生命延長スキン ケアの販売

尿路感染症(UTI)

目標とされた自然な介在

クランベリー

クランベリーはUTIsを扱うか、または防げるかもしれない物質を含んでいる。 クランベリーのエキスからなされるクランベリーのジュースがおよび粉は長年に渡ってUTIsを防ぐか、または扱うのに使用されていた。 最初はクランベリー–キナ酸–の部品のがhippuric酸として知られていた尿の自然な抗菌性の代理店のレベルを増加したことが、仮定された。 但し、それは尿のhippuric酸のレベルに顕著な増加がクランベリーの消費(Jepson 2007年、2012年)の後にあれば明確ではない。

証拠はクランベリーにあるproanthocyanidinsとして知られている物質が細菌(特にエシェリヒア属大腸菌)の付着と 尿道(Jepson 2007年2012年の壁に干渉するかもしれないことを提案する; McMurdo 2005年)。 エシェリヒア属大腸菌が 尿道細胞に不良部分ことを防ぐことによってproanthocyanidinsが、十分に尿道をことを植民地化することおよび侵入することからの細菌を保つことができる。 クランベリー ジュースか関連製品を使用する利点の1つはクランベリーが比較的安価、自然で、抗生の抵抗(McMurdo 2005年)の成長する問題に貢献するべきではないことである。

1つの調査はクランベリー両方ジュースおよびクランベリーのタブレットが1年ごとの少なくとも1 UTIを開発した女性の尿路感染症の(偽薬と比較される)減少で有効だったことが分った。 この調査はまたクランベリーのタブレットがクランベリー ジュース(Stothers 2002年)と比較されたより費用効果が大きい選択だったことが分った。 別の調査はそれ消費が妊娠(翼2008年)の間にクランベリー ジュース1日あたりの3回UTIsの発生の減少の方の傾向を作り出したことを見つけた。 更に別の調査は老女の再発UTIsの防止のための低線量のtrimethoprim (一般的な抗生物質)とクランベリーのエキスを比較した。 この調査はtrimethoprimの規則的な使用がUTIsの再発を防ぐために毎日クランベリーのエキスの500 mgよりほんの少しだけよかったことが分った。 trimethoprimを取っている女性が副作用(McMurdo 2009年)による調査から撤回するためにが本当らしかったことがまた分った。

UTIsのためのクランベリーの潜在的な利点を検査した多くの調査があるが、最近の広範囲の評価はUTIsのための消費のクランベリー ジュースの利点が最低だったことを結論した。 但し、この検討に含まれていた調査の多数は砂糖でいっぱいのクランベリー ジュースのカクテルを使用した; これらの飲料の多数が異なったジュースのブレンドであるという事実またおよび高い砂糖の内容は(proanthocyanidinの内容を減らす)クランベリー(Jepson 2012年)の利点を覆うかもしれない。

Dマンノース

Dマンノースは見つけることができるとりわけ砂糖、クランベリーである。 Dマンノースの興味深い面の1つはそれが尿道(ハドソン2006年)を並べる細胞に結合し、細菌が、エシェリヒア属大腸菌のような尿道(ハドソン 2006年のライニングに、付着することを防げることである; Schaeffer 1980年)。

ブルーベリー

クランベリーと同じように、ブルーベリーはまた尿道(Ofek 1991年 )を 並べる細胞にエシェリヒア属大腸菌の付着を禁じることができる混合物を含んでいる。 さらに、ブルーベリーおよびクランベリーは両方細菌の大きい総計は形作ることを防ぐのを助けられる混合物を含んでいる(Weiss 2002年)。 UTIsに対するブルーベリーの臨床効果はまだ完全に調査されることを持っている。

Probiotics

Probiotics –腸に存在し、肯定的に影響を与えなさい有利な細菌彼らのホストの健康に– UTIsのための有望で自然な処置でであって下さい。 probioticsがUTIsを防ぐかもしれないこと多くの可能な方法がある: 彼らは資源のために他の細菌と競い、自然な抗菌性の化学薬品を(抗生物質と呼ばれる)分泌し、病原性のある細菌が尿道(Darouiche 2012年)に付着することを防ぐかもしれない。

普通女性の で見つけられる乳酸桿菌家族の細菌は、UTI (Darouiche 2012年)を防ぐと考えられる。 抗生物質を取るか、またはspermicidal代理店を使用することはUTI ( Reid2001年)の危険性を高めることができるこれらの乳酸桿菌を殺すことができる。 さらに、再発UTIsは頻繁にエシェリヒア属大腸菌(Stapleton 2011年)との 乳酸桿菌の 細菌そして高められた植民地化の 減らされた レベルと関連付けられる。 その結果、probiotic乳酸桿菌と腟の植物相を 補うことは UTIs (Reid 2001年を防ぐための実行可能な技術を表すかもしれない; Stapleton 2011年; Kwok 2006年)。 特に、乳酸桿菌のrhamnosus GR-1 および乳酸桿菌の reuterii RC-14が 緊張臨床的に 有効であるという証拠がある(Reid 2006年)。

乳酸桿菌の 細菌はまた免疫組織を刺激し、伝染性の細菌を殺す過酸化水素および乳酸(Darouiche 2012年)のような物質を作り出すことによってUTIsを防ぐことができる。 trimethoprimsulfamethoxazole ( 抗生の 組合せ)の規則的な線量と乳酸桿菌の細菌を比較する調査は抗生物質が複雑でないUTIのためのprobiotic処置よりほんの少しだけ有効だったことが分った; 但し、ベースライン抗生の抵抗率の存在がこのような場合多分原因のprobioticsは複雑なケースでより有効だった。 著者はまたprobioticsに抗生物質抵抗力がある微生物(Beerepoote 2012年)の危険性を高めない利点があったことを指摘する。

Berberine

Berberineの植物のアルカロイドとして知られている中国人およびAyurvedicの薬で化学薬品は歴史的に使用された。 それはgoldenseal、Orgeonのブドウ、coptis、barberryおよびウコン(頭部2008年)を含む多くの植物で、見つけることができる。 Berberineに自然な抗菌性の特性があり、エシェリヒア属大腸菌(Cernakova 2002年)を含む多くの日和見主義の病原体の成長の 禁止で有効である。 ある調査は従ってエシェリヒア属大腸菌が並べる 尿道をUTI予防の特性(日曜日1988年)に行為の可能なメカニズムを提供する、細胞に付着することをberberineが防ぐことが分った。 1つの調査はberberineが医薬品(Domadia 2008年)の開発のための新しいターゲットを表すかもしれないことを提案した。 しかしBerberineは子宮収縮を引き起こすことができ、新生児(頭部2008年)で黄疸をもたらすかもしれないので妊婦のために安全ではないかもしれない。

ハイビスカス

ハイビスカスは 多くの異なった伝染を扱うのに伝統的に使用されていたUTIsを含む植物の系列である。 ハイビスカスの植物は抗菌性、antifungal、および酸化防止特性(Maganha 2010年)がある多くの混合物を含んでいる。 特に1つの混合物は、gossypetin、エシェリヒア属大腸菌およびPseudomonoasのaeurginosa (Mounnissamy 2002年)を含む公有地の UTIもたらす 細菌 に対して抗菌性の 活動が、あるために示されていた。 二重盲目の、偽薬制御臨床試験では、頻繁なUTIsの歴史の61人の女性は90%のポリフェノールに、200 mg標準化された60%のポリフェノールに標準化されたハイビスカスのエキスのハイビスカスのエキスの200 mgの毎日の線量を受け取っている3グループの1つに任意にか偽薬割り当てられた。 制御グループと比較されて、ハイビスカスの集中を取っている女性は少数の77% UTIsの発生、また尿の慰め(Allaert 2009年)の全面的な改善を経験した。

ビタミンC

ビタミンC、別名アスコルビン酸は、最も一般的なビタミンの補足の1つであり、人体に対するいろいろな効果をもたらす。 1つの潜在的な利点は助けが尿道(Carlsson 2001年)の伝染性の細菌の成長を禁じる尿を酸っぱくするかもしれないことである。 この酸性化はまた細菌(ハドソン2006年)に有毒である一酸化窒素に細菌の亜硝酸塩を変えるかもしれない。 さらに、ビタミンCは免疫組織(ハドソン2006年)の機能のために重要である。 調査は妊娠の間に100にビタミンCの日刊新聞のmgを取ることがUTIs (Ochoa-Brust 2007年)の発生を減らすことができることが分った。

健康なぼうこう機能のための概要サポート

カボチャ種のエキス。 尿の緊急や頻度は頻繁にUTIと関連付けられる。 これを受けて、UTIsによって、特に慢性UTIの被害者のために苦しむ、それらステップおよびぼうこうの調子を改善するためにサポート健康な無効になるパターンを取ることは有利かもしれない。

UTIという点においてとりわけ調査されなくてが、 カボチャ種のエキスは サポートぼうこう機能に示され、過剰に活動するぼうこうによって関連付けられる徴候を戦う。 動物実験では、かなり表わされたカボチャ種のエキスと補われたラットはぼうこう機能を改善し、尿の頻度(Hata 2005年)を減らした。 大豆の細菌のエキスとカボチャ種のエキスと39人のpostmenopausal女性を、補足の6週は昼間および夜の排尿(Sogabe 2001年)の重要な減少を含む人間の調査ではもたらす。 45人間の同じような調査では、この同じ組合せのエキスは補足(Terado 2004年)の6週後に減らされた夜の排尿および改善された睡眠の満足をもたらす。