生命延長スキン ケアの販売

尿路感染症(UTI)

新しく、出現の処置

繰り返しUTIのための項目エストロゲン

低いエストロゲンは女性のUTIs (医療センター2011年メリーランド大学)を開発する危険を高める膣の壁を薄く水平にする。 その結果、項目エストロゲンは女性間のUTIの処置の選択を時として表すかもしれない。

項目エストロゲンを管理する2つの異った方法はずっとpostmenopausal女性の繰り返しのUTIsの頻度の減少で有効である。 これらはestradiol解放リングおよびintravaginalエストリオルのクリーム(Raz 1993年を含んでいる; Eriksen 1999年; Krause 2009年)。 リングをEstradiol解放することはまたintravaginal細菌の成長を戦うのを助けるかもしれない尿を酸っぱくするかもしれない。 故な2012年として、段階4臨床試験は再発UTIs (ClinicalTrials.gov 2009年)を防ぐためのintravaginalエストロゲンそして乳酸桿菌の効力を検査している。

FimHの抑制剤

尿道を尿道を並べる細胞の外側へ感染させる細菌のための最も重要で早いステップの1つは付着である。 細菌は尿道ライニングに結合するのにfimbriaeと呼ばれる小さい指そっくりの投射を使用する。 Fimbriaeはこのプロセス(Klemm 2010年)を仲介するlectinsと呼ばれる蛋白質が塗られる。 研究者はこれらのlectinsのそのを、FimHとして知られていて であるこのプロセスのために重大発見した; 従ってそれらはFimH (江2012年の活動を禁じる薬物を開発した; Klein 2010年)。

よりよい療法を作るためには、科学者はFimHを禁じることができ、有効性を改善するために絶えず分子をひねっている多くの異なった混合物を開発した。 最も有望な混合物に同じような中心の構造があり、アルファD MANNOSIDESと呼ばれる。 これらの薬剤が人間でまだテストされていないが、調査はこれらの化学薬品がかなりUTI (江2012年の動物モデルのぼうこうを植民地化する細菌の量を減らすことができることが分った; Klein 2010年)。 ある調査では、FimHのブロッカーは標準的な抗生の処置(江2012年)およそ大いに徹底的にぼうこうの細菌の量をによって減らす。 FimHのこれらのブロッカーはまたカテーテル準のUTIs (Guiton 2012年)のずっと動物モデルで有能である。

Hyaluronic酸およびコンドロイチンは注入を硫酸化する

別の出現の処置はぼうこうの壁に焦点を合わせる。 urothelial細胞として知られているぼうこうの内部を並べる細胞はUTIs (Bassi 2012年に対する防衛重要な体の部位である; Khandelwal 2009年)。 これらの細胞はまたぼうこうの内部の表面のglycosaminoglycans (ギャグ)の層を形作るproteoglycansとして知られているぼうこうのより深い に突き通ることからの望ましくない物質を( 例えば、細菌) 保ち、物質を作るのを助ける。 ギャグの層へのどの損傷でもぼうこうの壁に細菌の付着を促進し、再発UTIs (ダミアーノ2011年の役割を担うかもしれない; Bassi 2012年)。

ギャグの壁の完全性の回復に焦点を合わせる新しい処置は再発UTIsを防ぐために開発されている。 これらの処置はぼうこうにギャグを、hyaluronic酸およびコンドロイチンの硫酸塩のような、 直接組み立てるのに 使用される物質のいくつかを注入することを含む。 このプロセスは別名intravesical管理である。 hyaluronic酸およびコンドロイチンの硫酸塩のIntravesicalの管理は再発UTIs (Constantinides 2004年の女性のUTIsの数を減らすために示されていた; ダミアーノ2011年; Bassi 2012年; DeVita 2012年)。 穏やかなぼうこうの苛立ちは何人かの患者(Constantinides 2004年のこの処置の副作用として報告された; Bassi 2012年)。 この処置はカナダおよびヨーロッパで利用できるが、患者の使用のための食品医薬品局(FDA)によって限られた臨床試験データのために承認されなかった。