生命延長血液検査の極度の販売

硬皮症

硬皮症の開発そして進行

硬皮症は3つの重要要因の主に結果である: 血管の損傷、自己免疫の応答および線維症。 多くの方法では、これらの要因は悪循環を作成する、従って病気は普通進歩的である; これは全身の硬化(Gabrielli 2008年のため特にそうである; Gomer 2008年)。

血管の損傷

小さい血管は硬皮症によって引き起こされる損傷および機能障害に特に傾向がある。 管の機能障害は発火の大抵血管が「役立たず」に似合い、拡大し、引き締まる機能を破壊する線維症である、および結果(Varga 2008年)。 硬皮症に起こる管の損傷の主要な認刻極印はendothelial 機能障害である。 内皮は血管(Varga 2008年の敏感で最も深いライニングである; Deanfield 2005年; Patel 2001年; Gabrielli 2009年)。 最悪の場合全身の硬化の、劇的な管の機能障害は生命にかかわる(ハンマー2008年)。

さらに、硬皮症は血管のカルシウムの高められた沈殿と関連付けられる。 1つの調査では中心(Mok 2011年)を供給する動脈の適当に厳しい石灰化の11倍の高められた危険があると、全身の硬化の患者は見つけられた。 さらに、全身の硬化の患者の死体解剖の調査は頭脳(鷲1998年)を供給する小さい血管の広範な石灰化を見つけた。 

発火および自己免疫の応答

炎症性および自己免疫の反作用はまた硬皮症で見られる組織の損傷および機能障害に貢献する。 血管の変化は内皮内の炎症性応答をもたらす。 次に、損なわれたendothelial細胞は血管の壁に免疫細胞を募集する炎症性シグナリング分子、特にCD4+の助手のT細胞を、解放する。 余分な炎症性仲介人の存在は血管の完全性の継続的だった悪化およびより多くの発火および線維症のそれに続く生成を補強するのに役立つ。 自己免疫はまた血管の炎症性損傷に自己免疫の応答が硬皮症(Varga 2008年の主開始の要因ならそれが確信を持って知られないけれども、貢献する; Castro 2010年; Gabrielli 2009年)。

線維症

線維症は普通柔らかく、可鍛性であるティッシュの堅くなるか、または硬化を記述する。 それはコラーゲンを作り出し、その「接着剤」が(細胞外のマトリックスと呼ばれる)ティッシュを合わせる繊維芽細胞と呼ばれる専門にされた細胞の終わる活発化の結果として起こる。 従って結合組織はコラーゲンおよび他の蛋白質、従って余分なコラーゲンが繊維芽細胞のoveractivationによって作り出されるとき、結合組織から異常に集まることができ成っていてティッシュの線維症に貢献する。 DNAの損傷および硬皮症の患者で高められる親炎症性酸化圧力は繊維芽細胞のoveractivation (Gabrielli 2012年の後ろの主要な原動力であるために提案される; Avouac 2010年)。

線維症は硬皮症–皮の堅くなることの最も明らかな徴候に責任がある。 但し、器官および血管の線維症は同様に起こることができ、これは硬皮症と関連付けられる全身の複雑化のいくつかに貢献する。

硬皮症に於いての酸化圧力および発火の役割

遊離基の蓄積はティッシュの線維症の硬皮症の開発そして進行の重要な役割を、特に担うと考えられる。 内生遊離基の形成と酸化防止防衛メカニズム間の混乱させたバランスが反応酸素種(Gabrielli 2012年)の余分な生成をもたらす硬皮症にあるかもしれないことが提案された。 実際に、高められた酸化DNAの損傷は健康な制御(Avouac 2010年)と比較される硬皮症の患者で観察された。

遊離基が硬皮症のティッシュの線維症にいかにについての貢献するか少数の理論がある。 最初に、遊離基は直接コラーゲンおよび細胞外のマトリックスを作り出す繊維芽細胞と呼ばれる専門にされた細胞を活動化させるかもしれない。 別の理論は余分な結合組織が破壊されことができる、繊維状ティッシュの蓄積を間接的にもたらすボディによって取り除かれてように、直接活動化の繊維芽細胞よりもむしろ、遊離基がそれを大いにさらに困難にするかもしれないことを提案する。 たぶん、両方のメカニズムおよびおそらく他は硬皮症(Gabrielli 2012年)の酸化圧力とティッシュの線維症間の関係にけれども発見されるために、かかわる。

硬皮症に反応酸素種の厳密な貢献を囲む不確実性にもかかわらず科学者は酸化防止剤との療法が効果的に酸化圧力によって引き起こされるfibrotic変更の一部を軽減するかもしれないことを提案する。 例えば、緑茶で見つけられる酸化防止phytochemical epigallocatechinの没食子酸塩(EGCG)がfibrotic変更(Dooley 2010年に対してかもしれないことを動物および人間の調査からの証拠は提案する、2012年)守る。

発火はまた硬皮症の開発を仲介することの役割を担う。 特に、硬皮症に独特血管の損傷は炎症性反作用によって主として運転される。 発火はまたティッシュの線維症(バーンズ2011年)に貢献するかもしれない。

炎症性仲介人のinterleukin6 (IL-6)は潜在的な治療上のターゲットとして硬皮症の処置のリサーチからの重要な興味を引き付けた。 興味深いことに、健康な個人(Feghali 1992年)からの繊維芽細胞よりIL-6の全身の硬化の明白なハイ レベルを持つ個人の皮膚損傷から隔離される繊維芽細胞。 臨床試験は進行中であり硬皮症の処置(バーンズ2011年)のIL-6調節の効力を調査する。

硬皮症に於いての発火のための重要な役割を助ける付加的な証拠は調査結果からT-cellsと呼ばれる「活動化させた」状態の線維症の場所に免疫組織の部品があったこと来る。 これはこれらの免疫細胞が線維症の場所に募集され、積極的に炎症性反作用を促進していることを、意味するIL-6 (O'Reilly 2012年)の生成を含んで。 さらに、硬皮症の皮膚の線維症の場所の皮厚化のある程度は炎症性免疫細胞(Fleischmajer 1977年)のfibrotic変更と存在間の親密な関係を提案するティッシュを浸透させたT細胞の数に関連する。 T細胞を目標とする処置の様相は約束を示し、絶えず評価されている(O'Reilly 2012年)。