生命延長スキン ケアの販売

副腎の無秩序
(Addisonの病気及びCushingのシンドローム)

副腎の機能障害の診断そしてBiomarkers

Addisonの病気

Addisonの病気は普通先に記述されている臨床印および徴候の査定に基づいて診断される。 実験室試験はコルチソルおよびACTHの血、また血清のレベルの電解物のレベルを査定するために行われる; 副腎か脳下垂体のコンピュータ断層撮影(CT)スキャンは時々同様に行われる(Betterle 2002年)。 増加された血清のACTHのレベルが付いている低い血清のコルチソルはAddisonの病気(AlAridi 2011年)を表している。 コルチソルのレベルはより8 AM (Lipworth 1999年)を後で最高にしていてレベルが日(昼間変化)の時に従って、普通変わらない。 従って、8 AMのコルチソル テストはAddisonの病気(PubMed 2011bで(<3 µg/dL)減る血のコルチソルのレベルがあるように確認するために行われる; Lipworth 1999年; Betterle 2002年)。 更に、Addisonの病気の個人はcosyntropin (ACTHの総合的な形態)の注入を与えられたとき血清のコルチソルのレベルの増加を示さない; このプロシージャはACTHの刺激テスト(Betterle 2002年と言われる; Neary 2010年)。

一方では、hypothalamicまたは下垂体の無秩序によるAddisonの病気の人々はとりわけACTHおよびコルチソル両方(Neary 2010年 )の低水準を示す。 絶食した上で、これらの個人は頻繁にボディが貯えられた脂肪および蛋白質(Betterle 2002年)からブドウ糖を作り出してないので、血(hypoglycemia)の非常に低いブドウ糖のレベルを開発する。減らされたコルチソルおよびアルドステロンのレベルと共にDHEA硫酸塩(DHEA-S)のレベルの異常に低い血レベルは副腎の不十分を 表して、HPAの軸線機能(AlAridi 2011年)のそれ以上のテストを保証する。

Cushingのシンドローム

Cushingのシンドロームの典型的な物理的特性は診断で、実験室試験の結果によって更に確認される。 Cushingのシンドロームの人々は一般に大きく彼らの尿の自由なコルチソルのレベルを増加し、コルチソルのレベルが普通昼間変化を示すが、この変化はCushingのシンドローム(Papanicolaou 1998年)で観察されない。 ACTHのレベルの測定はまたCushingのシンドロームの2つの変形の間で区別を助けることができる(ACTH依存した、ACTH独立した) (Tritos 2012年; Newell価格 2007年)。 磁気共鳴イメージ投射(MRI)およびCTスキャンは下垂体および副腎の腫瘍(Arnaldi 2003年の診断のために有用である; Tritos 2012年)。