生命延長スキン ケアの販売

インフルエンザ

目標とされた自然な介在

健康な、バランスの取れた食事および規則的に運動の消費に加えて、次の自然な介在はインフルエンザの伝染または容易さのインフルエンザの徴候(Siu 2012年を避けるのを助けるかもしれない; Gardner 2011年; Louria 2007年)。

ビタミンD –ビタミンDに人間の免疫組織の規則に於いての重要な役割があり、そのような病原体(ひげ2011年への免疫反応の調整によってある特定のウイルスおよび細菌感染の危険を減らすことができる; グラント 2010年)。 ビタミンDの血レベルはビタミンDのレベルの4 ng/mLの増加が伝染の危険(果実2011年の約7-10%減少に対応すること呼吸の伝染と関連しているようである; Cannell 2011年)。 なお、ビタミンDの不足は インフルエンザおよび呼吸器管の伝染(ひげ2011年の高められた危険につながるかもしれない; Cannell 2008年)。 1つの臨床試験では、ビタミンD3の1200の国際単位(IU)の日刊新聞はビタミンのD含んでいる補足(Urashima 2010年)を取っていない子供と比較された学童の約67%季節的なインフルエンザの発生を減らした。 同様に、3年の試験で、ビタミンDの2000のIUを取っているpostmenopausalアフリカ系アメリカ人の女性は毎日少数偽薬(Aloia 2007年)を取るそれらと比較されたインフルエンザの発生をかなり報告した。

ビタミンDは紫外B (UVB)ライト(例えば、日光)によって刺激の後で前駆物質の7デヒドロコレステリンから皮で得られる。 それはインフルエンザの伝染(シャーマン2011年)に対して有効かもしれない免疫反応を誘発するためにビタミンDの受容器によって結合する1,25-dihydroxyvitamin D3にそれから結局変えられる。 調査はビタミンDのまた助けが炎症性cytokines (Cannell 2006年、2011年)の余分な表現を防ぐことを提案する。 このような理由で、それはcytokineの嵐(グラント2009年)の発生を防ぐのを助けるかもしれない。

生命延長は50 – 80 ng/mLの最適25-hydroxyvitamin Dの血レベルを提案する。 既に50 ng/mL上の25-hydroxyvitamin Dの レベルを 維持しなかったら 、ビタミンD の50、 000のIUを最初の日取り、3つのより多くの日間続けなさい。 ゆっくり毎日ビタミンDおよそ5000のIUのに線量を減らしなさい。 既にビタミンDのおよそ5000のIUを毎日取れば、おそらくあなたの取入口を高める必要はない。

ビタミンC –伝染から(特にウイルス)保護するために、人間の免疫組織はビタミンCの十分な毎日の取入口が要求する。 ビタミンCは白血球の生産そして行為を高める; ウイルス(Heimer 2009年を攻撃し、巻き込む例えば、それは好中球(タイプの白血球)の機能を高める; Jariwalla 1996年; アンダーソン 1984年)。 ビタミンCの毎日の1グラム(g)の線量は風邪(Holt 2010年)の発生そして厳格を減らすために示されていた。 さらに報告された風邪およびインフルエンザの徴候を減らすために徴候の手始めが示されていた前か後に、管理されるビタミンCの非常に大量服用。 asymptomatic若い大人の間でビタミンC 3の1000のmgの線量に先行している徴候の手始めが時間を計った6時間後18-30年齢、85%によって、または徴候の個人、減らされた報告されたインフルエンザおよび冷たい徴候の最初の日刊新聞のための1000のmgのビタミンCの一時間毎の線量毎日ビタミンCの3つの1000は偽薬(Gorton 1999年)とmgの線量比較した。

亜鉛 –亜鉛は多数の酵素(Eide 2011年のための補足因子として多数の代謝過程およびサーブに要求される; Classen 2011年)。 亜鉛は健康な免疫機能(Roxas 2007年)の維持の重要な役割を担う。 年配者間で共通である亜鉛不足は細胞仲介された免除を損なうことができる。 これは、それから、伝染の危険性を高めることができる。 補足による亜鉛不足を調整することはいろいろな伝染のために効果があるために示されていた。 これは亜鉛が免疫組織がウイルス(Roxas 2007年)を避けるのを助けるinterleukin2の表現に影響を与えるのである。 ウイルスの上部の呼吸器管の伝染に対する亜鉛菱形の効果の包括的な分析では徴候の持続期間を減らすために、線量大きいより75のmgの日刊新聞は20から42%によって示されていた。 この調査の著者は線量低いより75のmgの日刊新聞が病気の持続期間(Hemila 2011年)を短くしなかったことを強調した。

セレニウム –セレニウムはほぼすべての人間のティッシュ(Hoffmann 2008年)の強力な酸化防止剤として役立つ。 さらに、セレニウムは免疫組織を後押しし、ある病原体(Hoffmann 2008年に対して保護を提供できる; Goldson 2011年)。 データは促進する示し、人間のインフルエンザ誘発のホストの防衛応答(碧玉2007年ことをとの干渉によってウイルス感染への感受性をセレニウムの不足が毒性を高めることによってインフルエンザの広がりをことを高める; Stỳblo 2007年; 小川 2003年)。 動物モデルはセレニウム不十分な食事療法がセレニウム補われた食事療法(Yu 2011年)よりインフルエンザからのかなり高い死亡率と関連付けられたことを示した。

ビタミンE –ビタミンEはだけでなく、有効な酸化防止剤であるが、また認識性能から免疫機能(Dror 2011年)まで及ぶいろいろ生理学的なプロセスにかかわる。 人間の免疫組織のある特定の機能を高め、インフルエンザ(ハン2000年)のpreclinicalモデルのインフルエンザ ウイルスの力価を減らすために例えば、ビタミンEの補足は示されていた。 動物実験はビタミンEの不足が毒性をウイルスのゲノムの変更を沈殿させ、高めるインフルエンザ(Louria 2007年)のより大きい厳格に貢献するかもしれないことを示した。

Lactoferrin – Lactoferrinは乳しよう蛋白質(Roxas 2007年の鉄結合の部品である; Orsi 2004年)。 ある免疫があ調整の効果、また機能を所有することを細菌、菌類、原生動物門およびウイルス(Roxas 2007年に対して活動の広いスペクトルを出す知っている; Orsi 2004年)。 実験室調査は土地を選定し、防ぐウイルスの記入項目のlactoferrinがある特定のウイルスの機能との干渉によって宿主細胞(Waarts 2005年ことをに細胞の受容器に結合するウイルス感染を禁じることを明らかにする; Berlutti 2011年)。 Lactoferrinは自由に根本的仲介された損傷を抑制し、微生物細胞の病原体(Roxas 2007年)に必要な金属の供給を減らすのでウイルス感染の徴候か複雑化を、インフルエンザのような軽減するために有利かもしれない。

ニワトコ –ニワトコの植物の紫色黒いフルーツは酸化防止剤の豊富な源で、長くインフルエンザ(Ozgen 2010年)の処置のための民俗治療として考慮されてしまった。 臨床調査はニワトコのエキスがインフルエンザに感染するそれらのための安全で、有効で、コスト効率が高い処置の選択のようであることを明らかにした。 実験室の研究はこの臨床効果がインフルエンザ ウイルスの写しプロセス(Zakay-Rones 2004年)と干渉するニワトコの能力によって達成されることを示す。 2009調査はニワトコのエキスがウイルスの外側に不良部分およびそれを保つことによって侵入の宿主細胞(Roschek 2009年)ことをからインフルエンザH1N1の伝染を禁じることができたことを示した。

緑茶 –強力な酸化防止剤を含んでいる緑茶、最後の4700年(たる製造人2012年の間医薬品としてepigallocatechinの没食子酸塩(EGCG)を、利用された呼んだ; Rowe 2007年)。 EGCGにインフルエンザに関していろいろ有利な特性がある。 直接インフルエンザ ウイルスを殺し、慢性のウイルス感染の間に血で見つけられるウイルスの数を減らすことを例えば、示した。 さらに、EGCGは発火(Rowe 2007年)の減少によってインフルエンザそっくりの徴候を減らすことができる。 緑茶の抗ウィルス性の効果はほぼすべての年齢別グループ(公園2011年のために示された; Rowe 2007年; Guralnik 2007年)。

ベータ グルカン -ベータ グルカンはある特定の植物および菌類(Akramiene 2007年の細胞壁を構成する自然発生するブドウ糖ポリマーである; Medeiros 2012年; Cordeiro 2012年)。 これらの多糖類は増加のホストの免疫の防衛に示され、高められた大食細胞およびNK細胞機能(ペニー2012年と関連付けられる; Akramiene 2007年)。

韓国の研究者はブタ モデルのインフルエンザに対してベータ グルカンの抗ウィルス性の特性を示した。 この実験では、コブタの1つグループは豚インフルエンザに感染する前に3日間ベータ グルカンを受け取った、もう一人のグループは偽薬だけ受け取ったが。 コブタのある特定のベータ グルカンの肺はベータ グルカンを受け取ったそれらよりかなり多くの損傷を示した。 なお、ベータ グルカンと前処理をされたコブタは伝染の週以内の肺から得られた液体で自然な免疫があ高める物質のかなり高い濃度が、インターフェロン ガンマを含んで、あった。 研究者はベータ グルカンがコブタ(Jung 2004年)の肺病そしてウイルスの写し率の印を減らしたことを結論を出した。

別の実験では、若いコブタはブタの生殖および呼吸シンドロームのウイルス--にさらされた。 白血球はベータ グルカンのさまざまな集中--にそして取除かれ、さらされた。 ベータ グルカンは溶けるベータ グルカンが生得のウイルスの免除(シャオ2004年)を高めるかもしれないことを結論するために線量依存した方法のインターフェロン ガンマ、一流の科学者の生産を高めた。

Andrographis 炎症抑制 、抗高血圧薬、 抗ウィルス性、および免疫があ調整の特性(ヤン2010年があるために– Andrographisのpaniculata、アジア文化間の薬効があるハーブとして何世紀にもわたって使用される年次植物は報告された; Akbar 2011年)。 androgrpahisの活動的な要素間の責任者はandrographolides である。 中国の研究者はandrographaninと呼ばれるandrographolideが 病原体 に対してより有効な免疫反応を可能にするかもしれないcytokineの刺激(Ji 2005年)に応じて白血球の移動性を高めることを示した。 2009調査はandrographisのエキスが免疫機能を高めた分ったり、また薬物誘発のimmunosuppression (Naik 2009年)をことが逆転させた。 インフルエンザと診断された540人で行なわれた臨床試験ではandrographisは速度のインフルエンザの回復に示され、複雑化(Kulichenko 2003年)の危険を減らす。

Probiotics – Probioticsは医療補助ホスト(Gilliland 2001年に相談する「友好的な」微生物である; MacDonald 2010年; Leyer 2009年)。 臨床調査はある特定のprobioticsが免疫組織のことを調整によってウイルスの呼吸器管の伝染を防ぐのを助けるかもしれないことを提案する。 Probioticsはまた共通の上部の呼吸器管の伝染(de Vrese 2008年によって引き起こされる徴候の厳格そして持続期間の減少とインフルエンザを、連合を与えられて扱うために有用かもしれない; MacDonald 2010年; Wolvers 2010年; Vouloumanou 2009年; 男爵 2009年)。

Probioticsは高めそして免疫機能(Wolvers 2010年)を調整する病原性のある植民地化に対してための潜在性のために感染症を管理するために有用腸のマイクロ植物相を安定させ、抵抗をかもしれない。 例えば、バチルスのprobiotic 緊張- coagulansは 健康な人々からのインフルエンザAのウイルス(Kimmel 2010年への血液サンプルの実験露出に増加のT細胞の生産にかなり示されていた; 男爵 2009年)。 Probioticsは、乳酸桿菌 plantarumのようなまた 、年配者(Bosch 2012年)間のインフルエンザのワクチン接種の応答の改善を助けるかもしれない免疫があ刺激的な効果を示した。

Reishi - Reishiのきのこの攻撃および逆の immunosenescence –免疫組織機能の年齢関連の低下– 3つの混合物の複合効果による…: 最初に、多糖類、第2と呼ばれた長い鎖の炭水化物のグループは独特な蛋白質LZ-8を示し、三番目は、ステロイドそっくりの分子の小さいグループ トリテルペン(Bao 2001年を呼んだ; Xu 2011年; Yeh 2010年)。 Reishiのきのこの免疫があ刺激的な効果は細菌およびウイルス感染(Karaman 2010年)を戦う彼らの機能に直接遊ぶ。 きのこの多糖類およびトリテルペンの両方部品はこの活動(岩槻2003年に貢献する; Z.李 2005年)。 Reishiのエキスは尿および消化管のいくつかの細菌の細菌の成長、特に伝染を禁じるために示されていた。 それらはまた細菌感染の処理の標準的な抗生物質の活動を高める。 科学者は4つの抗生物質とReishiの組合せを評価し、付加的な効果をほとんどの場合見つけた。 そして本当の共同作用はReishiおよびcefazolinの外科伝染(Yoon 1994年)のための共通の抗生物質の組合せと(両方の効果はどちらかの複合効果を単独で超過する)示された。

しかしそれはウイルスの病気の王国にReishiのきのこが偽りなく彼らの筋肉(Eo 1999aのb)を曲げることである。 実験室の細胞培養では、Reishiのきのこはまたはインフルエンザ、HIV、肝炎および他の多くのウイルス(Eo 1999a、bの遅い成長停止する; Y.Q.李2006年; elMekkawy 1998年)。 付加的な実験室調査はことをReishiからのエキスは有名な口頭および陰部ヘルペスの伝染を だけでなく、含んでいるが 、水疱瘡および鉄片を引き起こす、およびEpstein- Barrのウイルス、ある特定のリンパ腫(岩槻2003年のウイルスの原因示したまたウイルス ヘルペス・ウイルス家族のウイルスに対して特に有効である、; Eo 1999a、b; Eo 2000年; Oh 2000年)。 人間の調査では、Reishiの補足は劇的に徴候の救助までの時間をによって口頭か 陰部ヘルペス の人々と幼年期の 水疱瘡の伝染(Hijikata 2005年に 鉄片を持つ人々の以上50%、耐え難いほどの大人の続き短くする; Hijikata 2007年)。

免疫があ調整のホルモン

Dehydroepiandrosterone (DHEA)

  • Dehydroepiandrosterone (DHEA)、コレステロールから得られる多機能のステロイド ホルモンに抗ウィルス性の活動があり、伝染(Romanutti 2010年へのホストの抵抗を高める; El Kihel 2012年; Torres 2012年; Kuehn 2011年; Padgett 2000b; プロムWormley 2011年)。 高められた免疫反応はDHEAによってウイルス、細菌の、および寄生伝染(Caetano 2009年の広い範囲に対して活動があるようにするそれが相談した; パウエル 2006年)。 DHEAの 低水準はcytokineの生産の変更によってホストの抗体の応答を抑制するために示されていた(例えば、TNF-αおよびIL-10) (パウエル2006年)。 より高いベースラインDHEAレベルはインフルエンザ(Corsini 2006年に対してよりよい免疫で起因するようである; Degelau 1997年)。 20週臨床試験では、DHEAの50 mgは毎日老化の人間の白血球の人口をささえた。 免疫細胞の活動は同様に高められた(Khorram 1997年)。

Melatonin

  • Melatoninは松果体によって頭脳で作り出されるホルモンである。 睡眠航跡周期を調整し、酸化防止剤として機能に加えて、melatoninは免疫組織の状態に両方直接および間接的に影響を及ぼすまたことができる。 Melatoninは多くのタイプのウイルス感染(Srinivasan 2012年を戦うために示されていた; Arushanian 2002年; Boga 2012年)。 免疫機能のmelatoninの介入の後ろのメカニズムがまだ調査されている間、研究はT助手の細胞と呼ばれる免疫があ支配の細胞への結合が高められた免疫の敏感さをもたらすでき事の滝を誘発できることを示した。 さらに、melatoninの管理は抗体(Bonilla 2004年)の生産を高めることができる。 場合によっては、melatoninはまた炎症抑制の仲介人(da Silveira Cruz-Machado 2012年)として機能する; 従って、cytokineの嵐のために予防または支えるかもしれない。 免疫組織の年齢関連の減損が通常年齢60のまわりに起こり始め、減らされたmelatoninの集中と一致するので、melatoninの補足は先輩(Srinivasan 2005年)間で有利かもしれない。