熱い何が

2001年8月

熱いアーカイブはである何


2001年8月31日

それ以上の証拠のリコピンは前立腺癌を禁じる

より多くの証拠はそのリコピン、それらに赤い色を与える1トマトで見つけられる物質現れて、他の果物と野菜は、および遅い前立腺癌 防ぐことができる。 アメリカ化学会の200第22国民の会合はアフリカ系アメリカ人の系の前立腺癌の患者から主に成っている人口に3週間トマト ソースの日刊新聞を与えたシカゴ前立腺癌の最も高い発生が世界的にあるグループのイリノイ大学からの研究者によって8月29日に提示の場所行った。 ボランティアはより低い前立腺の特定の抗原のレベルとして前立腺の細胞へのDNAの損傷の重要な減少がおよび白血球および井戸あると見つけられた。 前立腺の特定の抗原、かPSAは前立腺癌の危険に血のマーカーとして使用する蛋白質である。

病気を存続させないために白人および彼らが二度同様に本当らしいよりアフリカ系アメリカ人に34%がより多くの前立腺癌の診断ある。 最新の考え方は被告人として遺伝学および食事療法を指した。 イタリアおよびギリシャに住んでいる世界の他の部分よりより多くのトマト ソースを消費する人のような内陸の人は、前立腺癌のより低い発生を示した。 トマト ソースを作るとき使用される調理プロセスはより多くのリコピンを解放するためにトマトの細胞壁を破壊する。

Phyllis E Bowen、PhD捜査主任はコメントした減らすと、「トマト ソースが癌をこの調査は言わない。 私達が癌と関連付けられる」考えるDNAの損傷を減らすと言う。 この調査は消費のトマト ソースと人間DNAの損傷の減少を関連付ける第1である。 DNAの損傷は高められた癌の危険性のためのマーカーである。 Bowenはより多くのトマト ソースを食べることがそれことを前立腺癌の危険がある状態にそれらのためのDNAの、特に保護を助けるべき考慮する価値があるかもしれない現在の調査が提案することを示した。


2001年8月29日

ブドウからのResveratrolはangiogenesisおよび腫瘍の成長を禁じる

ブドウで、マツ吠え声およびピーナツ見つけられる、ポリフェノールのresveratrolは実験生物学(FASEB)ジャーナルのためのアメリカの社会の連合の2001 6月8日、問題で出版される 記事に従って複数の生体内のモデルの腫瘍の成長そしてangiogenesisを 禁じる。 Angiogenesisは新しい血管が形作られる癌の腫瘍の成長に必要な プロセス である。 スウェーデンのKarolinskaの協会の研究者は繊維芽細胞の成長因子2の牛のようなendothelial細胞を刺激し、resveratrolが有能な線量依存禁じる毛管endothelial成長をだったことが分った。 ブタの繊維芽細胞の成長因子2のための受容器を表現し、血管内皮細胞増殖因子(VEGF)大動脈のendothelial細胞ラインでは、resveratrolはこれらの受容器によって仲介された細胞の成長の拡散そして移動を禁じた。

研究者は続いて生きているモデルのresveratrolのantiangiogenic活動を確認し、resveratrolが成長のひよこの胚のchorioallantoic膜のvascularizationに欠けている区域を引き起こせたことが分るように努めた。 それ以上の確認は人間の1日あたりの赤ワインの3つのガラスで同等の量のresveratrolを含んでいるマウスへの解決の管理によって得られた。 マウスは水だけを受け取った制御グループと比較された彼らの角膜でVEGFによって引き起こされたかなりより少なく新しいvascularizationがあった。 さらに、fibrosacrcomasのマウスは口頭resveratrolを受け取った後腫瘍の成長の阻止を経験した。

研究者は口頭で与えられたときresveratrolがangiogenesisの抑制剤と現在使用中の管理の注射可能なルート上の改善であるangiogenesisを禁じることを結論を出す。 研究者はresveratrolが直る傷を含む状態で有害であることができること、そしてワイン飲むことがresveratrolを得るように励まされるべきではないことを強調した。 他の食料品かノンアルコール飲料は源として考慮されるべきである。


2001年8月27日

カロリーの制限によって、遅らせられる確認される老化と関連付けられるDNAへの酸化損傷

遊離基によって与えられる酸化損害を防ぎ、消費されるカロリーの量を制限することは寿命を拡張するように試みの2つの方法である。 それらと比較されるカロリーで限られる食事療法に与えられた広告のlibitumがある動物の高められた存続は細胞へのより少ない酸化損傷と関連付けられた。 細胞高分子への酸化損傷は年齢と上がり、多くの生理学機能の損失とつながった。 過去10年間に、研究者は8オキソ2 deoxyguanosine (oxo8dG)レベルによって測定されるように他はこの見つけることを確認しなかったが、細胞DNAへの酸化損傷と老化間の連合の、覆いを取った。 2001年8月21日、マウスの2つの緊張の検査されたDNA oxo8dGのレベルおよびさまざまな年齢でラットの1つの緊張国家科学院の進行出版される現在の調査と管理されたカロリーの制限食だった人々の印刷物の前にオンラインで。 前の研究の矛盾した結果のために、科学者は前の調査で偽の高度を作成したかもしれないoxo8dGを発生できるそれ以上の酸化の可能性を除去したヨウ化ナトリウムを含むDNAを隔離する方法を利用した。

レバーからのレバーからの核DNAを、中心、頭脳、腎臓、筋肉および脾臓およびミトコンドリアDNA隔離した後、科学者はoxo8dGのレベルをすべての緊張およびティッシュの年齢と増加されて見つけた。 食事療法の60%に与えられたラット ラットおよびマウスのそれらより24か月に中心、骨格筋および頭脳のDNAで友達のグループか齧歯動物によっておよびマウスはかなり示したoxo8dGの低レベルを同じ年齢によって与えられた広告のlibitum消費した。

この調査は年齢のDNAの酸化の増加を確認し、カロリーの制限がプロセスを遅らせることができることを示す。 研究者は酸化損傷を取除く機能の低下よりもむしろ酸化圧力へのティッシュの年齢関連の感受性が増加に責任があることを結論を出した。


2001年8月24日

減らされた肺の機能はすべての原因の死亡率を高める

すべてからの危険性を高められた死亡率を煙らすことによって引き起こされる肺の機能の 減少が 引き起こすジャーナル胸郭の9月2001日問題で出版される長期調査。 1959年および持続させることに国際的な7ヶ国の調査の部分だった1000のフィンランドの人に含まれる30年を始められる調査。 関係者は調査の手始めに40および五十九の年齢の間にあった。 フォローアップは調査の間に5回行なわれ、死は2000年まで追跡された。

肺の機能の損失は、それほどではないにせよもっとゆっくり起こり、禁煙家の老齢期で喫煙者と比較した。 調査の最初の15年の間に、0.75秒(肺の機能の測定)の強制expiratory容積の低下は決して連続的な喫煙者の1年ごとの66ミリリットルと比較されてたばこを吸ったあらないことは人の1年ごとの46.4ミリリットルだった。 すべての原因からの死亡率の危険はたばこを吸わなかった人のより喫煙者の高く20%だった。 、一時的にたばこを吸うことをやめた人のために肺の機能の低下は遅れた。 最も長く肺の機能のより少ない損失持たれていた存続させた個人は死んだ人より0.75秒の強制expiratory容積たばこを吸ったかどうか、測定した。

調査の著者は煙ることによって引き起こされる肺の炎症性応答機能のより大きい損失を導く肺の解剖学そして機能の変更を引き起こすことをの一定した刺激によりこと仮定する。 彼らは同様に多くの肺の機能を可能ように維持してより長い寿命を予測すること、そして死の危険に対する停止を煙らす有利な効果が肺機能で減らされた低下によって部分的に引き起こされるかもしれない ことを 結論を出す。

2001年8月22日

JAMAの 調査は葉酸、ビタミンB12の補足を貯めるお金、生命を予測する

米国医師会医学総合誌の2001 8月22日 、問題で出版された調査は 心血管のでき事の発生の小麦粉の強化の未来の利点を検査し、ビタミンB12および葉酸の補足の費用効果を予測するように努めた。 調査はホモシステインのレベルの配分を含むために更新された米国の年齢35に85の居住者のために冠状心臓病のでき事および費用の冠状心臓病の方針モデルを 利用した。 高いホモシステインのレベルは葉酸およびB12によって心臓病の重要な危険率として現れ、下がることができる持っている。 モデルは能力で予測する冠状心臓病からの1990年の米国の人口統計の中2%に死を認可された。

このモデルを使用して、研究者は現在FDAによって統治を委任された人の心臓発作そして心血管の死亡率のおおよその13%の減少および10年の期間にわたる女性の8%の減少に終ってホモシステインのレベルの11%の低下で葉酸が付いている穀物の強化が、起因できることを予測した。 知られていた心臓病のすべての患者が補足のビタミンB12 500マイクログラムおよび1つのミリグラムの補足の葉酸を受け取ったら、モデルは単独で強化された食事療法と起こるより310,000を同じ期間の少数の死予測し救われる生命の大きい数とより古い個人である。 10年の期間にわたる米国に冠状心臓病なしで四十五歳以上、節約は2十億ドルで人のために補足が始められたら写し出される。 女性のための費用有効性は55およびより古いグループに現れた。 調査の著者は推薦する、「葉酸およびcyanocobalaminの結合された療法以来よく容認される、人の古いより45年および女性の古いより55年の定期的な療法を」考慮することは適度である。


2001年8月20日

柑橘類のペクチンは前立腺癌の防止を援助するかもしれない

農業のジャーナルの6月 2001日問題はおよび食糧化学 エジンバラでテキサスAで科学者間の結果の研究の共同を及びテキサス鍋のアメリカ人のM大学および柑橘類のペクチンが前立腺癌を防ぐのを助けるかもしれないことを示す大学 出版した。 ペクチンに血糖およびコレステロールを減らす機能を含む複数の利点が、ある。 変更された柑橘類のペクチンはまた癌の転移を防ぐのを助ける機能を示した。 この調査の研究者はペクチンの部品がそれが癌に導く前立腺の細胞の間に起こる伝達不備をもたらすことを示した。

テキサスAの生物科学そして技術の協会及びヒューストンのMの大学制度の健康科学の中心のウォーレスMcKeehan調査の共著者は、「そこにである前立腺を健康保つ前立腺の細胞間の混線説明した。 敵意の間に、信号は歪曲されて得、細胞は理解し合わない。 それらが右の信号を得ていないのできちんとしていない狂暴な細胞で終る。 それらは彼ら自身に信号を送り、刺激し始め、あまりを育てる。 私達は混乱する行き、ペクチンは可能性としてはそのシステムをもたらし、常態に設定し直すことができることを示した信号のメカニズムに柑橘類のペクチンの要素を差し込んだ。 それがこの効果をもたらすペクチンにである何私達が丁度識別すれば消費者にそれを」提供する方法を、長期目的はそれから最もよくの問題を解決することである。

この調査は柑橘類のペクチンが癌の開発を変更するかもしれないターゲットを識別する第1である。 研究者はペクチンの分子をより小さい分子に破壊し、次にペクチンの分子の1部が利点を防ぐ癌に責任があるかどうか定めるためにそれらを分けることを望む。


2001年8月17日

魚油コーン オイルではなくは結腸癌を防ぐ

テキサスA&M大学の研究者はコーン オイルは促進者として機能するが魚油、普及した補足心臓病の防止で使用されるおよび関節炎が コロン の癌に対して、保護効果をもたらすことが分った。 オイルが細胞は癌性になるかどうか影響を与える細胞膜の脂肪酸組成をもたらすことを過去4年間進行中の研究発見される。 細胞のための別の運命をセットアップするコロンの細胞の膜の脂肪酸組成は変わる説明されるジョアンヌR Lupton鉛の研究者教授「。 信号は細胞膜から細胞の核心に行き、それを分かれ、なりか、腫瘍にまたは幻影をあきらめ、プログラムされた細胞死を」経るように言うことができる。

研究者はまた癌がコロンの細胞間でいかに広がるか調査した。 ラットはコーン オイルか魚油に与えられ、azoxymethane、結腸癌を引き起こす物質と注入された。 コロンの壁の刻み目の細胞はコロンの細胞が育つ反復実験は続いて検査されたクリプトを呼び。 クリプトの底の細胞は古い古のはは表面にあるが、最も若い。 ラットはコーン オイルはラットに経験したコロンの1つの側面と少し他へのより多くの損傷を与えたが魚油の食事療法に見つけられた均等に彼らのコロンの両端にクリプトの底で損なわれた細胞があると与えた。 Luptonは異なった場所にコロンの内で、「、そこにである異なった程度の癌注意した。 実際に、ほとんどの人間は右味方された腫瘍よりもむしろ左味方された腫瘍を」持っている。

コロンの両側が均等に損なわれるときクリプトへのより大きい損傷が観察される拡散損傷と比べてコロンの1つの側面効果を悪化できる集中およびより大きい局在化を示すことに、研究の共作者Jeffrey MorrisはM.D.アンダーソンの蟹座の中心の生物統計学の助教授注意した。 彼は魚油およびコーン オイルがコロンで異なった環境を作成するかもしれないことを提案した。 研究者はより多くのラットを利用する調査を計画している。


2001年8月15日

血の脂肪酸なしは人の急死につながった

調査は循環の8月14日2001問題で 報告した: アメリカの中心連合のジャーナルは nonesterified (自由な)脂肪酸の高い血清のレベルが中年の人の急死と関連付けられることを報告した。 消化力の後で脂肪組織で貯えられて、脂肪酸なしは、または糖尿病絶食するか、または煙ることの間に、甲状腺機能亢進症または心臓発作で解放されたとき自由になる。 脂肪酸なしの高度により心臓病の個人で 可能性としては 致命的な不整脈を引き起こすと知られていた。

この調査は健康な人で同様にそうすることを示す第1である。 1967年と1972間のパリの前向き研究で登録された5,250人は22年の平均のために続かれた。 血液サンプルは登録に続く1年を取られ、nonesterified脂肪酸のレベルのために分析された。 年齢のための調節の後で突然の心拍停止を用いるない致命的な心臓発作を用いる肯定的な連合があると、心拍数、煙るおよび他の要因、nonesterified脂肪酸のレベルは見つけられた。 突然の心拍停止は心臓発作とは関係なく起こることができ頻繁に心室細動、タイプによっての不整脈引き起こされる。 調査著者サビエルJouven、MD、PhDは1つの調査、脂肪酸なしのレベルに心室の不整脈の減らされた発生があった血清を下げた物質管理された患者のそれに注意した。

循環の同じ問題の社説 では、魚またはcanolaオイルで見つけられるオメガ3の脂肪酸が保護効果を出すことができる間、不整脈を引き起こすためにトウモロコシで見つけられるそれらのようなオメガ6の脂肪酸により、ヒマワリかベニバナ油本当らしいことを著者アレキサンダー葉、MDは示した。 彼は観察した、""はオメガ3の脂肪酸の比較的少量だけ保護のために必要なようである、取入口はオメガ6の脂肪酸の減少と一緒にオメガ3のpolyunsaturated脂肪酸へのオメガ6の1-1比率に近い方に達するために伴われなければならない。 Jouvenおよび共著者の調査結果はパリの前向き研究に含まれていた主題がオメガ3の脂肪酸でおそらく食事療法を低く消費していたことを、ようにである事実」提案するずっと西部の先進国の過去世紀の間に。


2001年8月13日

アテローム性動脈硬化は加速された細胞老化と関連付けた

尖頭アーチの8月11日2001問題でようである 記事ではtelomeresの検査によって発見される研究者冠動脈疾患の患者は個人のそれと対等な細胞老化があり、より古い8.6を平均すること。 研究者はアテローム性動脈硬化が炎症性病気 、傷害、病気の患者に応じて高められた細胞の転換によってとりわけ特徴付けられて早い細胞老化の証拠があるかもしれない仮説を調査した。

血は老化した10人の患者42からangiographically断固としたで厳しい三重容器の冠動脈疾患との72およびまた血管記録法によって確認された病気がなかった対等な年齢幅の20人の制御患者から、引かれた。 白血球DNAの末端の制限の片の測定は平均telomereのサイズの決定を可能にした。 Telomeresは細胞と各細胞分裂を短くする染色体の端に帽子である、それ故により長くtelomeresはより若い細胞老化を示す。 telomereの短縮と年齢の間で観察された強い連合があった。 年齢および性のための調節の後で、冠動脈疾患の個人は制御より短い303の基礎組平均した誰かと同等の末端の制限の片がおよそ8.6年より古いあった。

この相違は遺伝か早い生命要因によりによって引き起こすことができる。 調査の著者はそこにアテローム性動脈硬化が脈管系より多くを含むという、そして全身の発火および他の一般化された異常があるかもしれないこと証拠を高めていることを観察した。 彼らは血管の細胞の老化に伴う細胞機能障害がアテローム性動脈硬化に貢献できることを仮定した。 noninvolved細胞のtelomereの長さによって測定されるように高められた細胞の転換そして増加された生物的年齢は有効な病気のマーカーであると証明できる。


2001年8月10日

研究はfeverfewが炎症抑制としていかに機能するか明らかにする

エール大学の調査チームはハーブのfeverfewの知られていた物質の行為の炎症抑制のメカニズムを発見した。 Feverfewは長く片頭痛のずっと頭痛を防ぎ、扱うのを助けるべき自然な療法 である。 feverfew見つけられた、研究者はparthenolideで見つけられる活動的な混合物が発火の役割を担う蛋白質に結合すること化学および生化学的なアプローチの組合せによって、IkappaBのキナーゼを呼んだ。 他のハーブはparthenolideを同様に含むためにあった。 研究はジャーナル化学および生物学の8月2001日問題で出版された。

分子の調査チームのリーダーのクレイグの乗組員は、助教授、エール大学の細胞および進化の生物学、化学および薬理学は言うべきこれがあった: 「結果は頭痛、膨張、赤みおよび発火のようないろいろな病気そして徴候のための新しい炎症抑制薬剤の開発のための道を、開く。 私達は結合が作用する蛋白質の機能を破壊したまた混合物が結合する蛋白質の一部分を識別できたことを示し。 私達がこの蛋白質の1つの抑制剤を識別したので付加的な抑制剤を開発するのに、その情報が使用することができる。

これは単一の抑制剤が巧妙な薬剤を副作用が原因で常にする一連の抑制剤を」持っていることは有用常にであるので重要である。 feverfewの炎症抑制の特性は片頭痛が血管の発火そして膨張を含むのでそう多くの個人によって片頭痛に対して有効であることをなぜ確認しているかであるかもしれない。 発見は炎症性条件の処理のハーブまたは部品の他の可能な使用を励ます。


2001年8月8日

動脈瘤の患者は冷却から寄与するかもしれない

ボストンのマサチューセッツ総合病院は熱を開発する出血性の打撃の患者の新しい冷却の技術の利点を 調査する 調査の場所である。 組み込まれるInnercool療法によって製造されたControl™摂氏システムは血がそれとして冷却することができるために静脈に挿入することができるか、または動脈によってが要素を過ぎて流れるカテーテルの利用を含む。 またシステムが患者を暖め直すのに使用することができる。

頭脳の血管の破裂に起因する出血性の打撃により頻繁にでき事に続く2から3日間体温の増加を引き起こす。 高温は回復を損なうことができる有害な条件の滝で起因する。 下げられたボディ温度の誘導、か低体温症はこの組織の損傷が起こることを防ぐのを助けるように、示されていた。 acetaminophenの使用を含み、毛布を冷却する現在の方法はある程度の成功を示した。

全患者を冷却するためには、カテーテルは大腿部静脈でカバ劣った静脈に頭脳のようなターゲット器官の冷却は動脈のカテーテルの配置を要するが挿入される。 システムはボディに液体の散水を要求しない、必要などの外の血循環でもある。 それはまたunruptured動脈瘤の外科修理の間に試みられている。

感激させるInnercool社長兼最高経営責任者ジョンDobak MD 「私達は私達の臨床調査の進歩について非常に興奮する。 私達のシステムは医者がすぐに低体温症を引き起こし、維持し、逆転させることを可能にする。 unruptured頭脳の動脈瘤の私達のTCAS (動脈瘤の外科の間の温度調整)の調査は急速に進歩して、私達の熱制御調査の開始と、私達は私達の技術のための別の重要な臨床徴候を探検している。 私達はまた激しい打撃および心臓発作のような付加的な臨床応用を」、調査することを計画する。


2001年8月6日

肺癌の予防として試みられるべき炎症抑制薬剤

Jonssonの蟹座の中心カリフォルニア大学ロサンゼルス校は普及したnonsteroidal炎症抑制Celebrexが肺癌を防げるかどうか定めるために2つの臨床試験を 始めている。 炎症抑制剤は得それらを使用する個人の癌のより低い率と関連付けられるように最近注意を。 2つの試験は病気の危険度が高いでそれらの肺癌を防ぐCelebrexの能力をテストする第1である。

肺癌により癌の他のどの形態もよりより多くの癌の不運を引き起こし、米国の157,000人上のの生命を、胸、前立腺および結合される結腸癌とのそれらよりもっと今年取る。 アメリカの癌協会は169,500基の新しい診断が2001年に作られることを推定する。 Celebrexは病気のための高いリスクのグループにある人のための結腸癌の予防としてFDAによって現在承認される。 前のUCLAの研究は薬剤がマウスの肺癌の開発そして成長を防ぐことができることを見つけた。

現在の研究はnonsmallの細胞の肺癌の生存者と穏やかな慢性閉塞性肺疾患の重い喫煙者の薬剤の予防の能力をテストする。 発表される助教授先生ジェニー毛捜査主任そしてUCLAの医科大学院「これは最初にCelebrexが人間で肺癌をことを防ぐために調査されていることである。 私達は分子レベルで防止の点では好反応を提案する肺癌の細胞の変更を検出した。 Celebrexはアスピリンより安全であると考慮される従ってそれ以上のCelebrexの安全プロフィールは肺癌のための予防の代理店として約束を」高める。 調査のどちらかに加わりたいだれでも888-798-0719でJonssonの蟹座の中心を臨床試験ホットラインと呼ぶことができる。


2001年8月3日

大豆はpostoperative中心を保護する

大豆のイソフラボンは開いた心臓手術に続くreperfusionの間に起こる損傷から中心を保護する かもしれない。 知識はホルモンに欠けるために繁殖する齧歯動物へのエストロゲンの管理が虚血の期間の間に齧歯動物の中心を保護する、または中心への血の流れの欠乏、起こった観察から。 さもなければ、カルシウムの中心の細胞そして集結への損傷は起こる。 エストロゲンはオスおよびメス動物に保護を提供する。

現在の研究、生理学のアメリカ ジャーナルで出版されるため: 虚血およびreperfusion前にエストロゲン、daidzeinおよびglyciteinに欠けている大豆のphytoestrogensのgenisteinを与えられたラットがエストロゲンと同じ保護できられることを明らかにされる中心および循環生理学。 調査のラットは外科を経る前に3か月間大豆のイソフラボンが豊富な食事療法を受け取った。 循環はreperfusionによって30分の間、血の代理と続かれて中断した。 大豆を受け取っているラットは中心、より少ない浮腫および制御マウスより一酸化窒素の生産への大きい血の流れがあり、カルシウムの異常な蓄積がなかった。

デイヴィッドR研究者は、生理学の教授儲け、獣医学の大学イリノイ大学の獣医の生物科学の頭部に大豆の使用で言うべきこれがあった: 「管理された、明示されている状況の下で、私達はそれが自然または大豆のphytoestrogensからであるかどうか、疑いも無いエストロゲンが保護を提供していることを示した。 . . 私達がホルモンの活動にかかわる特定の蛋白質を見つければ、そして私達は合成麻薬を開発してもいい。 私達は乳癌にかかわったそれらのような望ましくない行為を、妨げることできるに好むまたは中心機能をよりよく助けるか、または」より速く直るかもしれない活動を刺激しなさい。

2001年8月1日

気腫の患者と試みられるべきビタミンAの派生物

気腫に対するビタミンAの派生物の全TRANS retinoic酸そして13シス形retinoic酸の 利点は 長所として知られている国立衛生研究所が資金を供給する次の調査の主題または気腫の調査のためのRetinoid療法の可能性である。 研究は米国中の5つの大学で行なわれる。 気腫を緩和する穏やかの大人の患者は任意に1つ全TRANS retinoic酸の2つの強さ、6か月間13シス形retinoic酸、または偽薬を受け取る。 偽薬のグループはそれからretinoidsを受け取り、retinoidグループは調査の残りの3か月のための偽薬を受け取る。 調査は前の人間および動物実験で観察される病気に対してretinoidsの利点を確認するように努める。

気腫では、肺の気胞そして細気管支の管は破壊され、肺は拡大され、より少なく有効になる。 処置が、抗生物質および吸入器のようなあるが、これらのどれも治療効果がない。 ビタミンAの派生物は働く実際に病気によって破壊される肺を再生する助けることによって区域で。 Retinoidsは肺組織の成長に信号を送る遺伝子をつけることによってこれをされる。 このプロセスは肺にある特定のretinoidsの高い濃度がある胎児の調査によって最初に観察された。 研究者はカウンターにもたらさない同じ効果を購入することができるそのビタミンAに重点を置く。

ミハエルRoth、MDのUCLAの肺および重大な心配の薬の部の助教授はコメントした、余分ビタミンAを戻せば肺が開発しない肺に傷害を修理できるビタミンAこと取り除けば「実験調査は示し。 . . 現在治療は気腫のためにない。 私達はこの新しいアプローチがこの慢性疾患に」苦しむ2,000,000人のアメリカ人を助けるより有効な処置に近い方の私達を連れて来ることを望む。

熱いアーカイブの索引はである何