熱い何が

1997年10月

熱いアーカイブはである何


1997年10月15日

沖合いの薬療法

私は他の国で、ない米国で利用できる薬剤のいくつかを聞いたことをことを確かめる。 多分Gerovital-H3の伝説のルーマニアの青年薬剤を聞いたか。 または豊富のおよび有名の排他的なスイス医院に行く胎児のヒツジの細胞療法の注入のか。 それから年齢関連の記憶低下を回避できるcentrophenoxineある、およびpiracetamのようなヨーロッパの「スマートな薬剤」が。

考えればそれらの療法は豊富ののためだけであり、有名、誤解される。 生命延長基礎にすべてのこれらの療法の中のスコップがあり、与えるwherewithallは信頼できる在外企業からのそれらへの通信販売のアクセスを指示する。 間違って何でもこれとあることを考えないか。 それは米国の市民のために完全に法的自身の個人的な使用のための他の国からの承認されていない薬剤を得るためにである。 だれがこれを言うか。 だれかである米国の食糧及び薬剤の管理(FDA)。 ちょうどFDAの郵便輸入方針を見てみなさい。

1997年10月15日

ビタミンCのより有効な形態

ほとんど皆はビタミンCをこのごろ取る。 それらは彼ら自身を風邪か癌から保護するか、または健康にとどまるためにちょうど助けるようにそれを取る。

しかし数人はボディにいかに影響を与えるかビタミンCの異なった形態についての何でも、知り。

ビタミンCの最も興味深い形態の1つはascorbyl palmitate、水溶性のビタミンCの脂肪質溶ける派生物である。 ascorbyl palmitateの独特な利点は脂質が豊富な細胞膜を突き通すそれがビタミンCの他の形態よりよい細胞に得ることを可能にする機能である。

最近の調査はascorbyl palmitateが水溶性のビタミンCより大きい酸化防止剤、antitoxicityおよび抗癌性の効果をもたらすかもしれないことを提案する。

1997年10月15日

チョコレート: 健康食品

チョコレートがなぜだめにならないか疑問に思いなさいか。 なぜチョコレート・バーを新鮮さか好みを妥協しないで月の間unrefrigerated残すことができるか。

答えはチョコレートが緑茶でまた見つけられるポリフェノールの酸化防止剤の有効な線量を含んでいることである。 これらのポリフェノールはまた癌から酸化からだけでなく、チョコレートを、保護する保護する。

しかしあなたの健康のためのチョコレートを食べることについて注意しなさい。 チョコレートはまたマリファナで見つけられるそれに類似した物質を含んでいる。 そういうわけでチョコレートを食べることは爽快に作る。 それはまたchocoholicsにそれをいつも懇願する何人かの人々なぜ回すかである。

1997年10月15日

最高の寿命を拡張する唯一の証明された方法

30年代以来、科学者はマウスおよびラットの最高の寿命を拡張することは可能であることを確かに知っていた。 なぜか。 30年代で、Clive M. McCayのほとんど二度住む引き起こされた実験室のラット コーネル大学の栄養学者のでどのラットでも前に住んでいたあることが限り。 彼はいかにこれをしたか。 非常に単に。 McCayは徹底的に彼の実験動物のカロリー摂取量を減らした。 彼はそれらを飢えさせなかった。 実際、McCayは彼の動物にそれらを健康保つために余分栄養素を与えた。

それ以来、たくさんの科学者は繰り返し、発展させたMcCayの仕事。 最も顕著適当限られた食事療法は中年の動物の寿命を拡張できることを示したローイWalfordおよびリチャードWeindruchの仕事はだった。 これらの調査結果はある生命extensionistsによって試みに細部が頻繁にインターネットのグループで論議されるカロリー限られた食事療法に続く拍車をかけた。

その間、生命延長基礎は人間の寿命を拡張するために新しい方法を開発するようにpathbreaking研究に資金を供給している。 私達の寿命のプロジェクトおよび若返りのプロジェクトに加えて、私達は革命的な反老化の進歩の調査の大金を使っているGeronおよびMRXの生物科学のようなハイテク企業の頻繁なレポートを運ぶ。

1997年10月15日

涼しくとどまることはより長く住むのを助けることができる

それは涼しいために熱い。 冷血な動物は彼らの体温が低より正常ならより長く住んでいる。 科学者はこれがまた私達のような暖かいblooded動物に適用するかどうか知りたいと思う。 彼らは体温を下げる冷水に入るときその年次魚を(だれが1年間普通住んでいるか)同様に長く二度住みなさいことを知っている。 実際、これらの魚は3倍またカロリーの制限の食事療法に置かれればより長く住んでいる。

毎晩私達の体温は私達が眠る間、補足のmelatoninによって高めることができる効果睡眠を引き起こし、sincで私達のbiorhythmsを保つために私達の体が作り出す自然なホルモン ダウン状態になる。 何人かの科学者はmelatoninが私達がより長く住むのを助けることができることを信じる。

1997年10月15日

反老化の医者はどこにいるか。

助けるために医者をより若い外観や質捜せば1つを見つける最もよい場所は反老化の薬(A4M)のアメリカ アカデミーの年次総会にある。

この年のA4Mの会合はラスベガス、12月13-15日にネバダのアレキシス公園の観光地ホテルにある。 千人の医者1に2、科学者および他の反老化の熱狂者は出席すると期待される。

この年の会合の特色にされた主題は頭脳の老化である: それがなぜ起こるか何それについていかにし。

生命延長基礎にA4Mの会合で2つのブースがある。 そこに会おう。

1997年10月15日

細胞の自殺の利点

私達の細胞が古く育つか、または変異し始めるとき細胞が自動的に消滅するまたは託す自殺をあるapoptosisと呼ばれる本質的なメカニズムが。

細胞の自殺はボディが悪性またはsenescentなることを約ある細胞をいかに放棄するかである。 それは私達を生きた、健康保つことで必要である。

最近、科学者は跡のミネラル セレニウムがapoptosisを制御する遺伝子の表現を高めることが分った。 癌を防ぐのを助けるセレニウムの証明された機能の相互的関係を見つけるこれ。

1997年10月15日

蟹座を得ることを恐れているか。

当然ある。 皆はある。 蟹座はひどい病気である。 そしてそれは頻繁に私達をますます殺している。 より多くの人々は大統領「蟹座の戦争が」癌研究のための中央政府資金の以上$30十億に導いたときにニクソン、1971年により癌の死ぬ今日である。

生命延長基礎で、私達は私達の恐れに決して屈服しない。 私達はそれらについての何かをする。 基礎のメンバーは大豆のエキス、ビタミンのD3によって活用される癌からそれらを保護できるリノール酸(CLA)、および補酵素Q10のような栄養素について調べる。 それらにまた癌の危険を予測できるテストの独特な電池へのアクセスがある。 そして、病気にとにかく屈すれば、最も有効な実験癌治療についての専門家の助言を世界中から得てもいい。

 

熱いアーカイブの索引はである何