生命延長血液検査の極度の販売

肝炎

診断

HCVの伝染は通常定期的な血のテストの間に検出される。 レバー酵素のアラニン トランスアミナーセ(ALT)の上昇値はHCVの可能な伝染に医者に警告する。 医者がHCVを疑えば肝炎のウイルス(Wilkins 2010年、CDC 2012a)に抗体の存在を検出し、普通テストする肝炎は血液検査から始める。

病気はHCVの抗体の存在か血のウイルスまたはウイルス プロダクトの直接存在によって診断することができる。 スクリーンが肯定的なら病気およびガイドの処置の決定(Wilkins 2010年)の厳格を査定するために、レバー バイオプシーはまた推薦されるかもしれない。

HCVの伝染の率がこの人口(CDC 2012c)で特に高いのでベビー ブーマー(1946年と1964年の間に耐えられる人々)は特に検査を受けるようにせき立てられる。

非侵襲的な用具は肝炎の進行を監視して今利用できる

HCVの患者では、レバーの線維症の進行のある程度を定めることはある重大および新しい方法はこれを侵略的なレバー バイオプシーのための必要性なしで可能にさせるかもしれない。

1つの新しいアプローチは同期的に完全なレバー線維症の査定(Boursier 2011年をもたらすためにアルゴリズムに 分析される超音波ベースの一時的なelastography ( Fibroscan)を結合する、および血液検査(FibroMeters); Echosens 2012年; Cales 2011年; Cales 2008年)。

慢性の肝炎の1,785人の患者の大きい調査では、この新しい方法の診断正確さは現在のアルゴリズムのそれとかなり異ならなかったが、より精密な診断(Boursier 2012年)を提供した。 また、この新しい組合せ方法は単独でFibroMetersかFibroscanより線維症の段階の分類ではるかに正確である(Boursier 2011年)。

もう一つの非侵襲的な作戦はまた今レバー線維症を査定するために利用できる。 FibroTestは 肝臓障害(Poynard 2011年)のある程度に関連するスコアを発生させるのに5回の血液検査の結果を使用する特許を取られたテストである。

慢性HCVと1,457人の患者を含む最近の調査では慢性HCVの人々の5年の存続を予測するのを助けられる非侵襲的なレバー線維症テスト。 忍耐強い結果はFibroTestの高められたレバー剛さおよび価値と低下した。 より早い予想を促進するある特定の処置は、レバー移植のような、評価することができる(Vergniol 2011年)。 FibroTestおよびActiTest (necroinflammatory活動の査定)はFibroSure (Poynard 2012年として米国で販売される; Cales 2011年)。