生命延長スキン ケアの販売

髄膜炎

髄膜炎の診断: 脊椎穿刺

人は髄膜炎の徴候があれば、彼/彼女の医者は一般に脊椎穿刺と呼ばれる腰椎穿刺を、発注するかもしれない。

脊椎穿刺の間に、針は脊柱管の腰神経の(より低い)部分に置かれ、脳脊髄液(CSF)の小さいサンプルは取除かれる。 CSFは取除かれた後、培養される(CSFのサンプルは微生物の成長を促進する)条件の下で数日間孵化する。 細菌が液体で育てば、髄膜炎を引き起こしている細菌によりのタイプは断固としたであり最も有効な抗生物質は所定である場合もある。

ウイルスの髄膜炎がウイルスおよびない細菌によって引き起こされるので、培養基にゼロ成長がある。 こういうわけでウイルスの髄膜炎はまた時々無菌髄膜炎と呼ばれる。