生命延長スキン ケアの販売

練習の強化 

筋肉および老化

人間が老化すると同時に、私達の筋肉は練習の養生法か生活様式(Bross 1999年)にもかかわらず(すなわち、sarcopenia)、萎縮し、弱まる。 筋肉はより小さく、より少ないゴムになり、筋肉傷害はもっと公有地(Bross 1999年になる; Baumgartner 1998年)。 練習のための許容ように、傷害のまた回復する機能減少から。

私達の4年生はそれが生活環境基準を改善するので運動するよい時間である。 Sarcopeniaは、最悪の場合、強さの訓練(Aniansson 1981年によって逆転させることができる; Frontera 1992年)。 練習はまた制御体重に(非常に糖尿病、心循環器疾患および高血圧を防ぐことにおいて重要な)示され、骨を増強する。 高齢者達が常連で従事することは重要精力的な活動(マルティーニ1995年)よりもむしろ低く練習を緩和するためにである。

これまでのところ学んだ何を

  • 練習は病気の重量の軽減で、高められた物理的な、精神状態、減らされた危険、および拡張された生命起因する。
  • 新陳代謝はエネルギーとして使用のための食糧を破壊するプロセスである。
  • 筋肉収縮の間に、ATPはエネルギーのために使用される。 ATPの店はクレアチンの隣酸塩によってブドウ糖は好気性および嫌気性の新陳代謝からの新しいATPを発生させ続けるが、補充される。
  • 好気性の活動は減量の心血管機能そして結果を改善する。 強さの訓練(抵抗の訓練)は繰り返された、高められた抵抗からの筋肉を造るのに重量を使用する。