生命延長スキン ケアの販売

落ち着きがない足シンドローム

落ち着きがない足シンドローム(RLS)は損なわれた睡眠と関連付けられ、足の動悸を打つか、引っ張るか、はうか、または他の不愉快な感覚によって特徴付けられる神経疾患である。 RLSの患者は頻繁に彼らの足を動かすほとんど抵抗できない衝動の不平を言う。 RLSの徴候の無情な、苦しむコースは頻繁にかなり影響されるそれらの多数のための生活環境基準を減少し、重要な精神的苦痛(NINDS 2011年)をもたらす。

不眠夜 および 精神的苦痛は RLS (落ち着きがない足シンドローム)に苦しむそれらのためのかなりの物理的な、心理的な重荷に貢献する。 残念ながら、RLSと、三環系抗鬱薬(TCAs)および選択的なセロトニンの通風管の抑制剤(SSRIs)のような関連付けられる精神的な影響を扱うのに使用される薬剤がRLSの徴候(Pullen 2011年を誘発するか、または悪化させるかもしれない; リー2008年; Winkelmann 2005年; Hornyak 2010年)。

薬剤の処置の作戦は、dopaminergic薬物のような、RLSとのそれらのための救助を提供できる。 但し、大量服用で使用されるdopaminergic薬剤の落とし穴はかなり頻繁に彼らが増加か反動 として 知られている現象によってRLSの徴候を悪化させる かもしれない こと である。 幸いにも、支えられたリリースの2012年の承認は、transdermal rotigotine この障害物(鐘2012年を克服するかもしれない; Elshoff 2012年; Boroojerdi 2010年; Godau 2011年)。

多くの人々はRLSが第一次か二次ように分類する ことができる ことを 意識しない。 二次RLSが別の医学の疾患と関連している一方、第一次RLSに知られていた原因がない。 例えば、二次RLSは頻繁に深い静脈の血栓症 および幹線claudication (Gemignani 2007年のような 高い血糖の 関連神経の損傷か慢性の血管疾患と関連付けられる; McDonagh 2007年)。

この議定書では、RLSの考えられる原因について学び、処置の作戦が条件の起源に基づいて変わることを発見する。 またRLSの徴候の予想外の二次原因の覆いを取るのを助けるかもしれない便利な血液検査について学ぶ。