熱い何が

1999年4月

熱いアーカイブはである何


1999年4月30日

猫の爪はアルツハイマー病を防ぐのを助けるかもしれない

シアトルのワシントン大学の研究者は4月16日にハーブのuncariaのtomentosa、別名猫の爪またはuna de gatoが、アルツハイマー病に対して有効かもしれない こと発表した。 研究者がPTI-00703と種類が挙げるハーブの混合物はラットの頭脳のベータ アミロイドのプラクの沈殿物を、形成との干渉によって生体外防ぎ。

単独で4,000,000人のアメリカ人をもたらすアルツハイマー病はベータ アミロイドと呼ばれる蛋白質の形作られるプラクの頭脳の漸進的な沈殿、またneurofibrillaryもつれの存在によって特徴付けられる。 どんなベータ アミロイドがするかそれが丁度知られないが、物質の異常な量Alzheimerの患者ショーのautopsied頭脳。 Alzheimerはメモリ損失、痴呆および死に終って進歩的な、不治の病気、である。 アルツハイマー病を緩和するために穏やかと診断される患者で上の混合物を利用する人間の試験はすぐに起こるかもしれない。

1999年4月29日

DHEAは時間の手を回すことができるか。

それは告げるには余りにも早いがDHEAが有効な反老化の効果をもたらすかもしれないことを人間の予備の結果は提案する。 DHEA (Dehydroepiandrosterone)の血レベルは前進年齢と著しく低下する。 若い大人のフードからの老齢期へ血のDHEAに四倍の減少がある。

老化している間13人および老化した17人の女性が40-70取り替える十分なDHEAを与えられたときに失ったり、ものがかによって人および女性両方の感知された物理的な、心理的な福利に³の驚くべき増加があった。 La Jollaの医科大学院カリフォルニア大学で行なわれたこの調査は私達がより古く育つと同時にDHEAの取り替え療法が私達の活性化を助けることができることを提案する。


熱いアーカイブの索引はである何