生命延長血液検査の極度の販売

練習の強化

補足を練習高めること

いくつかの補足は筋肉機能の支持によって強さを促進するために示されていた。 これらは次を含んでいる:

カルニチン。 カルニチンは新陳代謝する、mitochondriaに輸送の脂肪を助けるアミノ酸である。 練習容量はカルニチンの補足(Barker 2001年)の後で幹線病気の人々間で高められる。 さらに、調査はカルニチンの補足が腎臓病(黄銅1998年)の人々の筋肉機能そして練習容量を高めることを示す。

Carnosine。 Carnosineは骨格筋の多量にある; carnosineの筋肉レベルはピーク活動(Suzuki 2002年)の間に高い。 他の報告された利点の間で、練習が豊富な遊離基の活動(Boldyrev 1997年を作り出すので重要であるcarnosineは遊離基を掃除する、; Wang 2000年; Yuneva 1999年; Nagasawa 2001年)。 さらに、carnosineは蛋白質(Hipkiss 1995年を傷つける高度のglycationの最終生成物の形成保護する、および交差連結から; 食べなさい 1997年)。 Carnosineはまた精力的な練習(Burcham 2000年)の間に酸化から保護するpHの緩衝として押し進む機能する。

補酵素Q10 (CoQ10)。 CoQ10は ATP ボディの普遍的なエネルギー源)への食糧および酸素の転換の重大な部品である。 ATPは短期予備として筋活動から頭脳を使う仕事にすべてに動力を与えるために機能する。 やがて、ミトコンドリアのオキシダントの損傷はCoQ10店減らす(Löのnnrot 1995年を; Di Meo 2001年; ジェノバ 2004年)。 減らされたCoQ10および関連ミトコンドリアの機能障害は年齢関連の病気、また老化自体への主要コントリビュータである(ウォーレス2009年)。 不十分なCoQ10の老化させ、傷つけられたmitochondriaは非能率的に作動し、より少ないエネルギーおよび反応酸素種(Choksi 2007年)を作り出す。 これは悪循環(Diリサ2009年)を運転するミトコンドリアのオキシダントの損傷を作り出す。

Shilajit。 治療力のためのAyurvedicの従業者に長く知られていて、 shilajitは ヒマラヤ山脈(Schepetkin 2009年の生物量の最高から収穫される有機性物質である; Goel 1990年)。 それは圧力および病気に対する 広い全身の 防衛を提供する強力なadaptogenとして機能する。 最先端の科学的な分析はミトコンドリア エネルギー流れ (Agarwal 2007年)を高める主な有効成分として有機物の物質を隔離した。

2009年に、shilajitがエネルギー新陳代謝でいかに動作するかはじめて詳しく述べられる一連の陸標の調査。

精力的な練習によって経験されるATPに服従するマウスは筋肉、血および脳組織で低下する。 shilajitと補われたとき、ATPの損失ははっきりと( Bhattacharyya 2009年)およびエネルギー状態の他の生化学的なマーカー劇的に改良された減った。 CoQ10は、特に、補われたマウスの制御マウスで同様に速く二度下った。 組合せで与えられたとき、CoQ10およびshilajitはどちらかより 強力な 相助効果を単独で表示した。

更なる分析はライトに行為の主メカニズムのいくつかを持って来た。 Shilajitは 2つの第一次部品、fulvic 酸および dibenzoピロン(DBPs)を含んでいる。 Fulvicの酸は 独自にミトコンドリア エネルギー新陳代謝を刺激し、酸化損傷からミトコンドリアの膜を保護し、そしてmitochondriaに 電子移動の鎖(ATP)を(Piotrowska 2000年の形成につながれるすなわち、一連の反作用支えるためにチャネル電子が豊富なDBPsを助ける; Ghosal 2006年)。 Fulvicの酸は電子「シャトルとして働き」、mitochondria (Visser 1987年内の電子流れを促進するためにCoQ10を増加する; Royer 2002年; Kang 2009年)。

実験室のマウスがだけ口頭CoQ10と補われたときにCoQ10レベルは中心、レバーおよび腎臓のティッシュ(Bhattacharyya 2009年)で増加した。 shilajitからのDBPsが補足に加えられた時、レバー(Bhattacharyya 2009年) 29%として多く更にように増加するCoQ10レベル。

最近の調査はことを優秀なubiquinolの形態(Bhattacharyya 2009年)の shilajit ジャムCoQ10からのDBPs提案する。

予備の調査結果は最大になることはCoQ10から寄与するが、shilajitが練習の性能(友達2006年)の劇的な改善を用いるATPの形で無くなったエネルギーから人間のティッシュを保護することを提案する。 出版されていない調査では、取った人々は15 日間 shilajit 200 mg一度毎日14%の まったく運動しなかった人々のレベルとの血同等のより高い後練習ATPのレベルを登録した。 標準化された動的練習テストで踏まれたステップの平均数はかなり上がり、平均の適性のスコアは— 介入の練習の訓練なしで… 15%増加した。

クレアチン。 調査はクレアチンの補足の効果的に増加が筋肉固まりおよび強さ(Nissen 2003年を傾かせることを示す; Kreider 2003年; Gotshalk 2002年)。 クレアチンはアデノシン二リン酸(ADP)にエネルギー需要のためのより多くのATPを作り出すために隣酸塩分子を寄付する。 乳酸の集結はまたクレアチンの補足の後で遅れるかもしれない。

調査はクレアチンの使用を高齢者達(Gotshalk 2002年の強さを高める支える; Chrusch 2001年)。 他の調査はクレアチンが退化的な神経疾患とのそれらを助け、高齢者(Wyss 2002年の記憶を高めることができることを示す; Beal 2003年; Tarnopolsky 2001年; Matthews 1998年; Tabrizi 2003年; Laakso 2003年; Yeo 2000年; ヴァレンズエラ2003年; 渡辺2002年; Rae 2003年)。

分岐鎖のアミノ酸。 アミノ酸は蛋白質のブロックである。 必須アミノ酸は、(人体が総合しないすなわち、それら)館外資料から得られなければならない。 必要な分岐鎖のアミノ酸(イソロイシン、ロイシンおよびバリン)は性能を改善し、持久力の練習(労働者2002年の間に筋肉新陳代謝を防ぐ; Shimomura 2006年; Ohtani 2006年)。 アミノ酸および炭水化物の補足を比較する調査ではアミノ酸はより古い関係者(Scognamiglio 2004年)の改善された歩および等大筋肉強さを補う。

グルタミン。 ボディの最も豊富なアミノ酸は、時々ボディすべてのグルタミンを作り出すことができないが外科、延長された練習、または伝染(Talbott 2003年によって引き起こされる極度な圧力が原因で必要とする; 労働者2002年; Hendler 2001年; Bassit 2002年)。

さまざまな調査は練習の間にグルタミンの有利な特性を示した。 精力的な活動で従事する運動選手は上部の呼吸の伝染を開発する高い危険にある。 この高められた危険は強い練習(Castell 2002年の結果として減らされたグルタミンが原因であることができる; 回避計算 1990年)。 グルタミンの補足はマラソン選手(Castell 1996年)の調査の呼吸の伝染の減少で起因した。

グルタミンは、Lシステインおよびグリシンと共に、助けグルタチオン(強力な酸化防止剤)の統合を促進し、筋肉新陳代謝(Rennie 1998年)を調整する。 グルタミンの助けは細い筋肉ティッシュ(労働者2002年)を造り、維持する。 レベルが低ければ、ボディは低い筋肉固まりに終ってグルタミンを、得るために筋肉を破壊するかもしれない。 補足のグルタミンは筋肉故障を防ぐ、またより大きい蛋白質の統合(Antonio 2002年を促進するかもしれない; Hankard 1996年)。

新陳代謝の乳しよう蛋白質。 蛋白質の補足は適性の熱狂者および運動選手によって長年にわたり使用された。 練習の後で、ボディが異化作用の状態にあるとき、蛋白質の補足はエネルギーのための新陳代謝からボディの筋肉の保護を助けることができる。 乳しよう蛋白質は、特に、ボディに容易に消化でき、すぐに利用できる。 蛋白質および炭水化物の補足を比較する調査では蛋白質のグループの関係者は炭水化物のグループ(Andersen 2005年)で関係者より抵抗の訓練の間にすばらしい機械筋肉機能を示した。

植物蛋白質。 菜食主義者、研究のために適したタンパク源であることに加えて良質の野菜蛋白質の消費が老化の人間の多数の有利な効果を出すことを示した。 エンドウ豆蛋白質は乳しよう、卵およびカゼインに対等なBCAAの価値の乳しようまたは卵蛋白質よりより多くのグルタミンを、含んでいる。 それはまたこれらの「金本位」動物蛋白質よりより多くのアルギニンを含んでいる。 アルギニンは健康なendothelial 機能および血管の 膨張および弛緩 (Zhou 2001年)促進する一酸化窒素の統合のために必要である。

Polyenylphosphatidylcholine。 Polyenylphosphatidylcholine (PPC)はpolyunsaturated脂肪酸を含んでいるリノールおよびリノレン酸を含むリン脂質、である。 細胞膜へ柔軟性を提供することに加えて、PPCは練習の間に血しょうコリンのレベルの維持を助けることができる。 練習の間に減るコリンはアセチルコリンの形成で助ける。 アセチルコリンは神経のシナプス(Buchman 2000年)を渡る筋肉収縮信号のリレーにかかわる。

ビタミンD。 ビタミンDは骨の健康の重要な役割を担うことが科学者が長くわかっている間、最近の調査はそれが老齢人口の維持筋肉固まりのためにまた必要であることを提案する。 年配者で萎縮するために傾向があるビタミンDの助けはタイプIIの筋繊維を維持する。 科学者はビタミンDの助けが筋肉および骨のティッシュを両方支える、高齢者で見られる低いビタミンDのレベルは悪い骨の形成および筋肉機能と関連付けられるかもしれないことに注意し。 従って、十分なビタミンDの取入口を保障することは老齢人口(Montero-Odasso 2005年)の骨粗しょう症そしてsarcopenia両方の発生を減らすのを助けるかもしれない。

Dリボース。 Dリボース、あらゆる生きている有機体で見つけられる炭水化物の分子はATP (Dodd 2004年)の生産を促進する。

1つの調査は練習誘発の物理的な疲労が大きな理由の人々停止した試し(Annesi 2005年)をだったことが分った。 活発な練習は懸命に働いた筋肉のための72時間の回復期間までとの20%までによって筋肉ATPのレベルを、落とすことができる(Hellsten-Westing 1993年; Stathis 1994年)。

練習がまた血流(Hellsten 1999年)に筋肉からのATPの故障プロダクトの漏出によって引き起こされた後「拭かれた」感じ私達の多数経験。 再度、Dリボースはピーク容量(Tullson 1988年で私達の筋肉のATPベースのエネルギー店の保存に重大である; Zarzeczny 2001年)、より少ない「afterburn」および次の試しのためのより多くの熱意を意味できる。

練習の生理学者は必要とされたときDリボースと筋肉をそれが作り出されたエネルギーの相当な「銀行使用のために頼まれるべき」を提供するATPの総計の4倍増加で補うことが起因したことをまで示した(Tullson 1991年)。 生理学者が働く筋肉にDリボースを提供したときに、ATPの部品が使用のためにリサイクルされた率の六倍の上昇まで示し(ATPをリサイクルすることはでありそれを全く最初から造るより有効大いに速く、) (Zarzeczny 2001年; Brault 2001年)。

スポーツおよび練習の生理学者はATPのレベルを補充するために排出された筋肉が休ませた筋肉(Hellsten-Westing 1993年)より時間がかかったことに人間筋肉がATPを後極度な練習(実験モデルをまねる)およびまた注意されて失ったことを示した。 それはそれらをそれ彼らの筋肉のATPのレベルの回復を促進するかもしれないDリボースと人間の短距離走者を補う推測するために導いた。

2004年に、陸標のペーパーはATPのレベルは偽薬の受け手(Hellsten 2004年)に落ち込んでいる残ったが極度な短距離走の訓練に続く3日間Dリボースとの3時間毎日の補足によりATPのレベルは72時間以内の常態に戻ったことを示した。

より多くの情報のため

次の議定書はまた興味であるかもしれない: