熱い何が

2004年9月

熱いアーカイブはである何

2004年9月29日

造る骨の固まりのためのカルシウム/練習のコンボの必要

応用生理学のジャーナルの10月2004日問題で 出版される研究報告は 思春期前の子供で十分な骨の固まりを造るために練習および十分なカルシウムが両方必要であることが分った。 子供はイギリスの政府に従って1日あたりの550ミリグラム カルシウムを必要とする、現実ですばらしい量を必要とする場合もある。 さらに、活動の十分なレベルはこれおよび他の年齢別グループによって常に達成されない。

イギリスのエクセター大学でカルシウム取入口と活動レベル間の相互作用を、児童保健および練習の研究所およびウェールズ大学で同僚のロジャーG. Estonは検査する少数の調査の1つでは38人の男の子を提供し、38人の女の子は8つから7日まで間彼女達の練習のレベルを追跡する加速度計との11を老化させた。 4日間の食糧日記は子供のカルシウム取入口でデータを提供した。 骨のミネラル内容および骨のミネラル密度は身体活動の監視の2週以内の総ボディ、近位腿骨および腿骨の首のために測定された。

調査チームはではなかったがことが、活発な練習の25から40分と日カルシウムごとの700から800ミリグラムの組合せが、共働作用して最も大きい利点をことを単独で十分なカルシウムか練習が建物および骨の固まりを保つことで最上に有効提供したことを分られてことが分った。 Eston先生は、「ならない30分の縄跳びコメントした。  それは非常に堅い考慮される。  実際には私達はあなたが子供が費やすと期待する一種のエネルギー述べている球またはロープが付いている外側のまわりで遊ぶとき。 約4マイル毎時の活発な歩行は功を奏する。 私達は約6-8回までに静止エネルギーのレベルを上げること述べている。  考えは30分について合計するためにある「集める」この種類の日にわたるエネルギー支出を」。

— Dの染料


2004年9月27日

高められた葉酸の取入口は劇的にカナダの神経管欠損症の発生を減らす

調査はBiomedの中央妊娠 でオンラインで出版し、 葉酸の消費の増加がニューファウンドランドおよびラブラドルのカナダの州 の78% 神経管欠損症と耐えられた幼児の発生を減らしたことが2004年9月26日に出産は分った。 葉酸、ビタミンのBの複雑な系列のメンバーは神経管欠損症および他の生まれつきの障害の幼児に出産することから女性の保護を助けるように、あり粉になるべき付加カナダのコーンミールおよびパスタは1998年以来の政府によって統治を委任された。

1991年と1997年間の1000の生れごとの4.36を平均した神経管欠損症が葉酸の強化の開始に続く1998年と2001の間で1000の生れごとの0.96に落ちたことが健康カナダの人口そして公衆衛生の枝のキャサリンMcCourt先生、および同僚は分った。 栄養価の強化は19および44の年齢間の女性の葉酸の取入口を1日あたりの70マイクログラム高め、血レベルをかなり上げると見つけられた。 さらに、生殖年齢17%から28%の女性による葉酸の補足の使用は調査された期間の間に上がりから神経管欠損症の減少に対する強化のそれらから補足の効果を分けることを不可能にする。

葉酸の取入口を高めた長持ちの恐れを静めるのをまた助けられたこの調査はビタミンB12の不足の徴候を覆う。 現在の調査は血のfolateのレベルの増加がビタミンB12の不足を覆ったという他のどの証拠または先輩の中のビタミンB12の状態の低下を見つけなかった。

調査は継続的だった栄養価の強化を支える。 さらに、著者はそれを、「出産年齢の女性による葉酸の補足の使用に関する学校教育」続くべきである結論を出す。

— Dの染料


2004年9月24日

大豆の食糧は乳癌の広がりを停止できる

北アイルランドのアルスター大学で行なわれる調査はすばらしい量の大豆の飲料のような大豆が豊富な食糧の消費が乳癌の広がりを減らすことができる ことを結論した。 大豆のイソフラボンはホルモンそっくりの効果を所有し、胸および前立腺癌の開発、またコレストロールが高いのような他の条件から保護を助けるようにあった。 調査はジャーナル、蟹座の手紙の2004 5月10日、問題で 出版された

パメラMageeおよび同僚先生は大豆のイソフラボンのgenistein、glycitein、daidzein、equolおよびO-desmethylangolensinを管理した; 大豆のlignansおよびcoumestrolとして培養されたmetastatic乳癌の細胞に知られ、細胞のinvasivenessに対する効果観察される大豆のphytoestrogen。 彼らはlignansは最低の効果を示したがイソフラボンおよびcoumestrolが乳癌の細胞の侵入に対する線量依存した抑制的な効果をもたらしたことが分った。 混合物のどれもchemoprotective代理店として潜在性を示す細胞の実行可能性を減らさなかった。

Magee先生は最近の前進が腫瘍の検出および処置でなされたが、「、癌の広がり残る死亡率の重要な原因にコメントした。 近隣の環境への起源の場所からの癌性細胞の侵入は癌性細胞がボディ内の新しい場所で移動し、育つことを可能にする。 従って侵略的なプロセスを防ぐことができるどの代理店でも」広がった癌の防止の強力な用具になることができる。

「これらの新しい調査結果豆乳のような大豆の豊富なプロダクトを食べるそれを示すようである大豆の飲み物およびデザートは、ボディの癌細胞の広がりを防ぐことに於いての重要な役割があることができる」はMagee先生は示した。 「更に人間のボランティアで今大豆のイソフラボンが患者で広がった乳癌から」。保護するかどうか確認するために必要とされる調査する

— Dの染料


2004年9月22日

発火の多く

バッファローでジャーナル循環の9月21日2004問題で、 ニューヨークの州立大学からの研究者は出版されたレポートでははじめて明らかにし、リンパ球およびmonocytesとして知られている単核の白血球が肥満の個人のproinflammatory状態にあることをそれらを心臓病や糖尿病の危険がある状態に置く。 見つけることは心循環器疾患、糖尿病および他の病気の慢性の 発火を 関係させる証拠の成長するボディに貢献する。

調査は同じようなブドウ糖のレベルと16人の正常な重量の関係者および16人の肥満の主題から得られた血液サンプルを比較した。 研究者は核エキスのDNAに核要因Κベータ結合の測定によって定められる、肥満の個人でかなりより高かったことをように血の単核の細胞のproinflammatory状態が、ことが分った。 Κベータ核要因の抑制剤が肥満の主題でより低かったことがまた発見された。 インシュリン抵抗性が計算されたときに、肥満の主題のそれは正常な関係者のそれより高いの平均3倍であると見つけられた。 さらに、肥満の関係者は発火のinterleukin6、腫瘍の壊死の要因アルファ、C反応蛋白質および他のマーカーのより高い血しょうレベルがあった。

UBの内分泌学、糖尿病および新陳代謝、Paresh Dandona、MD、観察される肥満でPhDの部の年長の著者そして頭部は「これらの細胞多くの迷惑を作成している。 それらは動脈および組み立てのアテローム性動脈硬化に参加する。 それらはproinflammatory要因を作り出すために脂肪細胞を活動化させる。 それらはインシュリン抵抗性を引き起こすインシュリン シグナリングによりと干渉する。 それらは頭脳に」入る。

調査の発見は心循環器疾患または糖尿病の高められた危険の人々に警告する血液検査の開発をもたらすことができる。 Dardona先生は食事療法の変更か炎症性州を戦うために薬物の付加を推薦する。

— Dの染料


2004年9月20日

クルクミンによってはメラノーマが生体外でそして生体内で戦う

蟹座(http://www3.interscience.wiley.com/cgi-bin/jhome/29331)の 国際ジャーナルの9月 2004日問題はクルクミンがメラノーマの細胞培養と病気のマウスでantitumor効果をもたらすこと、ランス、フランスの研究者の調査結果を出版した。 クルクミンはウコン、ある癌、また他の病気に対して保護であるために確認されているインド人で一般的なスパイスおよび他の 料理 から得られる。

生体外の実験では、調査チームはマウスのメラノーマの細胞の層を選抜し、細胞が露出された時間にもかかわらず細胞の実行可能性の線量依存した減少を見つけるためにクルクミンを管理した。 彼らはまた生きている有機体で見つけられる固体腫瘍のような多くである三次元文化で育った細胞に対するクルクミンの効果を調査した。 クルクミンは細胞が単層文化より抵抗力があったが、これらの文化の細胞死を同様に高めた。 より詳しい調査はapoptosisとして知られていたそのプログラムされた細胞死をこれらの実験で観察された他の調査で示されたantitumor効果に責任があった明らかにした。

クルクミンのantitumoral効果を生体外で調査するためには、メラノーマを持つマウスのグループはメラノーマの細胞から得られた蛋白質を含んでいた免疫療法ともう一人のグループはクルクミンと扱われた、第3グループは両方の処置を受け取ったが前処理をされ。 単独で各処置が少し利点で起因する間、組合せはかなり腫瘍の成長を禁じ、それを受け取ったマウスの免疫反応を改善した。 存続が評価されたときに同様に中央の生存期間を高めると、免疫の準備およびクルクミンは(それぞれ48.6%および45.7%)見つけられ、結合された処置は未処理のマウスと比較された82.8%更に中央の生存期間を増加した。

著者はクルクミンがメラノーマに対して」。治療上の組合せの開発のための貴重な用具を提供するかもしれないことを調査が「示すことを結論を出す

— Dの染料


2004年9月17日

高い女性の葉酸の補足の使用まったく時間

出産年齢の女性への推薦は葉酸の 取入口を高める 疾病率及び死亡率の週報(http://www.cdc.gov/mmwr/index.html)の9月17日2004問題 で出版される調査に従って 注意されるようである。 ことが分られるMarch of Dimes著行なわれる調査March of Dimesが前の十年の間に女性を調査し始めたので生殖年齢のアメリカの女性の40%葉酸を含んでいるmultinutrient補足を取ることを報告した、高頻度けれども。

葉酸は葉が多い緑の野菜で見つけられる胎児の神経管欠損症の防止のために重大のために示されたBの複合体のメンバーである。 出産年齢の女性は子孫のこれそして多分他の生まれつきの障害から保護を助けるようにビタミンを含んでいる補足を消費するように助言された。

現在の調査は2004年に老化した2,012人の女性18から45の電話インタビューを含んだ。 研究者はすべての女性によって葉酸を含んでいる補足の使用が2003年からの32%の上にあったことが分った。 妊娠していなかった人の中で、取入口は30%高められた。 ジェニファーL. Howse March of Dimesの大統領先生は、「率直にコメントした、私達はこの増加に驚くが、それはよいニュースである。 増加は私達が徹底的にパンおよびパスタのような葉酸と、富む穀類を減らす普及したずっと低炭水化物の食事療法の母そして赤ん坊に対する効果について非常に心配しているので特に重要である。 但し、私達の調査はそれを女性の49%あった言った過去の6か月の低炭水化物の食事療法に見つける実際に葉酸を含んでいる毎日のmultivitaminを取ったことを。 従って多分これらの女性は実現するので彼女達のビタミンを取っている重要な食品群で行方不明」であることを。

— Dの染料


2004年9月15日

グルタチオンのレベルは心循環器疾患の危険と逆に関連付けた

アメリカの中心連合ジャーナル打撃(http://stroke.ahajournals.org/)の 9月 2004日問題は血しょうグルタチオン(GSH)のハイ レベルが心循環器疾患のより低い発生と関連付けられること日本の研究者の 調査結果、特に大脳の小さい容器の病気を出版した。 グルタチオンは3アミノ酸(システイン、グリシンおよびグルタミン酸)からのボディで形作られ、酸化防止酵素のグルタチオンの過酸化酵素の一部分になる。

研究者は久山町、日本に存在するずっと1961年以来の心循環器疾患の進行中の調査の部分である個人を調査した。 心循環器疾患および435性の百の三十四の主題および年齢一致させた制御は現在の調査で登録された。

血液サンプルは血しょうグルタチオン、ホモシステインおよび他の要因のために分析された。 予想通りに、ホモシステインのレベルはそれなしでそれらのより心循環器疾患の関係者でかなり高い見つけられた。

血しょうグルタチオンの調節された価値は心循環器疾患とのそれらでかなりより低かった。 関係者がグルタチオンの彼らのレベルに従って分かれ、分析されたときに、シストリックおよびdiastolic血圧はグルタチオンの上昇のレベルと減る見つけられた。 糖尿病の発生はまたグルタチオンのレベルが上がったと同時に下った。 グルタチオンが水平になる主題は関係者の最も高い四分の一に見つけられた最も低い4分の1のそれらより心循環器疾患の75%低い発生があるとあった。 心循環器疾患が分割されたタイプだったときに、大脳の梗塞形成および脳溢血の主題は危険の減少の同じような傾向を維持した。

グルタチオンは直接酸化防止効果によって心循環器疾患に対して保護効果をもたらすかもしれない。 著者はそれ以上の調査がGSHの経口投与はCVDの防止のための可能な治療上の作戦であることが口頭で消費されたグルタチオンは人間の血しょうレベルを増加するという証拠があるので、「予想されることを示す。 . . であって下さい必要で」。

— Dの染料


2004年9月13日

調査は高感受性のC反応蛋白質をアテローム性動脈硬化のasymptomatic人々で上げられて見つける

内科(http://archinte.ama-assn.org/)のアーカイブの9月 13日2004問題で 出版されたレポートは高感受性のC反応蛋白質(hs - CRP)が病気の徴候無しに人々の心臓病のためのマーカーである場合もあることメイヨー・クリニックの研究者の見つけることを記述した。 C反応蛋白質は発火の間に血で 上げられたとき増加し、心循環器疾患のための危険率として最近現れてしまった。

現在の調査は66の年齢の中央値とだれが打撃の防止で登録されたか300人の八十六人の人および女性を含んだ: コミュニティ調査(スパーク)の危険の査定。 関係者は大動脈、中心を去る主要な動脈のライニングのイメージを提供するためにtのransesophagealエコー心電図検査を経た。 血液検査は高い感受性CRPおよび他の要因を測定した。

Aortal atheroscleroticプラクは関係者の69%で検出され、hs - CRPのレベルと関連付けられると見つけた。 プラクが付いている主題では、hs - CRPのレベルは6ミリメートルまたは厚さの多くあったレベルと独自に関連付けられた。 はじめて私達にコレステロール、hs - CRPおよび任意にコミュニティから選ばれる人々からの他の危険率のデータを与えるで私達がプラクの存在か不在にそれらの結果を関連させることを許可するので調査チームのリーダーおよびBijoy Khandheria、示されるMDメイヨー・クリニックの心臓学医は「この調査重要。 私達はことをhsしばらくの間知ってしまった- CRPのレベルは胸痛または他の中心関連の徴候の患者間で高い。 この新しい調査は高いCRPが人が健康に感じても、プラクが動脈で多分形作られているという印であることを私達に告げる。 私達の調査結果は血流の炎症性マーカーと心臓発作のような心血管のでき事の高められた危険間のミッシング リンクを」提供する。

— Dの染料


2004年9月10日

Melatoninの助けは片頭痛を防ぐ

片頭痛のための予防としてmelatoninの有効性を査定する最初の調査はジャーナル神経学(http://www.neurology.org/)の2004 8月24日、 問題 出版された。 Melatoninは睡眠を引き起こし、他の多くの医療補助があるために示されていた頭脳の松果体によって作り出されるホルモンである。

1ヶ月あたりの2つから8つの片頭痛の頭痛を経験した一時的な片頭痛の29人の女性そして5人はサンパウロ、ブラジルの病院Israelitaアルベルト・アインシュタインの研究者が行なった現在の調査で登録された。 関係者は3ヶ月の期間の就寝時間の前に30分毎晩かかる3ミリグラムのmelatoninを与えられた。 鎮痛剤の頭痛の頻度、強度および持続期間および消費は記録された。

調査を完了した32人の患者の、78.1%頭痛の少なくとも50%減少を経験し、関係者は増加を報告しなかった。 8人の患者は調査の期間の間に片頭痛を経験しなかった、7つに減少75%以上あり、10は1か月には早くも示されてsignficant改善がmelatoninとの処置の3かの数か月後に頭痛の減少50%から75%、経験した。 痛みの軽減の薬剤のための持続期間、強度および必要性はまた調査の間に減った。

melatoninの可能なメカニズムの彼らの議論では、著者はmelatoninが影響を与えるかもしれないある片頭痛の攻撃のcircadian性質を記述する。 可能な炎症抑制の効果、また機能はまた片頭痛に対してmelatoninの保護効果に遊離基を掃除する貢献できる。 他の可能なメカニズムはproinflammatory cytokinesを減らし、膜安定と干渉し、ガンマ アミノ酪酸およびオピオイドを増強し、グルタミン酸塩のneurotoxicityから保護し、neurovascular規則に貢献し、セロトニンを調整するmelatoninの能力である。 著者は管理された調査を推薦する。

— Dの染料


2004年9月8日

低くmelatoninは幼年期の白血病に貢献するか。

ロンドン(幼年期の白血病 保持される幼年期の白血病の会議: 発生、原因のメカニズムおよび防止は夜の高められたライトは1950年と2000年間の50%に増加した病気の最近の上昇への貢献者であることができることを信じる専門家によって) 9月8日に提示の場所行った。

夜の照明は日周期を破壊し、melatoninの生産、酸化防止剤および他の機能がある頭脳に松果体によって解放されるホルモンを抑制する。 帝国大学、「説明された私達の遺伝子の内でロンドン、養育関係ラッセルの視覚神経科学の教授は埋め込み、地球のほとんどすべての生命は、およそ24時間の道を示す体内時計のための指示である。 私達が幾日に私達の夜を回し、多数の時間帯を渡る航空機で旅し始めたまで私達はこれらの内部刻時機構に主として気づいていなかった。 これらの時計は私達の生理学および行動の私達の睡眠パターン、警報、気分、体力、血圧およびその他すべての面を」運転するか、または変える。

細胞および構造生物学、更に多くの調査のmelatoninの酸化防止剤として、「、説明されるラッセルReiterの教授Melatoninの専門家そしてテキサス州立大学は、酸化損傷からDNAを保護するために示されていた。 傷つけられて、DNAは変異し、発癌は」起こるかもしれない。

Reiter先生は磁場がmelatoninのレベルを同様に減らすようであるのでまた夜の照明と関連しているかもしれない幼年期の白血病の発生報告した、と磁場間のリンクを。 彼は、実際、melatoninのレベルは磁場、これらの分野間の潜在的な関係によって変わり、示した、「癌は、白血病を含んで、可能」である。

会議はまた幼年期の白血病の開発の役割を担うかもしれない放射、ウイルスおよび食事療法のような他の要因の情報を、示す。

— Dの染料


2004年9月3日

ブロッコリーの混合物は乳癌の成長を停止させる

栄養物のジャーナルの9月 2004日問題では、キースSingletaryおよびアーバナ平原のイリノイ大学のスティーブン ジャクソンはそのsulforaphane (SUL)報告した、cruciferous家族からのブロッコリーそして他の野菜で見つけられる混合物を後期の人間の乳癌の細胞の細胞の成長を妨げる 機能を 持っている。 彼らはsulforaphaneが乳癌を防ぐのを助けるのにだけでなく、使用できる病気の処置を援助するためにことを信じる。

Sulforaphaneは混合物を含んでいる植物の細胞壁がかみ砕くことによって壊れているとき解放される。 sulforaphaneがボディが癌の初期の間に有効である癌もたらす物質に対してそれ自身を守るのを助ける酵素システムを引き起こすこと1992年に報告されるジョーンズ・ホプキンス大学の研究者。 現在の研究は混合物が後期癌でいかにのはたらくかライトを取除く。

Singletaryおよびジャクソンは培養された人間の乳癌の細胞にsulforaphaneを管理し、24時間以内に混合物がかなり妨げたこと発見された細胞分裂は制御と比較し、細胞分裂の間に複写された染色体の分離に必要である細胞の微小管を破壊した。 食品科学および人間栄養物の部門の教授である説明される先生Singletary、か破壊「微小管と呼ばれる細胞の部品のこれは自然発生する植物の化学sulforaphaneがによって癌プロセスの後期をいかに妨げることができるか示す最初のレポートである。 私達はsulforaphaneが既に癌性」だった胸の細胞の成長を妨げることができることが分るために驚き、喜んだ。

「調査結果新しい乳癌の防止の開発で有用かもしれ、処置の作戦」、は彼は付け加えた。 「ある特定の自然な混合物または薬剤を伴うSULを摂取することが抗癌性の有効性を高め、副作用」を減らすことができることは例えば、可能かもしれない。

— Dの染料


2004年9月1日

全身CTスキャンは癌の危険性を高めることができる

ジャーナル放射線学(http://radiology.rsnajnls.org/)の 9月 2004日 問題はダニエルJ Brenner PhDおよびカールD Elliston、高められた癌の危険性に対して警告したコロンビア大学のMAによって選挙の 年次 全ボディ コンピュータ断層撮影(CT)スキャンを経る個人によって特別報告を負った出版した。 全身CTのスクリーニングを提供する医院は癌性腫瘍の早期発見に機会を提供することとしてサービスを広告し、しかし他の条件は検出することを試みている条件のいくつかのためのより大きい危険にこれらの医院を愛顧する個人彼ら自身を置くことができる。

デュオは放射の適量と関連していた原爆の死亡率データを調査し全ボディCTスキャンによって受け取られた放射の推定線量を比較した。 彼らはマンモグラムのそれかけるほぼ百である1つの完全なボディCTスキャンからの線量がほとんど癌の危険性の顕著な増加を経験した原爆の生存者が受け取った中間の線量のそれだったことが分った。 年次全ボディがあった45歳はBrennerおよびEllistonの分析に従って30年間経験する癌がもとで死ぬ50危険の1つをスキャンする。 著者は異なった走査器が危険を変更する放射のさまざまな線量を提供することに注意する。

レポートはスキャンがあるために選ぶ徴候医学診断のために参照される人無しだけで個人を考慮しなかった。

コロンビア大学に放射の腫瘍学および公衆衛生のある教授およびレポートの主執筆者であるBrenner先生は、「私達の研究提供する放射の危険が全ボディCTスキャンと関連付けられるという限定的な証拠をコメントした。 全ボディCTスキャンからの放射線量は高められた癌の危険性の明確な証拠」の広島および長崎から原子爆弾の生存者の何人か届く線量と対等である。

— Dの染料

熱いアーカイブはである何