生命延長血液検査の極度の販売

筋ジストロフィー

新しく、出現の医学療法や薬剤の作戦

エクソンの省略

筋ジストロフィーの患者のための有望な処置の選択は「とぶ」とエクソン呼ばれる(ネルソン2009年)。 この作戦はが変異するdystrophinの遺伝子からのその結果dystrophin蛋白質の間違いを訂正できるという考えに 基づいている。 研究者は」dystrophin蛋白質のアセンブリに指示するのに後で使用されているdystrophinのRNAの変異する地域を覆うのにDNA (オリゴヌクレオチド)の短い部分の使用によってこれを「する。 DNAのマスクは不完全なRNA順序に付き、突然変異を訂正する遺伝的欠陥(ウォルター2007年を補うために従って機能dystrophin蛋白質は十分なレベルでうまく行けば作ることができる; Muir 2009年; ネルソン2009年; Beytía 2012年; Malik 2012年)。 その結果、DMDを引き起こすdystrophinの分子はより穏やかな徴候(Aartsmaルシュ2012年)を引き起こすと期待されるBMDそっくりの蛋白質に変わる。

DMDの6人の患者からの培養された筋肉細胞でとぶエクソンはdystrophinの統合が細胞(ウォルター2007年)の75%で再建されたので、巧妙だった。 この方法は筋肉にオリゴヌクレオチドを局部的に管理したおよび示されていたプラスの結果テストされた臨床試験で。 このアプローチの最初の全身の使用は2006年にDMDの患者にあった。 オリゴヌクレオチドが付いている4つの週間静脈内注入の後で、処置(Trollet 2009年)の前にあったdystrophinの完全な不在上の改善だったdystrophinの低水準は筋肉バイオプシーで検出された。 3人の患者の4グループをそれぞれ含んでいた別の全身臨床試験は2009年に完了した。 この調査では、dystrophinは関係者からの筋繊維の60-90%で検出され、深刻な悪影響は行われなかった。 後で3か月、患者は歩けた間隔で改善があった。 処置がよく容認された心筋症を開発した後療法を中断した1人の患者を除いてことを2010年に行なわれ、19人の患者含まれ、そして、示されている別の全身の試験。 Dystrophinは何人かの関係者で作り出されたが、全面的、処置への応答の大きい変化は観察された(Aartsmaルシュ2012年)。

  • PTC124は口頭で取られる正常に機能しない翻訳シグナリングを却下するように異常なdystrophinの遺伝子によって設計されているoxadiazoleの混合物である。 PTC124はDuchenne MDおよび嚢胞性線維症(Hamed 2006年)の患者のための段階IIの臨床試験に現在ある。
  • AVI-4658はDMDの患者の潜在的な処置のためのphosphorodiamidateのmorpholinoのオリゴマー(PMO)である。 19人の歩行できる患者の最近のオープン ラベルの調査はAVI-4658が深刻な薬物関連の不利なでき事無しでよく容認されたことをDMDの5-15年を提案した老化させた; AVI-4658は重要な線量依存したののすべてのグループおよび新しいdystrophin蛋白質の表現、変数、若い男性(線量の拡大のフォーマットの方法でとぶエクソン51を引き起こした: 2つのmg/kg)。 予備の結果はAVI-4658がDMD (Cirak 2011年)のための潜在的な病気変更の薬剤であるかもしれないことを提案する。 

Proteasomeの抑制剤

証拠は筋ジストロフィーのある形態の病理学が筋肉細胞の構造完全性を支えるために一種の足場として普通機能する細胞蛋白質の高められた低下を含むことを提案する。 Proteasomesは蛋白質の低下の重要な役割を担う複雑な生体物質である。 従って、proteasome阻止は潜在的な療法として調査されている。 筋ジストロフィーのための動物モデルでは、実験proteasome抑制剤はdystrophinおよび他のdystrophin準蛋白質の生産を高めた。 Velcade®のDMD (Bonnucelli 2007年の炎症性応答にかかわる核要因kappaB (NF kb)細道の他の条件、また高められたdystrophinの表現および減らされた活発化のためのpreclinicalおよび臨床試験の別のproteasome抑制剤既に、; Gazzerro 2010年)。