熱い何が

2000年10月

熱いアーカイブはである何


2000年10月30日

心臓病の脂蛋白質準のホスホリパーゼA2の強い予言者

脂蛋白質準のホスホリパーゼA2は低密度の脂蛋白質(LDL)に伴う、または血の「悪い」コレステロールで、LDLの変更にかかわるかもしれない酵素。 別名血小板活動化の要因acetylhydrolaseは発火の仲介人によって、この酵素の表現調整される。 他の炎症性マーカーが冠状でき事の予言するために知られている間、この能力は他の危険率によって変更される。

このスコットランドの冠状防止の西からの調査によって利用される貯えられた生物的サンプルは、6,595人の冠状でき事に対して薬剤のPravastatinの予防の能力を評価した試験調査する。 研究者は脂蛋白質準のホスホリパーゼA2のための調査のベースライン サンプル、また冠状でき事を続いた580人の主題のC反応蛋白質、フィブリノゲンおよび白い細胞計数のような発火の他のマーカーを、(心筋梗塞、バイパス外科または血管形成とこの調査で定義される)開発することをおよびたばこを吸う状態および年齢のためのこれらのそれぞれないより遅くない経験冠状でき事制御と一致させて分析した。

調査は他の危険率が、体格指数のような、HDLのレベル、トリグリセリドおよびシストリック血圧考慮に入れられたときに炎症性マーカーが冠状でき事の予言者だったが、予言する能力が弱まったことが分った。 脂蛋白質準のホスホリパーゼA2は、しかし、強く冠状でき事の危険と関連付けられた、統計的に他の要因の独立者である危険。 酵素のハイ レベルがまたあったグループは倍が低水準があった人より冠状でき事の危険あった。

研究者は動脈の壁にLDLの酸化のプロダクトを解放するために脂蛋白質準のホスホリパーゼA2が置かれることを提案した。 好ましい効果をもたらすために酵素の阻止が生体外で示されたので彼らは酵素が新しい治療上のターゲットになることを予測する。

2000年10月27日

テストステロン パッチの助けはアンギーナを取り除く

テストステロンのようなandrogenicホルモンが病気に苦しむ女性 より 人のずっと大きい数による心臓病への貢献者である突然の心臓死が同化ステロイドホルモンの大量服用を取っている何人かの人々で観察されたという事実信じられことが広く。 但しテストステロンのレベルが低いときテストステロンのようなandrogenicホルモンが中心に寄与するかもしれない心循環器疾患が通常人の人生に後で現われることに注意することは興味深いことが、最近観察され。

循環の10月17日、2000は問題、アメリカの中心 連合のジャーナルで出版された調査では安定したアンギーナの四十六人2週間毎夜適用されるべき2つの2.5 mgのtransdermalテストステロンのpatchsを受け取り次に12週間テストステロン パッチか偽薬を受け取っているグループにランダム化された。 人は調査の始めにそして2、6の、10のそして14週にアンギーナの手始めを示す心電図の調査結果によって彼らのアンギーナの境界のためにトレッドミルでテストされた。 他の血の価値があったように、血圧、脈拍、体格指数および血清のテストステロンはまた計算された。

調査の手始めで、男性ホルモンのレベルはテストステロンおよび偽薬のグループ両方のための正常範囲の低限にあった。 テストステロンとの処置の後で、ホルモンを受け取るそれらに他の変数の変更なしで男性ホルモンの増加があった。 但し、トレッドミルでテストされたときアンギーナの手始めを示すためにそれがテストステロンの人を偽薬のグループと比較されたかなりより長かった取った時間およびホルモンを受け取っている人は:物理的な問題からのより少ない苦痛そしてより少ない限定を報告した。

著者は調査のサイズが小さかった注意し、更に人の男性ホルモンの取り替え療法の効果を調査するために大規模の臨床試験をことに推薦する。

2000年10月25日

ベータ カロチンはischemic打撃の危険を下げる

アルファ トコフェロールの6年のフォローアップでは、フィンランド、研究者のベータ カロチンの蟹座防止の調査は打撃の歴史なしで26,497人のオスの喫煙者の調査を 行なった。 ジャーナル打撃の10月2000日問題で出版された調査はアメリカの中心連合によって出版したり、分割された打撃のタイプ脳内の出血、subarachnoid出血または大脳の梗塞形成(ischemic打撃)の危険に酸化防止剤の消費を関連させるように努めた。 関係者の食事療法は主題に食糧の消費および部分のサイズの頻度を過去1年間報告するように頼んだ自己管理されたアンケートの使用を用いる調査の始めに査定された。 各主題の中央の取入口はフラボノールのためにおよびフラボン、ビタミンC、ビタミンE、ベータ カロチン、ルテイン、ゼアキサンチンおよびリコピン計算された。 これらの栄養素のさまざまが他の食餌療法の酸化防止剤の存在を調節されたとき、減った連合は打撃の特定の種類の減らされた危険と関連付けられたようである。 しかしそう時でさえ調節されて大脳の梗塞形成に対して重要な危険の減少の要因に残ったベータ カロチンの消費のために。

ビタミンEがこの調査の打撃の減らされた危険と関連付けられるために示されていなかったが時折表明されているかどれがビタミンEのずっと血薄くなる能力のためにどちらも出血性の打撃の高められた危険、心配と関連付けられたそれではなかった。

調査の著者はこれらの結果が禁煙家に適用することができないこと、そして野菜およびフルーツの消費および打撃の危険間の保護連合が確認されたことを結論を出す。

2000年10月23日

風邪および食事療法の薬物の原料は打撃とつながった

反対の冷たい治療および食事療法の丸薬にphenylpropanolamineを含んでいることは50以下女性の出血性の打撃の被告人であるかもしれない。 製造業者からの抗議にもかかわらず、食品医薬品局およびエール大学からの専門家は小さい危険があるかもしれ、処方薬として物質を含んでいる薬物を再分類することを考慮していることを信じる。 出血性の打撃は 頭脳の血管が破裂する起こり、頻繁に致命的とである。 若者達、食品医薬品局の記録でまれがphenylpropanolamineを使用している間出血性の打撃に苦しむ35の年齢の中央値の四十四人の女性を示しなさい。 18人から四十九人の年齢別グループの130,000,000人のアメリカ人の、1年ごとの10,400は出血性の打撃に苦しむ。

エール大学の5年の調査では、50歳以下の出血性の打撃の702人の生存者は条件の歴史がなかった1,376人の制御患者と比較された。 phenylpropanolamineが薬剤の3日の取得以内の女性の打撃の危険性を高めることが発見された。 効果は人で見られなかった。 危険は高いリスクと関連付けられた1日あたりの75 mg上の線量を持つ線量の扶養家族、だった。 薬剤は最初に使用のはじめの幾つかの日内の打撃のより高い発生を説明する何人かの人々の血圧を上げる。 打撃の患者は他の危険率があるかもしれないので調査が傷が付いていること製造業者の要求。

、ウォルターKernan先生示されるエール大学の医学教授「女性のためのメッセージPPAようである出血性の打撃の高められた危険と準のあるべきであるが、それは巨大な危険」ではない。

2000年10月19日

アフリカのハーブは関節炎の苦痛を取り除く

最近で出版される調査(ジャーナルPhytomedicineの容積7つは問題 3)、フランスの研究者一般に30および79の年齢間の122人の骨関節炎の患者の悪魔の爪として、知られていたハーブのHarpagophytumのprocumbensを、テストした。 膝そしてヒップの 関節炎を 、4ヶ月の期間によって受け取られた悪魔の爪またはフランスおよびイタリアで承認される、薬剤のdiacerhein上の経験した調査の関係者。 ハーブおよび薬剤は両方ベテランの同じような痛みの軽減の利点を分けるが、かなり経験された悪魔の爪を取るグループは副作用、特により少ない胃腸苦脳を減らした。

locomotorシステムの退化的な無秩序と名づけられる接合箇所の苦痛そして発火を扱うために悪魔の爪はドイツの任務Eによってように市販薬aproved。 ハーブはアフリカのカラハリ砂漠から来、従来のアフリカの薬で使用される。

「悪魔の爪の少なくとも2つの前の臨床試験は腰痛およびrheumatic条件の」、アメリカの植物の議会のコメントされた印Blumenthal処理の援助として使用を、独立した非営利教育および研究組織支えた。 「この調査は骨関節炎のための悪魔の爪の潜在的な利点を示す第1であること重要である。 より多くの研究が保証されるが、これは骨関節炎に苦しむ、また治療上の選択が公平に」限られた彼らの医者かもしれない人々へよいニュースである。

2000年は10月18日国民の 月経閉止期日宣言された

専門家は女性のためのカルシウム補足を推薦する

私達が私達が食糧から必要とするすべての栄養素を得てもいいという長持ちの確信の転換では、保守的なアメリカの食用連合の最近の調査は10人の栄養士からの9人が十分な栄養素を得るよい方法として補足および強化された食糧を推薦することを明らかにした。 アメリカの食用連合によって後援されたデンバーの今週の食糧そして栄養物の会議で女性のカルシウム必要性は重要な問題の1つである。 調査は勧める、そしてことが登録されていた栄養士の98%によってが一致することを報告したこと十分なカルシウムを得ることが女性についての重要な栄養の心配である別の主要な心配である86%の発見のエネルギー準位。

ABCのコメントされる医学の特派員のナンシーSnyderman MD 「私達はすべてエネルギーおよび道の下の健康の今維持を助ける必要がある栄養素を得ることは女性が非常に困難である場合もあることそのような使用中の生命を導く。 女性は簡単で、便利な解決を捜すべきで補足および強化された食糧はその手形を満たすのを助けることができる。 これらは非常に深刻な問題である。 カルシウムにここ数年にわたって支払われる注意すべてと、多くの女性はまだメッセージを得ていない-ベビー ブーマーが」老化すると同時にこれは 骨粗しょう症 の伝染病をもたらすことができる。

骨粗しょう症は脊柱のひびに骨が多孔性そして壊れやすくなるそれらをし向けているpostmenopausal女性で共通、特にの病気である。 カルシウム危機と呼ばれていることがで、35上の女性の75%は生命以内に骨粗しょう症に後で貢献する十分なカルシウムを受け取っていない。 月経閉止期のホルモンのdeficicienciesはまた病気の開発の第一次役割を担う。

2000年10月16日

より古い経口避妊薬は乳癌の危険を持ち上げる

調査では米国医師会医学総合誌の 10月11日問題で出版した、研究者は1975 1944年と1952年間の乳癌と診断された246人の女性 姉妹そして娘のかなり危険性を高められた乳癌の前にことを経口避妊薬の使用発見した。 経口避妊薬の使用間の連合がと乳癌病気の家系歴によって影響を及ぼされるかどうか、研究者が394姉妹および娘の電話調査を行なったらかどうか定めるため、3002人の孫娘および姪および原物246の乳癌患者の家族に結婚した2754人の女性。 遺伝的に関係していなかった2754人の女性は同じような環境の露出を説明するために含まれていた。

1975年の前に経口避妊薬を使用したら乳癌と診断された女性の姉妹そして娘は乳癌の3倍より大きい危険を経験した。 これらの結果はmenarche、月経閉止期および最初生れに年齢のための調節の後に1つは取除かれた卵巣が煙らすか、またはあったかどうか同じ、であり。 研究者はこれの理由がその当時使用中だったより古い経口避妊薬のより高いエストロゲンの内容であることを信じる。 この危険は非最初程度の親類で観察されなかった。

研究者はその推薦と経口避妊薬を乳癌検査に関して特に用心深い使用した乳癌患者の第一度親類を完了する。

2000年10月13日

カロチノイドは肺癌の危険を下げる

肺癌は この国の他のどの癌もより大きい数の死に責任がある。 果物と野菜の消費は彼らのベータ カロチンの内容が原因であると信じられた肺癌のより低い発生にベータ カロチンの補足を使用してある調査がこれを確認しなかったどんなに関連した。 臨床栄養物のアメリカ ジャーナルの10月2000日問題で出版された調査では研究者は食糧のカロチノイドの故障でどの特定のカロチノイドが下げられた肺癌の危険の最も大きい連合があったか定めるのに利用できるデータを最近利用した。 カロチノイドはアルファ カロチンを含む栄養の混合物の系列、ベータ カロチン、リコピン、ルテインおよびベータ クリプトキサンチンである。

研究者は看護婦の健康の調査の12年のフォローアップの間に77,283人の女性と10年間関係者に続いた医療専門家のフォローアップからの46,924人が完了した検査した、食糧頻度アンケートを。 アルファ カロチンの消費およびリコピンは強くより低い肺癌の危険と関連付けられると見つけられた。 アルファ カロチンの消費の上のグループの禁煙家は最も低いアルファ カロチンの取入口とグループと比較された肺癌の発生の63%の減少を経験した。 ベータ カロチン、ルテインおよびクリプトキサンチンの消費はまた下げられた肺癌の危険と穏やかに関連付けられたが、断固としたではない重要ではなかった。 研究者は肺癌の手始めが癌は成長することを防ぐカロチノイドの能力の重大な時間であるかもしれない前に8年の期限への4つが、これとして最も強い連合が観察されたところだったことを推測した。

調査の著者は「カロチノイドが豊富な食糧の多様性の全面的な取入口肺癌の危険と逆に」が関連していることを結論を出した。 (臨床栄養物、Vol. 72、4)無しのアメリカ ジャーナル

2000年10月11日

管理されたアミノ酸の処置によっては癌が戦う

癌に対して戦いを 援助するために 管理されたアミノ酸の処置と呼ぶことを存続できる癌の必要性の特定のアミノ酸が癌研究のためのPジョンの協会作り出したというに知識、またはCAATに機能する。 アミノ酸の剥奪は癌の利点であるかもしれないことを示したより早い研究を確認するために彼らの医者が胸の操作不可能なか非常にmetastatic癌、肺、コロン、頭脳、膵臓、与えられた卵巣を持つ19人の患者は慣習的な療法と共に住む6か月行なった調査ではCAATを与えられた。 患者の3つはCAATだけと扱われた。 CAATは癌の成長に必要なある特定のアミノ酸が除去されるアミノ酸の補足、オメガ3の脂肪酸の低カロリー、低い炭水化物の食事療法の金持ち、および次の補足から成っている: 癌が成長が遅かったらN acetylcysteine、tocotrienols、genistein、カルシウムD-glucarate、酸化防止方式とLカルニチンおよび補酵素Q10。 より成長が著しい癌とのそれらはapoptosis (細胞死)を禁じるかもしれないという心配のために酸化防止補足に対して助言された。 (Tocotrienolsは非Hodgkin'sリンパ腫の患者で除かれるべきである。)

すべての19人の患者は彼らの推定残りの6か月を克服し、16はまだ生きている腫瘍サイズの減少か癌の除去を経験していて15が後で4年の平均。 だれが慣習的な療法なしで単独でCAATを取ったか2つは6年ずっと以上寛解する。 それにもかかわらず存続しなかった患者の2つは腫瘍サイズの減少を経験した。

CAATの食事療法はカロリーの制限と同じ主義で抗癌性の効果がカロリーの制限食に置かれる動物で観察されたので部分的に動作するかもしれない。 CAATの意思はangiogenesisのために必要とされるエラスチンの形成を禁じることである; 癌細胞を飢えさせ、DNAおよびさまざまな成長因子を製造する癌細胞の能力を禁じるのをそれにより助ける解糖作用を、損ないなさい。

2000年10月10日

新しい研究はブドウの種のエキスの多くの利点を確認する

ジャーナル毒物学の8月2000日問題で出る 記事は proanthocyanidinsのための多くの医療補助 ブドウの種で見つけられた有効な酸化防止剤および他の植物食糧を確認した。 オマハ、ネブラスカの薬学及び同盟健康専門職のCreighton大学学校の研究者は遊離基の引き起こされた脂質の過酸化反応およびDNAの損傷を防ぐブドウの種のproanthocyanidinのエキスの能力をテストした。 DNAへの脂質の過酸化反応そして損傷はアテローム性動脈硬化、癌、関節炎、衝撃をもたらす場合があり他の多くの老化との準を調節する遊離基の損傷の2つの結果である。 proanthocyanidinsのような酸化防止剤は、ビタミンB1、B5、B6、CおよびEおよびベータ カロチン遊離基を癒やし、有害な効果の多くを防ぐことができる。 研究者は酸化圧力を引き起こしたタバコに服従した人間の口頭keratinocytesの脂質の過酸化反応そしてDNAの損傷を防ぐこと両方のビタミンEがproanthocyanidinのエキスが有効だったことがよりビタミンC分り。 エキスはまた人間胸、肺および胃癌の細胞を殺し、成長を高めることによって同時に正常な胃の粘膜の細胞に寄与した。

ブドウの種のエキスのそれ以上の利点は腎臓から保護する機能によって示され、レバーはacetaminophenの過量により(Tylenol)によって引き起こされて傷ついた。 これはbcl-Xを調整するエキスの機能によって一部には達成される(L)遺伝子。

ラット、心筋の虚血reperfusionの傷害から保護されるエキスおよび心筋梗塞(心臓発作)。 人間では、混合物のまた助けは慢性の膵臓炎を取り除く。 そしてそれが十分でなかったら、研究者は受け取られた彼らの皮にエキスを加えた人間のボランティアが太陽の保護を高めたことに注意した。

ブドウの種によって得られるproanthocyanidinsは利点の配列を提供するために示され養生法だれでもへ賢い付加の生命延長ようである。

2000年10月6日

穀物の消費はischemic打撃の危険を下げる

米国医師会医学総合誌の9月27日問題は 全穀物の高められた取入口が女性のischemic打撃の危険を 減らした ことを報告した。 打撃は三番目この国のほとんどの致命的な病気であり、心臓病および癌の後ろでだけランク付けする。 Ischemic打撃は凝血が酸素の欠乏による頭脳の部分への損傷で起因する、頭脳に血を供給する動脈の1つを塞ぐと起こる。 増加する全穀物が女性のグループの心循環器疾患に対してする打撃に対して同じ保護を提供するかどうか定めるように努める調査の著者。

看護婦の健康の調査の一部として、食糧頻度アンケートは1984年に冠状心臓病、糖尿病、打撃、または他の心循環器疾患と診断されなかった38から63老化した75,521人の女性に年与えられた。 アンケートは1984年、1986年、1990年、および1994年に与えられ、関係者は12年間追われた。

ischemic打撃の300の52の場合はフォローアップの期間に診断された。 調査の著者はischemic打撃の全穀物の消費と危険間の反対連合に注意した。 この連合は飽和脂肪およびtransfatty酸の取入口のための調節と変わり、決してスモーク、アルコールを消費しなかったまたはホルモンの取り替えになかった女性のための変わらずに、規則的に運動しなかっただった。

2000年10月4日

不良な回路がもっと原因でメモリ損失

老齢期と起こる メモリ損失が 脳細胞の損失が原因であると長く考えられてしまった。 神経科学の挑戦のジャーナルの9月2000日問題 の新しい レポートこと不良な頭脳回路がより本当らしい被告人であるかもしれないおよびことそれらを修理することがであるという証拠の確信脳細胞を取り替えるより容易。
年齢と起こる認識低下がニューロンの損失なしで進むことができるという証拠に照し合わせてシナイ山の医科大学院の研究者は脳細胞間のコミュニケーションの区域である、またはニューロンを検査したラットの頭脳のシナプス。 彼らは信号を運ぶニューロンの機能が学習能力を当惑の使用を含むことが損なわれたより古いラットで減ったことが分った。 減らされたニューロン伝導性は年代年齢に、より古いラットで観察された減損の学習の程度にない関連した。 減らされたニューロン活動は事実をリコールするためにabililityに責任がある意識した、日々の出来事を記録し海馬の部品に集中された。 それは記憶に頭脳の皮質で感覚からの入力を組織する。

ジョーンズ・ホプキンス大学のGallagherがコメントした共著者を、「最も陰謀的頭脳の細胞の人口が皮質からの海馬に情報のための水路として[ようである]機能することである調査しなさいMichela。 機能をすべて失った細胞は皮質から信号を」受け取る海馬の部品にあった。

研究者は頭脳の皮質からの海馬への入力の忠誠の低下が老化の認識低下の重大な役割を担うかもしれないことを結論を出した。 彼らは今これがいかに起こるか定めることを望む。

2000年10月2日

早いインターフェロンのベータ1a縁MS

多発性硬化は 神経のdemyelinationを含む進歩的で、退化的な病気である。 Demyelinationは発火に起因し、神経を絶縁する脂肪質のコーティングの損失と定義される、筋肉弱さ、震え、まひ状態や他の条件をもたらす。 病気は患者が脳幹、小脳、脊髄または目の神経の発火の第2エピソードを経験するとき診断される。

9月28日に出版された調査ではニューイングランドの医療ジャーナルの2000の問題は、彼らの最初demyelinatingでき事の時にベータ1aインターフェロンと扱われた患者ほぼ半分の次の3年中に多発性硬化の徴候を開発することを続かなかった。 ベータ1aインターフェロンが現在MSの患者を扱うのに使用されているが薬剤が最初のdemyelinatingでき事のことを処理の価値だったかどうか知られなかった。 ランダム化された、二重盲目の試験では、持っていた383人の患者はベータ1aインターフェロンの週間筋肉内注入か偽薬に先行している副腎皮質ホルモンを与えられた最初激しいdemyelinatingでき事を経験していたMRI (磁気共鳴イメージ投射)によって前の潜在性のdemyelinationの証拠確認した。 ベータ1aインターフェロンを受け取っているグループはMRIによって示されているように少数の新しい脳障害およびより低い脳障害の容積があった。

研究者は最初のMSのでき事の時のMRIスキャンが正当化されること、そしてベータ1aインターフェロンとの処置が頭脳の潜在性のdemyelinating損害があるので多発性硬化のための危険度が高いにある患者で有利であることを結論を出した。 それらがこの調査の長期フォローアップを行なってなかったが研究者はそれ第2 MSの攻撃を防ぐことが支えられた利点を提供することを予測した。

熱いアーカイブの索引はである何