生命延長血液検査の極度の販売

ヘルペスおよび鉄片

目標とされた自然な介在

ヘルペス・ウイルスの伝染のための有効な治療がないが、複数の自然な介在は発生の頻度を減らすのを助けるかもしれない。 免疫組織が潜伏ウイルス感染は再活性化することを防いでないとき鉄片およびヘルペスは両方明示できる。 従って、免疫組織の健康を維持する自然な介在は発生を防ぐのを助けるかもしれない。

酸化防止剤は 免疫組織(Cannizzo 2011年の細胞を損なうことができる反応酸素種の中和を助ける; ヒューズ 2000年)。 これは免疫組織がより少しより若い個人でより最上に作用する年配者のために特に重要である。 酸化防止剤との補足はこの年齢関連のimmunosenescenceを戦い、年配者(陳2012年)間で共通である栄養の不足を避けるのを助けるのを助けるかもしれない。

ビタミンC

またアスコルビン酸と呼ばれるビタミンCは、有効な酸化防止で、自然な抗ウィルス性の特性(Brinkevich 2012年がある; Uozaki 2010年; ローペッツ 2009年)。 実験室調査はHSV-1が複製することをビタミンCおよび代謝物質の一部が防ぐことを示す(Furuya 2008年; Uozaki 2010年; Brinkevich 2012年)。 活動的なHSV-1損害を持つ人間のボランティアの調査は発生の場所でうずくか、またはむずむずさせることの手始めの48時間以内に取られたときビタミンCを含んでいる方式がHSV-1発生を防げたことが分った。 さらに、ビタミンCの方式はこの一定期間後に取られた時でさえ、発生(ローペッツ2009年)の厳格そして持続期間を減らすのを助けた。

免疫組織を支え、可能性としては助力に加えて発生、ビタミンCを頻繁に鉄片(ジョンソン2004年)に伴う神経の苦痛からの救助を提供するかもしれない防ぎなさい。 研究者はビタミンCの静脈内の管理が鉄片(Schencking 2012年の苦痛および皮の明示を減らすのを助けることができることが分った; Byun 2011年)。 ビタミンCの苦痛除去の効果は2つの炎症性化学薬品のレベルを調整する機能が原因であるかもしれない: interleukin6 (IL-6)およびinterleukin8 (IL-8) (Kapoor 2012年)。 それはまた鉄片発生にビタミンCの低レベルがあった、ビタミンCの補足は経験されたこれらの個人示されていた後その人々その自発の苦痛を減らすために現われ激痛を経験する(Finnerup 2005年; 陳 2009年)。

Reishiのきのこ

Ganodermaのreishiのきのこ、 別名lucidumは、中国、日本および韓国(Paterson 2006年)で薬効があ何世紀にもわたって使用されてしまった菌類である。 reishiの部品のいくつかは抗ウィルス性の特性(Paterson 2006年)があるようである。 研究者はHSV-1およびHSV-2両方に対して強い抗ウィルス性の活動を生体外で示したAPBP (酸性 蛋白質の 縛られた多糖類)知られているreishiのきのこの2つの混合物を識別したおよびGLPG (proteoglycan Ganodermaのlucidum) として (劉2004年; 李2004年; 金 2000年)。

reishiのきのこの準備はまた人間の試験で有望な結果を示した。 Reishiはヘルペスによって引き起こされた苦痛の減少で非常に有効で、標準的な処置に答えなかった伝染を屋根をふく。 また、reishiを含んでいる草の混合物は鉄片苦痛を減らした。 さらに、別のreishi含んでいる草の混合物は口頭および陰部ヘルペスの伝染(Hijikata 1998年を用いる患者の徴候の持続期間を短くした; Hijikata 2005年; Hijikata 2007年)。

reishiの利点の多くはimmunosenescence –老化に伴う 免疫組織 の正常な低下--を戦う機能が原因であるかもしれない。 3つの混合物の複合効果によるReishiのきのこの攻撃そして逆のimmunosenescence: 最初に、多糖類、第2と呼ばれた長い鎖の炭水化物 グループは独特な蛋白質LZ-8を 示し、 三番目は、ステロイドそっくりの分子の小さいグループ トリテルペン Bao 2001年を呼んだ; Xu 2011年; Yeh 2010年)。

ともに、この3つのreishiの部品は長期 健康を 脅すウイルス 細菌の、または菌類伝染、余分なまたは慢性の発火に対して健康な 免疫 反応の促進の二重目的を抑制している間達成する。

広スペクトルの中で免疫があ後押しの効果は次である:

  • Reishiは樹木状の細胞および大食細胞の特殊化を促進する。 これらの細胞は個人のワクチンおよび癌細胞(Cao 2002年への新しい脅威に、反応することを許可で必要である; Lai 2010年; 2011年1月; Ji 2011年; Chan 2005年)。
  • 樹木状の細胞に対するReishiの効果は破傷風ワクチンへの応答を後押しすると証明された。 きのこの蛋白質は出現癌DNAワクチンおよび他の免疫があベースの癌治療(Lai 2010年に「アジェバント」としてまた調査中である; 儲2011年; 林2011年; 朱 2012年)。
  • Reishiの多糖類はほとんどの免疫細胞が生まれる骨髄の成長を誘発する。 化学療法による骨髄の絶滅の後で、reishiは赤いおよび白血球(朱2007年)の生産を高めた。
  • 免疫組織の多くの細胞ラインのReishiの増加数そして機能は、NK細胞のような、抗体産出のb細胞および新しいのへの急速な応答に責任があるT細胞または抗原(2011年1月を「覚えていた」; Wang 2012年; Jeurink 2008年)。

immunosenescenceの硬貨の反対側で例えば慢性関節リウマチで見られるように慢性の発火の間に、正常で激しい炎症性応答(Ji 2011年を維持している間作り出される炎症性cytokinesを抑制するために、reishiのさまざまな部品は働く; Kohda 1985年; Ho 2007年; Ko 2008年; XI Bao 2006年)。 慢性の発火の条件の下で、reishiは炎症性促進者(Dudhgaonkar 2009年)を減らす。

ビタミンA

ビタミンAおよび前駆物質のベータ カロチンは、有効な酸化防止剤(セレソ2012年である; Liebler 1996年; Stahl 2012年)。 さらに、ビタミンAおよびベータ カロチンはHSVの伝染の文脈で関連したある独特な特性があるかもしれない: ベータ カロチンはHSV-1発生の知られていた制動機である日光の損傷から皮の保護を助けることができる(Stahl 2012年)。 さらに、血清のビタミンAのレベルはHSVのウイルスに取除くことに対する効果をもたらすようである: ホルモン性の避妊を取っていない非妊娠した女性で低いビタミンAのレベルが女性の生殖地域(Mostad 2000年)からのHSVの高められた取除くことと関連付けられたことが報告された。 これはビタミンAが他にヘルペスの伝達を防ぐのを助けるかもしれないことを提案する。

ビタミンD

過去のビタミンDで骨の健康の維持に於いての役割のために認められる間、それが同様に有効なimmunomodulatorであるかもしれないことを最近の証拠は提案する(Aranow 2011年; Lang 2012年)。 例えば、ビタミンDの不足は伝染(Aranow 2011年)への損なわれた免疫機能そして高められた感受性と関連付けられる。

証拠の複数のラインはビタミンDがヘルペスを戦うのを助けるかもしれ、発生を屋根をふくことを提案する。 1つの調査では、受け取った透析患者は鉄およびビタミンDの補足鉄片発生(Chao 2012年)を開発してまずなかった。 ビタミンDはまた鉄片(Bartley 2009年)と関連付けられる苦痛を軽減できるかもしれない。 さらに、この執筆の時現在にビタミンDが鉄片ワクチン接種(Ginde 2012年)へのより強い免疫反応に貢献できるかどうか見るために、調査は進行中だった。

ヘルペスの発生に関して、研究者の1つグループは複数のウイルスへのビタミンDの状態と抗体のレベル間の関係を、多発性硬化および制御を用いる子供のヘルペス・ウイルスを含んで、調査した。 彼らはより高いビタミンDのレベルが増加されたビタミンDのレベルが免疫組織がよりよく伝染(Mowry 2011年)に答えるようにするかもしれないことを提案する多発性硬化の子供間のHSV-2に対してより多くの抗体と対応したことが分った。 ビタミンDはHSV-1および他のウイルス(ひげ2011年)に対して抗ウィルス性の特性があるcathelicidinと呼ばれる免疫学の抗菌ペプチッドのレベルを増加またできる。

亜鉛

亜鉛は免疫組織の多くの面の役割を担う。 亜鉛不足は伝染(Overbeck 2008年の免疫の機能障害そして高められた危険と関連付けられた; Prasad 2008年)。 調査は亜鉛レベルが年齢と減りがちであることを明らかにする免疫機能(Haase 2009年)の低下に平行して。

実験室調査では、亜鉛硫酸塩によりHSV-1 (ゴードン1975年)の写しの98%の阻止まで引き起こした。 さらに、亜鉛–酸化亜鉛入る細胞(アントワーヌ2012年)からHSV-2を防ぐことで有効であると–の別の形態は見つけられた。 動物モデルは亜鉛解決が腟か直腸HSV-2伝染から保護することを示した(ボーン2005年; フェルナンデスRomero 2012年)。 また、項目亜鉛軟膏が人間(ゲービー2006年)の単純ヘルペスの皮膚の発生を扱うのに首尾よく使用されていた。 さらに口頭ヘルペスの損害(Ulbricht 2012年で重要な改善を引き起こすために、他の自然な原料と共に酸化亜鉛を含んでいる項目軟膏により示されていた; ゴッドフリー2001年; Singh 2005年)。

リジン

単純ヘルペス ウイルスは多量のアミノ酸のアルギニンがきちんと複製するように要求する(Tomblin 2001年)。 HSVが複製することができるようにリジン、別のアミノ酸にアルギニンに、同じような構造があり、それを困難にする効果に反対する(Tomblin 2001年)。 例えば、リジンでアルギニンで低く豊富な食事療法はHSVの写し(Rubey 2010年)の抑制を助けるように示され。

Lリジンの1グラムの消費が6か月間1日あたりの3回ヘルペスの発生(グリフィス1987年)の頻度、持続期間および厳格を減らしたことが二重盲目の、偽薬制御の調査分られる口頭顔か陰部ヘルペスの含まれた関係者。 他の調査はまたリジンの補足がHSV-1伝染の間に起こる冷たい傷の頻度を減らすことができることが分った(Ozden 2011年)。 全体的にみて、リジンは規則的に使用されるときHSVの燃え上がりの強度そして頻度を減らせるようである(EBSCO CAMの審査委員会2011年)。

プロポリス

プロポリスはミツバチの巣から得られる樹脂そっくりの物質で、薬効がある使用(自然な薬の広範囲のデータベース2012年)の長い歴史がある。 それは多数に反HSV 1活動(Schnitzler 2010年)があるポリフェノール含んでいる、およびフラボノイドを含んで複数の混合物の混合物を。 炎症抑制の特性とともに免疫組織で、ある効果の変化は、それがボディが伝染(Storcin 2007年)を戦うのをもっと効果的に助けるようにするかもしれない。

1つの調査ではかなり細胞培養(Amoros 1994年)のHSVの統合を禁じると、プロポリスの要素は見つけられた。 別の調査はプロポリスのエキスに細胞培養(Nolkemper 2010年)でHSV-2に対して有効な抗ウィルス性の活動があることを示した。 特に、プロポリスからのフラボノイドを含んでいる軟膏は陰部ヘルペスの損害の直り、抗ウィルス性の薬物のacyclovir (Vynograd 2000年)よりローカル徴候を減らすことの援助で有効だった。 プロポリスは、3%の軟膏のようなまた、口頭ヘルペスによって引き起こされた冷たい傷の持続期間を減らすために示され、損害(Ehrlic 2011a)と関連付けられた苦痛を減らした。

Lactoferrin

Lactoferrinは牛および人間のミルク両方(Berlutti 2011年)で見つけられる蛋白質である。 それに自然な抗菌特性があり、細菌、菌類、寄生、およびウイルス感染(バレンティ2005年からボディの保護を助けられる; Berlutti 2011年; Jennsen 2008年)。 特に、多くの調査はlactoferrinがまたHSV-1およびHSV-2の写しを禁じ、入る細胞(藤原町1995年からウイルスを妨げられることを示した; Välimaa 2009年; Andersen 2004年; Marr 2009年; Jennsen 2008年; Jennsen 2005年)。 これらの調査結果を確証するために臨床試験が必要であるがlactoferrinはHSVの伝染に対して有望な治療上の代理店のようである。

クルクミン

クルクミンはスパイスのウコン(Aggarwal 2007年)で見つけられる混合物である。 ボディがウイルスが引き起こすそれらを含む多くの伝染を、戦うのを助けることを考え、炎症抑制そして酸化防止活動(Chainaniウー2003年)があり。 さらに、項目クルクミンを含んでいることを使用された病気によりのためにインドの伝統医学で鉄片(Chainaniウー2003年)のようなまめを、引き起こすクリーム状にする。 クルクミンはHSV-1およびHSV-2 (Zandi 2010年を伝染に対して保護に与えるために示されていた; Khan 2005年; Kutluay 2008年)。 HSV-1に対する活動は起こるために伝染および写し(Kutluay 2008年)に必要な遺伝子の表現からのウイルスを保つクルクミンの能力が原因で示されていた。

Fucoidans

Fucoidansは食用の海藻および他のある大洋性の源(Fitton 2005年)で見つけられる自然発生する砂糖ポリマーである。 Fucoidansは免疫組織(Fitton 2005年)を刺激するために示されていた。 さらに、多くのfucoidansにHSV-1およびHSV-2 (李2008年を含む複数の共通のウイルスに対して有効な抗ウィルス性の活動が、ある; Ly 2005年; フェルドマン1999年; リー2004年; Fitton 2005年; Hayashi 2008年)。 動物モデルはボディの免疫反応の刺激fucoidansがによる直接阻止を組み合わせてHSV-1からウイルスの写しのそしてウイルス(Hayashi 2008年)ことをから保護することが分った。 口頭fucoidan、10日間管理されて、治療の促進を助け、HSV-1およびHSV-2伝染と鉄片(Fitton 2005年)の損害の再活動化を禁じることができる人間の調査は示した。

レモン バーム

レモン バーム(Melissaのofficinalis)はヘルペスの発生(Yarnell 2009年)を含む疾患の多数を、扱うのに伝統的に使用されるミントの形態である。 複数の実験室の実験はHSV-1およびHSV-2両方(Mazzanti 2008年に対してレモン バームのエキスいろいろ抗ウィルス性の活動を所有していることを示した; Astani 2012年; Schnitzler 2008年; Geuenich 2008年; Nolkemper 2006年; Allahverdiyev 2004年; Dimitrova 1993年)。 臨床試験は項目レモン バームの準備の効力を評価し、プラスの結果を示した。 1つの試験では、レモン バームの軟膏は偽薬と比較された口頭ヘルペスの徴候を時5日間応用4回の日刊新聞改善した; レモン バームの処置はまた発生の広がりを防ぎ、レモン バームが発生(Koytchev 1999年)間の時間を増加するかもしれないことを著者は提案した。 レモン バームのエキスとのローカル療法が効果的に口頭ヘルペスの徴候(Wolbling 1994年)を楽にすることがまた分られる115人そして116人の患者を、それぞれ含む2つの付加的な試験。

Licorice

Licorice (Glycyrrhiza spp。) HSV-1および水痘のzoster (Fiore 2008年を含む複数のウイルスに対して抗ウィルス性の活動を、示した; Takahara 1994年)。 単純ヘルペスの脳炎の動物モデルでは、licorice根のエキスは45%頭脳のHSV-1重大な写しを減らし、かなり扱われた動物(Sekizawa 2001年)の残存率を改善した。