熱い何が

2004年5月

熱いアーカイブはである何

2004年5月31日

大豆の消費はより低いendometrial癌の危険性と関連付けた

大豆の消費は胸および前立腺癌に対して保護の ようで今中国の研究者はendometrial癌(子宮のライニングの癌)の大豆の取入口と危険間の肯定的な連合の覆いを取ってしまった。 アジアの国は大豆の食糧のハイ レベルを消費し、これらの生殖癌のより低い発生がある。 endometrial癌の平均レートは中国である5分の1から西欧諸国のそれの3分の1である。

イギリス医学ジャーナルの5月29日2004問題で出版された 調査では1997年と2001の間で診断された846の健康な制御とendometrial癌を持つ832人の中国の女性は比較された。 食糧頻度アンケートは5年の期間にわたるイソフラボンのような大豆そして大豆の部品で情報を提供した。

彼らは大豆の食糧の規則的な消費とendometrial癌を開発する危険間の用量反応反対関係を見つけた。 大豆の消費の最も高い4分の1の女性は最も高いグループの女性よりendometrial癌の開発の33%危険度が低い経験した。 連合は太りすぎの女性間で特に強かった。

大豆のイソフラボンは弱いestrogenicおよびantiestrogenic効果をもたらし、いくつかに対して保護にホルモン的に運転された癌を提供するようである。 研究者はendometrial癌に対する大豆の効果がこの調査でおそらく過少見積りされたことを信じる。

— Dの染料


2004年5月28日

緑茶のカテキンは生命にかかわる不整脈を防ぐかもしれない

epigallocatechin 3没食子酸塩(EGCG)が心臓発作に続くことができる心室の不整脈として知られていた中心のリズムの危ない変化を防ぐのを助けることができることがサンフランシスコ2004年5月19-22日で開かれる中心のリズムの社会の第25年次科学的な会議 示される調査分られる。 心臓発作またはでき事の間に起こった心筋の傷つくことと一般に関連付けられる心室の不整脈は心室の頻脈および心室細動を含んでいる。

茶酒飲みは心臓発作に続く茶を飲まない人より死の低率があるために知られていた。 ハイデルベルクの大学からのチームは、ハイデルベルクで、ドイツ、なぜ調べるように努めた。

カエルの卵細胞の調査によって、研究者はEGCGが心臓repolarizationにかかわるHERGのカリウム チャネルを禁じたことが分った。 HERGのカリウム チャネルは長いQTシンドローム、ある特定の薬物の取得によって受継がれるか、または引き起こすことができる心臓電気無秩序にある。 無秩序の個人は心室細動に敏感である。 HERGのカリウム チャネルはまたextracardiac腫瘍でoverexpressed。

中心のリズムの社会の大統領はミハエルE.カイン、MDを、コメントした言った、「これはこれらの深刻な、生命にかかわる無秩序に対して戦いの興味深い開発である。 これは有利かもしれない予防処置の間、あなたの現在の薬物および健康の養生法と」続くことは重要である。

— Dの染料


2004年5月26日

癌に対するresveratrolのメカニズムの新しい調査結果

ヴァージニアの健康システムの大学で国立癌研究所が一部には、科学者は資金を供給する研究では癌を戦うためにresveratrolがいかにの働くかより多くの情報の 覆いを取った。 生物化学および分子遺伝学のヴァージニアの助教授、Martyメーヨーおよび同僚の大学はresveratrolが細胞核で見つけられる細胞の存続を制御する遺伝子を活動化させる核要因Κ B (NF-のkb)を禁じることが分った。 Resveratrolはブドウおよび他の植物で見つけられる抗癌性があるためにあったおよび多分、antiaging効果である酸化防止混合物。 レポートはヨーロッパの分子生物学構成(http://embojournal.npgjournals.com)のジャーナルの オンライン版の2004年5月20日 出版された。

調査チームが癌細胞にresveratrolを管理したときに、細胞はapoptosis (プログラムされた細胞死)を引き起こした核要因Κ Bの遺伝子発現の損失によって腫瘍壊死要因アルファ(TNFa)に敏感になった。 示されたメーヨー先生「私達はresveratrolの生理学関連した線量を使用し、人間の癌細胞に対する劇的な効果を見つけた。 研究者は癌療法を改善する方法を常に捜している。 現在の調査は使用している殺害の癌細胞にresveratrolと共にTNFaと同じような混合物を」。

メーヨー先生はワインのガラスを飲むことによって消費されるresveratrolの量が1週あたりの3から4回効果を阻止しには、より高い癌の危険性をもたらす有望な癌の成長からのNF-のkbを妨げる十分しかしアルコールの飲むすばらしい量はであることをできたことを示した。

炎症性応答を制御できる核要因Κ Bはアテローム性動脈硬化、心臓病、関節炎および自己免疫の無秩序のようなresveratrolによって、戦われるためにあった他の無秩序にかかわるかもしれない。 TNFaのそっくりの混合物とreseveratrolを結合することを使用して臨床試験は有望な結果を示している。

— Dの染料


2004年5月24日

緑茶は新しい幹線プラクの形成を妨げる

アメリカの中心連合ジャーナル循環の5月25日2004 問題は 緑茶は動脈の新しいプラクの形成を防ぐが、明らかにしたり既存のプラクを取除かないことを研究の結果を示した。

ヒマラヤスギ シナイの医療センターのアテローム性動脈硬化の研究所のチームは急速にatheroscleroticプラクを開発するために繁殖したマウスにコレストロールが高い食事療法に 与えた。 右の頸動脈への傷害は生後28週に研究者が新しく、確立されたプラクに対する緑茶のカテキンのepigallocatechin 3没食子酸塩(EGCG)の浄化された形態の効果を検査できるのは新しいプラクの形成を引き起こすために遂行されたからである。 混合物は5日幹線傷害に続く1週あたりの注入され混合物を受け取らなかった制御グループ、またEGCGを受け取ったマウスの動脈は3の、21のそして42日後に検査された。

EGCGと扱われたマウスは制御マウスと比較された傷害の場所でかなり減らされた新しいプラクの形成があると見つけられたが確立されたプラクの混合物のための利点がなかった。 ランダム化された臨床試験は普通プラクのさまざまな段階を持つ大人の患者を登録するが動物が若いとき酸化防止剤の効果を評価している主執筆者Kuang-Yuh Chyu、MD、説明されるPhD、UCLAの「ほとんどの動物実検始まる。 この矛盾は酸化防止処置がプラクの開発の早く後期に影響を与える推測を支える。 EGCGの処置は大動脈の湾曲のatherosclerotic損害が高度の段階に既にあったときに、遅く始まった。 EGCGがcarotidプラクの展開の進行を減らしたが、大動脈で理論を補強するのを介在がatherosclerotic開発の早くで有効しかし後期であることもたらさなかったこと私達の観察は成長したプラクに対する効果が。 だけ非常に早く」ことをプラクの形成の重大な窓の間に始まられたら酸化防止療法に治療上の利点があるようである。

— Dの染料


2004年5月21日

ティッシュの鉄不足のNonanemicの女性は補足から寄与する

貧血症は不十分な鉄の個人に起こることができるヘモグロビン定義される条件であるまたは赤血球の減らされた数によって。 臨床栄養物のアメリカ ジャーナルの3月2004日問題 で出版される調査ではコーネル大学の栄養学者はレバー鉄の店に対するティッシュの鉄が、低いときだけ低い ボディ 鉄があるが、ない女性は鉄の補足からの貧血症の利点がことをはじめて示したあることが。 米国の女性の12%まで貧血症なしで鉄不足がある。 個人が鉄不十分になるとき新しい赤血球を作り出す必然的な無力がなる貧血の原因での前に最初にレバー鉄の店を減らす。

コルネルの研究者が行なった前の研究は穏やかな鉄不足が持久力を減らすこと、そして鉄との補足が練習の訓練を改善することを示した。 現在の二重盲目の試験では100 mg鉄硫酸塩を受け取るために、それらは四十一人の鉄減らされた、nonanemic女性をか6 6週間偽薬割り当てた。 ティッシュの鉄の状態は血清のtransferrinの受容器の集中と呼ばれたテストによって測定された。 調査の最後の4週の間に、関係者は1週あたりの5日間周期のエルゴメーターで訓練した。 持久力容量は調査の期間の初めと終わりにテストされた。

調査の結論で、取らなかった経験されなくて鉄の補足を低いティッシュの鉄を持つ女性だけ持久力を改善した。

栄養科学の最初著者そしてコルネルの博士の候補者。 提案されるトマスBrownlie 「それは低くテストするが、だれが鉄のためにこのテストを持つためにまだ貧血でであってはなりません女性のために有用である。 ティッシュ鉄であると見つけられた不十分な女性は練習を彼女達の鉄の状態を改善しないで非常に困難見つける -- 達成できるかどれが鉄が豊富な食糧または鉄の補足の消費を」か高めることによって。

— Dの染料


2004年5月19日

Barrettの関連食道の腺癌の緑茶の抗癌性の効果のために見つけられるメカニズム

ニュー・オーリンズ2004年5月15-20日で保持される消化器系の病気週の大会で示される調査はBarrettの食道によって関連付けられる食道癌の禁止の緑茶のためのメカニズムを見つけた。 Barrettの食道はgastroesophageal還流の無秩序と起こる食道の慢性の苛立ちに起因する 前癌性の状態である。 茶飲むことは消化器の複数の癌のより危険度が低いのとつながり、食道は緑茶のポリフェノールのハイ レベル--に緑茶が消費されるとき、epigallocatechinの没食子酸塩(EGCG)のようなさらされるかもしれない。

ハーバード衛生学校および退役軍人管理局のボストン ヘルスケア・システムのハワードYチャン、MDおよび同僚は培養された人間のBarrettの食道準の腺癌の細胞にEGCGのさまざまな集中を管理し、未処理の細胞と比較した。 彼らは細胞の成長がEGCGへの露出の72時間以内の線量の依存した方法で禁じられたことが分った。 チームはEGCGが混合物--にさらされた細胞の24時間には早くも起こったapoptosisとして知られているプログラムされた細胞死を引き起こすことを結論を出した。 それ以上の研究は未処理の細胞と比較された扱われた細胞のcaspase 3 (apoptosisにかかわる酵素)の高度を見つけたり、また裂かれたPARP蛋白質のレベル、apoptosisの別の表示器を増加した。

要約されるチャン先生食道の腺癌のための貴重なchemopreventive療法、また処置両方であるかもしれないことを「それを飲む緑茶が研究は提案する。 私達の結果は緑茶のエキスが食道の腺癌の流行を下げるのを助けるかもしれないこと西欧諸国の最も成長が著しい癌の1つを」提案する。

— Dの染料


2004年5月17日

ビタミンはより低い糖尿病性のretinopathyの危険を補う

で出版される研究では臨床栄養物(http://www.ajcn.org/) のアメリカ ジャーナルの 2004 問題は 、ビタミンCの使用かもしれなく、Eの補足は糖尿病性のretinopathyのより危険度が低いのと関連付けられると 見つけられたけれどもだけ結合された食糧からのビタミンCそしてEは予防であるとか食糧および補足見つけられなかった。

15,792人の人および女性を登録した1987年にアテローム性動脈硬化の病因学を調査するように努め、コミュニティのアテローム性動脈硬化の危険の調査によって検査される関係者は調査する。 1993年から1995年またはより早い診断されるからタイプ2の糖尿病が付いている1,353の主題からの現在の調査によって検査されるデータ。 1987年から1989年および1993年から1995管理されたから食糧頻度アンケートは補足の使用を含む栄養取入口で情報を、提供した。 1993年と1995の間で取られたFundusの写真は224人の個人の糖尿病性のretinopathyの開発を明らかにした。

データの分析は単独で食糧または食糧からのビタミンCおよびEとのretinopathyの連合をおよび補足明らかにしなかったが、減らされた危険は長期ビタミンCかEまたはmultinutrient補足の使用報告した人の中で見つけられた。 補足の使用を報告しなかった人と比較されて、長期補足のユーザーは糖尿病性のretinopathyを開発する危険の2つの折目の減少を経験した。

著者はビタミンCおよびEがretinopathyを防ぐのを助ける疫学的なデータは条件に対して食餌療法の微量栄養の取入口の保護効果を見つけなかったことを生体外の調査からの証拠の大きいボディ、補足の動物実験および短期試験が提案することコメントする。 それらはより詳しい調査を保証する、この調査に現れた補足の形態のビタミンCそしてビタミンEと関連付けられる保護効果に注意する。

— Dの染料


2004年5月14日

ホモシステインのレベルは危険を折るためにつながった

(http://content.nejm.org/)ニューイングランドの医療ジャーナルの5月 13日2004問題で 出版される 2つの 調査はホモシステインとosteoporoticひび間のリンクを確立した。 但し、伴う社説で、ローレンスG Raisz MDはホモシステインが病気の被告人または傍観者であるかどうか尋ねる。

ネザーランドの研究者が行なった調査では含んでいた2つの人口ベースの調査(ロッテルダムの調査および縦方向の老化の調査アムステルダム)は2,406人の人および女性の合計55を歳以上分析された。 調査の間に期間を、191 osteoporoticひび起こった関係者間に追いなさい。 チームはホモシステインが水平になる関係者が上の四分の一に持っていた二重ホモシステインのレベルがより低い4分の3にあったのそれだったnonvertebral osteoporoticひびの危険をあったことが分った。

別の調査では、ボストン研究者は心臓病のための危険率を評価し1948年に始まったFraminghamの調査から得られたデータを分析した。 現在の調査は老化した1174人の女性および825人を59から91検査した。 1979年と1982の間で得られた凍結する血液サンプルは総ホモシステインのレベルのために分析された。 フォローアップの期間の間に、メスの関係者は146情報通のひびを経験し、41は人間に起こった。 総ホモシステインの最も高い4分の1の女性は二度ほぼ最も低い第4のそれらより情報通のひびの危険があると見つけられ上の第4の人のため危険はほぼ4倍の同様に高いだった。

明確である何が、上げることはホモシステインを骨粗しょう症の開発にまたは貢献するかかどうかまだただ反映する病気の役割を、エストロゲンの不足または悪い栄養物のような担う他の要因を知られていないがその高いホモシステインは発生の可能性を予測する医療サービス提供者の機能を改善するひびのための危険率のリストに今加えることができるある。

— Dの染料


2004年5月12日

不況は人の増加されたCRPのレベルと関連付けた

内科(http://archinte.ama-assn.org/)のAMAジャーナル アーカイブの5月10日2004問題 で出版された調査 結果はC反応蛋白質(CRP)として知られていた発火のマーカーの高度と人の不況間の 強い リンクを見つけた。 見つけることが不況の人間で観察されるより大きい心循環器疾患の危険を説明するかもしれないことをレポートの著者、ジョーンズ・ホプキンス大学のダニエルEフォードMDおよびトマスP Erlinger MDは、信じる。

フォードおよびErlinger博士は第3国民の健康および栄養物の検査の調査(III) NHANESに加わった3,760人の女性および3,154人から得られたデータを検査した。 NHANES IIIは疾病対策センターによって1988年と1994年の間に行なわれたアメリカ人の調査だった。 血液サンプルはC反応蛋白質および他の測定を提供し、不況を評価するのに診断インタビューのスケジュールが使用された。

寿命の主要な不況は人の5.7%および女性の11.7%にあった。 寿命の不況の間でおよび体格指数、コレステロールまたは血圧見つけられた連合がなかった。 deciliterごとの0.21ミリグラム以上と定義された高いCRPのレベルは人の13.7%および女性の27.3%で見つけられた。 前年の間に厳しい不況を報告した人は3時間が不況がなかった人より高いCRPの危険あった。 主要な不況の再発エピソードがあった人は高いCRPのより大きい危険があった。 これらの連合はCRPおよび不況両方のハイ レベルにもかかわらず女性で、見つけられなかった。

これらの調査結果の理由で推測して、著者はCRPのレベルがホルモン性の環境によって変わるかもしれないことを仮定した。 彼らは発火が不況が心循環器疾患のために危険を高めるかもしれない唯一のメカニズム未来の調査この可能性を評価する必要がある」。であることはまずない間、完了する、「

— Dの染料


2004年5月10日

Bのビタミンのより低い冠状危険率とクロム

動脈硬化のアメリカの中心連合の年次会合の2004年5月6日に、血栓症及び管の生物学、Jeffrey Geohas MDはクロムのpicolinateおよびビオチンの組合せは(Diachrome tmの名で販売される)タイプ2の糖尿病患者の冠状危険率を改善したことが分った調査の調査結果を示した。 少なくとも1年間糖尿病性受け取った1日あたりの2ミリグラムのずっとビオチンとpicolinate 600マイクログラムのクロムのであるまたは30日間偽薬二重盲目の調査、24人の個人。 関係者は6か月以上antidiabetic薬物を使用したが、不完全に血糖レベルを制御した。 絶食血ブドウ糖、合計、HDLおよびLDLのコレステロールおよびapolipoprotein AおよびBは処置の期間の前後に測定された。

調査の結論で、総コレステロールはdeciliterごとの19.1ミリグラムの平均減った、LDLのコレステロールはdeciliterごとの10.9ミリグラムの平均下がり、apolipoprotein-Bはdeciliterごとの5.3ミリグラムにつきこれらの脂質すべては偽薬を受け取った人で増加したが、下がった。 絶食血ブドウ糖はクロムおよびビオチンを受け取ったグループの71%のdeciliterごとの26.2ミリグラムの平均偽薬のグループの27%血糖の減少を経験したが、減った。 HDLのコレステロールへのapolipoprotein Bからapolipoprotein AおよびLDLの比率は扱われたグループで、ない偽薬のグループで改良した。

シカゴの放射研究の医学ディレクターである示される先生Geohas、Diachromeがだけでなく、血糖レベルを改良するが強調したり、達成しことができるようににくい糖尿病を持つ人々が ATP IIIの指針に会うのを助けるLDLのコレステロールを減らすことを「この調査は。 Diachromeはstatinsへの重要な付加物療法およびLDLのコレステロールの低下の食事療法として考慮されるべきである。

— Dの染料


2004年5月7日

食餌療法繊維の取入口はCRPのレベルと逆に関連付けた

栄養物の5月2004日ジャーナルで 出版されたレポートは 繊維のより高い取入口が炎症性マーカーC反応蛋白質(CRP)のより低い集中と関連付けられる国民の健康および栄養物の検査の調査(NHANES)からの調査結果を明らかにした。 C反応蛋白質の上昇値は人間の心血管のでき事の可能な予言者であるために 確認されている。

アトランタの疾病対策センターからの調査官によるNHANESデータの分析は総繊維の取入口が計算された、関係者から得られた血液サンプルはC反応蛋白質の測定を提供した食餌療法情報および健康を提供し。 3,920人のNHANESの関係者の合計は現在の分析に含まれていた。 関係者のCRPのレベルは0.1から1リットルあたり140ミリグラムまで及んだ。 CRP (1リットルあたり3.0ミリグラム以上)の高レベルを持っていることのための確率は最も低い第5のそれらと比較された食餌療法繊維の取入口の上の五番目のそれらのためのほぼ40%減った。 繊維のレベルが増加したと同時に、CRPの減少したレベルのための傾向は明らかにされた。 調節された分析はほんの少しだけこれらの結果を変更した。

高められた繊維の取入口は減らされた心循環器疾患の危険に前に関連してしまった。 コレステロールの減少、ブドウ糖およびインシュリンの血圧および体重、また標準化は行為のメカニズムとして提案されたが、発火に於いての繊維の役割は定義されなかった。 繊維が発火を減らすかもしれないこと1つの可能な方法は発火を減らすことができる脂質の酸化の低下によって行うことができる。 著者は、「ことを結論を出すAHAおよびアメリカの食用連合からの現在の食餌療法の推薦に一貫した、食餌療法繊維のより大きい消費は推薦されるべきである」。

— Dの染料


2004年5月5日

貧血症は高齢者達の高められた不能と関連付けた

アメリカの老人医学の社会のジャーナルの5月2004日問題は貧血症の古い個人に条件なしでそれらよりより多くの不能、悪く物理的な性能および より少ない 強さがあること航跡の森林大学バプテストの医療センターからの研究者の調査結果を出版した。 貧血症は鉄またはビタミンB12の不足によって引き起こすことができるでまた肝臓病か癌が原因である場合もあるヘモグロビンまたは赤血球の減少。

現在の調査では、Brenda Penninx PhDおよび同僚はイタリアのChianti区域の1,156人の個人の六十五歳以上の存在のInCHIANTIの調査から得られたデータを検査した。 物理的な性能試験は椅子から上がるバランス、歩く速度および機能および柄および膝延長テストによって査定された強さ査定した。 日刊新聞の生活の6つの活動の何れかの援助を必要としたおよび8つの他の活動は不能を評価するのに使用されたかどうか関係者の応答がへの。

低いヘモグロビンがあった主題はnonanemic関係者と減らされた強さおよび物理的な性能を示したテストの成績を比較した持っていた。 前の研究はこれらのテストの悪いスコアが入院、不能の療養所の入場および死亡率を予測したことが分った。 貧血の関係者はまた不能の高レベルを示す日刊新聞の生活の活動および他の活動で援助のためのより大きい必要性があった。

ネザーランドのVrije大学のPenninx先生は、現在、調査結果を論議した: 「私達の結果は貧血症が不能、悪く物理的な機能および低い筋肉強さ–高齢者の独立を脅すことができるすべてのための危険率であることを提案する。 医者は明白な病気がなくても彼らのより古い患者の貧血症の状態に気づくべきである。 私達の研究は貧血症がもっと注意に値することを提案する。 私達は処置が物理的な機能を元通りにするか、または物理的な低下を」防ぐのを助けることができるかどうか学ぶ必要がある。

— Dの染料


2004年5月3日

自由な癲癇は低いオメガ3の脂肪酸のレベルにつながった

神経学第56の年次総会のアメリカ アカデミーはエモリー大学にオメガ3の脂肪酸のdocosahexaenoic酸(DHA)が自由な癲癇の個人で異常に低いこと研究者からの調査結果の4月28日に提示の場所 だった。 DHAは幼児の神経系の開発と大人の適切な脳細胞の膜開発そして機能のために必要である。 ボディはDHAの十分な量を作り出すことができないので脂肪質の魚のような食糧を食べること、または補足を取ることによって消費されなければならない。

研究者はantiepileptic薬物に対して抵抗力があるタイプの握りを持つ41人の個人と57人の健康な人々を比較した。 血液サンプルの分析はepileptic患者の中間の赤血球の膜DHAのレベルが健康なグループ3.46%と比較された2.74%だったことを明らかにした。 前の研究は大脳ニューロン膜のそれらに赤血球の膜のDHAのレベルを関連させた。

Emoryの癲癇の中心のそしてディレクター、トマスR.ヘンリー、説明されたMDエモリー大学の医科大学院の神経学の助教授「私達は癲癇のラットの動物モデルおよびDHAの低水準の前の調査を見た。 これらのラットにより多くのDHAを与えることによって、それは握りを持つことができるようにそれをさらに困難にした。 私達は今癲癇が」ある人間に低いDHAのレベルの同じような関係を探検している。

ヘンリー先生はこれらの患者の赤血球の膜の不足の決定によって脳細胞の膜がまたこの正常な脂肪酸の減ることを、「、私達推論する付け加えた。 これは私達がantiepileptic薬物によって管理することができない握りに低いDHAをつなぐのを助けるかもしれない。 減らされた膜のレベルの理由は現時点で明白でない。 未来の調査は必要DHAの補足がこの患者数の制御握りを」助けることができるかどうか定めるためにである。

— Dの染料

熱いアーカイブはである何