生命延長血液検査の極度の販売

不眠症

目標とされた自然な介在

アミノ酸およびホルモン

Melatonin。 Melatonin、松果体でなされるボディの睡眠航跡周期にホルモンは非常に関連する。 人間では、高いmelatoninのレベルは睡眠のためのボディの標準時間と一致する。 低いmelatoninのレベルは年配者の不眠症に、特につながった。 臨床検討では、血清のmelatoninのレベルはかなりより低く、(年齢一致させた正常な制御(Cardinali 2012年)と比較された不眠症の年配の主題のピークmelatoninの時間遅らせられる評価する)であるために報告された。

複数の調査はmelatoninの補足が睡眠を改善できることが分った。 1つの調査は下るmelatoninを必要な時間を減らすために助けられて眠った見つけた(Geijlswijk 2010年)。 他の調査はそれが睡眠(Lemoine 2012年)の後で睡眠の質および警報を改善したり、また主題が夜の間に目覚める回数を減らすことを見つけた(Garfinkel 2011年)。 これらの巧妙な調査にもかかわらず、melatoninは厳しい慢性の不眠症とのそれらのための有効な解決常にではない。

Lトリプトファン。 Lトリプトファンはセロトニンおよびmelatonin (リチャード2009年のための前駆物質として役立つアミノ酸である; Peuhkuri 2012年)。 従ってLトリプトファンの補足は松果体によってなされるmelatoninの量を増加するかもしれ睡眠(Paredes 2009a)を促進する。 早い調査はLトリプトファンの1グラムが下る眠った必要な時間を減らすことができることを見つけた(Hartman 1974年)。 melatoninのように、Lトリプトファンのレベルは年齢(Paredes 2009a)と減る。 従って、Lトリプトファンの補足は年配の不眠症の処置を援助するかもしれない。

動物実験は夜にことがトリプトファンの補足によって減らされる活動分り、interleukin6 (炎症性cytokine)のより低い中心の体温そして減らされたレベルのような睡眠を促す、(Paredes 2009b)他の生物的変更をもたらす。 1つの小さい人間臨床試験では、または夜(Hajak 1991年)日中管理されたかどうかLトリプトファンの静脈内の注入により血しょうmelatoninのレベルの劇的増加を引き起こし、睡眠引き起こす効果を、にもかかわらずもたらした。 さらに、Lトリプトファンは不眠症(Silber 2010年)を悪化できる不況のある形態の軽減を助けるかもしれない。

鉱物

マグネシウム。 マグネシウムは日周期(Durlach 2002年)の細胞コミュニケーションそして規則の役割を担う鉱物である。 睡眠の制限が増加すると同時に、細胞内のマグネシウムの集中は低下する(大宮2009年)。 melatoninおよび亜鉛と結合されるマグネシウムの補足は年配者(Rondanelli 2011年)の睡眠を改善するために示されていた。 別の試験は不眠症を57年(Hornyak 1998年)取り除くために助けられたマグネシウムの補足が主題の平均年齢の落ち着きがない足に関連していたことが分った。 マグネシウムのthreonateとして知られているマグネシウムの 形態は 血頭脳の障壁をもっと効率的に突き通すことを示したのでマグネシウム(Abumaria 2011年の他の形態より睡眠のために有利かもしれない; Slutsky 2010年)。

亜鉛。 亜鉛はまた睡眠(Rondanelli 2011年)の促進の役割を担うかもしれない。 研究は彼女達のボディの亜鉛のハイ レベルを持つ女性が低水準(歌2012年)を持つ女性より長い一定期間の間眠ったことが分った。 前述のように、melatoninおよびマグネシウムと結合された場合、年配者(Rondanelli 2011年)の睡眠のまた支えられた質を亜鉛でメッキしなさい。 注意欠陥/活発性過度の無秩序の子供の間、眠った問題の落下を取り除くために助けられる亜鉛(マグネシウムおよびオメガ3及びオメガ6の脂肪酸を伴って) (Huss 2010年)。

草サポート

吉草根。 吉草根は不眠症(フェルナンデス サン マーティン2010年)の処置のために18世紀以来使用されていた鎮静のハーブである。 吉草根の根の推定のメカニズムは頭脳のGABAシステムとの相互作用である、従って助けて脳活動を眠ったより容易に落ちることを割り当てるユーザー減らせば。 吉草根はGABAergicシグナリングを調整するGABAの輸送そして解放に影響を与える。 吉草根はまた睡眠の質を改善する; 1つの調査は吉草根が遅波の睡眠で時間の関係者のパーセントを使う増加することを示した。 これは遅波の睡眠がさわやかな睡眠(Alt Medの検討2004年)として考慮されるので重要である。 1つの調査は一般に所定の鎮静剤のoxazepamと吉草根の600 mgの効果を比較した。 処置の6週の間に、吉草根はoxazepam (Ziegler 2002年)の10 mgに対等な効力を示した。 証拠はまた吉草根の副作用のプロフィールが一般に所定の睡眠の援助より優秀であることを提案する。 1つの小さい調査では、吉草根を取る主題はジアゼパム(グティエレス2004年)によって示された気分変わるか、または否定的な認識効果のどれも報告しなかった。 吉草根の典型的な線量は約300から600 mg、30 t0寝る睡眠(フェルナンデス サン マーティン2010年)の前の120分である。 それは吉草根の完全な鎮静効果のための毎日の使用法の2週程明示するためにかかるかもしれない(アンダーソン2010年)。

Chamomile。 Chamomileは睡眠および弛緩(サンチェスOrtuno 2009年を促進する茶として頻繁に使用される普及したハーブである; Zick 2011年)。 この効果をいかにもたらすかそれが明確ではないけれどもchamomileは穏やかな催眠性の効果(ベンゾジアゼピンと同じように)および改善された睡眠の手始めの潜伏(Shinomiya 2005年)があったことがラットの調査で注意された。 1つの臨床試験はchamomileが睡眠問題(Zick 2011年)の人間の昼間の作用を改善したことが分った。 より多くの研究は睡眠のためにchamomileを使用することの利点そして欠点を定めるためにされる必要がある。

Passionflower (Passifloraのincarnata) 顕現したPassiflora (P.のincarnata)、passiflower属Passifloraのメンバーは、鎮静剤のために最も最もよく知られて心配減少の効果(Dhawan 2004年)P.のincarnataの 活動的な混合物は GABAおよびオピオイド システム(Nassiri Asl 2007年と相互に作用するようである; Dhawan 2002年; Appel 2011年)。 動物モデルでは心配する 行動( Dhawan 2002年)を減らすために、P.のincarnataは示されていた。 さらに、別の動物モデルは3週間の期間(Dhawan 2003年)にわたる薬剤と共に与えられたときpassionflower得られた混合物がマウスのジアゼパムの依存を防げたことが分った。 人間の調査は必要passifloraプロダクトの有効性そして安全を評価するためにである。

Ashwagandha。 Withania somnifera、別名Ashwagandhaは、不眠症を扱うために有利かもしれないインドのハーブである。 このハーブは圧力に対する効果のために最もよくそれは圧力を扱う機能を改善ことはでき、かなり心配(Archana 1999年を減らすことができることが複数の動物実験が分ったので、特徴付けられた; Bhattacharya 2000年; Kumar 2007年)。 情緒的ストレスが不眠症への重要な貢献者である場合もあるのでashwagandhaを使用して圧力を減らすことは睡眠の改善を助けるかもしれない。 このハーブはまた直接動物モデルの睡眠を改善するためにあった; それはGABAergicの活動(Kumar 2008年)を高めることによってそうするようである。

レモン バーム。 レモン バームは伝統的に静まり、心配減少の効果(Raines 2009年に使用するハーブである; 週 2009年)。 600がレモン バームのmg気分を改善し、高めたことを、偽薬制御の二重盲目、1つランダム化された調査はかなり平穏(ケネディ2004年)の自己評価を示した。 レモン バームはまた睡眠問題の処置で調査された。 調査は吉草根およびレモン バームの組合せが子供の睡眠障害を扱えたことが分った。 それらの約81%は調査の準備(紛砕機2006年)を取った後徴候の改善を経験した。

ラベンダー(精油のアロマセラピーとして)。 アロマセラピーは健康上の問題を扱うのに植物オイルを利用する代替医療の練習である。 ラベンダー油は不眠症の処置のために広く調査された。 調査はラベンダー油が睡眠の質(Chien 2012年を改善することが分った; Lewith 2005年) そして覚醒の後で眠気の感じを減らす(広川町2012年)。

付加的で自然な療法の Bioactiveミルクのペプチッド。 酵素が付いているミルク蛋白質の破壊によってなされる選り抜きペプチッドは圧力関連睡眠障害(金2007年)を取り除くかもしれない。 これらのbioactiveペプチッドは使われた睡眠時間を高め、処置(聖者ヒレア2009年)のちょうど2週後に必要とされた睡眠の量を減らせた。 Lactium、この独特に作り出されたプロダクトの商号の者は時々melatoninと両方のbioactiveミルクのペプチッドおよびmelatoninの効果を促進する睡眠の利用によって、睡眠を改善するために結合される。