生命延長ばねのクリアランス セール

菌類伝染(カンジダ)

カンジダ伝染のための栄養療法

カンジダ伝染(Hsu 2011年)の上昇、および一般的なantifungal薬剤(Pfaller 2012年)、防止のための新しい療法およびこれらの伝染の管理に対する増加する抵抗を必要与えられる(Mailanderサンチェス2012年)。

精製された炭水化物 (例えば、パスタ、パン、菓子、清涼飲料、等)の取入口の制限のような食餌療法の修正はカンジダ伝染を用いる人々のために有用かもしれない。 より高い食餌療法の砂糖はvulvovaginal candidiasisと関連付けられ、異常なブドウ糖の新陳代謝は繰り返しのvulvovaginal伝染(Donders 2010年)と関連付けられる。 炭水化物で豊富な食事療法はまた消化器のカンジダ繁茂と関連付けられ、粘膜の侵入(Weig 1999年に貢献するかもしれない; Akpan 2002年)。 実験室調査は余分なブドウ糖がカンジダへの免疫組織の応答、またantifungal薬剤(Rodaki 2009年)のazoleのクラスを弱めることを示す。 Candidiasisの患者は悪い栄養物が細菌および菌類伝染(カーティス2010年)のための一般に見落された危険率であるので健康で、バランスのよい食事療法を維持するべきである。 血糖制御についてのより多くの情報は糖尿病の議定書で 利用できる

Probiotics –乳酸桿菌のようなprobioticsが粘膜のカンジダ伝染(Mailanderサンチェス2012年)に対して有利である提案し、1年(Falagas 2006年)ごとの3つ以上のイースト伝染に苦しむ女性のために特に考慮されるべきであることをデータは。 研究は能力probioticsがカンジダの成長を(ボディのさまざまな地域で)抑制し、細胞の表面(Balish 1998年)ことをに付着するカンジダの禁じることによって有利な行為を出すことを示す。

probiotic細菌を含んでいる栄養製品は(例えば、ある特定のチーズおよびヨーグルト)人体(Hatakka 2007年の制御カンジダ成長を助けることができる; ウィリアムス 2002年)。 調査では、乳酸桿菌を含んでいるヨーグルトは腟のイーストの減らされた量と(文化によって検出される)関連付けられた、また腟排出の減らされた率はイースト伝染(マルチネーゼ2009年)と関連付けた。

ヨーグルトが長く腟のcandidiasisのための好みの自然な治療として考慮され、カンジダalbicansの成長(ウィリアムス2002年を 抑制するために 示されていた間、; Hamad 2006年)、女性は注意深く砂糖で低いヨーグルト プロダクトを選ばなければならない。 口頭でまたは腟に管理される乳酸桿菌を含んでいる補足のprobioticsはまた尿生殖の伝染の解決を助けることができる(を含むイースト伝染) (Reid 2001年; Abdelmonem 2012年)。 特に、乳酸桿菌種のrhamnosusおよびreuteriは腟の植物相をrepopulating、イースト人口(Reid 2003年を減らすために調査された; Reid 2009年)。

Probioticsはまた抗生物質のコースの後で有用かもしれない。 病原性のある細菌を殺すのに使用される抗生物質がまた危険な状態のイースト伝染(Donders 2010年)を開発するために女性を置く膣の有利な細菌の植物相を破壊する。 Probioticsはまた腸の細菌のバランスをとり直すのを助けこうして漏れやすい腸シンドローム(Horne 2006年)の徴候を避けるのを助けるかもしれない。

Resveratrol – Resveratrol、ブドウの皮で見つけられる赤ワインの炎症抑制の特徴に混合物は貢献するかもしれない。 2007年に、研究者は(実験室で) resveratrolの殺菌活動を調査したカンジダ albicansに対して。 彼らはresveratrolが有効なantifungal特性を示した結論を出し、ことをamphotericin B (Jung 2007年)のような慣習的なantifungal薬剤より安全ようである。 2010年に、それ以上の研究はresveratrolが伝染性の形態に変える カンジダalbicans の機能を損なう明らかにしカンジダ伝染に対してことをこうして有用な代理店であるかもしれない。 実際、resveratrolの化学構造はantifungal薬剤(Okamoto芝山町2010年)の全く新しいクラスの基礎を形作るかもしれない。

Goldenseal – Goldenseal (Hydrastisのcanadensis L.)は発火および伝染を戦うのに使用されていた植物である。 goldensealの有効成分は実験室の設定(劉2011年)のカンジダに対して強いantifungal効果をもたらすために示されていたberberine (Ettefagh 2011年)である。 Berberineはまたカンジダalbicansに対して実験室 調査( 魏2011年で一般的なantifungal薬剤(例えば、fluconazole)を伴って使用されたとき相助効果を示した; Iwazaki 2010年; Xu 2009年)。 Berberineは菌類の機能との干渉によって宿主細胞(Yordanov 2008年)に突き通り、付着するカンジダ成長を戦うことができる。 調査のずっと結果は、resveratrolとの場合に類似した、antifungal薬物(公園2006年の新しいクラスを表すかもしれないberberineの総合的なアナログが開発されているほど肯定的である; 公園 2010年)。

Lactoferrin – Lactoferrin、粘膜の分泌(例えば、人間の初乳/ミルク、破損、唾液および精液液体)で(Haney 2012年見つけられる蛋白質; Andrés 2008年; Venkatesh 2008年)、細菌、菌類、ウイルスおよび原生動物門(Kobayashi 2011年)に対して広スペクトルの抗菌活動を所有している。 Lactoferrinはいろいろ病原性のあるカンジダ種類に対して重要なantifungal効果を示す(すなわち、 カンジダ albicans、tropicalis カンジダkrusei および カンジダ)(Al教主2009年)。 カンジダ成長と単独で干渉するlactoferrinの能力に加えてそれはまた共通のantifungal薬剤との有効な共働作用を表示する; カンジダ(Kobayashi 2011年)に対してfluconazoleのantifungal活動を高めることを示した。 カンジダずっとalbicansに対するlactoferrinのantifungal 活動が 確立しているが、この効果を達成するメカニズムは明らかにとしてない(Andrés 2008年)。 結合するLactoferrinの能力はantifungal活動(円2011年)にアイロンをかけるために特に鉄がカンジダ種(Al教主2009年)の拡散を高めるようであるので貢献するかもしれない。

牛のような、人間の源から得られるLactoferrinは口頭カンジダ(Venkatesh 2008年)の成長を禁じる。 但し、ウシによって得られるlactoferrinはoropharyngeal candidiasis (山口2004年)のための有望な処置の選択としてとりわけ識別された。

茶木のオイルの 茶木オイルは植物のMelaleucaの原産のオーストラリアのalternifolia (M.のalternifolia)の葉から得られる精油である。 薬理効果のために有名で、オーストラリアの土人によって風邪、咽頭炎、皮の伝染および虫刺され(Larson 2012年を扱うことを使用した; Warnke 2009年)。 茶木オイルにいろいろ治療上の特性が(例えば、炎症抑制および防腐性)あり、いくつかの自然な化粧品プロダクト(例えば、シャンプー、マッサージ オイルおよび皮/釘のクリーム)の普及した原料(Larson 2012年である; Catalán 2008年; Mondello 2006年)。 多数の微生物(Catalán 2008年)、カンジダ伝染(Willcox 2005年)のための処置としてショーの約束を除去することができる茶木オイル。 動物実験は茶木オイルの活動的な混合物のその、terpinen-4-olを、腟のcandidiasis (Mondello 2006年)の薬物対抗性の形態を扱うために特に有望かもしれない示す。 なお、茶木オイルはfluconazole抵抗力があるoropharyngeal candidiasis (Wilcox 2005年)に対して有利な効果をもたらすかもしれない。

実験室の研究は茶木オイルが複製することをカンジダの能力の禁止によってイースト殺害の効果を出すことができることを示す。 それはまたカンジダ(Catalán 2008年)の膜の特性/機能と干渉するようである。 さらに、研究は茶木オイルを減らすヒト細胞の表面(Sudjana 2012年)に付着するカンジダの能力を示した。

茶木オイルは接触性皮膚炎と時折(原則的に使用されたとき)関連付けられるが、安全であることを一般に考慮する。 但し、それは口頭で摂取されたとき有毒である場合もあり、いろいろマイナスの効果(例えば、) (Larson 2012年嘔吐、下痢および幻覚)を作り出す。 従って、それは普通原則的に使用され、幼児の手の届かないところに保たれるべきである。

他の精油 –精油(すなわち、揮発性油)はそれらに特定の臭気かにおい(NIH 2012年)を与える芳香の工場の内で見つけられる混合物を示す。 ほとんどの精油は生物活動(de Araujo 2011年)の大きいスペクトルが臨床原因でであるさまざまな化学薬品の混合物である。

茶木オイルが1カンジダ(Mondello 2006年)に対する生物活動のための最も重要な精油の考慮されるが、いろいろ精油は反カンジダ特性(例えば、carvacrol、1,8-cineole、ゲラニオール、germacrene-D、リモネン、リナロール、メントールおよびthymol) (Azimi 2011年)を所有している。 ゼラニウム油(か主要なコンポーネントのゲラニオールを)含む実験モデルはカンジダ細胞の成長(丸山町2008年)を抑制したことを示す。 さらに、クローブ オイルおよび主要な構成オイゲノールはカンジダ(Nozaki 2010年)に対して特に有効な効果を示し、単独でカンジダalbicansのまたは他の共通のantifungal 薬剤を伴う 複数の薬剤の抵抗力がある形態に対して有効かもしれない(例えば、fluconazoleかamphotericin B) (Khan 2012年)。 実験室調査はモロッコのタイムからの精油が可能性としては次々と準の副作用および処置の費用(Saad 2010年)を最小にするかもしれない大量服用のための必要性を減らす共通のantifungal薬剤と、共働作用して機能するかもしれないことを示した。 研究はまたcandidiasis (オリバMde 2011年)の処置のための有望な 代わりとしてレモン バーベナ(Aloysiaのtriphylla)の精油を識別した。 オレガノの精油から隔離される混合物はantifungal活動を同様に所有している(Rao 2010年)。

ニンニク –何世紀にもわたって、sativumニンニクの 植物Aliumは 普及した食糧、スパイスおよび草の治療(Aviello 2009年として使用された; Dini 2011年)。 ニンニクは心血管の(Ginter 2010年)、抗癌性、酸化防止の、および抗菌利点(Dini 2011年)を所有するために注意された。 ニンニクにより(および構成allicinイーストで)有効な成長の阻止を引き起こし、粘膜および全身/侵略的なcandidiasis (チョン2007年に対して有効である場合もある; 低い 2008年)。 研究はbiofilm (カンジダの部品ある特定のantifungal代理店に対して抵抗力があるようになるようにそれがする)の成長の減少に対する効果によるそのallicinを共通のantifungal薬剤に対して抵抗力があるようになるカンジダの能力を減らすかもしれない提案し。 Allicinはまた膜(Khodavandi 2011年)の破壊によってカンジダの生産を減らすことができる。 臨床試験はニンニクののりの項目管理がclotrimazoleの解決(この徴候)口頭candidiasisの徴候の抑制で同様に有能(Sabitha 2005年)のための慣習的なantifungal処置だったことが分った。 同様に、カンジダvaginitisの臨床調査はニンニク及びタイムを含んでいる腟クリーム間の処置の応答に相違がなかったおよびclotrimazole (Bahadoran 2010年)を含んでいる腟クリームことを結論した。

付加的な代わりとなる療法

AHCC –活動的なヘキソースによって関連させる混合物(AHCC)は 担子菌家族の菌類から得られるエキスである。 AHCCはいろいろな無秩序(NIH 2012年)に対して生物活動を示した。 実験研究はimmunocompromisedの中でAHCCがカンジダ伝染に対して保護効果をもたらすようであることを特に示した(Ikeda 2003年)。 同様に、2008実験調査はAHCCの補足が鋭くカンジダalbicans (Ritz 2008年)のようないろいろな病原体に感染するホストの 存続を 高めるかもしれないことを提案した。 健康な免疫組織を支える付加的な療法は議定書を増強する免疫組織 で見つけることができる

カプリル酸 –カプリル酸(すなわち、オクチル酸)は抗菌性および反菌類の特性(大村2011年)のために有名の市販の代理店として入手しやすい。

ホウ酸– ホウ酸(すなわち、boracic酸かorthoboric酸)は強い骨および筋肉を造ること、また認識機能および筋肉調整(NIH 2012年を支えるための補足として頻繁に使用されるミネラルほう素の共通の形態である、; Iavazzo 2011年)。 イースト伝染(NIH 2012年を扱うホウ酸は菌類(すなわち、静真菌性の行為) (Iavazzo 2011年)の成長そして再生を禁じるために示され使用された内部腟またである; Spence 2007年)。 実際、2011総論はホウ酸が再発イースト伝染(Iavazzo 2011年)のための安全で、有効で、比較的安い処置として推薦されるかもしれないことを結論した。 ホウ酸はまた慣習的な療法(Donders 2010年)に対して抵抗力があるほとんどのイースト伝染の処置のために有効であると証明され、こうしてこの徴候(das Neves 2008年)のための二番目のラインの代わりとなる処置の選択として考慮されるかもしれない。