生命延長血液検査の極度の販売

Sjögrenのシンドローム

Sjögrenの薬剤の処置

少数の薬剤の処置はSjögrenのシンドロームのための効力を示した。 共通の養生法はcholinergics、またインターフェロン アルファ(Venables 2004年)として知られている薬剤を含んでいる。 Cholinergicsはアセチルコリン、涙および唾液腺を刺激する神経伝達物質をまねることによって副交感神経システムを活動化させる。 規定される2 cholinergicsは最も頻繁に下記のとおりである:

  • Pilocarpine。 Pilocarpineはxerostomia (ドライ アイ)の徴候を減らすために示されていた。 それにより胃腸混乱(Nusair 1999年)を引き起こすことができる。
  • Cevimeline。 Cevimelineは(30 mg)取られた3回の日刊新聞よく容認されるようで、ドライ アイの本質的な救助を提供する。 二度その線量は不利なでき事、特に消化器の無秩序の発生の増加と関連付けられた。 余りにも大量服用のCevimelineによって引き継がれる長い期間によりまたは夜間視界の眠気、余分な発汗、干渉、またより深刻な副作用(ファイフ2002年)を引き起こすにはできる。

インターフェロンはまたSjögrenの処置で使用された。 第一次Sjögrenのシンドロームの患者の間で唾液出力を改良し、重要で不利な医学のでき事(Yamada 2005年)をもたらさないでxerostomiaの不平を減らすために、インターフェロンは示されていた。