生命延長血液検査の極度の販売

残存物の防止

老化は私達を中枢神経系へのアルコール誘発の残存物、レバー傷害および損傷にますます傷つきやすくさせる。 アルコール消費は有毒な混合物を作り出し、ビタミンの不足を引き起こすので、すべての可能な世界のベストでアルコールをまったく飲まないことはよい。 まだ飲みたいと思う人のためにそうより安全にすることは可能である。 最初の提案は適度にだけ飲み、この議定書で輪郭を描かれた予防策に続くことである。

警告: 続くものがである適度に飲むことを選ぶ人のため。 これらの提案はアルコール中毒に苦しむ人のためではない。 簡単に言えば、アルコール中毒患者は「失い、飲み物の選択の力を」「最初の飲み物に対する防衛」なしにある持っている。 つまり、アルコール中毒患者は安全に飲むことができない。 基礎は容易に飲む免許証として次の情報を誤解するにはアルコール中毒患者がかもしれないことすべての余りにもわかっている。 それはない。 それは選択によって飲み、緩和でそうする人のためだけである。

アルコールの消費は2つの非常に有毒な混合物、アセトアルデヒドおよびmalondialdehydeの形成で起因する。 これらの混合物はボディ中の細胞への大きく自由根本的な損傷を発生させる。 これらのアルコール代謝物質によって発生する自由根本的な損傷は放射の中毒によって引き起こされるそれに類似したボディで効果を作成する。 それは人々が日とてもたくさんのアルコールをか消費した後なぜ気分が悪いか理由である。 酸化防止剤の適切な組合せがその時に取られればアルコールはまたは酔わせた個人が寝る前に、残存物消費され、アルコールによって与えられる細胞損害の多くは防がれるかもしれない。