生命延長ばねのクリアランス セール

筋萎縮性側索硬化症(ルー・ゲーリック病)

筋萎縮性側索硬化症(ALS)はまたこの条件がもとで死んだ有名な野球選手の後でルー・ゲーリック病と呼ばれる退化的なneuromuscular病気、である。 ALSは神経系に影響を与え、制御動きを助ける運動ニューロン(神経細胞)を見る機能を倹約している間破壊し、聞き、感じ、触れ、そして味がする。 ALSはの難しさの話す、なおざりにされたスピーチ、筋肉けいれんのような徴候に終って進歩的な機能障害によって特徴付けられ、および最終的につまずき、ぎこちなさ、まひ状態引っ張る。 ALSの患者間の共通の死因は神経の損傷が結局呼吸を制御する筋肉に影響を与えると行われる呼吸の失敗である。 ALSとの診断の後の平均生存期間は3から5年(ALSA 2012年)である。

ALSの2つの主要な形態がある: 散発的および家族性。 散発的形態はすべてのALSの場合で90%構成する。 但し、多くの科学者は病気のメカニズムを理解することを試みるために家族性の形態を調査する。 家族性のALSが異なった遺伝子で突然変異によって普通(SOD1として知られているを含む遺伝子)引き起こされる間、研究者はまだ完全に散発的ALSの病因を理解しない。 科学者は酸化圧力、グルタミン酸塩の毒性およびミトコンドリアの機能障害(Rowland 1994年を含むいくつかの理論を追求している; クリーブランド1999年; Rothstein 2009年)。 他の可能な危険率はウイルス感染(Woodall 2004年)および環境の毒素(Mitchell 2000年)を含んでいる。 現在の一致はALS (Rothstein 2009年)によって代表される運動ニューロンの損害を与えるために多くの要因が一点に集中するかもしれないことである。

ALSの処置で不完全にやっていいた慣習的な薬は病気の進行の遅延によって徴候を減すように試みる。 現在、承認される唯一のFDAはALSの患者のための米国でであるriluzole薬剤を入れる。 残念ながら、2かから3か月ただ(ミラー2007年)までに人命のスパンを伸ばすことを示した。 慣習的な療法へ科学的に調査された自然な介在を加えることによって、1つは病気の進行を遅らせ、生活環境基準を改善することを希望して多数の角度からのALSの病原性のあるメカニズムを目標とできるかもしれない。