生命延長スキン ケアの販売

喘息

喘息の診断

広範囲の査定は喘息対気腫のような互い違いの病気または状態、早い鬱血性心不全または声帯問題を区別するために必要である。 医者は肺/呼吸機能テストから徴候、厳格および結果に基づいて臨床診断を作る。 (Morris 2012年)。 完全な査定を作り、患者が病気を管理するのを助けるために医者は詳しい身体歴を得る。

肺及び航空路機能テスト 肺活量測定。 肺活量測定は喘息を診断するための推薦された方法である。 それは深呼吸(Pearce 2011年)を取った後排出される空気の率そして量の査定によって気流の妨害のある程度そして厳格を測定する。

ピーク・フロー・メーター。 ピーク・フロー・メーターは最大呼気流量(PEF)として知られている強制満了からの空気の最高速度を測定する。 それは気管支を通して気流およびこうして航空路の妨害のある程度を測定する。 またこの簡単なテストが家(カウフマン2011年)の喘息の条件を監視するのに使用することができる。