熱い何が

イメージ


2002年10月

熱いアーカイブはである何

2002年10月30日

眼疾患のために規定されたビタミンは健康の費用の15億救うことができる

、Sanjay Sharma先生はオンタリオの女王の大学、カナダの費用効果が大きい目の健康政策の単位の創設ディレクター眼科学の会合の年次アメリカ アカデミーで黄斑の退化の患者へのビタミンの規定の大量服用が 次の 十年にわたる1 1/2十億ドル上の北米人のヘルスケア・システムを救うことができることを今月発表した。 黄斑の退化はより古い個人の盲目の一流の原因である。 最近の調査は病気の進行の減速で栄養療法のための利点を示した。

Sharma先生は黄斑の退化のためのさまざまな処置の価値および患者の生命の質の効果を定めるために数理モデルを作成するように国民臨床試験および他の調査からの過去の7年にわたって得られた情報を分析した。 彼は説明した、年齢関連の黄斑の退化に苦しんでいる人々による高線量のビタミンの補足(ビタミンCおよびE、プラスのベータ カロチンおよび亜鉛)の使用が改善された生活環境基準および減らされたヘルスケアの費用両方で起因することを「私達の結果は示す。 私達はAMDの高度の「乾燥した」形態とのそれらに適用されたら今後十年間にわたってこの作戦が以上$1.5十億可能性としては北アメリカのヘルスケア・システムを救うことができることを写し出す。 これは「扱うのに使用されたより高い技術のために需要がある予想された減少にぬらした」乾燥した形態から進歩できるAMDの形態を起因する。 . . カナダおよび米国の薬剤そして医療サービスの費用は途方もなく過去10年間にの上で行った。 私達が必要とするものは政府助成によるか私用保険プランかの下で覆うべきどの薬剤を決定するための理性的なシステムである。 私達は眼疾患をこれらの処置の価値これをとを」見るためにモデルを作成している。

2002年10月28日

カロリーの制限はマウスを中心で若い飼う

ウィスコンシン大学およびアラバマの大学の医者トマスProllaおよびリチャードWeindruch、および同僚は、マウスのカロリーの制限が19%によって遺伝子発現の年齢関連の変更を禁じたことを示すのにDNAのマイクロアレイを利用した。 国家科学院の進行の10月 28日2002問題で出版された研究では研究者はマウスの1つグループに生後14か月に始まる正常な食事療法に与え、第2グループ26%に制御グループより少数のカロリーに与えた。 中心の 検査は ある制御の生後5か月に行なわれ、制御の残りおよびカロリーのための生後30か月にグループを制限した。

9,977の遺伝子のための伝令RNAのレベルは表現を定めるために得られた。 最終的な分析は19%に限られたマウスの年齢関連の遺伝子発現の変更の全体的な阻止を示した。 老化のマウスに表現された遺伝子は細胞外のマトリックス蛋白質の沈殿、線維症および心筋の細胞の拡大に終って構造役割に、かかわったそれらだった。 またneurodegenerationにかかわった遺伝子の表現の増加は観察された。 さらに、炭水化物新陳代謝の方に転位と中心の主要なエネルギー源の脂質新陳代謝および脂肪酸の酸化にかかわった遺伝子の表現に減少があった。

カロリーの制限はまたapoptosisを引き起こす中心、高められたDNA修理遺伝子および減らされた遺伝子のより少ない発火と関連付けられるかもしれない免疫があ関連の遺伝子を抑制した。 著者は「中心で老化して酸化圧力の応答を表したtranscriptionalプロフィールと」が関連付けられるという(マウス)の骨格筋そして頭脳のために前に示されるように証拠なかったことが分るために驚いた。 (リーCK、等関連付けられる、「マウスの中心の老化および中間の年齢手始めの熱の制限と」トランスクリプション プロフィールPNAS 2002年10月28日)

2002年10月25日

ビタミンの補足の助けのHIV感染女性は妊娠の重量を得る

臨床栄養物のアメリカ ジャーナルの11月2002日問題で 出版される調査は 妊娠の間に体重増加を改善するのを助けられるHIV感染である妊婦によってことがmultivitaminの補足の消費分った。 HIV感染は頻繁に、低い生れ重量または早熟のような妊娠の間に起こるとき子孫に対する悪影響をもたらす必然的な減量の減少された食欲、栄養吸収不良および日和見感染をもたらす。

HIV感染だったタンザニアの900人そして五十七人の妊婦は調査で登録された。 女性は125ポンドの25の平均年齢の妊娠の12のそして27週の間に、そして登録に平均重量あった。 研究者はビタミンA、単独でビタミンAを含まなかったまたは偽薬を分けた口頭で管理されたmultivitaminの補足を、multivitaminの補足受け取っているグループに関係者を。 multivitaminはビタミンA、B1、B2、B3、B6、B12、CおよびE、葉酸およびベータ カロチンを含んでいた。 鉄およびfolateを含んでいる関係者のまた受け取られた別の補足。

女性は彼女達の妊娠の終わりに続かれた。 第3学期の間に、平均体重増加がかなりより高かったmultivitaminsを受け取り、女性のために偽薬を受け取っているグループとより低い体重増加の低率の危険が比較したことが分られた。 単独で管理されたとき、ビタミンAの補足は全面的なか第3学期の体重増加をもたらさなかったが、multivitaminsと結合されたときビタミンは第2学期の間に重量と肯定的に関連付けられた。

ダルエスサラームの健康科学のボストンおよびMuhimbiliの大学付属の公衆衛生のハーバード学校からの著者は、タンザニア、multivitaminsがHIVの進行を遅らせるか、またはそれにより減量を防ぐ二次伝染の発生そして厳格を減らすかもしれないことを書く。

2002年10月23日

小さいみみずは大きいレッスンを提供する

ジャーナル性質の10月24日2002 問題は ラトガース大学、ニュー ジャージー州立大学、および薬のアルベルト・アインシュタインの大学で研究者からの調査結果を、ことを酵素制御筋肉ティッシュの損失、かsarcopenia示した Caenorhabditisの 回虫によって知られていたelegansで全体の有機体の老化の役割を担うかもしれない出版した。 Sarcopeniaは私達がより古くなると同時に人間に起こる条件である、筋肉固まりおよび強さの損失によって特徴付けられる。 回虫の老化プロセスの観察によって、研究者は条件がみみずに同様に起こったことが分るために驚いた。

だれを欠乏が酵素サル1/P13のキナーゼと呼んだかみみずはより長く住んでいることが前に発見されてしまったが、現在の調査はこの酵素が起こるためにsarcopeniaのためにあるなったことが分った。 研究は1つのティッシュのタイプの低下が全有機体の老化を指示するかもしれないことを提案する。

主分子がみみずでしていることを把握したらRutgersの分子生物学および生物化学、コメントされるモニカDriscollの部の主義の調査官そして助教授「、人間のそれを捜し、起こると同じ事が期待できる。 私達が少数のより多くの付属品と少しもっと複雑になるけれども、すべての基本的な機械類はそこにあり、事がみみずで働かせる方法は事が人々で働かせる方法である。 最終的に、私達は健康の期間を拡張し、老化の不必要な面のいくつかを遅らせることができるようにボディの化学を設計するか、または調節する位置にあることを望む。 長期目的は薬療法によって責任がある生化学プロセスを調整することである。 このように、私達は小さいみみずが私達を」教えたレッスンに基づいて筋肉の健康を維持できる。

2002年10月21日

ビタミンCおよびグルタチオンはラットの年齢関連の酸化圧力を減らす

酸素ベースの遊離基の損傷は1つの提案された理論に従って老化のneurodegenerativeプロセスによって老化および年齢関連の病気で、および自体発生する関係した。 栄養物の史料及び新陳代謝の9月10月2002日問題 で、M先生はMansouraのMansoura大学のアメル出版される、調査では、エジプト、提供することがかなり保護栄養素を受け取らなかったラットと比較される酸化圧力を下げることがより古いラットへ酸化防止栄養素のビタミンCをそしてグルタチオンが分った。

18ヶ月のラットはキログラムの体重のグルタチオンごとの100ミリグラムおよび6週間毎日キログラムのアスコルビン酸ごとの30ミリグラムを受け取っているグループか栄養素を受け取らなかった制御グループに分けられた。 調査の結論で脂質の過酸化反応を定めるために、レバーのthiobarbituric酸の反応物質(TBARS)および睾丸は測定された。 テストステロン、甲状腺ホルモン、コレステロール、トリグリセリド、銅および亜鉛の血清のレベルはまた測定された。 グルタチオンを受け取り、 彼らの睾丸の ハイ レベルがあるとビタミンCは見つけられたラットおよびかなり制御より睾丸そしてレバー両方のTBARSを下げるため。 甲状腺ホルモンが酸化防止補足によって影響されない間、テストステロンのレベルは扱われたより古いラットでかなり増加し、コレステロールおよびトリグリセリドは劇的に落ちた。 亜鉛および銅は血清と頭脳および睾丸で増加すると見つけられた。

アメル先生は調査のビタミンCの利点が再生グルタチオンを助け、細道をリサイクルする酸化防止剤を活動化させる機能が原因であることができることを推測する。 補われた動物で見られるテストステロンの高度はこのグループで観察されるグルタチオンの睾丸そして高度で見つけられる酸化圧力の低レベルに帰することができるかもしれない。

2002年10月18日

JAMAの調査ショーのfolateは不成功から保護するかもしれない

スウェーデンのKarolinska Institutetで研究者行なう調査はおよび児童保健のある国民の協会および米国の人間の開発からの研究者がfolateの不足が早い不成功の高められた危険と関連付けられることを結論した。 米国医師会医学総合誌の10月16日2002問題で出版された調査は1996年と1998年の間に行なわれ、彼女達の妊娠の同じ段階にあった921人の女性との6から12週の妊娠で自然流産を経た468人の女性の血しょうfolateの状態を比較した。 研究者はこの国の葉酸が付いている栄養価の強化の欠乏がfolateの不足を より流行するようにする ので調査のためのスウェーデンの女性を、募集し、よりよくfolateの不足と不成功間の関係を検査することをそれらが可能にする。 葉酸が付いている穀物プロダクトの強化は米国の食品医薬品局によって1998年に新生児の神経管欠損症の流行を減らすために統治を委任された。

関係者は生殖および健康の歴史でfolateのためにテストされた血液サンプルが水平になれば、ただされ。 研究者はそれを1リットルあたり5見つけたと8.9のnanomoles間の血しょうレベルと定義された十分なfolateがあることを不成功のより危険度が低い50%と関連付けられた。 十分なfolateのレベルを持っていることが不成功に対して保護の間、ハイ レベルを付加的な利益持っていて相談しなかった。

児童保健のある国民の協会および人間の開発ディレクター、示されるDuaneアレキサンダーMD 「この調査の結果は出産年の女性のためのfolateの重要性を補強する。 概念神経管欠損症として知られていた生まれつきの障害の破壊的な形態しかしまたそれを防ぐために早い不成功の危険を」下げるようである前にだけでなく、葉酸を取る。

2002年10月16日

魚油により癌細胞の自殺を引き起こす

オスロの大学で栄養物の研究のための協会で、ノルウェーで行なわれた研究はヒルデHeimliによって魚油および脂肪質の魚からの脂肪酸が細胞の自殺をもたらすある特定の癌細胞のmitochondriaを破壊することができる ことを、示す今月示した。 Mitochondriaは細胞核の外にある細胞の発電所である。 これらは2002年10月に示されるに新しい説の結論そのヒルデHeimliである。 研究はノルウェーの癌協会によって支えられた。

Heimliは示し、オメガ3のpolyunsaturated脂肪酸が摂取されることを生体外の、さまざまな白血病およびリンパ腫の細胞によってまたはプログラムされた細胞死apoptosisに導く。 達成されるべきこれのために癌細胞は脂肪酸を活動化させる酵素を含まなければならない。 酵素の十分な量に欠けている癌細胞はオメガ3'sに反応しない。

Heimliはプロセスによってが生体内で同様に起こらない理由がないことを信じる。 彼女は示した、「実験は実験室の設定の皿で行われた。 使用されるpolyunsaturated脂肪酸はeicosapentaenoic酸(EPA)である、脂肪質の魚に見られるように同じタイプまたは規則的な魚油のカプセルである。 脂肪酸はボディの自身のプロセスのようなほとんど」である方法で癌細胞に与えられる食糧に加えられる。

彼女は付け加えた、「魚からのPolyunsaturated脂肪酸はまたより少なく調整された細胞死の呼ばれた壊死を始めることができる。 necrotic細胞死の理由は細胞の反応酸素種の高められた生産である。 であるビタミンCおよびE.のような酸化防止剤の存在によってこの壊死を」並置することは可能

2002年10月14日

親切なショーの補酵素Q10の最初調査はパーキンソン病を遅らせる

補酵素Q10の大量服用は44%までパーキンソン病と 起こる悪化を遅らせることができることを示した米国を渡る10の中心で行なわれるパーキンソンの研究グループ国民臨床試験の結果明らかにされる神経学のアメリカの医学連合ジャーナル アーカイブの10月 15日2002 問題。 補酵素Q10はmitochondriaと呼ばれるあらゆる細胞の発電所にある混合物である。 前の研究はミトコンドリア機能がパーキンソン病で損なわれることを示した。

研究者は補酵素Q10のビタミンEまたはまだlevodopaの標準的な療法を始めていない早いパーキンソン病の80の主題のグループにビタミンEと結合された300、600か1200ミリグラムの毎日の線量を管理した。 levodopaは病気の徴候の軽減を助けることができるが進行を遅らせない。 調査前にそしての間に毎日の生活の活動を行う、関係者は運動能力、精神機能、気分および機能のために評価されテストの成績に従って評価された。 主題はまでの調査に必要とした時間に再評価された16かまで月間薬物を残った。

調査の半分まで、補酵素Q10の300か600ミリグラムを受け取っている患者は1日あたりの1200ミリグラムを受け取っているグループはかなりよりよいスコアを持っていたが44%の低下をより少なく経験する偽薬のグループよりよいテストの成績を、持っていた。 このパターンは調査の終わりまで続いた。

神経科学のサンディエゴ教授リチャードHaas、MD、調査官そしてカリフォルニア大学は、「、補酵素Q10の不足に起因している若者達に影響を与える複数のまれなミトコンドリアの病気記述されていた最近コメントした。 これらの患者は補酵素Q10の処置に劇的に答えるかもしれない。 ティッシュの補酵素Q10のレベルは老化と落ち、これがなぜ起こるか私達は知らない。 より古い個人の補酵素Q10の正常な低レベルは老化のある病気の進行の貢献の要因」であるかもしれない。

2002年10月11日

ビタミンDおよびgenisteinは共働作用して前立腺の細胞の成長を禁じる

栄養物(www.nutrition.org)のジャーナルの10月 2002日問題で 出版される調査は前立腺の上皮細胞の成長がビタミンD、1アルファ、25-dihydroxycholecalciferolの大豆のイソフラボンのgenistein、またホルモン的に活動的な形態によって生体外で遅れること、そして混合物が両方とも一緒にそれらのどちらかより大きい結果を農産物別に生むことを示した。 同じ効果はgenisteinおよび25-hydroxycholecalciferolの低いcalcemicビタミンDの混合物と観察された。

航跡の森林大学医科大学院からの研究者は、ウィンストン セーレムで、ノースカロライナ、2つの温和な、1つの悪性の前立腺の細胞ラインを培養し、さまざまな組合せおよび集中のgenisteinそしてビタミンDとのそれらを再接種した。 結果の棒グラフはgenisteinおよび1アルファ、25-dihydroxycholecalciferolの高い濃度の組合せと行われる最小限の細胞の成長の非常に明確な映像を示す。 彼らはそれから両方の混合物の高い濃度が組合せで管理されたときに25-hydroxycholecalciferolとして、か25-OHD3を、単独でまたはnonmalignant細胞のgenisteinとのさまざまな組合せで知られていたビタミンDの形態テストし再度細胞の成長に対するすばらしく抑制的な効果が行われたことを見つけた。

温和な細胞はgenisteinに悪性の細胞より大きい感受性を示し、genisteinビタミンDの組合せへの悪性の細胞の応答は、間重要、nonmalignant細胞によって引き出された応答程に強くなかった。 研究者は組合せが温和な細胞の細胞周期の成長前立腺癌の細胞の1段階だけの2段階を 妨げたことが 分った。

これらの調査は禁止の前立腺の細胞の成長でgenisteinとビタミンDの混合物間の共働作用を示す第1である。 著者は、「私達のデータ サポート前立腺癌の防止そして処置両方のためのこれら二つの代理店の組合せの使用」書く。 (Rao A、クルマバソウRD、ウェードWN等、「GenisteinおよびビタミンDは共働作用して人間のprostatic上皮細胞の成長」、J Nutr 132:3191-3194を禁じる。)

2002年10月09日

クルクミンは照射損傷から保護する

ロチェスターの医療センターの大学の研究者は癌患者が受け取る放射に対してハーブのクルクミンのための保護利点を、発見した。 パイロット・スタディの結果はニュー・オーリンズの10月7日に治療上の放射線学そして腫瘍学のためのアメリカの社会の第44年次総会で、示された。 放射線療法は頻繁にそれを受け取る患者で、間戦い癌、原因で有用燃え、水ぶくれが生じる。

放射の腫瘍学イヴァン丁、MDの 助教授 によって導かれた研究者は50から200ミリグラム200匹のマウス5日の前にまたは放射の後の5日の1日あたりのキログラムの口頭クルクミンごとの、または両方とも与えた(10日)。 別の実験では、研究者は4日および放射に続く3日のためのクルクミンを前に管理した。 マウスの制御グループはクルクミンを受け取らなかった。 皮の損傷が20日後で査定されたときに、クルクミンを受け取ったマウスすべては最低の皮の損傷があった。

皮の損傷が彼らの腫瘍を扱うために放射を経ている患者のための実際の問題であるのでロチェスター ジェームスP Wilmotの蟹座の中心の大学の放射の腫瘍学の調査チームのリーダーそして責任者、ポールOkunieff、MDは、「これである重要コメントした。 無毒で、自然な物質がこの損傷を防ぎ、勝利状態…である私達の放射の有効性を高めるのを助けることができれば 放射線療法の経験に皮の損傷の用紙を得るほぼすべての癌患者-多数のために苦痛であるまめへの穏やかな日焼けからずっと。 私達がそれを防ぐのを助ける単純な方法を見つけてもいければ処置を」少しもっと簡単にする。

クルクミンは、antiangiogentic特性によって腫瘍の成長の抑制で有用であるために、既に知られている。 著者はそれ以上の調査に助言するが、放射を受け取っている患者がクルクミンを含んでいるカレーと味を付けられる食糧を食べることを考慮することを提案する。 それらはまた調査のクルクミンが口頭でまたは腹腔内に与えられた、ことクルクミンを加えて原則的に助言されてないはいけないことに重点を置き。

2002年10月07日

政府のレポートは私達が知っていたものを証明する: 処方薬有効な同じ

Rand Corporationによって準備され、医療研究および質のために代理店米国の保健社会福祉省によって後援される証拠のレポートの概要はそのS-adenosylmethionineを示すか、または骨関節炎および不況のための処方薬、またあるレバー状態有効である。 同じはボディのあらゆる細胞にあり、栄養の補足として多くの個人によって現在取られる。 レポートは効力を定めるために同じの102の臨床試験を見直した16人の医学の専門家のチームの3年の努力の結果である。

同じおよび骨関節炎の14の調査の 検査は 同じが骨関節炎の処置のnonsteroidal炎症抑制薬剤有効であるという結論をもたらした。 同じおよび不況の47の調査が分析されたときに、パネルは同じが慣習的な抗鬱剤と比較された結果の重要な相違と関連付けられなかったことを結論した。 そして同じおよび肝臓病の40の調査上のの分析はレバーでビリルビンの上昇値によって引き起こされた妊娠の胆汁うっ滞で利点を示した。

UCLAの助教授アマガエル属Cass、MDは、「保健社会福祉省コメントした同じが働くかどうか定めるために102の臨床調査を検査するように研究者の非のうちどころがないグループを雇った。 . . 結果はかなり強制的である。 これらの新しい調査結果は処方薬および副作用なしでそれをすると同じが効果的に働くことを提案する。 これは頭痛、体重増加および最も重要ののような規定の抗鬱剤に副作用に-性機能障害」苦しむ患者のための大ニュースである。

同じの証拠のレポートの概要はでオンラインで出版されるwww.ahrq.gov/clinic/epcsums/samesum.htmの健康福祉サービスの ウェブサイトは 詳報年内にオンラインで手続きできる。

2002年10月04日

酸化防止補足、インフルエンザ ワクチンの保護の上の練習、

老人病学のジャーナルの9月 2002日問題: 医学は より古い個人が酸化防止剤で高かった栄養の飲み物を与えられた ときに インフルエンザの免疫への高められた免疫反応を明らかにした社説および記事を出版した。 インフルエンザ ワクチンはそれらを受け取る高齢者達の半分だけの病気に対して保護を提供する。 老人病学のジャーナルの 同じ問題は 練習がインフルエンザのワクチン接種の応答を同様に改善すること付加的な調査の提示の結果を含んでいた。

最初の調査はカロリーを含んでいる飲み物を与えられた歳以上19人の関係者を六十五ビタミン、鉱物募集し、7か月間酸化防止剤か偽薬を高めた。 インフルエンザ ワクチンそして1か月をの後の受け取る前に、インフルエンザの3つの緊張への主題の抗体の力価は測定された。 偽薬を受け取るそれらと比較された補われた飲み物を受け取っているグループの緊張の1つへの抗体の応答の顕著な増加は観察された。

第2調査では、アイオワ州立大学の研究者はインフルエンザのために免疫になる前に練習の能動態、適度に活動的なか坐ったレベルを受け取っているグループに六十二歳以上関係者を分けた。 測定されたとき免疫、反インフルエンザIgGおよびIgMに続く2週は適度に活動的なか坐ったグループのより活動的なグループで高い見つけられた。 毎日のmultivitaminの取入口がinterleukin2のレベルにかなり関連したことがまた分られた。

インフルエンザが高齢者に特に致命的である場合もあるので練習を改善することは水平になり、食事療法は免除を高めて勧められたり、また他の知られていた利点すべてを提供する。 エームズ、練習の調査を共著したアイオワのアイオワ州立大学のMarian L Kohut先生は有効な練習であることは汗の上で20分の週」働くにはまたは十分に活発な強度の多くごとの3つ以上の時間でなければ「ならないことに重点を置いた。

2002年10月02日

総合的な酸化防止剤は打撃の損傷を妨げる

遊離基の生物学および薬の10月2002日問題 で、デンバーのデューク大学の医療センター出版される調査ではおよび国民のユダヤ人の医療センターからの研究者は、総合的な酸化防止剤AEOL 10150が齧歯動物で引き起こされる組織の損傷の次の打撃を防ぐのを 助ける ことができることを示した。 研究者は90分のための虚血を引き起こすために中大脳動脈の閉塞を経たラットの混合物をテストした。 循環、AEOL 10150または偽薬の復帰の後の1 1時間半はintracerebroventricularly与えられた。 AEOL 10150は制御と比較された35%組織の損傷の区域を減らし、また神経学的な欠損を減らした。 混合物が中大脳動脈の閉塞の90分後の6時間を与えられたときに、評価は一週間後infarctのサイズが43%減ったことを示した。

別の実験では、AEOL 10150は打撃が引き起こされたinfarctのサイズ(25%)の減少マウスにおよび神経学的な欠損は同様に見られた混合物が血頭脳の障壁を交差させたことを示している、静脈内で与えられ。 そして2時間酸素そしてブドウ糖の奪い取られた脳細胞文化でAEOL 10150はneuroprotective効果をもたらすと見つけられたそれらに一貫した集中に細胞混合物のレベルを変更した。 混合物が炎症性遺伝子発現に影響を与えることが更に発見された。

AEOL 10150はスーパーオキシドのディスムターゼをまねるmetalloporphyrinの触媒作用の酸化防止剤、ボディの自身の酸化防止剤の1つである。 混合物は国民のユダヤ人の薬、ジェームスCrapo MDの部門の調査の共著者そして議長によって開発された。 打撃の手始めが検出しにくい場合もあるので要約されるCrapo先生は「多くの患者数時間処置を得ない。 私達の調査結果は打撃が」始まった後損傷を防ぐことができるそう多くの時間ので酸化防止剤が打撃療法のための有望な候補者であることを提案する。

 

熱いアーカイブの索引はである何