生命延長スキン ケアの販売

ニューロパシー(糖尿病性)

食餌療法および生活様式の考察

食餌療法および生活様式の修正は病気は更に進歩することを防ぐのを助けてもいいので糖尿病性のニューロパシーを用いる人々のために必要である。 糖尿病患者が彼らのニューロパシーの進行を遅らせることができること最も重要な方法の1つは血ブドウ糖のレベル(Skyler 1996年のよりよい制御を達成することである; Callaghan 2012a)。 それは食餌療法および生活様式の変更が最も有効の場合もあるこの目的にある。 この議定書で輪郭を描かれる作戦に加えて読者は糖尿病および 肥満 および 減量の議定書を見直すように 励まされる。

食事療法

食事療法は糖尿病を持つ人々が付加的な薬物をことを取らないで彼らの血ブドウ糖のレベルを制御できること主要な方法の1つである。 フルーツの混合物が付いているバランスのよい食事を、野菜食べて、蛋白質および脂肪は血ブドウ糖のレベルの主要な振動を防ぐのを助ける。 規則的なスケジュールの食事を食べ、糖尿病の薬物が付いている食事を調整することはまた血ブドウ糖の変動(メイヨー・クリニック2011年)を最小にする。 さらに、特定の食餌療法によっては、高蛋白のような、低炭水化物を食事療法する(Gannon 2004年が)模造する血ブドウ糖制御を改善するためにまたは低いglycemic索引(Rizkalla 2004年)の食糧で豊富な食事療法は示されていた。 健康食はまた糖尿病患者が血ブドウ糖のレベルを低い保つのを助けるように示されていた重量を失うのを助ける(翼1987年)。 特に、調査は制御によって減らされた糖尿病性のニューロパシーの徴候の下で血ブドウ糖のレベルを保つのを助けるようにそれを前糖尿病性の状態(スミス2006年)であると考慮される損なわれたブドウ糖の許容の患者の食餌療法の変更を行なうことを見つけた。 理想的には、ほとんどの人々は糖尿病患者が達成しことができるようにこれがにくくないかもしれないが70そして85のmg/dL間の絶食血ブドウ糖のレベルを目標とするべきである。

練習

規則的な練習は糖尿病を持つ人々のためにまた重要である。 練習により筋肉ティッシュは血ブドウ糖のレベルは余りに高く上がることを防ぐエネルギーを燃やす(メイヨー・クリニック2011年)。 規則的な運動はまた糖尿病患者が重量を失うのを助ける。 これは全面的な血ブドウ糖のレベルを改良する。 さらに、1つの調査は増加する糖尿病患者が彼らの身体活動水平になる分り、重量を高めた彼らの骨格筋繊維(トレド2007年)のmitochondriaの数をことが失う; これはmitochondriaが細胞エネルギーの発生を助けるので重要である。 その結果、増加されたこのミトコンドリア密度は運動していない時でさえ糖尿病患者がエネルギーをもっとすぐに燃やすことを可能にし血ブドウ糖の保存をより低く水平になる助ける。 1つの調査はまた1週あたりの4時間トレッドミルで歩くことの形の有酸素運動が、糖尿病性のニューロパシー(Balducci 2006年)の進行を遅らせられたことが分った。

心血管の健康

糖尿病性のニューロパシーを防ぐのに糖尿病患者が使用できるもう一つの食餌療法および生活様式の介在は彼らの全面的な心血管の健康を改善することである。 糖尿病性のニューロパシーの心血管の健康の影響は多くの調査によって確立された。 高血圧がある糖尿病患者、高いLDLのコレステロール値および高いトリグリセリドのレベルに本当らしい糖尿病性のニューロパシー(Sibal 2006年を開発するために; Tesfaye 2005年; Leiter 2005年; デービス2007年; Wiggin 2009年)。 調査はまた高いトリグリセリドのレベルが非糖尿病患者(Kassem 2005年)で神経の損害を与えるかもしれないことが分った。 2つの調査は高められた身体活動(1週あたりの練習の150-175分)、減量(体重の7%の支えられた損失)、および低カロリー続いた患者は、低脂肪食のプログラムにこれらの生活様式の変更は糖尿病性のニューロパシー(糖尿病の防止プログラム研究グループ2005年を防ぐのを助けることができることを提案する低血圧およびトリグリセリドのレベルがあったことが分った; 先読みの研究グループ 2010年)。