熱い何が

1998年12月

熱いアーカイブはである何


1998年12月16日

実験室で育つ幹細胞

今月上旬に研究者は17年間の努力後にすべての細胞の母、幹細胞が、首尾よく人体(の外で)育ち、生体外で再生されたことを発表した。 「可能性は無制限である。 . 私達の幹細胞はすべてを可能性としてはもたらすことができ決して死なない」、先生を言ったジェームス トムソン、研究にかかわった一流の科学者の1ウィスコンシン大学の主な研究者。 実験の目的は区別する前に幹細胞を増加することだった。 いずれかの時点で、細胞が取除かれ、特定の機能で成熟し、取るようにすることができる。 このように種類の心筋、骨髄または脳組織のようなティッシュを、育てることは可能である。 「療法のための潜在性巨大である」、はトムソンを言った。 深刻な傷害または病気がある とき、 もう一人の研究者はジョンGearhart示されるジョーンズ・ホプキンス大学の先生「、多くの大人の細胞再生できないが幹細胞は最も大きい利点の1つ」であるそのティッシュを取り替えることができる。 トムソンは付け加えた、「私達は病気にかかったか死ぬ心筋を取り替えることができる全く新しい中心を育てないために中心のティッシュを育てるのにこれらの細胞の使用で計画する。「」しかし今年トロントの会議で、科学者は10年以内の全体の人間の中心の成長の目的を置いた。

熱いアーカイブの索引はである何