生命延長血液検査の極度の販売

関節炎–骨関節炎

診断

骨関節炎(OA)は身体歴および臨床検査(Busija 2010年)に基づいていた診断される。

レントゲン写真イメージ投射は OAの診断を援助できる。 それは共同スペース制限、骨の拍車および共同骨の醜状(マーフィー2012年)のようないろいろ解剖異常の同一証明を含む。 但し、共同異常の多くの患者が徴候を開発しないので、OAの診断は肯定的なレントゲン写真のイメージの基礎にもっぱら作ることができない。 同様に、OAの徴候の患者はレントゲン写真の証拠(Bijlsma 2011年)を表示しないかもしれない。

軟骨(dGEMRIC)のイメージ投射によって呼ばれる遅らせられたガドリニウム高められたMRIのより新しい方法は軟骨の質についての情報を提供し、初期(Siversson 2012年)のOAを診断する改善された方法を提供するかもしれない。 この方法はarticular軟骨に2時間少なくとも拡散する負荷電の対照の代理店の静脈内注入を含む。 対照の代理店の高められた集中は(MRIスキャンの正荷電区域で)その特定の領域(テイラー2009年)のarticular軟骨の損傷を表している。