生命延長スキン ケアの販売

慢性の腎臓病

4台の補足の腎臓の保護装置の補酵素Q10

絶えず腎臓を通って循環する新陳代謝の毒素の途方もない血の流れそして高い濃度のためにそれらは進歩的な腎臓の損傷および複雑化(すなわち、高いLDLおよび高められた心循環器疾患の危険)に(Gazdikova 2000年)貢献すると知られている異常な酸化圧力の場所である。

補酵素Q10 (CoQ10)はボディの自然な酸化防止容量を強化し、CKDに対する重要な防衛を示す酸素の遊離基のレベルを減らす。 それが起こると同時に1970年代初期(Igarashi 1974年以来の実験動物の高血圧そして腎臓病を制御するのに、CoQ10が実験的に使用されていた; Morotomi 1975年)。

人間の調査はmalondialdehydeのような酸化のマーカーは穏やかな腎臓の機能障害(矢尾2007年)の腎臓病の患者で劇的に上がるがCoQ10レベルが大幅に低下することを示した。 これらの減らされたCoQ10レベルは循環の脂蛋白質を(LDLのような)酸化損傷により傷つきやすくさせる。 これはそれ以上の心血管の損傷のためにそれから腎臓の重荷に加え、大幅に腎臓病(Lippa 2000年)を危険性を高める危険を高める。

2001年に、ヨーロッパの研究者のチームは有効な栄養の介在が確立された腎臓病(Gazdikova 2001年)の患者にいかにのためのある場合もあるか有力な証拠を出版した。 主題は2か月間CoQ10療法の付加に先行する1か月間ビタミンC、Eおよびリボフラビン(ビタミンB2)との酸化防止療法を受け取った。 補足の後で、血のCoQ10レベルはからちょうど4分の1に正常な参照レベルほぼ4倍の増加した。 調査は腎臓機能の変更を示すには余りにも短かった。 但し、それが糖尿病性のラットのティッシュの増加するCoQ10レベルによっては腎臓、中心およびレバー(Rauscher 2001年)の酸化圧力のマーカーの逆転で起因したことを同じ年が示した動物の試験からの証拠。

2004年までに、人間の腎臓病の患者のCoQ10の利点の限定的な証拠は移植の受け手を使用しているヨーロッパの研究者によって示された。 移植の受け手は途方もない酸化圧力を経、その結果、普通脂質のプロフィールの妨害に印を付けた。 研究者は3回CoQ10の30 mgを彼らの患者に4週間毎日与え、酸化要因のレベル(malondialdehydeのような)、ボディの自然な酸化防止酵素、および脂質のプロフィール(Dlugosz 2004年)を監視した。

重要な改善はLDLの減少を用いるちょうど4週が、有利なHDLで、増加した、炎症性細胞の存在の減少注意された後見られ。 これらの結果は早段階の腎臓病の患者、また透析か移植を要求している患者のためのそして残存率生活環境基準両方の可能性としては劇的な改善を提案する。

動物実験はまたCoQ10が多数のnephrotoxic薬剤から腎臓の損害(Farswan 2005年を与えるための悪名高い傾向の強力な抗生物質腎臓のティッシュを、ゲンタマイシンを含んで保護できることを示した; Upaganlawar 2006年)。 これらの調査結果はそのような薬剤--にさらされるかもしれないがいろいろ外国の化学薬品を取扱うと同時に腎臓が直面する極度なオキシダントの圧力を戦うCoQ10の有効な機能についての私達を教える患者の保護を提供するのでだけでなく、重要である。

Silymarin

Silymarinはマリア アザミ(Silybumのmarianum)から、次のflavonolignans (フラボノイドおよびリグニンで構成される自然なフェノール)の植物の金持ち得られる: silychristin、silydianin、silybin A、silybin B、isosilybin Aおよびisosilybin B -- silymarinの複合体として一まとめに知られていて。

レバーおよび腎臓のための従来の療法が調節すると同時にこの安全で、自然な混合物に長い歴史がある(後白の2007年; Wojcikowski 2007年)。 それは腎臓の傷害のために選択の処置として、有効な酸化防止およびnephron保護効果のために、四半世紀より多くのために西部の薬で使用され厳しいきのこの中毒(Floersheim 1978年)に起因する。 実際、私達は1979年以来silymarinと前処理をされる動物の腎臓の傷害(きのこの中毒によって)ことを知っていたほとんど完全に予防可能である場合もある(Vogel 1979年)。 これは薬物誘発の腎臓の損傷に対して腎臓のティッシュでそう多くの薬剤が毒のように機能できるのでそれに極度なオキシダントの圧力を出す保護のための自然な選択をする。

きのこの毒(マイコトキシン)は知られている最も致命的で自然な毒素間にある。 腎臓の毒性は最も積極的な化学療法の代理店のいくつかだけ越えられる。 従って医者は化学療法を経ている患者を潜在的な「renoprotective」代理店としてsilymarinに見た。

Silymarinはnephrotoxic薬剤、特にcisplatinおよびAdriamycin®、最も有効な、損傷の(酸化損傷および厳しい発火のために)化学療法の薬剤(Launay-Vacher 2008年の2の複数のクラスに対してまた保護である; Machado 2008年; 矢尾 2007年)。 世界中の研究者はsilymarinおよび部品がこれらの薬剤(Bokemeyer 1996年によって与えられる腎臓の損害を減らし、頻繁に防ぐことが分った; Gaedeke 1996年; Karimi 2005年; ElShitany 2008年)。

有効な薬剤によって作り出される酸化圧力から保護するSilymarinの能力はそれが遊離基ことをによってより微妙な、慢性の傷害に対して保護に有用かもしれないことを提案する -- 慢性の血ブドウ糖の高度によって発生する特にそれら。 例えばドイツの研究者は酸化圧力のマーカー(Wenzel 1996年)の生産を妨げている間silymarinが高いブドウ糖の集中と孵化した腎臓の細胞に傷害を防ぐことができることが分った。

Silymarinの保護力はまた虚血/reperfusionの傷害(血の流れの制限に従がって血液の供給の復帰)に伸びる。 トルコの研究者はsilymarinの動物に前処理をすることによって、完全にこの種類--の傷害(Senturk 2008年ことをにさらされた腎臓の構造への目に見え、機能損傷を防ぐことができることを示した; Turgut 2008年)。 これらのような調査は補足による最適の酸化防止機能の維持によって、私達が私達の腎臓が毎日さらされる慢性の酸化損傷ことをの多くを(ほとんど)防げることができることを提案する。 その結果、それらに一般群衆のための巨大な含意がある。

Resveratrol

酸化圧力、endothelial機能障害、発火、アテローム性動脈硬化および慢性の腎臓病間の循環的な関係の私達の理解のかなりの前進は腎不全(Caimi 2004年)を最終的にもたらす一連の出来事の介在としてresveratrolを指す。

イタリアの研究者はresveratrolの研究のリーダー間にある。 早く今世紀に、1つグループは腎臓の構造の維持のresveratrolの影響を示す研究を出版し、ラットの機能は虚血/reperfusionの傷害(Bertelli 2002年に露出した; Giovannini 2001年)。

日本およびインドの泌尿器科医はresveratrolがreperfusionの後で酸化損傷を戦う著しく腎臓の機能障害(Saito 2005年を減らすメカニズムを、詳しく述べるレポートとそれをフォローした; Chander 2006年(aのb); Chander 2005年(a、b))。 細菌感染(敗血症)は集中治療室のそして外科または外傷の後の腎不全のコモン・コーズである。 トルコの生理学者はresveratrolが腐敗性のラット(Kolgazi 2006年)の腎臓そして肺傷害を両方減らすか、または防ぐことができることを示した。

酸化防止および炎症抑制の潜在性によるResveratrolが調査で薬物誘発の腎臓の損傷を防ぐのに利用されていた。 次の結果は抗生のゲンタマイシン--にさらされたラットがresveratrolと扱われたときに注意された: 1) nephrotoxicityはかなり減った、2)傷つけられた腎臓のティッシュのより急速な治療は達成され、3)オキシダントの傷害のマーカーの劇的な減少は観察された(Silan 2007年)。 ブラジルの毒物学者のチームはcisplatinに対して保護力、薬物誘発の腎臓の損傷に責任がある強力な化学療法の代理店をそれほど示した(Amaral 2008年をしなさい)。 最後に、インドの薬理学者はresveratrol (Chander 2005年を持つ動物に(b))前処理をすることによるcyclosporine A (別の共通の化学療法および免疫の抑制効果がある薬剤)によって与えられた損害からの保護動物の腎臓で成功していた。

糖尿病が腎臓の一流の原因である病気および加える損傷遊離基の生産によってので主として仲介されるのでブドウ糖(glycation)による蛋白質の有害な変化に起因する—研究者は糖尿病性の腎臓の損傷の予防としてresveratrolを探検した。 有望な結果はかなり実験的に引き起こされた糖尿病を持つラットの腎臓の損傷を減少させたインドの薬理学者から、4週後糖尿病引き起こされた来た(Sharma 2006年)。

研究者の自身の単語では、「現在の調査補強する糖尿病性の腎臓病に於いての酸化圧力およびresveratrolのrenoprotective行為に責任がある可能なantioxidativeメカニズムの方のポイントの重要な役割を」。は

Lipoic酸

resveratrolのように、lipoic酸は少数の知られていた副作用(Amudha 2006年)の強力な酸化防止剤である。 Lipoic酸は実験室で首尾よくそれによりドアを開ける虚血/reperfusionの傷害によって、与えられる激しい腎不全(高岡2002年)のこのコモン・コーズのための別の有効な処置への酸化損害を妨げるために用いられた。 2008年に、研究者は動物(Sehirli 2008年)の実験虚血/reperfusionの傷害に続く腎臓機能および実験室の異常に対するすべての悪影響を逆転できることを示した。

Lipoic酸は薬物誘発の腎臓の損傷を防ぐか、または軽減する力のために包括的に世界的に調査された。 私達はlipoic酸がAdriamycin® (Malarkodi 2003年によってであることを(a、b))加えられる損傷に対して有効な腎臓保護代理店免疫抑制剤のcyclosporine A (Amudha 2006年知っている; 鎮痛剤のacetaminophen (AbdelZaher 2008年)の激しく有毒な線量に対するAmudha 2007年(a、b))、および。 cyclosporineの毒性に対してlipoic酸の保護利点を検査する調査ではそれは血の脂質の異常(Amudha 2007b)の正常化を助けた。

ジョージタウン大学のNephrologistsは糖尿病性の腎臓病という点においてlipoic酸を検査した。 結果はそれが砂糖のレベル(Bhatti 2005年)のことを低下によって糖尿病の腎臓機能を改善できることを示した。

それらはまたlipoic酸が尿の蛋白質の損失を下げ、糖尿病性の実験動物(Bhatti 2005年)ことをの酸化圧力の減少によって腎臓構造および機能を改善することを示した。

更に別の強制的な調査では、韓国の研究者はlipoic酸(チャン2007年)とそれらを補うことによって血管拡張神経(血管のrelaxer)の一酸化窒素への腎臓の患者の応答を(いいえ)改善できることを示した。 へのendothelial敏感さの損失は糖尿病患者の血管疾患の原因ではない。 非対称的なdimethylarginine (ADMA)と呼ばれる化学薬品は末期の腎臓病の患者の心血管の結果の敏感なマーカーそして予言者である。 hemodialysisの50人の患者は12週間600 mgのlipoic酸と毎日扱われた。 ADMAのレベルは制御グループに変わらずに残ったが、lipoic酸が患者のこのグループの心血管の複雑化の危険を減らすかもしれないことを提案している処置のグループでかなり落ちた。