生命延長スキン ケアの販売

年齢関連の認識低下

認識低下に貢献する心理的な危険率

彼らが有形、測定可能、および変更可能ように感知されるので病気の状態の生物的面に焦点を合わせる傾向がある。 但し、私達の心理的な状態と関連している私達の精神流暢に私達の生命のより緩く定義された面は同様に貢献する。 頭脳が刺激された影響利用される方法は機能状態まったく老化し。

精神分析的なテストは認識減損が退屈傾向、孤独、123小さい社会的なネットワークのような特性に密接に 関連することが、124および 高い圧力が分った。125

心配および圧力。 心配の患者の研究は、同レベルの認識テストの性能を維持するためのそれらが高心配のレベルと非心配する制御主題と比較されて(より多くの頭脳資源を捧げなさい)大きな努力を出さなければならないことを示した。126 より厳しい心配は穏やかな認識減損からのアルツハイマー病へのより早い転換のまた述語的である。127 人で、潜在性の(低レベルの)心配は認識減損に結ばれる。128

余分な圧力は認識機能障害を同様にもたらす。 表示された最も高い仕事関連のストレス度と25および53の年齢間の36人の女性を、それは含む調査では注意およびvisuo空間的な記憶を減らした。129 同様に、811の老化する人のグループで、高いストレス度がミニ精神州の検査で低圧力の同等より低く記録したことを報告を服従させる。 これは「心理圧力認知…」に130の独立した反対連合があったことを示す

心的外傷後ストレス障害(PTSD)は慢性、長引く心配によって特徴付けられる条件で、衝撃的な出来事に関係した以前重点を置く。 8つの調査の広範囲の評価はPTSDとより小さい頭脳のサイズ(総頭脳の容積)間の強い連合を強調した。131は PTSDの持続期間頭脳が悪化する範囲に影響を及ぼす; 成長の有効な対処の作戦はできるだけ早く頭脳の容積のPTSD誘発の減少を限るのを助けるかもしれない。132

黙想は圧力を取り除くための有効な方法である。 心の圧力と認識機能障害間の関係によって、研究者は大脳の血の流れに対する8週間の可聴周波導かれた黙想プログラムおよびメモリの問題によって14の主題の認知の効果を調査した。 テストは黙想がかなり複数の主要な頭脳の地域の大脳の血の流れを高めたことを明らかにした。 ことばによる流暢および論理的な記憶のテストの改善は黙想に同様に帰因した。133

不況。 親密な関係は不況と認識機能障害の間にある。 多くの調査はこのリンクを綿密に調べ、他方ではこれら二つの条件のintertwinementに1つの原因の効果よりもむしろ、言及する。 興味深いことに、不況は認識機能障害を悪化させるようであるが悪い認識健康は不況に老化の個人を同様にし向ける。134

実際、調査は2つの条件間の相互関係不況ショーの年齢関連の認識性能を査定するようにとりわけ設計した。 不況と診断された老化の主題のグループはさまざまな認識テストを完了し、結果は一致した年齢および性–非落ち込んだ制御主題のそれらと比較された。 それらが完了したテストの電池で制御グループの第10百分位数の下で記録される落ち込んだ主題の半分より多く。 この証拠から出された結論は「遅生命不況認知のすべての王国に」。が影響を与える遅らせられた情報処理によって特徴付けられることだった、135

継続研究は「不況準のリバーシブルの痴呆の描写 もたらすことを持っている」不況の改善におさまる不況と関連付けられる認識減損である。 それにもかかわらず、主要な不況の57の年配の主題の調査に、不況準のリバーシブルの痴呆を表示した人は大体 三年の期間にわたる 本当の痴呆を開発するほぼ5倍もっと多分だった。136

複数の認識およびneuropsychological欠損は管理機能の減損を含む不況に、注意、エピソード記憶、visuo空間的な技術および情報処理伴う。137は 他の研究感情的な処理にかかわる落ち込んだ患者で特定の頭脳の地域の構造完全性の悪化が観察されることを示す。138

社会的なネットワークおよび個人的な関係。 複数の調査は友人および他の個人的な関係の大規模なネットワークを維持し、社会的で、生産的な活動で規則的に従事して認識低下の減らされた危険と関連付けられることを提案した。139,140 逆に、少数 または社会的な関係を非常に持っていなくてと定義される社会的な解放状態は認識低下のための強い危険率である。141

ベースラインで78歳以上、小さい社会的なネットワークとのそれらに2,249人の女性の間でより大きい社会的なネットワークを持つ女性より開発のかなり大きいチャンスが1年以内の痴呆のあった。 調査官はより大きい社会的なネットワークに年配の女性間の認識機能の保護影響が」。があることを「o ur調査結果提案することを示した142 別のもので調査、研究者は6年まで間続かれたほぼ1,000人の主題のための仕事の歴史データを査定した。 キャリアが総合作業の人々と規則的に密接に働くことを含んだ調査の関係者は他の人々と規則的に密接に働かせなかった主題より痴呆をそのうちに開発して大いにまずなかった。143

16の行動の手段はオーストリアの調査の1,437の年配の主題のためのミニ精神州の検査(MMSE)のスコアに関連した。 単独で住み、一般に緊張に満ちていてとして生命を感知する他の手段の間で独自により低いMMSEのスコアと関連付けられた。144は 7,000のイタリアの主題上の認識減損のための独立した危険率として未婚であることを識別した別の調査によってこれらの調査結果支えられる。145

子供、親が付いている接触の結婚歴、有志の活動および頻度、および隣人定義される社会的な統合は年配の大人の効果を維持する記憶を運ぶ。 6年の期間に、社会的な統合の低レベルとのそれらの中の記憶は社会的な統合のハイ レベルが付いている主題の率で二度低下した。146

友人および家族が付いている親密な関係を、および維持することは、さまざまなグループ指向の活動に特に屋外にかかわって、老化するのであなたの頭脳を刺激し、維持するための有効な方法である。

精神および身体活動

頭脳はおよそ900億の広大なネットワークから成っている(1,000の(10 15)シナプス接続点によって相互に連結される10の9)ニューロン。147 それぞれ私達が行う精神および物理的な仕事は独特な方法でこの大きいネットワークを刺激する。 そして物理的に精神的にの広い範囲の従事による多様なシナプスの細道の規則的な刺激は挑戦的な活動直接シナプスの可塑性を高め、頭脳の重要なエリアのneurogenesisのプロセスを始めることによって学ぶ私達の機能に影響を及ぼす。神経の 可塑性が大人の人間の脳の構造そして機能が新しい経験の結果としてかなり変わるようにすることは148,149実際、今明確である。150

  • 身体活動および頭脳得られたNeurotrophic要因

神経の可塑性(従っておよび全面的に認識機能)の後ろの重大な原動力は頭脳得られたneurotrophic要因と呼ばれる蛋白質またはBDNFである。 BDNFは学習、記憶、および新しいニューロンの起源、既存のニューロンの存続、およびシナプスの適応を刺激する高位に考えることにかかわる頭脳の区域に機能する。BDNF の151,152,153の低水準は認識低下、不況、痴呆およびアルツハイマー病を含むいろいろな頭脳の無秩序で、観察される。154,155

運動は人間および他の動物の認識機能を高めると知られ練習によって引き起こされるBDNFのレベルの増加がこの改善を仲介することを多くの研究者は今信じる。156,157,158の 複数の調査は好気性普通から強い強度か嫌気性練習が人間のBDNFのレベルの鋭い(強度依存した)増加を引き起こすことを示した。159,160

Gold 等は 適当な強度の循環の30分の一続きによって引き起こされた血清BDNFのレベルのマーク付きの増加に注意した; これは両方の健常者と多発性硬化の患者で観察された。161は 分ったTang等によってこれらの 調査結果 高輝度階段上昇の練習の15分だけかなり健康な人の血清BDNFのレベルをささえたことが支えられる。162 高輝度レベルで、練習は3分程度でまでに報告されてこの最後の調査の健康な若者men.163の非常の高さの 強度の全速力で走る練習の効果を文書化したWinter等、BDNFのレベルの後練習のスパイクが短期記憶の20%改善と対応したように、血清BDNFのレベルの急増を引き起こす。164

動物モデルは調査に科学者に頭脳に対する身体活動の動的効果をもっと密接に与える。 台湾の研究者が行なう仕事はそれを、が気が長い両方(自発的な)身体活動(ie示す。 公園)および目標とされた運動(ieで活発に歩く。 体育館に行って) BDNFのレベルを後押しし、動物の可塑性を、そうする頭脳の異なった地域で高めなさい。165は これらの調査結果練習ルーチンのだけでなく、従事、全面的な頭脳の健康を促進するために一般に活動的な生活様式を同様に導く重要性を強調する。

頭脳の健康に対する練習の有利な効果は練習の持続期間によってだけ限られるようである。 ラットで行なわれる調査は使われた運動時間(車輪ランニング)とBDNFの遺伝の表現間の直接的な相関関係を明らかにする。 すなわち、より長くラットが運動したら、より強いBDNFの遺伝子発現の増加。166

認識健康に対する規則的な練習の保護効果は12年まで間続かれた33,000人の主題に含んでいる15の調査の最近の包括的な分析で文書化された。 身体活動のハイ レベルが付いている個人はそのうちに非常低い活動レベルとそれらと比較された認識低下の印を示す多分殴打の38%だった。 非常に、低く身体活動のレベルを緩和することは認識低下のための危険の強い35%の減少を運んだ。 頭脳の健康のための身体活動の重要性は著者の完了の声明に反映された: 「現在の結果は認識低下の発生に対して身体活動のすべてのレベルのための重要な、一貫した保護を提案する。167

  • 精神活動、頭脳の可塑性および認識予備
精神活動、頭脳の可塑性および認識予備

頭脳の神経の可塑性、独特な、reinforceable方法で新しい刺激に合わせ、答える動的機能は認知の中枢の面である。 可塑性は身体活動を練習する効果のための主媒体として役立ち–すなわち物理的な仕事でそのうちによくなる。 私達が活動を繰返して練習するので信号は特定のパターンの頭脳を通して何度も繰り返し送信される。 この余分な信号を送ることは最終的に仕事を実行するために必要なシグナリング細道のニューロン間の関係を増強し信号伝達のより大きい効率そして正確さに導く。

物理的な練習の 重要な 限定は、けれども、能力の改善が練習される仕事に一般に制限されることである。 すなわち、練習のテニスはボーリングの実力を高めない。 反復的な 精神 刺激は、一方では、他の仕事に同様に影響を与える範囲全体の改善を出す。 詳しく説明するためには、高位認知過程の利用を要求する例えばチェスをする精神的に挑戦的な活動を練習して同じような認知過程を要求する車の運転のような他の活動の流暢を改善できる。168,169

頭脳の可塑性はまた認識予備として知られているより全体的な効果のための前提条件として役立つ。 この現象はから起こり、依存している、synaptogenesis –新しいシナプスの形成、精神訓練の認刻極印の物理的な影響ついている。

新しい認識刺激の導入は頭脳を頭脳の回路部品の年齢関連か病理学の悪化から起こる他のニューラル・ネットワークの故障をとばすのに使用することができるsynaptogenesisによって新しいニューラル・ネットワークを確立するように励ます。

認識予備は生命経験の機能として測定可能であり、認識予備のスコアが老齢人口の全面的な認識機能に関連することを調査は示した。170 アルツハイマー病または穏やかな認識減損の主題で、より高い認識予備はこれらの条件と典型的な機能の損失を軽減する。171は この同じ調査高い認識予備のスコアを持つ個人が頭脳イメージ投射によって査定されるようにアルツハイマー病または穏やかな認識減損の等しい病理学の進行と示すことにもかかわらずより低いスコアとそれらよりvisuo空間的な能力の査定で、よく行ったことが分った。

ちょうど遅い生命に適合および機能ボディを維持する欲求が規則的な運動を要するので、前進年齢の認識手際よさを保障することは絶えず存在を増強する要求し、新しいのシナプス関係励ますプラスチック変更を換起するために新しい限界へ頭脳を押すことを。 これは精神的にデマンドが高いキャリアの個人がキャリアが身体検査の労働に集中したそれらと比較されるより遅い生命のAlzheimerの痴呆を開発するかなり減らされた危険にあることをようであると考慮するとき明確になる。172

可塑性は生命中維持される頭脳の本質的な特性である; そしてそう認識刺激および訓練は認識予備を高め、頭脳機能の損失に対して年齢にもかかわらず保護を運ぶ。173 臨床認識減損のほぼ500人の個人を含む調査で、コンピュータ化された認識訓練はかなり認識機能の複数の手段を改善した。174 改善はある認識査定の訓練まだ明白な3かまで月のポストのだった。 さらに認識訓練の2時間が提案する頭脳の構造変化をことを始めると、同様に少しは彼らの知的な容量に挑戦することを選んだ人利点を即座に収獲する。175

チェスをする人の2005ケース スタディは規則的な認識刺激がある頭脳の本当の代償的な能力を明らかにする。 チェスをする人、これまで優秀な認識機能を表示した穏やかな認識減損に次の2年にわたって進歩したわずかなメモリ損失の不平と示される老化の紳士。 人は無関係な病気とそして病気になり、後で7か月渡した。 死体解剖は彼が普通認識能力の厳しい悪化を引き起こすずっと彼の頭脳に高度のAlzheimerの病理学と住んでいたことを明らかにした。 非常に、人は彼の死までの穏やかな認識減損だけ表示した。176 規則的に遊ぶチェスは大量の認識予備を持つ紳士を染め、頭脳の構造完全性の硬直した悪化にもかかわらず比較的正常な神経の効率を可能にする。

複数の言語を話すことはまた可塑性および認識予備の強い誘因物である。 第2言語を学ぶことは単一の言語だけ話されているとき頭脳が絶えず不必要である方法で情報を分類するように要求する; これは多数の新しい神経コミュニケーション流れを確立する。 アルツハイマー病を持つ多分臨床的に200人以上の個人の調査では二か国語で5年にわたる徴候のその手始めを遅らせると見つけられ相関的な一言語のスピーカーほぼ4.5年のまでに診断を遅らせる。177

認識刺激および利点をまた訓練すること大脳の血の流れを高めることによる頭脳。 8週間の 関心およびdistractibilityの認識トレーニング プログラムがprefrontal皮質にかなり血の流れ、人格表現にかかわった頭脳の地域および意志決定を高めたことをMozolic等は示した。 この調査、教育材料--にさらされたが、集中的ではない認識訓練の制御グループは、大脳の散水の増加を表示しなかった。178

頻繁な運動、絶え間ない学習、および規則的な認識刺激を組み込む生活様式はあらゆる年齢に維持し、多分高める最も有効な平均、認識機能であるために本当らしい。

認識低下の戦いへの医学のアプローチ

さまざまなpharmacologic治療法が老化の認知を維持し、アルツハイマー病のような頭脳の病気を防ぐための有効な介在の識別を希望して調査される間、医学療法を助ける証拠はせいぜい曖味である。しかし 179、予備データはある薬剤が頭脳の健康に限られた利点を提供するかもしれない提案し増加された精神および身体活動のレベル、食餌療法の変更および前進年齢の頭脳機能を最大限に活用するneutraceutical選択とこうしてことをadjunctively相乗作用を与えるかもしれない。

  • Piracetam

Piracetamは患者数の広範囲で調査され、神経疾患のいろいろなモデルの小さい利点を示した。 頭脳機能に対するpiracetamの観察可能な効果のための多数のメカニズムは行為のメカニズムの精密な記述がまだ明瞭になることを持っているけれども、提案された。 予備調査はpiracetamが多数の神経伝達物質の受容器のシグナリングを調整するかもしれないこと180を 神経の膜の流動率を改善するために提案し。181

より古い主題のpiracetamの効力を査定した最近の広範囲の評価は薬剤が認識機能障害に相当な利点を提供するかもしれないことを提案する。 評論家は「… この分析の結果が認識減損をより古い主題の多様なグループのpiracetamの全体的な効力に有力な証拠に与えることを結論を出した。182

  • Hydergine

piracetamのように多数の方法で頭脳に影響を与えるために、hydergineは提案された。 アルツハイマー病のために主として非効果的であることを示した後臨床使用から前に主として十年落ちた薬剤はまだ頭脳サポートのための養生法に何人かの統合的な医者によって組み込まれる。 提案されたメカニズムは頭脳のブドウ糖の利用、特に183増加する アセチルコリン シグナリングを、184および 維持すること前進年齢のhippocampal構造を高めることを、185 含んでいる。

一まとめに、データはhydergineが痴呆を扱うための偽薬よりわずかに有効かもしれないことを示す; 但し、検討は「Hydergine の効力不十分に定義されて」。が残ることを結論した186

  • Deprenyl

Deprenylは、低い線量で、選択的なMAO-Bの抑制剤で、こうして中枢神経系のさまざまな神経伝達物質、特にドーパミンの故障を遅らせる、従って気分およびエネルギーを高めるかもしれない。187は 薬剤増加する年齢の齧歯動物の頭脳のある地域、188を維持し 二重盲目の、偽薬制御の人間の試験のHIV関連の認識減損を改善するために示されていた。189

  • Centrophenoxine

Centrophenoxineはdimethylethanolamine (DMAE)と構造的に、アセチルコリンへの新陳代謝の前駆物質関連している。 それはcentropehnoxieがacetylcholinergicシナプス シグナリングを高めること、190を示され、 健康な年配の主題の記憶そして精神警報を改善する。 centrophenoxineが頭脳機能に寄与するかもしれない191の他の提案されたメカニズムは高められた膜の流動率、192および機能によって 神経の水和を神経の酸化圧力を減らす改善している。193

健康な頭脳のための食餌療法の考察

頭脳の新陳代謝の特別に高い比率はそれを食事療法の栄養の内容に特に敏感にさせる。 簡単な炭水化物および食餌療法脂肪の余分な消費によって代表される西部の食餌療法パターンは(特に飽和脂肪およびオメガ6のpolyunsaturated脂肪酸)、有害、けれども変更できる、認識機能の変調器。 多数の調査は識別し頭脳の健康のために特に有害であるとして簡単な砂糖および飽和脂肪の高い取入口を。194,195,196 オメガ3のモノラルおよび多不飽和脂肪のわずかにカロリー限られた内陸の食事療法に高くTransitioning、繊維およびポリフェノールは高容量および効率で機能に栄養物を頭脳に与える。

容易に見落されるかもしれないある食餌療法の考察は相当な頭脳の利点を同様に提供する。

カロリーの制限。 カロリーの制限は 常態、普通20%から30%の下にレベルへカロリー摂取量のより少なく適度に制限である、最適の栄養物を維持するためにしかし食事療法は微量栄養と密なべきである。 熱の制限は中枢神経系のインシュリン シグナリングを高める周辺インシュリンの感受性の好ましい変更を引き起こす機能のために有名である。 頭脳は認知に、重く頼り影響を与える従ってそれは不思議ではないいろいろな機能のための適切なインシュリン シグナリングに熱の制限が多くの動物および人間の調査で利点の認識機能に示されていても。197,198

一般に坐った生活様式を導いた124人の高血圧の個人で行なわれた調査は食事療法と共の熱の制限の4か月が制御血圧を助けるように設計したことが作り出したエグゼクティブ学習およびpsychomotor速度を含む範囲の複数のneurocognitive改善を分った。199

熱の制限はまた複数のneurotrophic要因のレベルを、BDNFを含んで後押しし、精神刺激に応じてこうして頭脳のプラスチック適応のための理想的な環境を作成する。200

内陸の食事療法

内陸の食事療法。 大量の科学文献は心血管の健康 、認識 健康および長寿にかかわっているそれらのためのステープルとして内陸の食事療法を認可する。 食事療法はモノラル「よい」脂肪に–および多不飽和脂肪、特にオメガ3'sおよびオリーブ油、多彩の果物と野菜および適当な赤ワインの消費集中する。201は 内陸の食事療法への202付着改善されたインシュリンの感受性、203脂質新陳代謝204 血圧癌206か新陳代謝シンドロームの 開発の205減らされた危険 207、また死亡率の 全面的な減少とつながった。208, 209

頭脳はまた内陸の食事療法で十分である酸化防止剤および健康促進の脂質から非常に寄与する。多量 の科学文献210は内陸の食事療法への付着がいろいろな人口のよりよい認識性能と関連付けられることを認める。211

4.5年のフォローアップの前向き研究に加わっている穏やかな認識減損を開発する危険を減らすために1,393人の個人ではより大きい内陸の食事療法の付着は少し付着と比較された28%によって示されていた。 さらに、一貫して内陸の食事療法を消費した人で、しかし 穏やかな認識減損、アルツハイマー病に変換の危険を切られた食事療法が内陸様式から逸脱した主題に関連して48%で開発しなさい。212の 複数の付加的な調査は同様に完了した。213,214,215

適当なアルコール消費。 重いアルコール消費は健康のほぼすべての面に有害、認知を含んで、2杯の飲み物の日刊新聞として特徴付けられる適当なアルコール消費であること質問の間、老化の認識低下に対して保護を運ぶようである。 15の調査は36,000以上の主題のデータを含んでいた最近の広範囲の評価で要約された; 「適当な」酒飲みとして分類されたそれらは非開発する大体25 –多分30%酒飲みか重い酒飲みよりアルツハイマー病、管の痴呆、またはタイプの痴呆を、だった。216

中年の間にアルコール消費を緩和するライトは遅い生命の認識低下に対して保護を運ぶようである。 ほぼ23年間1,400人の個人に続く調査は中年の適当な酒飲みが生命の認識減損の印を彼らのteetotaling、重い飲む同等者より後で表示してまずなかったことが分った。217

証拠はアルツハイマー病の病理学の進歩を妨害するために疑われる多くのフェノールの酸化防止混合物を含んでいると同時に赤ワインが認識健康を維持するための選択の酒精飲料218ですそしてコレストロールが高い 神経学的な結果を限るかもしれないことを提案する。219 全く、5,000人の健常者に含んでいる7年の縦方向調査は規則的に赤ワインの適当な量を飲んだ人が調査官が非酒飲みより管理した認識性能のあらゆるテストでよりよく記録したことが分った。220の 他の調査は同じような調査結果を作り出した。221

適当な飲むことの利点の多数はコレステロールの流出のHDL (「よい」)のコレステロールそして強化のレベルのアルコールの深遠な肯定的な影響に多分帰することができる。222,223,224 アルコール消費は(適応性がある圧力)実際のところhormeticように考えられるかもしれないメカニズムによって心血管および神経疾患および退化から保護する; このトピックの最近の検討の完了の声明は「ある程度は、適当なアルコール露出が細胞存続の細道を促進しがちである中心の類似した穏やかな圧力準の、炎症抑制のメカニズム、vasculatureをおよび頭脳を誘発するようであることを提案する。225

適当なCaffeinatedのコーヒー消費。 コーヒーは、赤ワインのような、酸化防止およびneuroprotective混合物の優秀な源である。しかし 頭脳の病理学に対して保護効果を高めるためにコーヒーの酸化防止混合物がカフェインと相乗作用を与えるかもしれないことが、そしてdecaffeinatedコーヒーがcaffeinatedコーヒーを観察される同レベルのneuroprotectionに与えないこと226,227,228,229、最近提案されてしまった。230 それに応じて、10年の期間のためのほぼ700の年配の人に続いた調査は認識低下の4.3の折目より遅い率とコーヒーを飲まなかったそれらの主題と比較されたとき毎日3個のコップとほぼ同等のそのコーヒー消費を関連付けられた明らかにした。231

スコットランドの研究者のチームは最近コーヒー消費が900人の健康な大人上ののグループの他のある認識査定の優秀な読書能力そしてより高いスコアに結ばれたことが分った。232

さらに、強く暗示的である証拠のレベルはカフェイン自体がさまざまな認識範囲のいろいろ保護およびaugmentative効果を出すことを示すことを集めた。233,234,235,236の 動物モデルはカフェインが老化の頭脳を保護する血頭脳の障壁の完全性の保存および頭脳および血しょうアミロイド ベータ レベルの抑制を含む複数のメカニズムを識別した。237,238,239

認知の維持に加えて、コーヒー消費はまたタイプ2の糖尿病およびある癌から保護するかもしれない。 砂糖か非酪農場のクリームを加えること以来の医療補助にコーヒー飲料をコーヒーの機能を鈍くするために循環の酸化防止剤のレベルを増加する選ぶことが示されていたら240,241ブラック コーヒーかエスプレッソは優秀な選択のようである。242

頭脳の健康を支えるNutraceuticals

健康な食餌療法の習慣は食糧が頭脳を構造的にそして機能的に支えるのに役立つ栄養素の優秀な源であることを保障する。 但し、最適のneruoprotectionおよび認識保存は頻繁に典型的な西部の食事療法で獲得可能なそれら以上微量栄養の取入口かほとんどの食糧で共通専門にされた栄養素の取入口を要求する。

頭脳の健康のために重要な生理学的なプロセスを調整するか、または精神性能を高めるために知られている多くの栄養素は遅い認識悪化に示されていた。

魚油。 リン脂質は 細胞膜の完全性が失敗するボディのすべての細胞の必要な部品ように細胞機能である。 頭脳のオメガ3 で脂肪酸は細胞リン脂質のbilayersに寛大に組み込まれる; 単独でDHAは神経の膜のリン脂質の内容の40%を占める。243 EPAと共に、DHAは神経伝達物質のシグナリングおよび統合の中心的役割を担い、一緒にオメガ3の脂肪酸は認知および行動の多数の面を調整する。244,245,246

証拠は典型的な西部の食事療法が有利なオメガ3'sがひどく不十分である提案し、発火を促進し、複数の年齢関連の退化的な病気に貢献する脂肪酸の環境を作成する超過分のオメガ6'sをことを供給する。247の 多数の調査は、オメガ3の脂肪酸との補足が認識健康を最大限に活用することを示すそれに応じて完了し。

魚油の2グラムわずかに以下、24週の期間に毎日、かなり穏やかな認識減損の主題の認識機能の標準化された査定のスコアを改良するために示されていた。 赤血球EPAの増加は補足の魚油が認知で改善に生物学的に利用できた、責任があったことを確認した。248は 類似したの、しかし長期、ほぼ1,500の主題を含む調査オメガ3の毎日の補足がオメガ3の補足を取らないそれらと比較された老化の調査の人口の1.5年の期間にわたる認識低下の劇的な減少と独自に関連付けられたことが分った。 重要なのは、この調査はまたオメガ3の補足はあったが食餌療法の 魚の消費量が 支持の頭脳の健康のためのオメガ3'sとの補足の優越性を強調する認知と、関連付けられなかったことが分った。249

よりよい認識性能とオメガ3の高められた食餌療法の取入口を関連付けた多数の調査に加えて、250,251は より詳しい調査この改善を仲介することに於いての主義の役割をDHAの役割確認する。 研究者は認識機能に関連した280人の中年の(35 – 54)健康な調査のボランティアの血清のリン脂質のレベルを査定した。 DHAの最も高い血清のレベルが付いている主題がより低いDHAのレベルとグループより認知の多数の範囲でかなりよい行ったことが分られた。 この連合は他のいろいろな混同の要因のための調節の後でさえも重要に残った。252

ポリフェノールおよびアントシアニン。 他の体の部位と比較される頭脳の不釣合いに大きい新陳代謝の要求は細胞有害な酸素の遊離基の生成のために発動を促されるCNSの環境をもたらす。 ブドウからのresveratrolのようなPolyphenolic酸化防止剤は、緑茶からのカテキン、最も強い自然発生する遊離基の中和剤間におよびブルーベリーからのアントシアニンあり、複数の実験室の 生体外の 調査はこれらの酸化防止剤のneuroprotective特性を確認した。 以前、何人かの科学者は口頭生物学的利用能上の心配による神経の健康の生体内で保護 これらの混合物の実用性に質問した。 但し、データははっきり口頭で摂取されるこれらの保護混合物がだけでなく、十分にbioavailableであるが示したり頭脳で血頭脳の障壁の透磁率を同様に示す口頭摂取の後でことを集まる。253,254,255,256,257

  • ブルーベリー。

多数の動物実験はブルーベリーの要素のよくとり上げられる頭脳の医療補助に機械論的な洞察力を提供した。 従って強く神経の酸化圧力を減少させることに加えて、ブルーベリーの部品はまた acetylcholineesterase (痛み)、重要な神経伝達物質のアセチルコリンを異化するために責任がある酵素を禁じアセチルコリン関連の記憶および学習を維持する。258の ブルーベリーの補足はまたneurogenesisを刺激し、海馬、主にアルツハイマー病によって影響される頭脳の地域の神経の可塑性(適応性)を高める。259は 他の研究ブルーベリーの混合物が頭脳内の遺伝の表現の調節によって認識性能を最大限に活用するかもしれないことを明らかにした。260

これらの生化学的な行為はブルーベリーの補足からの学習、記憶および全面的な認識性能の合力または動物および人間の両方調査の食餌療法の強化の観察可能な改善に翻訳する。261,262,263

ブルーベリーの消費の他の有利な効果は延長された補足の後で肥満の主題、264および改善された 管の平滑筋のcontractilityに高められたインシュリンの感受性を含める。265

  • 茶ポリフェノール。

頭脳の健康という点において茶の部品の調査の興味は老化させた人口の優秀な認識機能と高められた茶消費をつないだ疫学的な証拠の出版物によって発生した。266,267の 調査は健康な老化の個人の認知を維持するこれらの混合物がアルツハイマー病の途方もない病気の変更の潜在性 および 機能所有しているおよび動物だったこと強力な茶要素の説明を、epigallocatechin 3没食子酸塩(EGCG)を含む、および他のフェノールの酸化防止剤もたらした、および調査結果こと有益。268,269,270

二重盲目の偽薬制御の試験では穏やかな認識減損の主題の記憶そして注意を改善するために、緑茶のポリフェノールの共同摂取およびL-theanineの茶で見つけられたアミノ酸は示されていた。 脳波記録法(EEG)によって測定として補足のまた表示されたかなり高められたΘの頭脳波の活動を消費したそれらの主題; Θ波は学習および記憶と関連付けられる。271,272,273の 同じような結果は緑茶のポリフェノール.274、他の研究が示した275の遊離基の掃気能力に認識減損の動物モデルで処置が成年期によく 始められる時でさえ毎日の緑茶の補足はマウスの年齢関連の認識機能障害を減少させることを観察され、帰因させた利点のいくつかを研究する。 これらの結果は緑茶がニューロンを保護し、年齢にもかかわらず認知を維持するかもしれないことを提案する。276

茶ポリフェノールおよびtheanineはまた厳しい酸化圧力および神経の死を引き起こすアルツハイマー病の認刻極印の病理学として頭脳で集まるアミロイド ベータ蛋白質の有害な効果を改善するかもしれない。 複数の動物実験はEGCGおよび関連カテキンがアミロイド ベータ引き起こされた認識機能障害およびneurotoxicityを抑制することが分った。277,278,279

緑茶の補足はまた付加的な神経保護利点を提供するかもしれないかどれが 280に信号を送るインシュリンおよび endothelial機能、281を最大限に活用するために示されていた。 付加的な臨床試験は毎日の緑茶の補足が好意的に倍数を体重および脂質の過酸化反応を含む頭脳の健康と、関連している他の新陳代謝変数調整することを確立した。282

  • Resveratrol

多くの研究者は赤ワインの消費の医療補助の少なくともいくつかが有名なフェノールの酸化防止分子のresveratrolの適度な内容が原因であるかもしれないことを信じる。 resveratrolが実験設定の寿命を拡張することを提案するカロリーの制限の遺伝の効果をまねることによって本当らしい多数の証拠に加えて283の 多数の出版物はまた最大限に活用する頭脳機能に於いてのresveratrolのためのさまざまな役割を強調する。

Resveratrolは成長因子IGF-1 284および海馬のBDNF 285の高められた統合を含む メカニズムによって 血頭脳障壁の完全性を抑制する、288補強し、全面的な頭脳の新陳代謝を最大限に活用する286,287 頭脳に頭脳内の炎症性代謝産物 の形成を寄与する、かもしれない。289の 他の調査はresveratrolの補足が老化のcerebrovascular完全性を維持すること、290を示し、 外傷性の脳損傷の後で頭脳を同様に保護する。291

二重盲目の、ランダム化された、偽薬制御の人間臨床試験、250から及ぶresveratrolの線量では– mgが線量依存に示されていた500は大脳の循環および頭脳の酸素処理を高める。292 試験で人間でない霊長目のresveratrolの補足を含むことは身体活動のレベルを増加し、働く両方、空間的な記憶を高め示されていた。 調査官はresveratrolが長期CRの効果をまね、栄養の介在が」。が大人の頭脳機能に対する有利な効果をもたらすことができるという成長する証拠を支えるよい候補者であることができることを「これらの結果提案することを結論を出した293

Bビタミン。 中枢神経系の中でBビタミン依存した反作用は神経化学プロセスの広大な配列の適切な機能を保障するために責任がある。 Bビタミン、特にB6のレベルが、B12および葉酸、最上に支えてが不十分なとき損なわれた神経伝達物質の統合およびneurocapillary有害なhyperhomocysteinemiaのようなこれらの反作用の結果は生じることができる。294

老化の頭脳
図3: mitochondrion; ATPの形の化学エネルギーが作り出される細胞内の細胞器官。

多数の人間の調査は認識低下および痴呆とBビタミンの低い血しょうレベル、および潜在性の不足を、関連付けた。 年配の 患者 で、folateのレベルが海馬および扁桃体の容積に肯定的に関連する、および逆に示したことを295,296,297スコット等は白質のhyperintensities、MRIの頭脳イメージ投射にneuropathologyオブザーバブルのマーカーと。298

頭脳はリボフラビンおよびニコチン酸アミドを含んで他のいろいろなBビタミンの不十分な取入口によって、これらの栄養素がミトコンドリアの酸化的リン酸化(OXPHOS)プロセスの重要な媒介、アデノシン三リン酸(ATP)の形の化学エネルギーが作り出される一連の反作用であるので、パントテン酸同様に影響されるである、最初の器官かもしれない。 従って頭脳はボディの他のどの器官もより単位固まりごとのより多くのエネルギーを作り出し、そこに起こるOXPHOSの反作用の薄い数を反映する。299,300,301

補酵素Q10。 OXPHOSの反作用細道、CoQ10の重大な部品はATPの形成に細道のミトコンドリアの内部の膜に沿う2つの「場所」の間で電子を往復するのに役立つ。 十分なCoQ10供給なしで、電子輸送は作り出される少数のATPの分子および最終的により少ない利用できる細胞エネルギーに終って、遅れるかもしれない。

CoQ10補足はパーキンソン病、ハンティントンの病気および筋萎縮性側索硬化症のようなミトコンドリア機能の損失を、含む複数のneurodegenerative無秩序の結果を改善するために示されていた。302,303 動物データは実験アルツハイマー病のような条件の認識機能の維持のCoQ10の潜在性に証拠を提供する。304

広所定のコレステロールのlowing statinの薬剤によるHMG CoAの阻止はボディのCoQ10のレベルを減らすと知られている。 実際に、調査はstatinsとのCoQ10の共同管理が薬剤の副作用の一部を改善するかもしれないまたstatinの薬剤を取って、記憶不平の個人が補足から寄与するかもしれないことを示した。305,306,307

アセチルLカルニチン。 アミノ酸リジンおよびメチオニンは生化学的に 混合のカルニチンを形作るために生体内で合接する。 カルニチンは脂肪酸がOXPHOSの面に燃料を供給する、特定の条件下で、年齢関連の認識低下を含んで、内生統合は最適の脂肪酸の輸送を支えて不十分かもしれないミトコンドリアのマトリックスに運ばれることを保障するために必要である。 エネルギー生産に於いてのカルニチンの役割の描写にそれに続く、多くの研究者はボディのさまざまなエネルギー要求システムそして反作用にカルニチンとの補足の効果、および頭脳透過性の派生的なアセチルLカルニチンを、調査し始めた。308

カルニチンおよびアセチルLカルニチンとの補足はよくとり上げられるタイプ2の糖尿病およびずっと打撃を含む健康のための広まった含意を用いる病気の州の結果を、改善するために。しかし 309,310、より印象的支持の頭脳の健康および認知のアセチルLカルニチンの効力は正常な年齢関連の認識低下およびアルツハイマー病の間にである。 アセチルLカルニチンは神経のミトコンドリアの膜、増加する312の神経の酸化防止防衛、313および高めることのコリン作動性のneurotransmission、311安定 の効率をneurotrophic要因への増感による ニューロン成長を高めることを含む神経機能 の多数面に機能によって認知を、最大限に活用する。314,315

アルツハイマー病を緩和するために穏やかな認識減損と21の調査からのデータおよび1,200以上の主題のデータを含むランダム化された、管理された人間臨床試験または穏やかのメタ分析(広範囲の組織的検討)はアセチルLカルニチンとの補足が老化と病理学の頭脳の悪化の間に観察される認識欠損を改善するという明白な証拠を提供する。316は 評論家ことが1.5から及ぶアセチルLカルニチンの毎日の線量分った– 3.0グラムは倍数の共通テストによって査定されるように認知を維持するために一貫して偽薬上の統計的に重要な利点を提供した。 さらに、アセチルLカルニチンの長期使用が最も大きい利点を提供するかもしれないことを提案するアセチルLカルニチンの補足の累積効果のためのそのうちに明確な傾向があった。

Phosphatidylserine。 オメガ3's EPAおよびDHAのように、phosphatidylserineは細胞膜の特に重要な部品である。 頭脳でphosphatidylserineはDHAと活用し、従って助けは神経の膜に沿う適切な電気勾配を維持し、適切な神経コミュニケーションを促進する。317の 人間臨床試験は200 mgから600 mgの日刊新聞まで及ぶ線量の口頭で管理されたphosphatidylserineが認識減損の老化の主題の認識機能を改善することが分った。318,319,320

イチョウBiloba。 イチョウのbilobaの木の葉は人類の歴史中高く評価されて、食品添加物と伝統医学として使用された。 広く見なされてけれども単独でイチョウのbilobaのエキスとの、ない他の認識サポート原料を伴う補足が、アルツハイマー病か認識減損とのそれらの認識機能を改善するために最小限に有効であることをnootropic、または認識増強物、人間の臨床データは全体として提案する。イチョウ との補足は大脳の血の流れを改善することを調査が示したので認知の321それにもかかわらず 、322そして他のcerebrovascular関連の面、323は 認知に他の頭脳支持の栄養素を伴う使用互いに作用し合う利点を提供するかもしれない。 実際にイチョウがphosphatidylerine、Bビタミン、またはビタミンEのような栄養素と結合されるとき、両方の動物で起因し、原料認識利点の組合せは相談することを人間は提案する。324,325 実際、phosphatidylserineとともにイチョウのbilobaのエキスと単独でイチョウのbilobaのエキスと補足の効果を、比較する1つの調査で2つの原料の組合せは記憶性能の少なくとも2つの面の改善で単独でイチョウはが、起因した。 326

Bacopa Monnieri。 Bacopaのmonnieriのハーブが育つインドでは、葉は敬意で握られ、Ayurvedicの医学の伝統を認識健康を促進すると長く信じられてしまった。 もっと最近、Ayurvedicのこれらの主義の起源への現代科学的な照会はハーブがさまざまなメカニズムを通して頭脳機能を支えることを明らかにした。

Bacopaはポリフェノールおよび硫黄ベースの分子を含む遊離基の掃気混合物で豊富、で従って頭脳の強い代謝率発生する酸化圧力を改善するかもしれない。327 それはまたルテオリンおよびアピゲニンのような知られていた炎症抑制の特性とのさまざまなphytochemicalsを、含んでいる。328,329の 複数の人間臨床試験はBacopaのエキスとの補足の効果を改善する認識高め、および記憶を明らかにした。

、偽薬制御の試験は二重盲目、1つではBacopaのエキスの300 mgの毎日の線量かなり視覚情報処理の速度、記憶強化を改善し、補足の12週後に健康な個人の心配を減した。 利点が年配の主題に同様に伸びることが分られるBacopaのエキスの同じ線量を使用して同じ持続期間の330の別の二重盲目の、偽薬制御の調査。 この調査では、Bacopaを受け取っているグループは聴覚のことばによる学習テストで、偽薬を取るそれらより心配および不況のスケールで低く記録されてよくやっていき。331の 付加的で有望な結果は健康な大人が毎日Bacopaのエキスのどちらかの300mgを受け取ったまたは90日の偽薬、達成された同じような調査で。 作業メモリの改善はBacopaのグループで、ない偽薬のグループで注意された。332

Huperzine A。 一般にclubmossかfirmossとして知られている植物のHuperziaのserrataから、得られる混合物はhuperzine A acetylcholinesteraseの酵素、 アルツハイマー病 のための多くの一般に所定の薬剤の処置と共有するメカニズムの確立した抑制剤である。acetylcholinesterase の333,334 Inhibitonは認知および記憶のために重大である神経伝達物質のアセチルコリンのレベルを維持する。

Huperzine Aは健康で若い人間、335の記憶を高めるために示され、 最近の広範囲の文献検討で、huperzine Aの大量服用がかなり時間依存の方法のアルツハイマー病の患者が達成した標準化された認識テストのスコアを改良したことが分られた。336

PhosphorylのGlycerylコリン。 Glyceryl phosphorylのコリン(GPC)はすべての体細胞に自然にあるコリンの形態である。 老化の大人の間で、GPC療法のための理論的根拠は低下のレベル アセチルコリンおよび意図されているであるニューロンの数の並行減少が認識欠損の範囲に責任があるターゲット前に開発される仮説に30年以上戻る。337 アセチルコリンは筋肉制御、睡眠および認知にかかわる必要な神経伝達物質である。 研究はGPCが安全、よく容認されるアセチルコリンの前駆物質であることを示した。GPCを 取っている患者がはっきり偽薬より優秀分られだった、「優秀なまたは同等の得られるそれと」処方薬と4000人以上の関係者を慢性の大脳の悪化の臨床徴候の神経学的な改善そして救助を表わしたことが338含む13の出版された調査の検討。 同じ著者はGPCがコリンおよびレシチンより優秀だったことが、そして完全な認識機能を取り戻すように努めている打撃の患者のための療法としてより広い調査に値したことを分った。339

Vinpocetine。 少しタマキビの植物(Vincaの未成年者)の半合成派生物は、vinpocetine頭脳の健康に寄与するかもしれないいろいろ生物学的作用を出すために示されていた。 低酸素症の有害な効果を打撃に見られるように調整することを減す、また酸化圧力を軽減するニューロンのナトリウムの行為を知っている。340 Vinpocetineはまたホスホジエステラーゼのタイプ1、エネルギー「 スロットル」循環 AMP. 341をまた調整することによって神経エネルギーを高めることができる効果vinpocetine自体と 呼ばれる酵素 の活動を示した特に有害な水酸ラジカルを中和する機能を鈍くする。342 さらに、vinpocetineはvasodilationおよび鈍くなる血小板の高めることによる健康な血の流れを集合、大脳の循環を高めるかもしれない効果支える。343,344 全く、人間臨床試験は30 mgのvinpocetineと口頭補足の3か月に先行しているIV vinpocetineの大きい線量が慢性の心循環器疾患の患者の血の流れを楽にすることを示す。345

複数のビタミン。 健康食は健康な頭脳機能を支えるのに必要とされる微量栄養、ビタミンおよび鉱物の最適のレベルを提供しないかもしれない。 広範囲の複数のビタミンの補足はこれらの栄養のギャップをうめ、不十分な食餌療法の栄養物のある結果の改善を助けるかもしれない。 200の健康な中年の個人の主題に含む二重盲目、管理された臨床試験では2か月間以上複数のビタミンか偽薬を与えられ、グループは両方とも認識機能のためにそれから査定された。 複数のビタミンを取るそれらが延長認識挑戦の間により少ない疲労を表示し、またより正確だったことが示されていた。 また、複数のビタミンを取るそれらは偽薬を受け取る主題よりより多くのすぐに完全な数学処理テストにできた。346​​​​