生命延長血液検査の極度の販売

髄膜炎

髄膜炎は頭脳および脊髄(meninges)を覆うティッシュの発火である。 病気のレポートは16世紀に遡る; 病気は正確に1805年に記述されている第1だった(Rosenstein 2001年)。 髄膜炎はmeningesの膨張によって特徴付けられる; 頭骨の中の高められた圧力は頭脳への血の流れを妨げ、栄養素および酸素の頭脳を飢えさせる。 頭脳の実際の発火である脳炎は髄膜炎と共に起こることができる。

髄膜炎の人々に通常熱、厳しい頭痛および肩こりを首苦痛が同伴してもらう。 ほとんどどのタイプによりの動き首苦痛を引き起こすことができ箱に顎を下げることは不可能かもしれない。 握りは病気の激しい形態と関連付けられる。 最悪の場合、髄膜炎は致命的である場合もある。

他の徴候はライトに悪心および嘔吐、目まい、感受性、発疹および弱さ含んでいる。 赤ん坊および高齢者は肩こりを経験しないかもしれない。 但し、赤ん坊は彼らの食欲を失うかもしれかん高い叫びがあり、そしてなだめにくかったりでしたりまたは逆に非常に眠くまたは気だるいかもしれない。

疲労およびlightheadednessのような徴候は病気の激しい形態からの回復の後の数月の間持続できる。 生じる問題はバランスの頭痛、悪心、損失、および肩こりから悩障害および聴力損失まで及ぶ。 長期複雑化は悩障害、聴力損失、視野問題および耐久性がある握りを含んでいる。

警告!

髄膜炎が遠隔に疑われれば、シークの即時の医学の援助。

細菌の髄膜炎は軽く取られるべき病気ではない。 死か永久的な不能で起因できるのは退化的な、急速に進歩の病気である。 細菌の髄膜炎が疑われれば、患者は医者に(病院の救急救命室に必要ならば行きなさい)適切なテストについては会い、静脈内の抗生の処置を促すようにせき立てられる。 疑われた髄膜炎の患者は医療をできるだけすぐに得るべきである。