生命延長スキン ケアの販売

筋萎縮性側索硬化症(ルー・ゲーリック病)

ALSの考えられる原因

スーパーオキシドのディスムターゼ

SOD1遺伝子の突然変異により家族性のALSを引き起こすことができるので多くの研究者は運動ニューロンの死の役割をいかに担うか定めるためにこの蛋白質を調査した。 SOD1はスーパーオキシドのディスムターゼ(芝地)のためにコードする遺伝子、より少なく有害な分子に改宗者のスーパーオキシド基を助ける酵素である。 スーパーオキシドの分子は遊離基の形態または反応酸素種、死ぬそれらが細胞のDNA、蛋白質および膜を傷つけることができる分子のクラスである(Rothstein 2009年)。 芝地が不完全にどちらかの作用または不十分な量にあれば、変わらないスーパーオキシドの分子によって運転される手がつけられない酸化圧力はティッシュを傷つけ、病気に貢献できる。

家族性の場合のおよそ20%およびすべてのALSの場合の2%はSOD1遺伝子の突然変異につながる(2002年を歌われる; Andersen 2006年; キーのò 2008). これはスーパーオキシドの分子および他の遊離基の蓄積がALSに貢献できることを提案する。 増加するスーパーオキシドのレベルに加えて、SOD1突然変異は他の方法でニューロンを傷つけることができる。 例えば、突然変異体SOD1はニューロン(Karch 2009年に有毒であるmisfolded蛋白質の大きい集りのための種として役立つために学説をたてられる異常な芝地の分子を作り出す; Lindberg 2002年)。

酸化圧力

調査は中枢神経系内の、また周辺にALS (Miana-Mena 2011年の酸化圧力の上昇値を見つけた; Hensley 2006年; Ilieva 2007年; Kanekura 2009年)。 これはALSの運動ニューロンの死が反応酸素種の増加されたレベルと関連していることを提案する。 これらの条件はALSで共通神経に死および筋肉無駄になることに貢献する。 酸化圧力はベータ カロチン(ドーソン2000年)、ビタミンC (Mandl 2009年)およびE (コロンボ2010年)、またミネラル セレニウム(Sanmartin 2011年)のような酸化防止剤の集中を高めることによって取り除くことができる。 他の多くの補足に、補酵素Q10のようなまた、酸化防止特性がある。

グルタミン酸塩の毒性

グルタミン酸塩は重要な神経伝達物質である。 通常の状態で、集中は堅く調整される。 但しALSの患者のシステム調整のグルタミン酸塩の集中が細胞(カメロン2002年)間のスペース(シナプス)のグルタミン酸塩の蓄積に終って(Rothstein 1995b)、妨げられるかもしれないことを、ようである。 この余分なグルタミン酸塩は神経細胞の死に終って容量を越える神経細胞を刺激するかもしれない。 ALSの患者に脳脊髄液でグルタミン酸塩の上昇値が、支えるこの仮説(Rothstein 1990年、ショウ1995年)をある。 突然変異体のグルタミン酸塩の輸送蛋白質はまたそれ以上のALSの散発的形態と関連付けられグルタミン酸塩仲介された刺激の上昇値がALSの患者(林1998年の運動ニューロンを殺すことができるという考えを支える; Rothstein 1995年; Dunlop 2003年)。 ALSの病理学のグルタミン酸塩の演劇が神経系に対するグルタミン酸塩の効果を禁じる薬物のriluzoleの有効性であること重大な役割を支えるほとんどの強力な証拠の一部。 それはそれによりALSの患者のための存続を改善するグルタミン酸塩の解放を、調整する。 しかしその効果は適度、余分なグルタミン酸塩が病気の唯一の原因ではないことを提案するであり。

ミトコンドリアの機能障害

mitochondriaはニューロンを含むすべての細胞にエネルギーを、提供する。 残念ながら、mitochondriaはまたエネルギー生成の副産物として反応酸素種を作り出す。 ミトコンドリアの機能障害はスーパーオキシドの余分な量の生産で起因でき広範な細胞傷害および死をもたらす。 スーパーオキシドの蓄積は芝地および他の酵素(ブランド2011年)によって防がれる。

運動ニューロンのmitochondriaがALS (Shi 2010年)で損なわれるようになるかもしれないいくつかの方法がある。 ALSの動物モデルでは、運動ニューロンのmitochondriaの機能障害はこれが病気(Kong 1998年)の進行の早いでき事であることを提案する他のどの観察可能な病理学変更の前にも起こる。 芝地の突然変異体の形態はミトコンドリアの機能障害(劉2004年)をもたらすようである。 人間および動物ニューロンの調査は広範なミトコンドリアの機能障害をALS (Cassarino 1999年と関連付けられて見つけた; Beal 2005年; マーティン2011年; Cozzolino 2011年; 川俣町2011年; Faes 2011年)。 さらに、ALSの何人かの患者は彼らの筋繊維(Crugnola 2010年)のミトコンドリア機能を損なうようである。

ALSの動物モデルは運動ニューロンで更に貢献できるかどれが病気(De Vos 2007年)の進行にmitochondriaの異常な輸送を示す。 さらにミトコンドリアの健康が損なわれるとき適切なミトコンドリア機能とても必要であるので、他けれども未確認プロセスは変わることができる(Fosslien 2001年)。 これらのラインに沿って、excitotoxicityおよびミトコンドリアの機能障害をつなぐ出現理論は乳酸塩の蓄積が、高い濃度で有毒(特に神経細胞に)である新陳代謝の副産物ALSの進行(Vadakkadath Meethal 2012年)の役割を担うかもしれないことを提案する。 この理論(別名。 乳酸塩の体質不良 理論は)ミトコンドリアの機能障害が運動ニューロンおよび筋肉細胞(neuromuscularの接続点の乳酸塩の蓄積に部分的に接続点(NMJ))貢献することを提案する 運動制御に必要な力を発生させる堅より正常働かせるようにそれにより残りの筋肉細胞が要求する神経および筋肉細胞両方の死に導く。 但し、乳酸塩が新陳代謝の副産物およびより大きい新陳代謝の要求の増加の乳酸塩の生産であるので、残りの筋肉細胞は乳酸塩の蓄積を急がせ、神経の破壊および筋肉萎縮悪化させる高められた作業負荷が通常の原因でより乳酸塩をさらにもっと作り出す。 この理論はまたNMJ内の未だ未知の乳酸塩のシャトルの機能不全がALSの病理学の特徴であるかもしれないことを提案するそれを提案する支持のミトコンドリア機能は乳酸塩の新陳代謝を最大限に活用し、余分な乳酸塩の蓄積によって引き起こされる毒性を戦うかもしれない。 この理論が正しければ、ミトコンドリア機能を支える栄養素とのnizofenone (松本1994年)のような乳酸塩の蓄積を禁じる薬剤を結合することは(補酵素Q10およびpyrroloquinolineのキノン(PQQ)のようにALSのための有効な療法であるかもしれない。

重金属および環境の代理店。 ALSに於いての重金属の役割は非常に論争の的になる。 ALSの患者の集りがある特定の地理上の区域にあったので、研究者は重金属の中毒のような根本的な環境の主題を捜した。 例えば、研究者は鉛の上昇値がALS (牙2010年)の高いリスクと関連付けられることが分った。 水銀とALS間のリンクが危険にさらすけれどもALSのための潜在的な仲介人が水銀であるので識別されたもう一つの毒素は明らかにとして、ない(Callaghan 2011年、Mano 1990年)。 これらの毒素はDNA (Rooney 2011年)のメチル化との干渉のような微妙な細胞変更をもたらす場合がある。 しかし他の調査はALSと共通の重金属(Gresham 1986年)の何れか間のリンクを示さなかった。

ベータN methylamino Lアラニン(BMAA)は、ある特定の細菌がなす神経毒ALSの開発の重要な役割を担うかもしれない。 BMAAはこれらの細菌がソテツ科のcircinalisの植物(Banack 2010年)の種に一般にあるグアムのALSの 高い発生 で関係するかもしれない。

殺虫剤への露出はまた成長ALS (ジョンソン2009年)の危険性を高めるかもしれない。 運動場の草の殺虫剤への露出はイタリアのサッカーの選手(Chio 2009年)のALSの異常に高な発生を説明するために置かれる1つの理論である。

ALSの研究者が原因関係(Caban-Holt 2005年、ジョンソン2009年)を確立するのに必要とされるずっとデマンドが高い科学的な標準に合ってないようにこれらのようなneurotoxic代理店は退化的な頭脳および神経の状態にどうかしてつながるかもしれないと考えるもっともな理由の間。