生命延長スキン ケアの販売

アルツハイマー病

アルツハイマー病の理論

ずっとアルツハイマー病の潜在的な原因への研究はいら立たしい。 いくつかのプロセスはアルツハイマー病で観察される認識低下に貢献すると信じられる。 アルツハイマー病の頭脳の悪化は徴候が明白になる前に始まると十年考えられる。 アルツハイマー病に貢献するために仮定される複数の要因は次輪郭を描かれる; それぞれはまた潜在的な治療上のターゲット(Luan 2012年を表す; Teng 2012年)。

老年性のプラク

アルツハイマー病で顕著な見つけることはベータ蛋白質の片のアミロイドの「群生」で構成される老年性の プラクが頭脳、記憶強化および空間的な運行(Biasutti 2012年)にかかわる特に海馬の重要な地域で細胞損害を集め、与えることである。 ベータ アミロイドの総計はneurofibrillaryもつれ(NFTs)の(下記参照) (Massoud 2010年)の酸化損傷、excitotoxicity、発火、 細胞死 および形成に貢献するために示されていた。 但し、ベータ アミロイドの減少にもっぱら向けられる療法はより複雑なプロセスが含まれることを提案する失望を証明した(Marchesi 2012年; Schmitz 2004年; Holmes 2008年)。

Neurofibrillaryはもつれる

ニューロンはtauと呼ばれる専門にされた蛋白質によって微小管から 、しっかり止められていて 成っている細胞骨組を 含んでいる。 アルツハイマー病では、微小管は崩壊し、neurofibrillaryもつれかNFTsと呼ばれる総計を形作るためにtau蛋白質は 一緒に「 群生している」。 NFTs機能それのアミロイドのベータ総計と同じように多くの細胞機能障害および死に複数をプロセスその導く始める。 ベータ アミロイドかNFTsはアルツハイマー病で最初に起こるかどうか明白でなく、これは科学界(Massoud 2010年内の重く討論されたトピックに残る; Crespoビール 2012年)。

アセチルコリンの欠損

広く支持される根本的な病気の進行の演説でつまらない証明した理論は一度しかしコリン作動性の仮説である。 この眺めはアルツハイマー病が認知(Munoz-torrero 2008年の多くの面で基本的である神経伝達物質のアセチルコリンの不十分な統合の結果であることを提案する、; Nieoullon 2010年)。

臨床試験は示した徴候を減らしたり、しかし病気を逆転させなかったり、または停止させてはいけないアセチルコリン シグナリングを支える薬物。 従って、不十分なコリン作動性のneurotransmissionは直接の原因よりもむしろアルツハイマー病で、観察される一般化された頭脳の悪化の結果として今見られる。 それにもかかわらず、アセチルコリン シグナリングを調整する薬剤は今でもアルツハイマー病(Munoz-torrero 2008年の徴候管理の支柱である; Nieoullon 2010年)。

酸化圧力

酸化圧力は非常に反応分子が遊離基の損傷を細胞 構造と呼んだ プロセスである。 遊離基は正常な新陳代謝の副産物であるが、ミトコンドリアの機能障害の(下記参照)のような新陳代謝の異常の状態の間に、より急速にそしてすばらしい量で作成される。 アルツハイマー病の場合には、酸化圧力は両方ベータ アミロイドによって与えられる損害の一部を促進し、 形成(東gyu 2010年に拍車をかける; Hampel 2011年)。

酸化圧力は別のルートでアルツハイマー病を同様に広める。 ニューロンが傷つかれるようになると同時に、自由な鉄は表面でそして小膠細胞と呼ばれる近くの細胞の内で集まる。 自由な鉄により根本的な形成を引き起こし、酸化圧力(Mandel 2006年)を運転する。

発火

炎症性プロセスはアルツハイマー病(広告)の開発の重要な役割を担うようである。 ベータ アミロイドのハイ レベルが頭脳で集まるとき、その発火に終ってボディの免疫反応を、傷つけるニューロン(Salminen 2009年)を活動化させる。 ベータ アミロイドへの炎症性応答の部分は腫瘍の壊死の要因アルファ (TNF-α) によって(Tobinick 2008a)促進されるようである。 TNF-αは頻繁にAlzheimerの患者の血清そして大脳の脊髄液(CSF)のハイ レベルにある親炎症性cytokineである; それは新しいアルツハイマー病療法(Culpan 2011年のための潜在的なターゲットを表す; Ardebili 2011年; Tobinick 2008a)。

ミトコンドリアの機能障害

Mitochondriaは細胞のエネルギー発電所である; それらは細胞機能に必要であるアデノシン三リン酸(ATP)の形でエネルギーを発生させる。 ミトコンドリアの機能障害はアルツハイマー病(陳2011年)を含む多くの年齢関連の病気で、関係した。 アルツハイマー病支えるとミトコンドリアの機能障害間のリンクをそのApoE4、アルツハイマー病と関連付けられる遺伝の変形および頭脳内のアミロイドのベータ沈殿を見つけることがある証拠の1ラインは、ミトコンドリアの呼吸のチェーン機能(Caselli 2012年の破壊の役割を担うようである; 陳2011年; Polvikoski 1995年)。

正常に機能しないmitochondriaはアミロイドのベータ毒性(Leuner 2012年)の重要な仲介人である。 ミトコンドリアの機能障害は自体もう一つの仲介人がアミロイドのベータ毒性のある酸化圧力の高められた重荷に同様に貢献する。 ミトコンドリアの機能障害および酸化圧力はそれから運転し、不道徳の作成しベータ、付加的なアミロイドの形成をニューロン死(Leuner 2012年)を最終的にもたらす周期を自己広める。

Excitotoxicity

グルタミン酸塩は頭脳の最も豊富なexcitatory神経伝達物質で、正常な頭脳機能に必要である。 但し、たくさんのglutamatergic neurotransmissionはニューロン、「excitotoxicityとして」知られている現象に有毒である場合もある。 Excitotoxicityは他の要因(Danysz 2012年)間のアミロイドのベータ、neurofibrillaryもつれ、ミトコンドリアの機能障害および酸化圧力によって促進されるのでアルツハイマー病の神経の退化に貢献すると考えられる。

グルタミン酸塩のexcitotoxicityはNの終わる活発化の結果 -メチルDアスパラギン酸塩(NMDA)の受容器である。 従って、この受容器を調整することは余分なグルタミン酸塩シグナリングの有害な効果の一部を減す方法である。 FDAは厳しいアルツハイマー病(Danysz 2012年)にmemantine (例えば、Namenda®)、穏健派の処置のためのNMDAの受容器のブロッカーを、承認した。

性ホルモンの損失

証拠は性ホルモンの年齢関連の損失–人の女性そしてテストステロンのエストロゲン–アルツハイマー病に貢献するかもしれないことを提案する。 特定のメカニズムが明白でないが、性ホルモンはアルツハイマー病(ベスト2012年の開発から頭脳を保護するようである; Barron 2012年)。 例えば、低下のエストロゲンおよびテストステロンのレベルはベータ高められたアミロイドおよびtauの異常(Overk 2012年)と関連付けられるようである。

伝染

医学界によって主として真価を認められていなく残る陰謀的な理論はいろいろ病原性のある細菌やウイルスとの慢性の伝染がアルツハイマー病の開発に貢献するかもしれないことである。 研究はある共通の病原体がAlzheimerの患者の頭脳で一貫して検出されることを示す。 例えば、調査の包括的な分析はSpirochetes、 細菌の系列がAlzheimerの患者の約90%で、検出され、健康な年齢一致させた制御で事実上不在だったことが分った。 それ以上の統計的評価はSpirochetesの伝染とアルツハイマー病(Miklossy 2011年) 間の 原因関係の高い確率を明らかにした。

Spirochetes および他の細菌は頭脳で長びき、アルツハイマー病(Miklossy 2011年)の認刻極印であるアミロイドのベータおよびneurofibrillaryもつれの発火そして形成を運転できる。 さらに、実験室調査はベータ アミロイドが形成が感染性の生物(Soscia 2010年)への適応応答であることができることを提案する抗菌ペプチッドであることを示す。 これらおよび他の調査結果は何人かの研究者を「…」早く伝染に対する介在が未来の開発をの[アルツハイマー病]遅らせるまた更に防ぐかもしれないことを仮定するために導いた(Honjo 2009年)。