熱い何が

2003年8月

熱いアーカイブはである何

2003年8月22日

カルシウムは血圧を正常保つ

臨床高血圧のジャーナルの3月 /4月2003日問題は 第3国民の健康および栄養物の検査の調査から得られた調査結果を出版した(カルシウム消費を高めたNHANESシストリック血圧および脈拍圧力の年齢関連の増加の減少とIII)は関連付けられる。 シストリック血圧は工業化された社会に住んでいるほとんどの個人の年齢とdiastolic圧力は生命の第6十年後に減りがちであるが上がる。

NHANES IIIは研究者が現在の調査に17,030人の個人の20歳以上選んだ39,695人の関係者を登録した。 血圧および他の測定はすべての関係者のために得られた。 食餌療法情報は研究者がナトリウム、カリウムおよびマグネシウムのような血圧に、影響を与えることができる他の栄養素、またカルシウム取入口を計算することを可能にした時間のリコールのアンケート24から得られた。

シストリック血圧はdiastolic血圧が50の年齢の後で10年齢毎に2つのmm HGのレートでどんなに低下しても、5.7 mm 10年齢毎にHGのの平均より高く、diastolic血圧3.4 mm HGだった。 1日あたりの1200ミリグラム以上と定義された高カルシウムの取入口は逆にシストリック血圧および年齢と起こる脈拍圧力の増加と関連付けられると見つけられた。 カルシウム取入口はまた50の年齢までdiastolic血圧の減らされた増加と関連付けられた。

著者は一般群衆のカルシウム取入口が1200ミリグラムの上でへ増加することそれを「年配者の隔離されたシストリック高血圧の発生」減るかもしれない予測する。 (Hajjar IM等、「食餌療法のcalciumlowers米国の血圧の年齢関連の上昇: NHANES IIIの調査」、J Clin Hypertens Vol. 5 2無し、3月/2003年4月。)

— Dの染料


2003年8月20日

慣習的な冠状病気の危険率は冠状心臓病患者の大半で示す

確立された冠状心臓病の危険率と広く考えられていた: 煙ること、糖尿病、高い脂質および高血圧は、冠状心臓病の個人の半分よりより少しにある。 最近出現の危険率がよく考えることに値する間、(http://jama.ama-assn.org/)米国医師会医学総合誌の 8月20日2003問題で 出版される2つの調査は記録を病気の大部分の人はそして女性にこの4つの危険率の少なくとも1つがあることが分ることとまっすぐに置く。

第1はの調査フィリップ グリーンランド、Feinbergの医科大学院のMDによって、ノースウェスタン大学、シカゴの合計386,915人の関係者を含んでいた21から30年のフォローアップの期間の3つの大きい米国の調査からの分析されたデータ導いた。 致命的な冠状でき事を経験した主題のために、危険率の1つの存在は87%から3つの調査の100%まで及んだ。 重大でない心臓発作があった登録で40から同じ年齢別グループの女性の87%ように59年老化した人のために、92% 1つ以上の危険率があった。

第2調査では、クリーブランド、オハイオ州のクリーブランド医院の基礎からの研究者は心臓病の122,458人の患者のためのデータを分析し、女性の84.6%および人の80.6%の慣習的な危険率の少なくとも1つを見つけた。

JAMAの同じ問題の社説では、調査結果は「CHD」の開発の危険がある状態に人口の大きい区分を目標とするための巨大な公衆衛生の含意があるかもしれないこと、そして調査が「説得力をこめてCHDの50%だけ「」慣習的な危険率に帰することができる」頻繁な要求に挑戦する証拠を提供することをジョンG. Canto、MDおよび友E Iskandrian、バーミンガムのアラバマの大学のMDは、書く。

— Dの染料


2003年8月18日

模倣者のビタミンDが前立腺癌の処置を後押しすること薬剤を入れなさい

航跡の森林大学バプテストの医療センターの研究者はそのZemplarのそれにより必要とされる放射の量を下げる癌細胞を、破壊するために副作用、仕事なしでビタミンDの活動的な形態の利点を共働作用して提供するように設計されている薬剤を放射と見つけた。 放射の大量服用はそれが性の、尿および腸機能に影響を与えることができるので好ましくない。 研究は蟹座のイギリス ジャーナル でオンラインで出版された

最近消費税を課された前立腺の腫瘍の細胞の標本、また確立された前立腺癌の細胞ラインを使用して、Zemplarが外的なビーム放射線療法と結合したことが分られた放射のoncolologyコンスタンチノスKoumenis PhDの航跡の森林大学助教授によって導かれた研究者はそれらが単独で放射と同じ有効性を得る2.4回までに放射線量を下げることを可能にした。 癌性細胞が処置に対して抵抗力があるようになるので説明されるKoumenis先生「局部的に進められた前立腺癌の失敗の放射線療法の人の約30%。 放射にかなり正常な細胞に影響を与えないで癌細胞の感受性を、高めるどの代理店でも大きい利点、である。 Zemplarが既に公認の平均それであるという事実は処置ですぐに使用できる。 私達は正常な細胞でZemplarの組合せおよび放射が腫瘍の細胞で互いに作用し合う、しかし大いにそうより少しことを示した。 これは正常な細胞への損傷を」最小にしている間私達が可能性としては腫瘍の細胞の殺害を高めることができることを意味する。

前の調査は放射なしで与えられるそのZemplarを減らす腫瘍の細胞の成長を明らかにした。

Koumenisは偽りなく前立腺の腫瘍の生物学を反映するかどうか細胞ラインがそう多くの年の間調査されたので、「、何人かの科学者の質問付け加えた。 私達の共同のチームの機能は患者からの「新しい」腫瘍の細胞を隔離する私達が両方を見ることを可能にした; そして私達は細胞の両方のグループの同じ効果を」見つけた。

— Dの染料


2003年8月15日

ナノテクノロジーは脳細胞の寿命を三倍にする

顕微鏡か「ナノの」スケールで設計される寿命中央フロリダの大学の研究はことが酸化防止剤正常な細胞の3から4回に高められる脳細胞に適用されたとき分った。 UCFのBiomolecular科学の分子生物学そして微生物学の部門の捜査主任そして助教授はSudiptaのシールによって協力によって、ベバリィRzigalinski集中したり、発見、処理する先端材料および分析の中心の仲間工学教授をした。

ナノテクノロジーは分子スケールの新しい材料を作成することを含み、すべての研究分野の多くの適用がある。 材料は薬を将来革命化することができるヒト細胞によって容易に吸収することができるスケールで設計することができる。

Rzigalinski先生は小型化されたantoixdant粒子をラットの脳細胞にそして比較された未処理の細胞とそれら加えた。 彼女は示した、「文化、ラットの脳細胞に通常約3週は住んでいる。 設計されたnanoparticles --にさらされた細胞は3から4倍」より長く住んでいた。

彼女はまた互いに伝達し合い、扱われた細胞が若々しい能力を保ったことが分る細胞の機能をテストした。 「これは寿命を伸ばすちょうど潜在性があるが、ジャム機能に」とことを示す彼女は付け加えた。

テストは示しnanoparticleの酸化防止剤に細胞をことを書き入れた後再生する機能があることを細胞に不明確に寄与するようにそれらがする。 再生nanoparticleは遊離基の損傷を防ぐ自然な酸化防止剤の限られた機能を、多くのビタミンのような越え、アルツハイマー病のような年齢関連の無秩序の処置で有用かもしれない。 粒子はまた炎症抑制の効果をもたらす。

老化の国民の協会は$14百万補助金を彼女の見つけることの理由、また未来のための適用の発見の彼女を助けるためにRzigalinskiに与える。

— Dの染料


2003年8月13日

クレアチンは精神筋肉をポンプでくむ

オーストラリアのシドニーそしてマコーリー大学の大学からの研究者は筋肉ティッシュにある普及したスポーツの持久力の補足のクレアチンが記憶および知性を後押しすることが分った。 レポートは王立協会ジャーナル進行 B.で出版される。

二重盲目の調査では、四十五人の菜食主義の大人は1日あたりのクレアチン5グラムのか補足が先行している与えられなかった、そのあとで別の6週間の期間各グループが前に受け取られなかった養生法を受け取った受け取った6週間の期間に続かれた6週間偽薬。 関係者は調査の手始め、最初の6週の終わり、および最終的な6週間の処置の期間の終わりに記憶および知性のためのテストを完了した。 クレアチンの補足が前に中心および他の筋肉ティッシュのクレアチンのために発見された改善と同じような頭脳機能を改善したことが分られた。

これが増加の頭脳のクレアチンのレベルに前に示されてしまったレベルであるので説明される研究者の先生を選ばれる「クレアチンの補足のレベルだった1日あたりの5グラム導きなさいキャロラインRae。 このレベルはスポーツの適性を後押しするために取られるそれと対等である。 ように肉食獣および雑食が肉の量そしてタイプによってクレアチンの可変的なレベルを得る菜食主義者か完全菜食主義者は調査のために選ばれたこの実験の補足のレベルに達することは!」肉のおよそ2キログラムを食べることを含む日が-食べる 彼女は付け加えた、「結果は両方の私達の実験グループとそして両方のテスト シナリオで明確だった: クレアチンの補足は知力に重要で測定可能な倍力を与えた。 これらの調査結果は頭脳の性能に影響を及ぼすことに於いての頭脳のエネルギー容量の動的および重要な役割に下線を引く。 計算のために利用できるエネルギーを高めることは頭脳の力を高め、これは改善された一般的な能力に直接」反映される。

— Dの染料


2003年8月11日

オメガ3の脂肪酸は不況を軽減する

台湾で行なわれた二重盲目の調査は落ち込んだ個人のグループへのオメガ3のpolyunsaturated脂肪酸(オメガ3 PUFAs)の管理が偽薬を受け取った人と比較された重要な救助を提供したことが分った。 レポートはジャーナル ヨーロッパ人のNeuropsychopharmacologyの8月2003日問題で 出版された

28の患者の年齢18魚油から440のミリグラムのeicosapentanoic酸および220ミリグラムのdocosahexanoic酸を含んでいる1日あたりの5つのカプセル、か8週の期間のための偽薬を受け取るためにに主要で憂鬱な無秩序と診断された60はランダム化された。 の処置前に、そして2時、4の、6のそして8週、関係者は憂鬱な徴候で評価し、記録された。 血液サンプルは処置段階の前後に取られた。

処置の第4週に従がって、取っていた主題は偽薬のグループと比較される憂鬱な徴候のスコアでオメガ3示した重要な改善を補う。 これらの患者は処置の第8週によって改良し続けた。

著者は不況のオメガ3の脂肪酸の利点に複数の考えられる解釈を提供する。 1つの仮説は脂肪酸が変えられた細胞膜の構造を正常化し、neurotransmissionが落ち込んだ患者で見つけたことである。 そのオメガが3つの脂肪酸気分をもたらすことができるアラキドン酸の滝の部分を目標とすれば別の説明。 著者は栄養素が特許可能ではないのでそうするべき薬品会社のための多くの刺激がないことを観察するが落ち込んだ患者のオメガ3の脂肪酸のそれ以上の臨床試験が引き受けられることを望む。 但し、それらはオメガ3 PUFAsが催奇形性(生まれつきの障害をもたらす機能)の安全そして欠乏のために好ましい」。がので「それ以上のデータ収集人文主義的な、科学的な理由のために重大であるようにせき立てる (等Su KP、「主要で憂鬱な無秩序のオメガ3の脂肪酸: 予備の二重盲目の、偽薬制御の試験」、ヨーロッパのNeuropsychopharmacology 13 (2003年) 267-271。)

— Dの染料


2003年8月8日

高いイソフラボンおよびlignan取入口はendometrial癌のより危険度が低いと関連付けた

カリフォルニア州北部の蟹座からの研究者は連合都市に集中する、カリフォルニアはphytoestrogensの消費とendometriumの癌のより危険度が低いの間の連合、または子宮のライニングを発見した。 Endometrial癌は循環プロゲステロンの露出なしでエストロゲンへの露出によって主に引き起こされると信じられる。 Phytoestrogensはコーヒーおよびオレンジ ジュースのような大豆そして消費されたときボディの自身のエストロゲンのレベルを上げない他の食糧で見つけられる自然発生するホルモンそっくりの混合物である。

パメラL.角ロス、PhDおよび同僚はサンフランシスコ湾岸地区に存在する老化した非アジア女性35から79の人口によって基づいた調査を行なった。 1996年そして1999年そして470の年齢一致させた制御間のendometrial癌と診断された400人の82人の女性は食餌療法および他の健康に関連する情報を提供するためにインタビューされた。 genisteinおよびdaidzeinを含むイソフラボンとして、知られているphytoestrogensのクラスの取入口; coumestansおよびlignansは各関係者のために計算された。

イソフラボンおよびlignansの消費がendometrial癌の危険と逆に関連付けられたことがpostmenopausal女性間で、特に分られた。 イソフラボンの取入口はlignansのそれより大きい危険の減少と関連付けられた。 coumestansとして知られていたphytoestrogensのクラスはendometrial癌の危険性をもたらさなかったようではない。 肥満だったphytoestrogensの低水準を消費し、Postmenopausal女性はphytoestrogenの消費が高かったnonobese postmenopausal女性と比較された病気を開発する最も大きい危険があった。

phytoestrogensの消費がエストロゲン依存した病気を促進できるという心配をエストロゲン依存した癌の成長を禁じる著者の州そのphytoestrogensのより低く静めること内生エストロゲンのレベル。 さらに、これらの混合物はより少なく自由なestradiolで起因する刺激し、脂肪組織のホルモンのestroneへのアンドロステンジオンの転換を防ぐaromataseを禁じる性ホルモンの結合のグロブリンの生産を(estradiolおよびestroneはエストロゲンである。)

— Dの染料


2003年8月6日

練習および低脂肪食は前立腺癌の細胞を発破を掛ける

ジャーナル、前立腺の8月1日2003問題で 出版された研究は前立腺癌の細胞の破壊に対する食事療法および練習の驚くべき効果を示した。 研究者は中年の人の3グループから培養された人間の前立腺癌の細胞に血血清をそして観察された効果加えた。 最初のグループは太りすぎおよび坐っていた成り、脂肪および砂糖で高かった食事療法があった14人から。 人の第2グループは(練習および脂肪、砂糖およびナトリウムと高く繊維で低い食事療法を推薦する14年間Pritikinプログラム)次。 第3グループは典型的なアメリカの食事療法を消費したが、含んでいたりネバダ ラスベガスのずっと14年間大人のフィットネス・プログラムの大学の部分である12人を。

エクササイザーの両方のグループからの血清はインシュリンそっくりの成長因子1 (IGF-1)の低レベルおよび人のnonexercisingグループのそれよりIGFの結合蛋白質1のハイ レベルを、含むと見つけられた。 前立腺癌の細胞培養への血清を管理した後3日第3グループの血清が前立腺癌の細胞の4分の1を、最初のグループからの血清によって細胞の3%だけの破壊と比較されて破壊したことが、分られた。 但し、Pritikinプログラムの従節は文化に加えられたとき前立腺癌の細胞の半分を殺した血血清を備えていた。

UCLAの生理学的な科学の、鉛の研究者そして教授示されるジェームスBarnard PhD結果が劇的なこれであることを「私達は期待しなかった。 私達は実験室の設定に起こったこれらの変更がまた患者に起こるが、疫学の研究は提案するかどうかまだ知っていない」ことを。

— Dの染料


2003年8月4日

ビタミンCは潰瘍の虫から保護する

栄養物のアメリカの大学のジャーナルの 8月2003日問題で出版される研究は ビタミンCの血消化性潰瘍および胃癌を引き起こすと知られているレベルと細菌Hの幽門を搭載する伝染の危険間の相関関係を見つけた。

サンフランシスコの退役軍人管理局の医療センターの研究者は第3国民の健康および栄養物の検査の調査から、またはNHANESIIを得られた分析した、1988年と1994年の間に行なわれ、7000人の関係者の近くに含まれていたデータおよび血液サンプルを。 科学者、Joel導かれたサンフランシスコVAの医療センターの医者はサイモンMD、MPH、調査の序盤の間に1988年から1991年まで、集められたデータを利用した。 関係者は2か月から90年まで年齢で及んだ。

現在の調査で分析された6,746の主題の32% Hの幽門の抗体のために陽性をテストした。 これらの主題の半分は特に有毒である細菌の緊張によって感染すると見つけられた。 ビタミンCのレベルが検査されたときにHの幽門の伝染の最も低い発生があると、レベルが最も高かった関係者は見つけられた。

要約されるサイモン先生は「これH.の幽門によってビタミンCのレベルと伝染間の関係を見る最も大きい調査である。 . . . 私達は伝染がビタミンCの血レベルを下げるか、またはより高い血レベルが伝染から保護すればである確信していない。 但し、動物モデルを使用してある調査は十分なビタミンCの取入口がこれらの細菌との伝染を減らすかもしれないことを提案する。 要点はビタミンCのハイ レベルは消化性潰瘍および胃癌を」防ぐ潜在性があるかもしれないことである。

— Dの染料


2003年8月1日

出生前の栄養物は子孫の病気の感受性に影響を与える

ジャーナル分子および細胞生物学の8月2003日 問題で出版された調査結果は マウスに対する出生前の栄養物の深遠な効果を明らかにした。 補足を与えられなかったマウスは黄色いコートを持つマウスに出産したが、メスの黄色いAgoutiのマウスはメチルの供給の栄養素に葉酸、ビタミンB12、コリンに与え、妊娠および授乳期の前および最中のtrimethylglycine (ベタイン)は茶色のコートを持つ子孫に出産した。 マウスのこの緊張のコート色はAgoutiの遺伝子の表現が減る、けれどもマウスに栄養素を与えることは遺伝子自体変えられなくてとき茶色になるために変わる。

調査のマウスに与えられる栄養素はDNAのメチル化を高める。 Agoutiの遺伝子のメチル化はまた肥満、糖尿病および癌への動物の感受性を減らし、他の遺伝子に影響を与えることができる。

説明されるデューク大学の放射の腫瘍学のランディJirtle PhD、年長の調査官そして教授「私達は長く原因-および-リンクをもたらしなさいことを母性的な栄養物が深く彼らの子孫の病気の感受性に影響を与えるが、wは決して理解しなかったことがわかってしまった。 はじめて、私達は母への栄養の補足が遺伝子自身をか変えないで彼女の子孫のalfterの遺伝子発現いかに永久にできるか正確に示した。 "

メチル化がヒト ゲノムの共通のでき事であり、のははっきり微妙な変更に応じて子宮内である可鍛性効果であるので加えられる主執筆者Rob Waterland PHD 「人間のための含意巨大である。 . . 食事療法、栄養の補足および他の表面上は無害の混合物は次世代のそれ」ことができるほどまでに開発を子宮内で生命のための子孫の特徴を変える、そして可能性としては変える。

— Dの染料

熱いアーカイブの索引はである何