熱い何が

2000年12月

熱いアーカイブはである何


2000年12月18日

Ribavirinは肝炎のウイルスの変異によって働く

Ribavirinは多くの肝炎の患者のために有効であると見つけられる少数の薬剤の1つ である。 生命延長基礎は米国でこのために承認された前に病気年を扱うこと困難なこれのためのribavirinを推薦した。 、サンフランシスコ カリフォルニア大学で12月の性質の薬で、研究者は出版される記事ではエラー・カタストロフィーとして知られているウイルスがそれらによって圧倒されることribavirinがウイルスことをにそう多くの突然変異の発生によって働くことを発見した。 研究者に従って、この新しい発見は製薬会社がribavirinのより有効な版を作成するのを助ける。 酵素の妨害によって働いたribavirinが使用したことをと前に考えられていた酵素のより有効な抑制剤がribavirinによって扱われたウイルスに対して有効ではなかったのでウイルスがゲノムをいつコピーしたが、これは質問されたか。 この実験では、研究者はウイルスにribavirinを生体外で加え、薬剤の抗ウィルス性の能力とmutagenic活動間の相関関係を観察した。 調査で使用された最も高いribavirinの集中で10,000,000のウイルスの粒子の1つだけは突然変異によって殺されなかった。

処置およびワクチンを避けるのを助けるために肝炎の使用に変異する彼らの機能を引き起こすもののようなRNAのウイルスがribavirinによって発生する余分な突然変異ウイルスの破壊を助けるが。 「これらのウイルスは非常に利発である。 それらはほとんど何でもを回避するのに突然変異を使用する。 しかし私達は今ribavirinがウイルスにそう多くの余分突然変異を加えることを、一種の遺伝の溶解に押されるそれ」、説明されたShane Crotty、UCSFの微生物学および免疫学部のBS、見る。 「このペーパーは突然変異誘発が貴重な抗ウィルス性の薬剤の作戦であることを示す。 そしてこのようなそこに他の薬剤があるが、今まで私達はそれらを」捜す右の方法を知らなかったと仮定することは適度である。

2000年12月15日

前立腺癌は免疫療法によって遅れた

、サンフランシスコ カリフォルニア大学の研究者は殺害の前立腺癌の細胞に免疫組織を可能にする新しい療法がPSAを下げ、病気の進行を遅らせることができることを発見した。 臨床腫瘍学のジャーナルの12月問題で出版された調査はホルモン処理し難い高度の前立腺癌と血からの樹木状の細胞として知られていた重要な免疫組織の細胞のコレクションを31人含んだ。 これらの細胞は輸入原料を掃除し、それを破壊するリンパ球の注意、タイプにの白血球持って来る。 この調査では、樹木状の細胞は総合的なprostatic酸のホスファターゼ、かPAPのほとんどの前立腺癌の細胞の表面にある結合され、異物としてPAPonの細胞をそれら確認するために患者のリンパ球を訓練する希望の3か月間1ヶ月あたりの患者に再び一度注ぎこまれた抗原と。

処置の後で、48から83年齢まで年齢で及んだ関係者の20に13週と比較された三十四週に同様に答えなかった人のための病気の進行までの彼らの時間の好ましい免疫反応が、あった。 6人の患者はまた50%のPSAの減少を経験するこれらの半分のPSAの減少が、あった。 PSA、か前立腺の特定の抗原は、前立腺癌のためのマーカーの血の蛋白質である。

のMD小さい、調査著者エリックUCSFの広範囲の蟹座の中心のUrologic腫瘍学プログラムの仲間の医学部教授およびメンバーはコメントした、免疫組織が処理され、前立腺癌を確認するために作ることができることを「実際に示す。 この試験は私達が抗原に許容を壊してもいいことを示す。 免疫学的に、私達は私達が前立腺癌のそれをすることができなかったことを常に考えた。 メラノーマおよび腎臓癌の利点があるために他の調査は免疫療法を示す間、この調査はである前立腺癌の効果を」示す第1の1つ

2000年12月13日

静脈内の酸素のキャリアは注入の必要性を減す

ニューヨークで保持された麻酔科学の第54大学院アセンブリは今週麻酔科学の協会の教授によってドーナットR Spahn MD発表の場所、大学病院、外科の間のベテランの失血が注入の完全な回避か 制御グループ より血の少数の単位のための必要性に引き起こした患者へのOxygent™の管理チューリッヒ スイス連邦共和国行った。 血の機能の1つはボディ中の酸素の交通機関である。 総合的なperfluorochemical混合物からAlliance Pharmaceutical Corporationによって作られるOxygentは静脈内の酸素のキャリアとして失血を経験した人々に管理されたとき機能する。 これは既存の全国的な血不足に照し合わせて重要である。

国際的な段階3の一般外科の調査は整形外科を、urologic、管腹部経た、および他の主要な外科的処置を、キログラムの体重ごとの血424の失われたどこでもから10から80ミリリットルの悪性の病気による多数登録した492人の患者。 失血のこのレベルを経験した424人の患者では、受け取った人はOxygent輸血のための必要性を避けるか、またはより少ない血を必要とした。 この統計量は患者の外科に続く調査の期間中観察された。

Duane J. Roth、議長そして同盟のCEOはコメントした、「Oxygentは心臓および一般外科段階3の調査で評価されている唯一の酸素のキャリアである。 . . 私達はOxygentのための潜在性について米国およびヨーロッパの地域の補給不足に」ある供給の血へ代わりである刺激される。

2000年12月11日

Proinsulinは打撃の予言する水平にする

Proinsulinのレベルはタイプ2の糖尿病患者で頻繁に高く、インシュリンよりこの人口で、尚更見られる心循環器疾患の増加されたレベルにつながった。 糖尿病患者の 膵臓は 糖尿病患者によって経験される高められたインシュリン抵抗性に応じてproinsulinの生産を高めるかもしれない。 打撃の12月 問題: アメリカの中心連合のジャーナルは proinsulinおよびインシュリンのレベルが測定された最初の打撃を経験したnondiabeticsの調査を報告した。 事件の場合referentの調査は年齢および性のために一致した彼女達の最初打撃および百の78の制御を経験した35人の女性および五十九人を含んだ。 血液サンプルは打撃が起こったインシュリンおよびproinsulin測定された前に集められ。 調査は総コレステロール、煙り、体格指数そしてインシュリン シストリック血圧を調節した。

調査は高いproinsuinがより低いproinsulinのレベルとのそれらの三倍より多くに高い1回目の打撃の危険を水平にすることが分った。 女性は経験した注意されたdiastolic血圧の互いに作用し合う危険率のより大きい危険を、調査した。

調査は示し女性の初めての打撃のよい予言者、特にであるとしてproinsulinのレベルを。 調査は練習、改善された食事療法を高め、減少したインシュリン抵抗性によって減量proinsulinのレベルを下げるノートを書く。 これらの生活様式の要因は心循環器疾患のすべての形態を防ぎたいだれでものために重要である。

2000年12月8日

糖尿病性の黄斑の浮腫のための新しい処置

糖尿病は 20および74の年齢間の盲目の一流の原因である。 糖尿病性の患者の網膜の血管が悪化すると糖尿病性の黄斑の浮腫、かDMEは起こり、漏出をもたらす。 国家の10.3百万人の糖尿病患者、五十万はDMEを持っている。 すべての糖尿病患者の40%毎年診断される75,000の新たな問題が付いているDMEを開発する。

眼科学の薬部のケンタッキー大学の大学は目の背部に薬剤のfluocinoloneのacetonideの支えられたリリースを提供する装置を植え付ける簡単な外科的処置を含むDMEのための新しい処置の開発を助けた。 Fluocinoloneのacetonideは発火を制御する間、傷つけられた血管の成長を禁じる炎症抑制のステロイドである。 インプラントは3年まで間薬剤の一貫したレベルを提供する。 これは薬物への全身の露出を限ったり、頻繁な薬剤の処置のための必要な線量そして必要性を減らす。

P.アンドリュー ピアソン、M.D.の助教授、眼科学の部門主義の調査官は、薬のイギリスの大学、「この技術侵略的なプロシージャの代りに薬剤とDMEを扱う機会を提供するかもしれないコメントした。 これはこのひどい病気に」苦しむ患者の視力を改善するために有効な方法を提供するかもしれない。

ピアソンによる臨床調査の鉛の5人の患者は他の目が未処理に残っている間、1つの目のインプラントを受け取った。 すべての患者は扱われた経験し、9かの数か月後に視力を改善した目の彼らの黄斑の浮腫の決断を。 未処理の目は変わらずに残った。 示されるピアソン先生は「この調査の結果特にこれらの患者が標準的な処置を失敗したので有望、であり、彼らの場合を」扱うこと非常に困難にさせる。

他の薬剤と結合される技術はまた調査されて、年齢関連の黄斑の 退化およびuveitis、厳しいintraocular発火を扱うためにCMV retinitisの処置で現在利用されるある。

2000年12月6日

レバー透析は傷つけられたレバーを助ける

米国で23軒の病院によってこれまでのところ使用されたレバー透析機がこの国で大学医療センター、アリゾナ州立大学でレバーに外傷を用いる患者のレバー機能を支えるのにはじめて使用された。 透析の単位はレバーの70%上のへの傷害の弾丸による負傷の犠牲者で使用されている。 大学医療センターの医者はレバーを圧力のいくつかの取り除き、再生することを可能にするように血流からの明確な毒素を助けるのに患者の透析機を使用することにした。 患者が直すことができるようにスティーブンB.ジョンソン、M.D.の外傷のセクションおよび「レバー透析の単位示される薬の大学アリゾナ州立大学の外科重大な心配の責任者の外科の助教授は基本的にレバーの機能の多数を引き継いでいる。 . . レバー透析を提供する技術をUMCに肝臓病の、薬剤の過剰な服用の処置のための有効な用具をと厳しい傷害の患者」与える持っていることはレバーに。

レバー透析はコンパクトの、移動式およびはめ込み式システムの使用によって達成される。 それはおおよそのサイズであるディッシュウォッシャーのそれであり、患者の部屋に動かすことができる。 それは血から毒素またはmultiorgan失敗および最終的に死をもたらす場合があるそれ以上の悪化を防ぐために外的なか内部起源を取除くことによって働く。 血の接触に入って来ることなしで、粉にされた活動化した木炭および他の化学薬品は毒素を取除く。 レバーdecompensationか薬剤の過剰な服用に苦しむそれらを助けることをFDAによって承認される唯一の技術である。 処置は2から5日一定期間に渡って4から6時間をから持続させる。

少しが傷つけられたレバーを助けて利用できるこの新技術ずっとライフセーバーであると証明できるあったように。

2000年12月4日

葉酸はビタミンによって減った生まれつきの障害を反対者もたらした

薬剤のaminopterinを、メトトレキサート、sulfasalazine、trimethoprim 、triamterene 、pyrimethamine含んでいる、葉酸がどちらかのdihydrofolateの還元酵素の抑制剤として分類されるBのビタミンにと同時に反対者機能する一般に所定の薬剤、またはantiepileptic薬剤carbamazepine、phenytoin、フェノバルビタルおよびprimidoneを含む葉酸に、別の方法で反対するそれら。 研究はことを葉酸の不足である神経管欠損症(二分脊椎)の原因示した、また口蓋破裂のような他の欠陥または裂け目唇、パテントのductusのarteriosusのような心血管の欠陥、心房中隔欠損、大動脈のcoarctations、および肺弁の変則、および複数の尿道欠陥。 調査は出版した妊娠の間の葉酸の 反対者の使用が それらを取っている女性の子供のこれらの欠陥を高めたかどうか、そして定めるように努めた11月30日ニューイングランドの医療ジャーナルで妊娠の間の葉酸の使用がこれらの欠陥のいくつかを防ぐかもしれなければ。

口頭裂け目を持つ1,962人の幼児、心血管の欠陥との3,870、および尿道欠陥との1,100の母は妊娠の間に取られた薬剤についての配達の6か月以内の訓練を受けた看護師によってインタビューされた。 葉酸の不足にまたよる欠陥の8,387人の子供の母はインタビューされた。 またmultivitaminsを取ったら彼らの最後のmenstrual期間後の第2または第3月の間に葉酸の反対者を取ったそれらの母は葉酸の不足によって引き起こされると知られていた生まれつきの障害の子供がいるより大きい危険があったことが、そしてこの危険は変更されたこと分られた。 ビタミンの使用に帰因した危険の減少はが観察されなかった、この部門(carbamazepine、phenytoin、フェノバルビタルおよびprimidone)のantiepileptic薬剤を取るそれらおよび著者とこれらの薬剤が葉酸の拮抗以外メカニズムによって生まれつきの障害に貢献するかもしれないことを提案しなさい。

研究は観察の断言によってmultivitaminsの葉酸の部品が他の奇形の神経管の欠陥、また発生を減らすかもしれないこと完了する。

2000年12月1日

クレアチンは傷害から頭脳を保護する

クレアチンは 持久力および筋肉利益を高めるのに使用されるボディー ビルダーおよび運動選手間の普及した栄養の補足である。 クレアチンはアミノ酸アルギニンおよびグリシンからのボディで総合される。 それは吸収され、主要な骨格筋および中心で貯えられる。 クレアチンの使用はATP、またはアデノシン三リン酸、細胞のエネルギー分子のハイ レベルを維持する。 11月の神経学の史料で 出版された傷害の後に起こる頭脳の皮質のニューロンの損失を減らす機能があるために研究ではクレアチンはまた示されていた。 ケンタッキー大学の研究者は1、3か5日の期間のマウスに人間の閉鎖した頭部外傷(閉鎖した皮層の影響モデル)に類似している外傷を加える前にクレアチンを与えた。 クレアチン3を受け取り、36%がより少ない損傷一週間後あった頭部外傷を受け取る前の5日に制御マウスよりマウス。 研究者はラットが与えられた同じような実験にクレアチン頭部外傷を受け取る前の4週偽薬のグループよりニューロンの損失半分があった報告した。 クレアチンは細胞のエネルギー生産の発電所であるmitochondriaの寄与によって明らかに働く。 ラットの頭脳は高められたミトコンドリアの膜の潜在性があると見つけられカルシウムおよび有害な反応酸素のレベルはmitochondriaの内で減った。 ATPのレベルは維持された。

コメントされる先生によってスティーブンW Scheff導かれる研究者のチームは外傷性の脳損傷の後で神経の損失に責任があるメカニズムへの「この食糧補足糸口を提供し、neuroprotective代理店として激しく、遅らせられたneurodegenerativeプロセスに対して使用を」見つけるかもしれない。

熱いアーカイブの索引はである何