熱い何が

1999年7月

熱いアーカイブはである何


1999年7月21日

メラノーマの転移は大豆のイソフラボンによって減った

ずっとメラノーマの発生は増加している。 悪性黒色腫は転移するべき最も速い癌の1つ検出されなくてし、で、早く扱われて、より致命的な形態の1である場合もある。 メラノーマの4つの主要なタイプがある: 太陽で現われるlentigo-malignaのメラノーマは区域、すべてのメラノーマの3分の2を占める表面的な広がりのメラノーマを露出した、; ボディおよびacrolentiginousメラノーマの手のやし、フィートのまたは舌の下の靴底で起こる珍しい形態にどこでも起こることができるふしのメラノーマ。 メラノーマが診断されるとき腫瘍の厚さは癌のこの形態の残存可能性のよい予言者、転移するか、または繰り返してが本当らしいより厚い腫瘍である。 腫瘍より少しより.76 mmショー治療の高い率。

栄養物のジャーナルで今年報告された調査では食事療法が大豆からのイソフラボンと補われたメラノーマの細胞と注入された マウスは イソフラボンなしで制御グループより転移の低い数字が与えた同じ食事療法にあった。 観察されたmetastatic腫瘍のイソフラボンを受け取っているマウスはまた制御グループよりかなり小さい腫瘍があった。 メラノーマと診断される患者は可能性としては致命的な転移を防ぐのを助けるように大豆のイソフラボンの濃縮物を取ることを試みたい場合もある。

1999年7月1日

クローンとして作られるヒト胚

トロッコの巧妙なクローニングがヒツジ発表されたときに、私達はそれが最初の人間のクローニングまでのただの時間の問題だったことを知っていた。 最近、マサチューセッツの高度の細胞の技術の科学者はdenucleated牛の卵の外蛋白質に挿入された人の足から得られるヒト細胞からクローンとして作られるおよそ400個の細胞から成っている男性の胚の生産を発表した。 胚は政府の研究の指針に一致して14日に古い達した前に焼却処分された。

この実験の目的は糖尿病、パーキンソン病、神経の損傷または他の条件 処置に有用の場合もあるティッシュを作り出すことである。


熱いアーカイブの索引はである何