生命延長スキン ケアの販売

喘息

喘息のPathophysiology

航空路の発火。 喘息とのそれらでは、航空路内の細胞そしてティッシュは普通無害な物質に対して炎症性反作用に傾向がある。 この発火により膨張、粘液性の生産を引き起こし、航空路の制限を もたらす場合がある(Lemanske 2010年)。 航空路の制限。 航空路の制限は喘息の徴候をもたらす。 航空路が反作用を誘発する物質--にさらされるとき、 B細胞によって 作り出される免疫グロブリンE (IgE)の 抗体は ヒスタミンを含む炎症性仲介人および肥満細胞からの leukotrienes 解放の 促進を助ける。 これらの仲介人により航空路に航空路の制限を誘発する平滑筋か痙攣は引き締まる(すなわち、bronchoconstriction)。 筋肉の知覚神経はより感光性を与えられてなり、より多くのbronchospasms (ミラー2001年)に貢献する。

航空路の改造。 気管支管の構造変化は慢性および自由な喘息の発作と行われることができる。 例えば、上皮細胞(障壁として航空路および機能を並べる細胞の層は)取除くことができ更に内部の筋肉細胞(ジェームス2005年に突き通るように刺激剤かアレルゲンがする; Davies 2009年; キャンベル 1997年)。 知覚神経はまた航空路(カウフマン2011年)に対する反射の神経の効果へ露出された導くことになることができる。