生命延長ばねのクリアランス セール

気管支炎(激しい)

原因および危険率

激しい気管支炎の場合の95%までウイルス感染(Hueston 1998年によって引き起こされる; Tackett、Atkins 2012年)。 共通のウイルスの原因は風邪のウイルス(別名rhinoviruses)およびインフルエンザおよびparainfluenzaウイルスである。 残りの場合の大半は汚染物質、タバコたばこを吸、有毒な発煙および塵(Tackett、Atkins 2012年のような細菌感染そして環境の刺激剤によって、引き起こされる; 最初に相談しなさい 2013年)。 汚染物質および他の環境の制動機によって引き起こされる激しい気管支炎を戦うためには1つはそれらへの露出をできるだけ減らすべきである。  

よい衛生学は、規則的な手の洗浄のような、ウイルスの広がりを限ると証明される; 従って、それは激しい気管支炎(CDC 2012年の開発に影響を与えることができる; A.D.A.M. 2012年)。 さらに、激しい気管支炎を引き起こすあるウイルスとの伝染は冬季の間に寒い気候、従って一層の警戒を取ることで共通そして厳しい危険(Dasaraju 1996年を減らすのを助けるかもしれない; リー2012年; Wenzel 2006年)。 付加的な危険率は高いリスクであるワクチン接種を受け取らなかった年齢(伝染のための高いリスクであっている非常に若く、非常に高齢者達と)、免疫の状態(人々と)、および、療養所のような、寄宿学校混雑させた場所ではたらくことおよび生存をおよび軍キャンプ含んでいる(最初に2013年に相談しなさい)。