熱い何が

2004年11月

熱いアーカイブはである何

2004年11月30日

糖尿病性の人で共通低いtestostosterone

臨床内分泌学および新陳代謝のジャーナルの11月 2004日問題の調査は 3つの糖尿病性の人からのに低いテストステロンがあることを明らかにした。 調査はまた生殖腺機能減退症として知られている不足が精巣の欠陥によって脳下垂体の機能不全によって引き起こされないことを示した。

バッファローの大学の研究者およびバッファロー、ニューヨークのKaleidaの健康は、タイプ2の糖尿病を持つ103人の血清のテストステロンそして他の準のホルモン レベルを 測定した。 人のどれも低いテストステロンと前に診断されてしまわなかった。 人の33%ホルモンの低水準があったことが発見された。 および調査の共著者Sandeep Dhindsa、MD、バッファローの補助医学部教授の大学は調査チームの調査結果を説明した: 「低いテストステロンのレベルの意外にも高い流行はこれらの患者の第一次欠陥が下垂体またはより高く視床下部にあったことを提案する性腺刺激ホルモンと呼ばれた下垂体のホルモンの低レベルと関連付けられた。 性腺刺激ホルモンが農産物のテストステロンに睾丸を運転するので、見つけるこれはタイプ2の糖尿病のこの複雑化の病因に私達に洞察力を」与える。

見つけることは生殖腺機能減退症がタイプ2の糖尿病と前につながってしまわなかったので重要である。 テストステロンの低水準は筋肉調子の減少されたリビドー、勃起不全、損失、増加された腹部の脂肪質、低い骨密度、悪い気分および減らされた認識機能を含むいくつかの不利な健康状態と、関連付けられる。

加えられたDhindsa先生は「更に調査私達がタイプ2の糖尿病性の患者が成長の生殖腺機能減退症により傾向があるなぜか定めるのを助ける。 肥満は生殖腺機能減退症の高い流行の一部分を説明するかもしれない間、他人がまたタイプ2の糖尿病との準をかなり貢献する考慮することは本当らしい。 この区域ははっきりより詳しい調査のために熟している。

— Dの染料


2004年11月26日

検討の発見のマグネシウムはstatinsよりよい利点を提供するかもしれない

栄養物のアメリカの大学のジャーナルの10月 2004日問題で出版される検討は マグネシウムの有利な効果がstatinの薬剤のそれらを上回ることができることが分った。 Statinsは一般に高いコレステロール値が付いている個人、心循環器疾患のための 危険率のために規定される薬剤のクラスである。 薬剤が副作用をもたらすので、何人かの人々彼らの心循環器疾患の危険を改善する代替方法を追求している。

アンドリアRosanoff、PhDおよびMildred S Seelig、ブルックリンのニューヨークDownstateの医療センターの州立大学のMDはstatinの薬剤、またマグネシウムが酵素の5ヒドロキシ3 methylglutaryl補酵素Aの還元酵素を(HMG CoA還元酵素)不活性にするという事実を論議する。 HMG CoAの還元酵素はコレステロールの形成の第一歩であるmevalonateと呼ばれる物質にHMG CoAを変える。 mevalonateを減らすことはendothelial機能を改善し、発火を減らし、そして他の心血管の利点を提供する。 しかしマグネシウムはまた助けが高密度脂蛋白質(HDL)のコレステロール値を上げ、低密度の脂蛋白質(LDL)のコレステロールおよびトリグリセリドを減らすレシチン コレステロールのアシル トランスフェラーゼ(LCAT)として知られている別の酵素の活動にかかわる。 さらに、プロスタグランジンに改宗者のリノール酸およびリノレン酸を助けるdesaturaseとして知られているもう一つの酵素はマグネシウムに依存している。 なお、細胞内のマグネシウムの最適のレベルは助けが血管を膨張させる自然なカルシウム チャネルのブロッカーである。

下痢か穏やかな胃腸苦脳がマグネシウムの補足によって引き起こされた唯一の副作用である一方、statinの薬剤が凝血、より低い発火を防ぎ、アテローム性動脈硬化から保護を助ける間、Drs RosanoffおよびSeeligはことにそれらレバー酵素を上げ、myopathy、また他の引き起こすことができる副作用注意する。 Statinsはと比較された1ヶ月あたりの少なくとも$100.00を月のマグネシウムの供給のための以上$20.00要しなかった。 結合されるこれらの要因はそれを増加するマグネシウムがstatinの薬剤の取得へ実行可能な代案であることができることを提案する

— Dの染料


2004年11月24日

新しい癌発火リンク

レポートはジャーナル科学(http://www.sciencemag.org/)の細部の11月 26日 2004問題で持たれていて信じられてように胃癌が胃幹細胞よりもむしろ 骨髄 に起きる幹細胞から起こすコロンビア大学の医療センターからの研究者の調査結果を出版した。

癌の専門家は癌の大半がティッシュの幹細胞から起きると仮定した。 胃癌の場合には、癌が胃のライニングで見つけられた胃の幹細胞から出たと考えられていた。

胃癌のマウス モデルを使用して、骨髄と住まれる胃に導かれたHの幽門を搭載する慢性の伝染がintraepithelial癌に進歩した細胞(BMDCs)を得たことをテモテC. Wang、MDおよび同僚は観察した。

医者および外科医のコロンビア大学の大学に消化が良いおよび肝臓病の部分の責任者である示された先生はWang、「これもたらすすべての癌がいかにについての起きるか現在の仮定の再評価をかもしれない予想外に見つけることだった。 この調査の含意は診断の新しい方法および多くの癌–胃、食道、肺、膵臓、レバー、等のような慢性の発火に」つながった特にそれらの処置をもたらすかもしれない。

胃癌とつながったHelicobacterの幽門を搭載する伝染の間に、骨髄の得られた細胞は胃で正常な胃細胞の死をもたらす細菌が引き起こす発火および潰瘍を修理するように試みるためにたくさん着く。 変形に傾向があって、骨髄は幹細胞をなる胃癌の細胞に得た。

骨髄の得られた幹細胞と胃癌間の関係のこのより明確な理解と、「発表されるWang先生私は人々のためのスクリーニング モデルを癌の危険度が高いに確立し、とりわけこれらの細胞」を目標とする新しい処置に調査結果を翻訳するために働くことを計画する。

— Dの染料


2004年11月22日

葉酸の補足は神経管欠損症の70%防ぐことができる

セミナーでは尖頭アーチの11月20日2004問題 で出版した、女性が想像する前にそして早い妊娠の間に葉酸の補足を取ったら神経管欠損症(別名二分脊椎)として知られていた共通の生まれつきの障害の70% 防ぐことができる ことをアメリカの著者のグループは発表した。

神経管は頭脳および脊髄になる萌芽期構造である。 開発の間の奇形は現代修理技法の生命のいくつかの悪影響で、後で起因する。 ほとんどの幼児の欠陥の原因が未知であるが、染色体の異常および遺伝子の無秩序は多くの場合責任にすることである。

folateの輸送および新陳代謝を調整する遺伝子が欠陥に対する葉酸の保護メカニズムにかかわることをテキサスA&Mの大学制度の健康科学の中心のローラMitchellおよび同僚は提案する。 葉酸を取る女性の失敗が無秩序と子供に出産する8倍の高められた危険に2の結果を補うことをランダム化された臨床試験および他の調査は示した。 調査はまた危険神経管欠損症のとの血のfolateのレベル間の反対関係を、そして補足の葉酸の取入口と食餌療法示した。

著者は無秩序の外科および医学管理のための必要性を論議し、神経管欠損症の子宮内閉鎖が米国で行なわれていることに注意する。 彼らは完了する、「二分脊椎は処置および防止両方に途方もない成功の唯一の生まれつきの障害である。 ヒト ゲノムの私達の理解の継続前進はこの無秩序の原因を理解する新しい機会を提供して、提供する二分脊椎の防止のための改善された作戦の開発の見通しを」。

— Dの染料


2004年11月19日

グレープ ジュースはHDLを上げ、発火を下げる

動脈硬化、血栓症および管の 生物学(http://atvb.ahajournals.org/)の11月 2004日問題はそれを飲むグレープ ジュースのかなり上げられた高密度脂蛋白質(HDL)のコレステロール見つけ、安定した冠動脈疾患の個人の発火を下げた研究者の形態のボストン大学の医科大学院 によって 行なわれた調査の結果を出版した。 HDLは保護利点の効果心循環器疾患に対して相談するいわゆるよいコレステロールである。

二重盲目の調査では、冠状病気の20人の個人は一致のグレープ ジュースか14日間飲むべき偽薬を与えられた。 これは2週間の流出の期間に先行していたそのあとで偽薬を受け取った人はジュースを受け取った人およびジュースを与えられた偽薬を与えられた。 および薬理学ボストン大学の仲間の医学部教授、およびジェーンE. Freedman、MD調査の共著者は、結果を説明した: 「増加するHDLのレベルに加えて私達は炎症性マーカーがそこに成長する興味であるスーパーオキシド、遊離基および溶けるCD40配位子の生産の重要な減少を見た。 溶けるCD40配位子の血小板解放はアテローム性動脈硬化および管の発火の開発に貢献すると考えられる。 私達は健常者の前の調査で飲むグレープ ジュースがスーパーオキシドの生産を減らし、血小板の集合を禁じる、けれども血小板の炎症性特性の影響は前に調査されてしまわなかったことを見た。 溶けるCD40配位子情報は新しく、特に興味深い、この炎症性マーカーと心循環器疾患間のリンクの成長する興味を」与えられて。

一致ブドウからのグレープ ジュースは米国農務省によって最近テストされる他のどの飲料もよりサービングごとのproanthocyanidinsの多量を含むために文書化されてしまった。 Proanthocyanidinsは多数の1つ酸化防止剤および他の有利な特性があるポリフェノールとして知られている植物の混合物である。 著者は赤ワインを飲むことと関連付けられる赤ワインおよび紫色のブドウの心循環器疾患の減少が見つけられるにポリフェノール帰因したことに注意する。

— Dの染料


2004年11月17日

より高いセレニウムは等しくより低い大腸の癌の危険性を水平にする

国立癌研究所のジャーナルは 血のセレニウム保護の高度は大腸癌の前駆物質である大腸のアデノーマの再発に対して相談することを明らかにした3つのランダム化された試験から得られたデータの分析を出版した 。 調査結果はジャーナルの11月17日2004問題で報告された。

現在の調査は大腸のアデノーマの再発を防ぐ栄養療法の機能を検査した3つの試験を分析した: ムギぬか繊維の道、ポリプの防止の試験およびポリプの防止は調査する。 血清のセレニウムのレベルは登録に1,763人の関係者が提供した血液サンプルから確認された。 アデノーマのreoccurrenceは調査のフォローアップの期間の間に行なわれたcolonoscopiesによって確認された。

すべての試験では、セレニウムが水平になる関係者は最も高かった経験した新しい大腸のアデノーマの開発の最も危険度が低いの。 血のセレニウムが関係者の最初の4分の1にあった主題はセレニウムが最も低い四分の一にあったそれらより新しいアデノーマの34%危険度が低いがあったことが発見された。

資格を与えられる伴う社説では防ぐ「セレニウムは大腸癌をことができるか。 アラキドンおよびリノール酸の酸化新陳代謝がコロンの腫瘍の形成に貢献することを疫学からの道標」、スコットM Lippman、M.D.アンダーソン蟹座の中心テキサス州立大学のMDおよびおよびImad Shureiqi、および記念のSloan-Ketteringの蟹座の中心のアナJ Duffield-Lillicoは観察する。 セレニウムおよびセレニウム含んでいる混合物は、酸化防止活動のために有名である。 またセレニウム扱われた培養された細胞で観察される細胞の成長の阻止がcyclooxygenase 2 (COX-2)に依存したメカニズムの減少によって一部には達成される証拠がある。

強度が大腸のアデノーマの防止のセレニウムや他の混合物の臨床試験の興味もし先生Lippmanおよび同僚はことをこの分析の調査結果予測する

— Dの染料


2004年11月15日

ビタミンK2の取入口はより低い心臓病の危険とつながった

栄養物(http://www.nutrition.org/)のジャーナルの11月 2004日問題で 出版された調査は分ったビタミンK2 (menaquinone)の高められた食餌療法取入口が冠状心臓病(CHD)の より危険度が低いのと 関連付けられることが。

ネザーランドからの研究者はビタミンKの不足がそれにより心臓病の危険を上げるatherosclerotic損害の高められた石灰化に導く彼らの仮説をテストした。 彼らは4,983人の人および女性を1990年から1993年まで55番の年齢およびより古い登録したロッテルダムの調査で得られたデータを検査した。 現在の調査は心臓発作の歴史無しで4,807人の関係者の食餌療法データを分析し、2000年までの続いた。

フォローアップの期間の間に144の重大でない最初心臓発作、54の致命的な心臓発作および45の他の致命的な冠状でき事があった。 他の原因は602人の付加的な関係者の生命を要求した。 ビタミンK1ビタミンK2だけがまた総コレステロールの減少と関連付けられた(phylloquinone)およびビタミン両方K2が肯定的に高密度脂蛋白質(HDL)と関連付けられると見つけられる間。 ビタミンK2の取入口の最初の3分の1の個人は取入口が最も低かったそれらと比較された事件CHDの41%減少を(虚血性心疾患の致命的で、重大でない心臓発作、突然の心臓死および他の形態と定義される)経験した。 冠状心臓病からの死亡率、またすべての原因からの死亡率はビタミンKのレベルが最も高かった死亡率のためにかなり減った。 さらに、厳しい大動脈の石灰化は逆にビタミンK2の取入口と関連していると見つけられ冠状心臓病がもとで死ぬ危険と肯定的に関連付けられた。

この調査の結果はビタミンK2の助けがより古い個人の冠状心臓病からより高いビタミンK2の取入口ことをと関連付けられる全原因の死亡率の減少によって示されているように他の病気の危険性を高めないで保護することを提案する。

— Dの染料


2004年11月12日

反社会的な行動は予防可能な直通の幼児期の栄養物であるか。

調査は精神医学(http://ajp.psychiatryonline.org/)のアメリカ ジャーナル の11月2004日 問題生命の必要な栄養素の不足が早く行動問題および減らされたI.Q.に後でつながることを明らかにした出版した。

南カリフォルニアの大学の研究者は14年間マリシャスのインド洋の島の男の子そして女の子に続いた。 年齢3の栄養の状態はBのビタミン、蛋白質、亜鉛および鉄不足の物理的な表示器の存在によって 査定された。 認識能力および知性はテストされ、背景および居住水準は査定された。

300人の五十三人の関係者はだれがか1,206と比較された栄養不良の印を表わした。 家の行動は年齢8で、年齢11の学校の行動および認識機能、および17の家および学校の行動査定された。 年齢3で栄養の不足の印を示さなかった子供と比較されて、栄養不良の子供は8.歳で侵略を示して41%本当らしかった。 年齢11で、10%で示されている栄養不良の子供は侵略および滞納で、そして年齢17で増加したり、十分に養われた子供と比較された激しく、反社会的な行動に51%増加があった。 大きい数の栄養不良の表示器を持っていて高められた反社会的な行動と関連付けられた。 社会階級はこの調査の子供の行動と知性のレベルが要因だったようであるどんなに、関連付けられなかった。

亜鉛によって、鉄特徴付けられる、より遅く反社会的な行動をもたらす低いI.Q.にエイドリアンRaineの説明された、「悪い栄養物の調査の共著者そして大学は南カリフォルニアの心理学部教授のビタミンBおよび蛋白質欠乏症、導く。 これらは頭脳の開発に」つながるすべての栄養素である。

「栄養物より反社会的な行動へ多くがあるが、それが重要なミッシング リンクであること私達は」、Raine先生を加えた論争する。 「生物学は運命ではない。 私達は反社会的で、積極的な行動に生物的傾向を」変えてもいい。

— Dの染料


2004年11月10日

DHEAの補足はおなかを膨らますことを減るのを助けるかもしれない

(http://jama.ama-assn.org/)米国医師会医学総合誌の 11月10日2004問題で 出版された調査は反対のホルモンのdehydroepiandrosterone (DHEA)に と補って、年齢の増加がインシュリン抵抗性およびアテローム性動脈硬化とおよび関連付けられる腹部の脂肪を減らすのを助けるかもしれないことが分った。 DHEAの副腎によって作り出された老化と低下するホルモンは、前に実験動物の腹部の脂肪を縮めると見つけられてしまったが人間に対する効果は確認されなかった。

デニスT. Villareal、MDおよびジョンO. Holloszy、セントルイスのワシントン州大学医科大学院のMDは、28人をランダム化し、28人の女性は1日DHEAあたりの50ミリグラムか6か月間偽薬を受け取る65から78を老化させた。 腹部の内に起こる、および皮の下にあるsubcutaneous脂肪は処置の期間の前のそしてに従がって磁気共鳴イメージ投射、およびブドウ糖およびインシュリンの応答によって口頭ブドウ糖負荷試験の管理によって定められた測定された内臓の腹部の脂肪。

調査の結論で、受け取った関係者はDHEA内臓重要な損失およびsubcutaneous脂肪を経験した。 DHEAを受け取った女性は内臓の脂肪10.2%の平均をおよび人失った7.4%の平均を失った。 Subcutaneous脂肪質の損失は人および女性のための6%平均した。 偽薬を受け取った人は両方の区域の脂肪の少量を得た。

DHEAはまたインシュリンの行為を改善した。 重要で不利なでき事はDHEAと関連付けられなかったし、ホルモンによりオスの関係者の前立腺の特定の抗原のレベルで高度を引き起こさなかった。 著者は、「これらの調査結果提供するDHEAの取り替えが部分的にDHEASの低い血清のレベルを持つ高齢者の腹部の脂肪の老化関連の蓄積を逆転させるかもしれないという証拠を書く。 それらはまた長期DHEAの取り替え療法が」。腹部の脂肪質の蓄積を減らし、新陳代謝/インシュリン抵抗性シンドロームの開発から保護するかもしれないという可能性を上げる

— Dの染料


2004年11月8日

アルファ リノレン酸の助けは心臓死から女性を保護する

アメリカの中心連合の科学的な会議2004年はアルファ リノレン酸のより高い心臓病および突然の心臓死で死ぬことから女性を保護するのを助ける食餌療法のレベルがようであるハーバード研究者の調査結果の11月8日に 提示 の場所だった。 アルファ リノレン酸(翼部)は亜麻仁、canolaオイル、緑葉菜および他の食糧で見つけられるオメガ3の脂肪酸である。

チームは76,763人の女性を含んでいた看護婦の健康の調査から得られた食餌療法情報を調査した。 調査の16年のフォローアップの間に、1,325人の女性は重大でない心臓発作を経験した、169は突然の心臓死を経、564は冠動脈疾患がもとで死んだ。

アルファ リノレン酸の取入口は1日あたりの0.7グラムから1日あたりの1.5グラムまで及ぶと見つけられた。 取入口が関係者の最初の5分の1にあった女性は最も低い第5のそれらと比較された突然の心臓死がもとで死ぬことの46%より危険度が低いがあるためにおよび冠状心臓病がもとで死ぬ彼女達の危険をだった21%より低く発見された。

クリスティーンM.アルバート、MDのハーバード大学の衛生学校および調査の主執筆者の補助医学部教授先生は、チームの調査結果を説明した: 「この調査で、私達は翼部が心臓病か死である突然の心臓死がもとで死ぬことのより危険度が低いのと関連付けられたかどうか検査し、中心機能の突然の損失に起因する。 突然の心臓死は通常致命的なリズムの妨害の結果である。 従ってこれらのオイルが致命的な不整脈を防いでいたことこの脂肪が突然の心臓死を防ぐこと仮説を支える。 “

「翼部の補足に任意に人々を割り当てるか、または翼部の食事療法の最高に翼部は冠状心臓病および突然の心臓死の危険を下げることを確かに知るために必要でであって下さい臨床試験」とアルバート先生は付け加えた。

— Dの染料


2004年11月5日

老化のbiomarkerの発見

増加を老化させてように、そうp6INK4aおよびARFとして知られている2つの 蛋白質をしなさいことを報告される臨床調査のジャーナルの11月2004日問題で出版される研究の記事。 Chapel Hill Linebergerの広範囲の蟹座の中心のノースカロライナの大学の研究者は人々としてあるティッシュでhundredfoldより多くより古くなりなさい発見し、老化のなるbiomarkersのための潜在性がある蛋白質の増加ことを。

UNCの、示される先生Norman Sharpless医科大学院のそして遺伝学年長の著者そして補助医学部教授作ることを「1つのまたは両方の蛋白質の表現を見ることが老化の大きいbiomarker -臨床的にちょうど年代年齢に対して人々の実際の分子年齢を、定める用具を少なくとも、私達の仕事は提案する。 私達はすべて私達が若い65才であると考慮する信じる人々を知り同じ年齢の他同様に多くのp16INK4aかARFの表現を」示さないことを。

2つの蛋白質は細胞老化にかかわることが確認されている強い腫瘍のサプレッサーである。 現在の調査はそれらが全有機体の老化の間に同様に増加することを示す。 細胞の成長の停止によって、蛋白質は老化プロセスを加速するかもしれない。 説明されるSharpless先生は「細胞の拡散ティッシュの修理そして再生で重要である。 実際、私達は私達が老化すると同時に一部には古くのでティッシュの減少を再生する私達の体の能力育つ。 私達は癌の外の増加されたp16INK4aそしてARFの表現の厄介な効果がこの再生を」支えるのに必要とされる細胞拡散の減少であることを信じる。

Sharpless'先生のチームはまたカロリーの制限の生命延長療法が かなり 蛋白質の減らされた表現が利点のいくつかにかかわることを提案するp16INK4aおよびARFの生産の年齢関連の増加を減らすことを発見した。

— Dの染料


2004年11月3日

遊離基の本当らしい気腫の被告人

7月28日の間熱い何が読者の、2004はビタミンAの不足が気腫の原因であるために提案されたことをリコールするかもしれない。 今度は臨床調査(http://www.jci.org)のジャーナルの11月 1日2004問題で 出版される調査は遊離基の損傷からまた保護する遺伝子がマウスの病気から助け保護することが分ってしまった。

気腫、 慢性閉塞性肺疾患は喫煙によって、主に引き起こされる。 煙ることによって与えられる損害左右されることをへの肺の感受性が余分な遊離基によって引き起こされる酸化圧力にことが提案された。 酸化圧力のマーカーは、過酸化水素および8-isoprostaneのような、慢性閉塞性肺疾患の患者の呼吸および血清で上がるためにあった。 複数の調査はボディの保護酸化防止システムのupregulationが酸化傷害から肺を保護することを定めた。

、Shyam Biswalおよび同僚はジョンHopkins大学でマウスを使用して遊離基によって損傷からボディを保護する遺伝子を調整する蛋白質を製造するNrf2遺伝子を破壊した。 そのままなNrf2遺伝子を持つこれらのマウスそしてマウスは続く肺が検査された6か月間タバコの煙--にさらされた。 チームは病気が広まっていたよりこと遺伝子が削除されたマウスが気腫のより早い手始めを経験した、マウスの制御グループで成長したそれことが分り。 肺および気管支肺胞の発火の気胞の細胞のもっと多くのapoptosisはまたこれらのマウスで観察された。 研究者が行なった遺伝子のマイクロアレイはいくつかの細胞の保護および酸化防止遺伝子がそのままなNrf2のマウスで活動化させることを示した。

調査の調査結果は酸化圧力への肺の感受性の決定要因としてNrf2を識別し、気腫に於いての遊離基の傷害および発火の役割を確認する。

— Dの染料


2004年11月1日

ビタミンB12のためのテストは不足の多くの場合を見つけない

セントルイス大学の研究者はボディのビタミンB12を測定するのに現在使用される不足を測定するにはテストが十分に敏感ではないことを定めた。 ビタミンB12の不足は周辺ニューロパシー、脊髄の病気および痴呆のような深刻な結果で起因できる。 研究は2004年10月に催されたアメリカの神経学的な連合の会議で示された。

神経学Florianトマス、MD、PhDおよび同僚の助教授セントルイス大学医科大学院はビタミンB12が水平になる34人の患者の26が正常持っていたmethylmalonic酸、B12が不十分であると増加する混合物の上昇値をテストしたことが分った。 完了されるトマス先生は「B12不足を診断する通常の方法年配者の20%までにある問題の頻度を過少見積りするので不十分かもしれない。 問題は日ペニーで著しく治療可能」である。

彼はそれがあらゆる年齢に起こる間、「、B12不足である年配者で共通、何人かの菜食主義者に影響を与えるかもしれない付け加え、彼らの新生児は笑うガス麻酔とまた娯楽薬剤の使用の独特な形態によって、誘発することができる。 重要なのは、生命の1日あたりの1つの丸薬の取得によって扱うことは非常に容易である。 私達は問題の」検出のよりよい仕事をする必要がある。

ビタミンB12の不足は娯楽薬剤として乱用される一酸化二窒素(いわゆる笑うガス)の吸入の副作用として若者達で見られる。 ビタミンの不足はまた胃綴じる外科を経た患者でよりよいそのままな胃が食糧からのビタミンを吸収するので、見られる。

先生トマスおよび同僚は医者を血清B12および患者のmethylmalonic酸を両方一酸化二窒素の管理を要求するプロシージャ前に測定し2年毎に高齢者達をテストするようにせき立てる。

— Dの染料

熱いアーカイブはである何