熱い何が

2003年9月

熱いアーカイブはである何

2003年9月29日

アスピリンはほぼ3分の1最初心臓発作の発生を減らす

内科のジャーナル アーカイブの 2003年は9月22日 アスピリンは心臓発作の防止の重要な役割を担うことを確認した5つの主要な臨床試験のメタ分析の結果を出版した。 調査は22,071人の関係者を含み、1988年にニューイングランドの医療ジャーナルで出版された医者の健康の調査の最初の心臓発作を防ぐことに於いての アスピリンの役割を 証明する第1だった医科大学院マイアミ大学のチャールズH Hennekens MDによって 導かれた。 その当時心臓腎臓の薬剤の諮問委員会は最初の心臓発作を防ぐために米国の食品医薬品局がアスピリンの専門の分類に承認を与えることを推薦した。 しかしイギリスが博士Trial (唯一を5,139人の関係者を含んでいたこの種類の他の調査)明らかにしなかった利点、FDAを推薦で機能されなくてので。

その時以来アスピリンの第一次防止の利点に関する3つのより多くの試験は出版された。 55,580からの現在の調査によって分析されたデータは関係者をランダム化し、心臓発作および15%の32%減少がアスピリンの使用と関連付けられた心臓発作、打撃および管の死の危険の減少を結合したことを見つけた。 要約される先生Hennekens 「個々の試験およびメタ分析はこれらの個人のための危険を上回るために長期アスピリンの使用の利点は本当らしいことに注意するAHA [アメリカの中心連合]およびUSPSTF [米国のプリベンティブ・サービスのタスクフォース]指針を支える。 第一次防止のアスピリンのより広まった、より適切な使用は米国の数十万の最初心臓発作および重要な管のでき事を毎年避けることができる。 けれどもアスピリンのはっきり示されたcardioprotective利点にもかかわらず、この薬物は前のでき事、10年の危険が10%または多くである心臓発作を持っているそれらの生存者間で驚くほどに十分に利用されていなく外見上健康な人および女性残り。 “

— Dの染料


2003年9月17日

骨粗しょう症のための酸化防止剤

臨床調査のジャーナルの9月2003日 問題で出版された調査は エストロゲンの損失により活動を高めるホルモンの 不足はosteoclasts (骨の吸収を促進する細胞)のチオールの酸化防止剤を下げることの結論かによって骨粗しょう症をいかにの引き起こすか新しい理論を提案した。

ロンドンのセントジョージの病院の衛生学校からの研究者は、制御グループの偽りの操作を行っている間メスのラットおよびマウスの複数のグループの卵巣を取除いた。 3週後で齧歯動物は17アルファestradiol、ベータestradiol 17の線量を与えられたまたはグルタチオンおよびthioredoxinの主要なチオールの酸化防止剤の不活性の物質そして大腿部の骨髄のレベルは、測定された。 estradiolのレベルの卵巣そして必然的な減少の取り外しはグルタチオンおよびthioredoxin両方の減少と関連付けられたが、管理されたベータestradiolだった動物は卵巣がそのままだった動物のそれらに元通りになったレベルがあった。 すぐに実験、マウスに取除かれた彼らの卵巣がありまたは偽りのovariectomyを受け取り、そしてキログラムの体重のビタミンCごとの2つのmicromolesか14日間キログラムのNアセチル システインごとの100ミリグラムと毎日注入された。 マウスの腿骨が検査されたときに、酸化防止栄養素を受け取らなかったovariectomizedマウスは骨の損失、NACおよびビタミンCを防いだどちらかの栄養素を受け取ったマウスのこれを経験したが。 そして生体外の実験で、NACはチオールの酸化防止剤を減らす代理店の管理は骨の損失を引き起こしたが、osteoclastsの形成を防いだ。

これらの実験の結果は骨の損失のエストロゲンの不足のメカニズムがosteoclastsのチオールの酸化防止剤の骨の再吸収を促進する信号にそれらに感光性を与える低下のそれであることを提案する。 著者は骨の損失がエストロゲンの不足の反応酸素種が複雑である老化および発火のような他の状態のだけでなく、結果であるが、ことを書く。

— Dの染料


2003年9月15日

若い卵巣はマウスに長い生命を与える

、デービス カリフォルニア大学で人間に若い動物の睾丸の移植によって若返りで早い試みを、研究者はエコーする調査ではより古い女性への若いマウスの卵巣を移植することが受け手の寿命の重要な延長をもたらしたことが分った。 研究者はほ乳類がいかにの老化するか卵巣機能は直接役割を担うことが示された時最初にこれがあることを信じる。

カリフォルニア大学の長寿の研究者を、示されるサンフランシスコは開拓してシンシアKenyon 「これ非常に興味深い調査であり、生殖システムによって」作り出された哺乳類の長寿ホルモンまたは信号のための追跡を刺激する。

ジャーナル老化の細胞の6月2003日問題で出版された 調査、5か、8かか11か月歳で2ヶ月のマウスから移植された卵巣を受け取った生後3週に、彼らの卵巣があった複雑なマウス取除いた。 研究者は外科がなかった、60%増加は取除かれた彼らの卵巣があったが、比較したり若い卵巣を受け取らなかったマウスと同じ年齢のマウスと比較された移植された動物の生後11か月に寿命の40%増加を見つけ。 人間の言葉の等価は現在の80よりもむしろ98年齢の平均余命の50歳の女性である。

「より早い調査からの既存のデータと織り交ぜられて、これらの調査結果は生殖器がほ乳類の調整の老化そして長寿で遊ぶ重要な役割に下線を引く」、ジェームスCareyカリフォルニア州立大学デーヴィス校の昆虫学部の示された捜査主任教授。 「それらはまた月経閉止期が始まるとき年齢を含む女性の生殖老化の表示器への長寿の関係を、再び訪問する必要性に下線を引く、より遅い年齢の出産の能力およびchildlessness」と彼は言った。

— Dの染料


2003年9月12日

Bのビタミンは人のより低い周辺幹線病気の危険を補う

栄養物の9月 2003日ジャーナルは Bのビタミンの補足の使用、周辺幹線病気(パッド)の特に葉酸および発生間の反対関係を見つけたハーバード研究者が行なった調査の結果を出版した。 周辺幹線病気は血の流れを制限するnoncoronary 動脈 でアテローム性動脈硬化を含む可能性としては致命的な状態である。 高いホモシステインのレベルが冠状心臓病および周辺幹線病気と関連付けられたので、研究者は知られているホモシステインを下げるためにBのビタミンの増加されたレベルがパッドのより低い発生と関連していればかどうか定めるように努めた。

調査は医療専門家のフォローアップで登録された調査の手始めで周辺幹線病気、冠状心臓病、打撃および糖尿病がなかった46,036人のオスの医療専門家を含んでいた。 食事療法および補足の使用に関する情報はすべての関係者によって完了されたアンケートによって提供された。

12年のフォローアップの期間の間に、308の主題は周辺幹線病気を開発した。 folateの日の増分に対して各々の400マイクログラムのためのパッドを発達させる危険に21%の減少があったことが分られた。 食事療法からのfolateの取入口および補足の上の20%の人は底で人より周辺幹線病気を開発する20%危険およそ3分の2があった。 単独で食糧からのFolateはパッドの危険の減少と関連付けられなかった。 folateを含んでいる補足を取った人は補足のfolateを取らなかった人よりパッドの32%危険度が低いがあった。 またビタミンB6およびビタミンB12の最近の取入口および周辺幹線病気の発生の減少間により弱い連合があった。

ホモシステインの減少が心循環器疾患に対してfolateまたは他のBのビタミンのための行為のメカニズムであるかもしれないがビタミンはまた遊離基を癒やし、endothelial機能障害を改善することによって病気を防ぐことができる。

— Dの染料

熱いアーカイブの索引はである何