生命延長血液検査の極度の販売

勃起不全

生活様式および勃起不全

ある特定の変更可能な条件および行動は勃起不全の開発のチャンスを高める。 これらは身体活動の欠乏および肥満、またアルコール、タバコおよび不正薬物の使用(Sadeghi-Nejad 2007年含んでいる; Fortney 2012年; Meldrum 2011年)。 酸化防止剤の不健康な食事療法の低速を食べることはまた勃起不全(Meldrum 2011年につながる; Ledda 2010年)。
次の生活様式の修正は勃起性機能(Heidelbaugh 2010年)を改善するかもしれない:

  1. 規則的な運動: 調査は練習が勃起性機能、性の応答および全面的な心血管の健康(Meldrum 2011年を改善できることを示した; La Vignera 2012年)。
  2. ウェイト・コントロールおよび食事療法: 肥満はほぼ勃起不全(Heidelbaugh 2010年)の危険を倍増する。 健康食(そのような物内陸の食事療法)の ウェイト・コントロールそして採用はこの危険を減らすかもしれない。 内陸の食事療法の原則はフルーツ、野菜、ナット、全穀物および精製された穀物、また赤く、処理された肉の低い取入口を持つ魚の高い取入口を、含んでいる。 身体活動を伴って、内陸の食事療法はまた新陳代謝シンドロームか糖尿病(Meldrum 2011年がある勃起不全の人のために特に有利かもしれない; La Vignera 2012年; Esposito 2006,2010; Giugliano 2010年)。 penile血の流れ、勃起性の活動、平滑筋の弛緩および線維症(Meldrum 2011年を改善するためになお、酸化防止剤で豊富な食事療法は示されていた; チャン 2011年)。