生命延長スキン ケアの販売

練習の強化 

練習は証明された生命エクステンダーである。 たくさんの臨床試験は規則的な練習プログラムの利点を文書化した。 多くの病気の危険を、心臓病を含んで減らすことを米国の一流のキラー示した。 練習は肥満および不況を防ぐことで有効であり、すべての年齢の助けの人々は柔軟性、強さおよび独立を維持する。

運動する多くの人々は練習プログラムから規則的にすべての利点を可能得ていない。 どの支えられた練習でも有用であるが、結果は時間によって使われる運動より多くについてある。 栄養物はあらゆる練習プログラムの重大な部品であり、ホームドクターまたは政府計画から博学のかもしれない練習プログラムを最大にする証明された方法がある。

練習の証明された利点

練習は困難な練習ルーチン(Jonker 2006年への穏健派で従事している人々のための1から4年の平均増加の寿命に示されていた; フランコ 2005年)。 まだよくしなさい、練習が中心、肺および筋肉に寄与するのでそれらの付加的な年は健康的である。 練習の適当なレベルは老化の多くの恐れられた病気を回避するために文書化された。 1週あたりの3時間活発に歩くことは多くの慢性の健康上の問題(Chakravarthy 2002年)の開発のチャンスを減らす。 練習はまた不況を軽減する、また(Elavsky 2005年自己イメージそして生活環境基準を高めるかもしれない; Schechtman 2001年)。

練習は糖尿病、筋ジストロフィー、打撃、多発性硬化、myastheniaのgravisおよび慢性閉塞性肺疾患(スタウト2001年の人々の生活環境基準を改善するために示されていた; ロチェスター 2003年)。 規則的な練習は血ブドウ糖制御、遅れを改善しかまたはタイプ2の糖尿病を防ぎ、炎症性cytokinesの年齢準の増加を相殺し、心血管の危険、糖尿病関連の死亡率および不況(Goldney 2004年を減らすことができる; Vitartaite 2004年; Babyak 2000年; Suh 2002年; 教会2004年; 不足分2003年; アメリカの糖尿病連合2003年; McFarlin 2004年)。

定期的な練習はより厚く、より強い骨(マルティーニ1995年)に貢献する。 postmenopausal女性の調査は高齢者達(Cussler 2005年で練習が情報通および大腿部の場所で骨の増加されたミネラル密度を作り出すことを、特に高いひびの区域評価する示した; Kerr 2001年)。 示されている膝の骨関節炎の高齢者は重量の訓練およびエアロビクス(よりきたない2000年)の練習の養生法に続くバランスを改良した。

幼年期の規則的な練習および十代年は生命の健康な骨の遅く保障を助けることができる。 また、妊婦は練習(Clapp 2003年)によって肯定的に彼女達の幼児のサイズに影響を及ぼすことができる。