生命延長スキン ケアの販売

Hemochromatosis

食餌療法および生活様式の考察

人口調査は限って 血清鉄の重荷を下げる かもしれないことを提案する食餌療法の鉄の取入口を。 HFEの突然変異の高い発生の人そして女性の1つの調査では(テスト グループのおよそ40%にHFEの遺伝子で少なくとも1の突然変異があった)、赤身の頻度およびアルコール消費はより高い血清のferritinのレベルと関連付けられ、非柑橘類は人(Milward 2008年)のより低い血清のferritinのレベルと実を結ぶ。 同様に、女性の調査はアルコールの取入口間の適度な連合が、赤身およびヘム、また血清のferritin (人間に育てられた2005年)アイロンをかけるのを見た。 肉で見つけられる鉄のヘムの形態に加えて非ヘムの鉄は植物ベースの食糧(例えば、葉が多い緑、マメ科植物および強化されたパンおよび穀物)で(米国農務省2011年)見つけることができる。 積み過ぎにアイロンをかける非ヘムの鉄の貢献は明白でない; 上記の調査のどちらも非ヘムの鉄の消費(人間に育てられた2005年と関連付けられた血清のferritinのレベルの顕著な増加を報告しなかった; Milward 2008年)。 病気の進行に対する低鉄の食事療法の長期効果は未知である; そして食餌療法の鉄の制限の臨床調査は欠けている。

アスコルビン(ビタミンC)およびクエン酸(例えば、柑橘類)で高い食糧は非ヘムの鉄(クローフォード1995年)の吸収を高めるかもしれない。 1日あたりの補足のビタミンC大きいより500のmgは鉄の積み過ぎ(バートン1998年)の患者で避け、食事時間に特に避けるべきである。

年次献血はまた鉄のレベルの維持を助けるかもしれない。 献血者は1つの調査(人間に育てられた2005年)で非提供者と比較された血清のferritinのレベルの平均33%の減少があった。

生命延長は補足の鉄の取得に対して必要とされて助言しない(すなわち、不足が原因で)。 鉄の必要性は年次血のテストと定められるべきである。 余分な鉄の取入口がと関連付けられるかもしれないしまたは複数の退化的な病気の危険性を高めなさいので、生命延長multivitaminsは鉄なしで作り出される。 高められた鉄の条件による妊婦は鉄の補足が適切であるかどうか定めるために彼女達の医者に相談するべきである。