりの3回ランダム化された。 関係者はまたprednisoneを与えられ、標準的な薬剤であるアザチオプリン、病気のために規定した。 重大な容量およびおよび肺の機能の手段である一息をつく間の一酸化炭素の拡散容量は調査の始めに、そして6かそして12か月に測定された。

元の関係者の百8つは1年の調査を完了した。 N acetylcysteineを受け取った主題は人がより偽薬を受け取った重大な容量および一息をつく間の一酸化炭素の拡散容量の遅い損失を経験し、12か月に両方の測定のための大きな価値があった。 死亡率はN acetylcysteineを受け取った人の中でわずかにより低かった。

著者は養生法に600ミリグラムのacetylcysteineを毎日加えるそれを3回結論を出したまたはprednisoneおよびアザチオプリンの助けは独特の肺線維症の患者の肺の機能を単独で薬療法よりよく維持する。 「従って標準的な療法に加える高線量acetylcysteine」、はそれら書く、「、独特の肺線維症の患者のための理性的な処置の選択」ある。

— Dの染料


2005年11月23日

アスピリン: underprescribedおよび十分に利用されていない

第2心臓発作か脳卒中の 危険度が高い であると考慮されるすべての心血管の患者はアスピリンを定期的に受け取ることを世界的の医療専門家が推薦するにもかかわらず、多数はまだそれを受け取っていない。 アスピリンがより費用効果が大きいのにコレステロールを下げることができる副作用をもたらすかもしれないstatinの薬剤を推薦するために、医者は本当らしかったり。

私用医者および病院の外来患者部によって規定 データを集めた1993-2003米国の国民の 歩行の 医療の調査および国民の病院の歩行の医療の調査によって得られる評価された情報スタンフォード大学の医科大学院で開架ジャーナルPLoS (科学の公共図書館)の薬www.plosmedicine.org、Randall Staffordおよび同僚で出版される調査のため。 最も高い使用の調査の間に、高められたアスピリンの使用はそれ危険度が高い訪問のちょうど32.8%で所定だったことが分られる間。 statinの薬剤のための規定はアスピリンのためのそれらを1997年にそして検査された著者が広まった消費者薬剤の広告に帰因させる期間中増加し続けた超過した。

アメリカの糖尿病連合が40の年齢にわたるすべての糖尿病患者にアスピリンを推薦したが、糖尿病患者の12%だけ2003年にアスピリンを受け取っていた。 女性は薬剤を受け取って人よりまずなく心臓学医以外医者によってを気遣われている患者は心臓学医の心配の下でそれらよりアスピリンを受け取ってまずなかった。

著者はアスピリンの過少利用の理由の一部分が危険に関する不確実性であることができることを提案する。 アスピリンは徴候の潰瘍の2.5%から4.5%そして出血のような深刻な複雑化の1%から1.5%と関連付けられた。 これらの危険は得られる心血管のでき事の減少15%から40%に照し合わせてアスピリンが予防として使用されるとき評価されるべきである。

— Dの染料


2005年11月21日

絶食は動物の中心を保護する

アメリカの中心連合ジャーナル循環の11月17日2005問題で出版された調査の 結果は ことが経験されたより少なくischemic傷害引き起こされた心臓発作に続く一日置きに絶食したラット分った。

ボルティモアの老化の国民の協会の研究者は冠状動脈のligationによって心筋梗塞を引き起こす前に3か月間60匹の2ヶ月のラットに毎日または一日置きに与えた。 各グループのラットの小群は偽りの外科を受け取った。

予想通り、かなり経験された隔日の食餌療法の養生法のラットは毎日与えられたラットと比較された3ヶ月の期間にわたる体重増加を減らした。 各グループのラットの同じようなパーセントが冠状動脈のligationの24時間以内に死んだが次の10週の間に毎日食べる人がの3分の1が存続しなかった間、断続的に絶食させたラット間に死がなかった。

冠状動脈のligationを経た動物からの中心のティッシュが24時間外科の後の検査されたときに、損なわれた区域のサイズはグループによって与えられた日刊新聞のより食餌療法の限られたラットで2.5倍小さく、apoptotic筋肉細胞の数は4回少数だった。 断続的に絶食させたグループの炎症性応答はまたかなり非絶食させた動物で観察されたそれよりより少しだった。

10週後で、動物が非限られたグループに起こった彼らの特定の養生法、左の心室の改造および心筋梗塞の拡張で続けた間に限られたグループで観察されなかった。

著者は断続的な絶食は 圧力の 抵抗のメカニズムによって機能するかもしれないがカロリーの制限が酸化圧力減少によって利点を出すかもしれないことを書く。 従って両方のメカニズムはこの調査で観察される中心に対する保護効果に責任があるかもしれない。

— Dの染料


2005年11月18日

アスピリンは6.5年の期間にわたる女性の死を下げる

2005年11月14日アメリカの中心連合の年次科学的な会議のに報告された調査の調査結果は6の間にアスピリンを 持っていたすべての 原因の死亡率の17%減少、また心血管の死亡率の25減少を取るおよび半分年の調査の期間心循環器疾患のpostmenopausal女性ことを示した。

デューク大学の医療センターの心臓学仲間Jeffrey Berger、MDおよび同僚は1994年以来の93,676人のpostmenopausal女性を次女性の健康の初めの観測の調査で登録された心循環器疾患の8,928人の女性から集められたデータを分析した。 現在の調査の関係者の四十六%アスピリンの規則的なユーザーだった。

調査の6.5コースに、関係者の8.7%死んだ。 研究者がなかった人にアスピリンを持って行っていた主題を比較したときに、心循環器疾患と、全原因の死亡率の17%減少関連付けられた、死の25%減少およびアスピリンを取るそれらの中の心血管のでき事のわずかな減少を見つけた。 赤ん坊のアスピリンで見つけられた81ミリグラムの線量と比較された325ミリグラムの線量の取得と関連付けられた相違がなかった。 観察されるBerger先生「私達はアスピリンが心循環器疾患のpostmenopausal女性の生命を救うことができる従ってアスピリンを取っている最高にそれらの女性のパーセントは90%べきであることがわかる。 アスピリンを苦しまないこれらの女性の唯一の理由はそれらにアレルギーが取らないあればまたは厳しい副作用に」である。

Berger先生は私達が全原因の死亡率または他のどの心血管のでき事のような結果も見たときに、「、私達見つけなかった2つの線量間の重要な相違を付け加えた。 その理由で、私達はだけでなく、すべてのpostmenopausal女性をアスピリンの取得についての彼らの医者と話すように励ます医者がアスピリンを推薦すれば、最も低く可能で有効な線量で」取られるべきである。

— Dの染料


2005年11月16日

カロリーの制限は逆の早段階のパーキンソン病を助けることができる

ワシントンD.C.で保持された神経科学のための社会の第35年次総会はチャールズMeshul、調査結果のオレゴンの健康及び科学大学(OHSU)のPhDによって少数のカロリーを消費したマウスが早いパーキンソン病の逆転のある印を示したこと11月15日に提示の 場所行った

現在の調査では、Meshul OHSUの医科大学院に行動の神経科学の助教授である、および同僚は早いパーキンソン病に独特である、頭脳でドーパミンの損失60%から70%あったマウスを使用した先生。 動物の1つグループに食糧へのアクセスが毎日あり、他のグループは21日間一日置きに与えられた。

彼らは食事療法が体重の限られた無くなった10-15%だったマウスが食事療法が限られていなかったマウス、および限られたマウスのグルタミン酸塩のレベルと上がった比較したことが分った。 グルタミン酸塩はパーキンソン病と低下する学習かかわる神経伝達物質であるおよび運動制御に。 説明されるMeshul先生は「食餌療法の制限グルタミン酸塩のレベルを正常化するようである。 私達がグルタミン酸塩のレベルにに戻って、本質的に、管理水準を得ているという事実はパーキンソンの効果を妨害することを継続する頭脳にある特定のシナプスの変更があることを示すかもしれない。 これがかもしれない何を示す実際、病気と」関連付けられるlocomotor欠損の逆転である。

さらにドーパミンの神経ターミナルの数の減少があると、一日置きに供給を受け取ったマウスは見つけられた。 注意されたMeshul先生「それはシステムをどうかして保護することを試みているかどんな食餌療法の制限がしているか非常によくことであることができる。 そして食餌療法の制限が保護である理由の1つは特定のシナプスの活動を減らしていることであるかもしれない。
それは実際にデータが」示すものである。

— Dの染料


2005年11月14日

セレニウムの不足は膝の骨関節炎の高められた危険とつながった

最初のものである調査ではミネラル セレニウムの不足を持っているそれを膝の関節炎と関連付けられることを、Chapel Hill Thurstonの関節炎の中心のノースカロライナ(UNC)の 大学 の研究者は発見した。 見つけることは2005年11月15日にサンディエゴのリウマチ学のアメリカの大学の年次総会で示される。

現在の調査はJohnston郡の骨関節炎のプロジェクト、Johnston郡、ノースカロライナで関節炎の4,400人の個人を登録した長期調査で940人の関係者を含んだ。 主題の足指の爪の切抜きはセレニウムのレベルのために分析され、病気の範囲を定めるために膝のX線フィルムは評価された。

調査チームはことを関係者で検出された百万セレニウムごとのあらゆる付加的な第10部品のために定めた膝の骨関節炎の危険の減少15%から20%あった。 示されるUNCの医科大学院におよびorthopedics仲間の医学部教授であるジョアンヌ ヨルダン鉛の研究者の先生「私達は誰も骨関節炎への関係のボディ セレニウムをこのように測定しなかったのでこれらの調査結果について非常に興奮する。 . . 私達は私達が3グループに関係者を分けたときに、最も高いセレニウムのレベルとのそれらは低セレニウムのグループのそれらより膝の骨関節炎の40%危険度が低いに直面したことが分った。 最も高いセレニウムのグループのそれらは厳しい骨関節炎のチャンス半分のについてだけか両方の膝で病気持っていた。 調査結果のいくつかはアフリカ系アメリカ人および女性でより強かった。次のステップが」、ヨルダン先生にセレニウムが軟骨にいかに影響を与えるか会う実験室にある""は加えた。 「それは保護酸化防止剤として機能するかもしれない。 後で、私達はより大きいサンプルとの調査を拡大し、セレニウムの補足が苦痛か他の徴候を」減らすかどうか見たいと思う。

— Dの染料


2005年11月11日

青年ホルモンは酸化圧力の抵抗を高める

生命の糸を回す青年延長効果を出すためにギリシャの女神がインシュリンおよびインシュリンそっくりの成長の要因1シグナリングを抑制するホルモンとして機能によって最近発見された後Klothoと示される蛋白質。 (インシュリンそっくりのシグナリングの阻止は延長寿命のためのメカニズムである。) klothoの遺伝子の欠陥は寿命の延長は遺伝子のoverexpressionによって引き出されたが、人間の老化に類似しているマウスのシンドロームを作り出すと見つけられた。 「週のペーパーでは」、生物化学、Masaya山元町のジャーナルの 11月11日2005問題で出版し、Klothoがまた酸化圧力へのボディの抵抗を高めることをダラスの南西医療センター テキサス州立大学の同僚は発見した。

細胞培養およびマウスの調査によって、研究者は否定的にインシュリンおよびIGF-1シグナリングによって調整される活動化のトランスクリプション要因によってKlotho蛋白質がより少なく有害な混合物に有害なスーパーオキシド基を加水分解するマンガンのスーパーオキシドのディスムターゼを引き起こすことを定めた。 南西医療センター テキサス州立大学に病理学の助教授であるMakoto Kuro-o調査の共著者は調査結果を説明した: 「高められた長寿は酸化圧力への高められた抵抗と常に関連付けられる。 酸化圧力によりDNA、結局老化を引き起こす、細胞の機能悪化で起因する脂質および蛋白質のような重要な生物的高分子への酸化損傷の蓄積を引き起こす。 . . この調査で私達は有害な反応酸素種を解毒するKlothoがそれによりボディの酸化圧力への抵抗を」ことを高める細胞の機能を高めることによって仕事をすることを提案する。

Kuro-o先生は付け加えた、antiagingホルモンKlothoが抵抗細胞および動物の酸化圧力への相談することを「私達は示した。 これはKlotho蛋白質自体か小さい分子のmimeticsがantiaging薬として役に立ちそう」かもしれないことを意味する。

— Dの染料


2005年11月9日

十分なビタミンDはカルシウム条件を下げることができる
 
1日あたりの800ミリグラム上ののカルシウム取入口は人および女性のために推薦された、食事療法からのこのレベルを得ることは挑戦的である場合もある。  但し、レポートは米国医師会医学総合誌の問題が 1つが十分なビタミンDを消費すれば1日 あたりのカルシウムが必要ではないかもしれない800ミリグラムを引き継ぐそれを明らかにした11月9日2005日に出版した。 

Laufey Steingrimsdottir、レイキャビクのLandspitali大学病院のPhDは、アイスランドおよび同僚カルシウム取入口および血清のビタミンDのレベルに従って分けられた944人の大人を調査した。  食糧頻度アンケートはカルシウムでデータを提供し、ビタミンDの取入口および血血清のサンプルはhydroxyvitamin Dおよび副甲状腺のホルモン( PTH )のレベルのために分析された。  副甲状腺のホルモンの助けはカルシウムの正常な集中を維持し、カルシウムのレベルおよびcalcitriol、ビタミンDの生物学的に活動的な形態によって調整される。 カルシウムおよびビタミンDの不十分は副甲状腺のホルモンの増加と関連付けられる。  

ビタミンDが水平になる高いビタミンDのグループの関係者が1ミリリットルあたり18のnanogramsに、持っていた最も低い副甲状腺のレベルをある間、副甲状腺のレベルはビタミンDのレベルが低いグループにあったレベルの中で最も高かった。  低いビタミンDのグループのそれらの中で、カルシウム取入口がより少しにでまた低かった主題は1日あたりのより800ミリグラム最も高い副甲状腺のレベルがあった。  低いカルシウム取入口を高いビタミンDおよび高カルシウムの取入口を持っていることを用いるグループの副甲状腺のレベルに影響を与えなかったが、持っていることは低いビタミンDは高いビタミンDのグループで測定されたそれらの下で副甲状腺のレベルを下げなかった。   

完了される著者血清PTHことをの希望値の維持の高カルシウムの取入口より重要かもしれないことを「ビタミンDの充足が私達の調査は提案する。 ビタミンDはカルシウム控え目な効果をもたらし、ビタミンDの状態が保障される限り、以上800 mg/dのカルシウム取入口のレベルは維持カルシウム新陳代謝のために不必要かもしれない。  ビタミンDの補足は北の気候の年のほとんどのための十分なビタミンDの状態を」保障して必要である。

— Dの染料


2005年11月7日

肺癌に対するCruciferous野菜の保護効果はある個人でより強い

研究の手紙は尖頭アーチの問題がことをGSTM1および GSTT1遺伝子が 肺癌に対してcruciferous野菜からの不活性経験のかなりより大きい保護よりである個人活動的な遺伝子とのそれら示した10月29日2005日に出版した。 キャベツ、ブロッコリーおよび芽キャベツのようなCruciferous野菜にある観測の調査で見つけられる肺癌に対して保護効果に責任があるかもしれない高いイソチオシアネートの内容がある。 GSTM1およびGSTT1はボディのisothiocyanatesを除去するグルタチオンSトランスフェラーゼの酵素を作り出す。 遺伝子の1つまたは両方が不活性のとき、イソチオシアネートの集中は上がる。

ライオン、フランスおよび同僚の癌研究のための国際的な代理店のポールBrennanは2,141人の肺癌の患者の遺伝の状態を査定し、2,168はおよび性によって一致させる制御老化する。 キャベツ、ブロッコリーおよび芽キャベツのについての含まれた質問がすべての関係者によって消費完了された食糧頻度アンケート。

週の消費ごとにように少なくとも一度定義されたcruciferous野菜の高い取入口は低い(より少しにより一度1ヶ月あたりに)消費と比較された肺癌を開発する22%によって減らされた危険と関連付けられた。 調査チームはcruciferous野菜の週間消費は遺伝子が両方とも活発だった、なぜならそこの不活性GSTM1個人の肺癌に対する保護効果と関連付けられなかったがことをとのそれら低い取入口と比較された最高とのそれらの中の肺癌の33%より危険度が低かった発見しGSTT1遺伝子の不活性形態とのそれらに37%より危険度が低かったがあった。 不活性にして72%両方の遺伝子をもらってcruciferous野菜の取入口が低速と高く比較されたそれらのための肺癌のより危険度が低い相談した。

完了されるBrennan先生は肺癌に対するcruciferous野菜の消費の相当な保護効果に「これらのデータ強力な証拠を」提供する。

— Dの染料


2005年11月4日

蟹座防止の研究のフロンティアの癌研究の第4国際会議のためのアメリカ連合の2005年10月31日ブロッコリーの芽の日常消費がHの幽門、細菌の胃炎および胃潰瘍のほとんどの箱に責任がある細菌の 戦い によって慢性の細菌の胃炎(胃のライニングの発火)を改善することがに、複数の興味深い提示の1つでは報告された。 左の未処理は胃癌に、条件感染させた個人をし向けることができる。

日本の筑波の大学のAkinori Yanaka、MD、PhDおよび同僚は芽100グラムのブロッコリーのか2か月間毎日アルファルファの芽受け取るためにHの幽門に感染した40の主題をランダム化した。 ブロッコリーの芽はsulforaphaneのglucosinolate、酸化傷害から細胞を保護したり、また殺菌剤としてHの幽門に対して機能するsulforaphaneに変える混合物で高い。 アルファルファの芽は、が他の栄養素の最高、sulforaphaneかsulforaphaneのglucosinolateを含んでいない。 胃の発火およびHの幽門は処置の1かそして2かの数か月後に処置、および調査の終わりに続く2か月の前に植民地化測定された。

2か月間ブロッコリーの芽を消費した関係者はアルファルファの芽を受け取った人は減少がない間、Hの幽門および胃炎のより低いマーカーを持つと見つけられた。 これらの価値は2か月最初のレベルに処置の期間の停止の後の戻った。

「細菌感染および胃炎の表示器ブロッコリーの芽を食べたグループでかなり」、はJed Fahey、MD、ジョーンズ・ホプキンス大学のScD完了された調査の共著者減った。 彼は付け加えた、「H.の幽門の伝染は胃癌および他の胃の無秩序の高い比率を引き起こす混雑させた居住水準および悪い公衆衛生を用いる場所で特によく見られる。 限られたヘルスケア資源との多くの成長地域では、有効な食餌療法の変更はかもしれある特定の病気の率を」減らすために薬剤を規定するよりはるかに実用的。

— Dの染料


2005年11月2日

イチョウの使用はほとんどの致命的な女性癌のより低い発生とつながった

ボルティモアの蟹座防止の研究の会合の癌研究の第4年次フロンティアのためのアメリカ連合の2005年10月31日に提示はそれをbilobaがハーブを取らなかった女性が経験するそれより卵巣癌の 開発 の60%危険度が低いと関連付けられる消費のイチョウ明らかにした。 

Drsによって導かれるマサチューセッツ研究者。 ボストンの卵巣癌および640の健康な一致させた制御を用いる600人の女性からの検査されたデータのBrighamそして女性の病院の大箱YeおよびダニエルCramer。  癌を持つ女性の10番%の6か月間1週あたりの草の補足の使用を少なくとも一度かより長い草の補足の使用を報告した健康な女性の数と対等だった彼女達の診断前に報告した。 

最も一般的なハーブの、イチョウだけ卵巣癌の減らされた危険と関連付けられると見つけられた。  健康な女性の4%にイチョウを使用して報告された卵巣癌とそれらの1.6%と比較した。  nonmucinous卵巣癌を経験した女性の間で、イチョウの使用は65-70%危険の減少と関連付けられた。  

生体外の調査はイチョウの細目の混合物が卵巣癌の細胞の成長を停止したことが分った。  説明される先生Ye:  「イチョウの化学薬品の混合物の中で私達は実験室の証拠をというginkgolide AおよびB見つけた--テルペンの混合物--この保護効果に貢献する動的機器はある。 . . 卵巣癌の細胞のイチョウの行為の詳しいメカニズムがまだ健康な理解されている間、既存の文献からイチョウおよびginkgolidesが多くの余分および細胞内信号の細道によって反発火およびantiangiogenesisプロセスにかかわること多分それ。 将来、これらの調査結果はginkgolidesの活動的な形態を使用して可能性としては卵巣癌防止および療法のための新しい作戦を」、提供できる。

— Dの染料

熱いアーカイブはである何