生命延長ばねのクリアランス セール

インフルエンザ

慣習的なインフルエンザの処置

インフルエンザの処置は普通徴候を楽にし、複雑化を防ぐことを向ける。 多くの場合、市販薬は痛みおよび熱のような徴候を取り除くことができる。 但し、このアプローチはインフルエンザ関連の複雑化のための危険度が高いでそれらのために十分ではないかもしれない。 厳しい病気の入院させた人々のような危険度が高い場合では、抗ウィルス性療法は用いられる(MDは2012年に相談する)。

インフルエンザの処置のための抗ウィルス性の薬療法を始める決定はいくつかの要因によって徴候が始まった、また周囲のコミュニティ(Afilalo 2012年で循環するインフルエンザの流行そして毒性決まるので、個々の忍耐強い特徴のような、時間経過した; Fiore 2008年; Ebell 2005年)。 抗ウィルス性の薬剤との処置の目的はインフルエンザの印そして徴候を減らし、厳しい病気(Hsu 2012年)の患者の入院か死を防ぐことである。

最も一般的な抗ウィルス性の薬剤はインフルエンザを例えば扱うために ノイラミニダーゼの抑制剤を (、oseltamivir [Tamiflu®]含んでいるおよびzanamivir [Relenza®])および アダマンタン (例えば、アマンタジン[Symmetrel®]およびrimantadine [Flumadine®])。

  • ノイラミニダーゼの抑制剤は 健康な細胞のウイルス感染を促進し、発火を運転し、そして呼吸の粘液によってウイルスの不活性化を軽減するウイルスのノイラミニダーゼと干渉する、(MDは2011年に相談する)。 それらはそれらを取り、喘息患者でbronchospasmを引き起こすためにまれに報告されたあることが人の約10%の悪心そして嘔吐のような胃腸副作用を作り出す(MDは2007年に相談する)。 それらは徴候の手始めの24-48時間以内に管理されるべきである。
  • アダマンタンは ウイルスの遺伝物質の解放の禁止によってウイルスの粒子のuncoatingとの干渉によって宿主細胞に抗ウィルス性の行為を出すと考えられる(MDは2009年に相談する)。 これらの薬剤により年配者または損なわれた腎臓機能との年配者で深刻となる恐れがある副作用を、中心のリズムの不規則性、幻覚のような、および呼吸の苦脳、特に引き起こすことができる(MDは2007年に相談する)。 ここ数年、CDCは処置のためのadamantaesの使用または緊張が人口で積極的に循環しているインフルエンザの防止のためのまたはに対する推薦をした。 例えば、2005-06年のインフルエンザ季節および2009 H1N1発生の間に、アダマンタン(CDC 2006年の使用に対して推薦されるCDC; CDC 2011f)。

インフルエンザの非常に病原性のある(のような、H5N1)はまたは抵抗力がある形態に感染する患者抗ウィルス性の薬剤のribavirin ( 例えば 、Copegus®、Rebetol®、Virazole®) (Fediakina 2011年)規定されるかもしれない。 Ribavirinに、がインフルエンザのために直接示されなくて、多数の潜在的な臨床応用が(広いスペクトルの抗ウィルス性の活動による)あり、インフルエンザを限定して扱うのに使用されていた(Razonable 2011年; Schleiss 2011年; Beigel 2008年)。 ribavirinの悪影響は悪心が、接合箇所および筋肉痛、骨髄の不況、中心のリズムの不規則性および膵臓炎含まれるかもしれない(MDは2007年に相談する)。

抗ウィルス性の薬剤を取る前に知るべき重要な事柄の1つはインフルエンザそっくりの徴候の手始め以来どの位あってしまったかである。 一般に、抗ウィルス性の薬剤の処置は徴候の手始め(MMWR 2012年)の48時間以内に始まるべきである; 臨床調査はこれらの代理店がこの時間の窓(Fiore 2008年)の外で与えられるとき少し利点を示した。 但し、内科医院の患者の調査の結果は徴候(Gaglia 2007年)の最初の手始めの後の48時間以内の医者を電話することを報告された13%だけを示した。

CDCは抗ウィルス性の薬剤の処置だけが選り抜き患者数(CDC 2011b)で使用されることを推薦する。 これは抗ウィルス性の薬剤により副作用を引き起こすことができるので、そして薬剤が健康な個人(Bijl 2011年)間の1日までに徴候を減らすだけことができるのでので季節的なインフルエンザのほとんどの場合が(NIH 2008年)自己限っているそうかもしれない。 但し、入院する個人、伝染の危険度が高いのひどく病気は、または徴候の手始めの48時間以内の抗ウィルス性の薬剤と扱われるべきである。 危険度が高いグループは子供<2年および大人≥65年、immunocompromised、病的に肥満の(ieの体格指数[BMI] ≥40)、および長期心配の居住者含むかもしれない。 危険度が高いグループはまた予防の基礎の所定の抗ウィルス性の薬剤であるかもしれない。 抗ウィルス性の薬物がインフルエンザの伝染を防ぐために有効な70-90%の間にあるが抵抗力があるウイルスの緊張(CDC 2011b)の出現を促進してもいいので気まぐれに使用されるべきではない。 インフルエンザがウイルスおよびない細菌によって引き起こされるので、抗生物質を取ることは推薦されないし、不必要な副作用や未来の抗生物質抵抗力がある伝染(CDC 2012a)に導くことができる。