生命延長スキン ケアの販売

副腎の無秩序
(Addisonの病気及びCushingのシンドローム)

目標とされた自然な介在

正常なボディ副腎の無秩序のために必要とされる機能および延長(頻繁に生涯に)処置の維持に於いての副腎の重大な役割を与えられる人々がCushingのシンドローム、Addisonの病気および関連の条件の衰弱させる効果に対処するのを助けることができる代替戦略のための緊急需要がある。 研究は複数の自然な混合物に副腎生理学(アンダーソン2008年)の影響があることを示した。 このセクションでは、遊ぶかもしれない複数の栄養の介在は副腎の無秩序の処置に於いての支える役割見直される。 副腎の健康を支えるかもしれない自然な混合物についての付加的な議論は(例えば、「副腎の疲労で」)圧力管理議定書 で利用できる

Cushingのシンドロームの栄養の介在

Melatonin

Melatoninは頭脳の松果体によって夜の間に分泌するホルモンである。 それは睡眠を引き起こし、日周期(ドミンガス ロドリゲス2012年を調整することの役割を担う; Cajochen 2003年)。 Cushingのシンドロームはcircadian分泌(Soszynski 1989年の低いmelatoninのレベルそして中断と関連付けられた; Tomova 2008年)。 健康な人の副腎のホルモンの生産に対するmelatoninの効果をmelatoninがACTHの刺激テストに応じてコルチソルの分泌を査定する調査は減らしたが分ったり、他のステロイド ホルモンのレベルにことが影響を与えなかった。 これはmelatoninは副腎(Campino 2008年)の直接作用があるかもしれないことを提案する。

ビタミンD及びカルシウム

ビタミンDサポート カルシウム吸収および不足は骨粗しょう症に貢献できる。 Cushingのシンドロームでは、高いコルチソルのレベルは骨粗しょう症(Tritos 2012年)をもたらす。 同様に、長期glucocorticoid処置はまた骨粗しょう症で起因できる。 ビタミンDの補足はglucocorticoid処置(デイヴィッドソン2012年)による骨粗しょう症を防ぐための重要なステップであると考慮される。 ビタミンDおよびカルシウム補足が長期副腎皮質ホルモン(アミン1999年)を受け取っている人々に与えられるべきであることを33年に行なわれ、完了される研究者によって分析される調査のグループ。 1970年と2011の間で行なわれた調査の第2分析はglucocorticoid処置をより少しに持っていた受け取った大人骨粗しょう症(デイヴィッドソン2012年)の防止のために不十分だったビタミンDのより最適のレベルことを示した。 従って、ビタミンDの補足は高いコルチソルのレベルがある、また長期ホルモンの取り替えが必要であるAddisonの病気に有用かもしれないCushingのシンドロームの人々に。

カリウム

カリウムのレベルはCushingのシンドロームの個人で低いために知られ低いカリウムのレベルはこの人口(PubMedの健康2011cの心血管の複雑化の重要な決定要因である; Takagi 2009年)。 それ故に、カリウムの補足はCushingのシンドロームの人々に有用であることができる。 但し、Cushingのシンドロームのためのketoconazoleの処置の人々はketoconazoleの処置がまたカリウムのレベル(Sonino 1991年)を増加できるのでカリウムの補足を避けるべきである。

Cushingの病気のための追加的支援

次の介在はCushingの病気に人間の効力を確認するためにより多くの調査が必要であるけれどもサポートを提供するかもしれない。

  • ビタミンA

    retinoic酸(ビタミンAの形態)がACTHの統合を減らし、拡散(か乗法)および下垂体の腫瘍の細胞(Pozza 2012年の存続を減らすことを実験室および動物実験は示した; パエスPereda 2011年)。 それはまた副腎皮質の細胞(パエスPereda 2001年)の拡散およびcorticosteroneの生産を減らした。 1つの調査では、Cushingの病気の動物はketoconazoleかretinoic酸を与えられた。 90のそして180日の処置後でketocanozoleのグループの変更と比較されたretinoic酸によって扱われた動物のACTHのレベルに重要な減少がなかった。 retinoic酸によって扱われた動物はまた臨床印および生存期間に改善、および下垂体の腫瘍サイズ(Castillo 2006年)の重要な減少を示した。

  • クルクミン

    クルクミン、ウコンのlonga (南アジアの調理で 一般的な スパイス)の活動的な要素の1は治療上の特性のために、広く調査された。 下垂体の腫瘍をACTH分泌してCushingの病気(Yaneva 2010年)のコモン・コーズの1でであって下さい。 マウスからの下垂体の腫瘍の細胞を使用して、実験室調査はクルクミンがACTHの分泌を抑制し、腫瘍の細胞の成長および拡散を停止し示したり、そして腫瘍の細胞(Bangaru 2010年)の死をことを引き起こす。

Addisonの病気の栄養の介在

Licorice

および西洋文化 でたくさんのためにLicorice (Glycyrrhizaのglabra)が、そうでなかったらたくさんの年無数の病気を扱い、物理的な持久力(デービス1991年)を高めるのに使用されていた。 Licoriceはまた発癌物質によって(混合物を癌もたらす)引き起こされるDNAの損傷から保護し、癌細胞(Wang 2001年)の死を引き起こすかもしれない。 それは現代反潰瘍の薬の出現までの胃そしてduodenal潰瘍の処置のために使用された。 それは反潰瘍の混合物として使用という点においてlicoriceのミネラルコルチコイドそっくりの行為が気づかれたことだった。 長時間のためのlicoriceのエキスを取っている人々はナトリウムおよび水保持を示し、カリウム(デービス1991年)の排泄物を増加した。 この効果はまた動物実検(Souness 1989年)で観察された。 それ以上の研究はlicoriceがAddisonの病気(デービス1991年)ことをの効果の逆転で巧妙ようであることを示した。 80年代の科学研究の前進によって、glycyrrhetinic酸、licoriceの現在と呼ばれる化合物によりcorticosteroneの増加されたレベルに終って人間(デービス1991年)の動物およびコルチソルの副腎のステロイドの新陳代謝の変更を、引き起こすことが分られた。

LicoriceはまたHPAの軸線を調整するために知られている。 示されているlicorice含んでいるお菓子屋を消費した健康な男性および女性ボランティアは唾液(AlDujaili 2011年)のDHEAそしてテストステロンのレベルを増加した。 従って、licoriceはまた副腎の無秩序に男性ホルモンの不足のために有用かもしれない。 1つの調査では、licoriceを与えられたコーチゾンの取り替え療法のAddisonの病気の人々は増加されたコルチソルのティッシュのレベル(Methlie 2011年)があると見つけられた。

Dehydroepiandrosterone (DHEA)

Addisonの病気の個人は、コルチソルの不十分に加えてある調査で、研究者が減らされた生活環境基準に貢献するかもしれない推測する低いDHEAのレベルがあるために報告された。 Addisonの患者間のDHEAの補足の小さい臨床調査は補足が発火および免疫反応(コールズ2005年)の規則を改善したようであるという、この人口に於いてのホルモンのための免疫調節の役割を明らかにした。 Addisonの病気との老化したもう一人の臨床試験、人および女性25-69で12週間DHEAを毎日与えられた。 DHEAのレベルは健康な若者達(追跡2000年)のために正常範囲に常態下方から増加した。 一年間の調査では、Addisonの病気の106人はDHEAまたは補足の50 mgを毎日与えられなかった。 示されているDHEAを受け取っているグループはDHEA-Sおよびアンドロステンジオンの腿骨(腿の骨)の首の骨密度の損失の逆転の循環のレベルを増加し、情緒的健康(Gurnell 2008年)を改善した。 DHEAの補足はまた損なわれた脳下垂体機能(Zang 2008年)に二次に起こる副腎の不十分のある結果に逆らうかもしれない。 

CushingおよびDHEAの補足が原因で損なわれた副腎機能との皆にとって理想的であるかもしれなくないかどうか副腎の機能障害の個人間のDHEAのレベルに影響を及ぼすことができる複数の変数がある。 従って、勤勉なアプローチは不十分か不足が観察されればDHEAの集中が最適の範囲の外に開始の補足あるかどうか定めるためにDHEA-Sの血レベル、DHEAの主要な代謝物質をテストすることを伴ない。 生命延長は女性の人の350 – 490 µg/dLそして275 – 400 µg/dLの最適DHEA-Sのレベルを提案する。

パントテン酸(ビタミンB5)

パントテン酸(ビタミンB5)は補酵素A (CoA)、多くの生物的酵素の反作用のための重大な補足因子および脂質および炭水化物新陳代謝(Horvath 2009年)の第一次部品の統合そして維持の役割を担う。 パントテン酸は正常な副腎の構造を維持するために必要とされると考えられ、不十分な動物へのパントテン酸の管理として機能は、副腎機能(ケリー1999年)を改善する。 齧歯動物からの副腎の細胞は処置(Jaroenporn 2008年)を受け取らなかったラットからの副腎の細胞よりcorticosteroneおよびプロゲステロンのパントテン酸の作り出されたハイ レベルと扱った。

物理的な、精神かまたは環境の原因からの延長された圧力は胃腸microflora (有利な細菌)のコルチソル、減らされた免疫機能および中断の増加されたレベルを含むボディに対する有害な効果を、(ケリー1999年)もたらす。 パントテン酸はACTHの刺激の後でよりよいさまざまな病気の人間の題材に制御した尿のコルチソルの代謝物質の増加を管理した。 これはパントテン酸が圧力(ケリー1999年)に応じてコルチソルの分泌を調整できることを提案する。

補酵素Q10 (CoQ10)

補酵素Q10はユビキノンの形に、来るまたはubiquinolは、細胞エネルギー生産のために必要である。 それに酸化防止特性があり、損傷から細胞膜を保護する。 それはまた反老化の補足としてそして運動選手(Mancini 2011年の増加の持久力に一般に取られる; ローペッツLluch 2010年)。 補酵素Q10がボディ内の酸化防止剤として利用されるとき、エネルギー生産のための供給は減るかもしれない(Mancini 2011年)。 これは多くの病気の状態の補酵素Q10の食餌療法の補充の後ろの理論的根拠である。 予備データは副腎のホルモンの分泌が補酵素Q10のレベルと関連していることを提案する。  不規則な下垂体副腎の軸線機能の人々の補酵素Q10のレベルの分析は補酵素Q10のレベルが副腎の増殖か多数の下垂体の不足(Mancini 2005年)と人々と比較される副腎機能の隔離された減少を用いる人々でかなりより低いことを示した。 補酵素Q10のubiquinolの形態はユビキノンより血流によく吸収するために示されていた。