生命延長スキン ケアの販売

増強する免疫組織

健康な免疫組織の支持

健康な免疫組織は私達が老化する、免疫の状態は栄養物、練習および圧力減少と密接に関連付けられると同時により重要に育ち。 妥協された免疫組織を持つ高齢者達そして人々は運動し、圧力を減らし、そして活動的な、免疫があ後押しの栄養プログラムを設計することについての彼らの医者に話すべきである。

ビタミンD。 より高いビタミンDを持つ大人(および子供)少数の契約を風邪、インフルエンザおよび他のウイルス感染(Ginde 2009年大幅に水平にする; Karatekin 2007年; Cannell 2006年)。 免疫細胞(Schauber 2007年)の抗菌ペプチッドの表現をupregulating間ビタミンDのdownregulates親炎症性cytokinesの表現。 この生物的メカニズムはビタミンDがそのような劇的な保護共通の病気に対してなぜ相談するか説明する。

グルタチオンのブスター。 グルタチオンはおそらく遊離基の損傷に対するボディの最も重要な細胞防衛である。 それは遊離基の清掃動物および専攻学生の酸化防止剤である。

グルタチオンの低水準は多くの病気につながる。 栄養不良および老化(CAI 2000年)はグルタチオンを減らす。 グルタチオンはまた主要なレバー解毒の細道の1つにかかわる。

グルタチオンはボディで口頭で取られたとき作り出されるが、容易に吸収される。 その代りグルタチオン(Bounous 2000年)を増加するのに、ボディによってグルタチオンの前駆物質が使用されるかもしれない。 グルタチオンの前駆物質はグルタミン、N acetylcysteine (NAC)、およびS adenosyl Lメチオニンを(同じ)含んでいる(Devlin 2002年)。 それはまたlipoic酸、またビタミンCおよびE.によってupregulatedできる。

グルタミン。 グルタミンはボディ(Roth 2002年)の最も豊富なアミノ酸である。 グルタミンの枯渇によりボディ(Roth 2002年)でグルタチオンのレベルのdownregulationを引き起こし、食餌療法の補足はこれらのレベル(Roth 2002年)を増加する。 グルタミンにimmunoregulative活動(Roth 2002年がある; 李 1995年)。 リンパ球および大食細胞は非常に高い比率(Newsholme 1994年)でグルタミンを使用する。 グルタミンはリンパ球の生産およびキラー免疫細胞の活動(Rohde 1995年1998年1996年を刺激する; Jurectic 1994年)。

グルタミンの枯渇は直る傷を遅らせ、器官の失敗を特定の条件下で危険性を高める(Wilmore 1991年)。 筋肉が試しの間で十分に回復しない持久力の運動選手はグルタミンを水平になる減らした(Shephard 1998年; Castell 1998年)。 何人かの科学者はその強い運動を信じるか、または外傷が原因で、焼跡重点を置く、または敗血症(血の伝染)は一時的に免疫機能(Newsholme 1994年)を妥協するグルタミンの負債にボディを強制する。

S adenosyl Lメチオニン。 S adenosyl Lメチオニンは(同じ)ボディ中現在の自然なアミノ酸である。 それはそれがDNAの統合を含むたくさんの化学反応に、およびRNA、蛋白質、melatonin、クレアチン、および多くの他かかわるので重大に重要である。 同じは重要なエネルギー源(Osman 1993年)およびグルタチオンの統合に本質的に関連していてである。

N acetylcysteine。 N acetylcysteine (NAC)は酸化防止剤として機能し、酸化圧力を高めるか、またはグルタチオンのレベル(Burgunder 1989年)を減らす条件のために推薦される。 NACはDNAに対する保護効果をもたらし、強力な遊離基の清掃動物である。 要求がある高め、それが要求されるティッシュにだけ集中することを考えるときだけグルタチオンの統合を(Burgunder 1989年)。 NACはある特定のcytokinesの集中を調整できる。 実験室調査では、それは低い集中にあり、高い濃度(Baier 1996年)でこれらのcytokinesを減らしたときIL-1およびIL-2レベルを増加した。 それはまた癌細胞ライン(Chiao 2000年)の細胞成長そして拡散を禁じる機能を示しより有毒な混合物(De Flora 1984年に発癌物質の変形を防ぐ; Wilpart 1986年)。

酸化防止剤および補酵素Q10

遊離基を掃除する機能のために酸化防止剤は重要な免疫があシステム ブスターである。 酸化防止剤との補足はビタミンC、Eを好み、Bのビタミンは免疫機能(Grimble 1997年)を改善するかもしれビタミンAとの補足は抗体仲介された免疫反応(Cantorna 1995年)を刺激する。

ビタミンEは強力な脂肪質溶ける酸化防止剤である。 それは遊離基を引っ掛けることによって免疫組織の細胞膜および他の細胞を保護し、リンパ球(Kaminogawa 2004年)の有効性を高める。

ビタミンC (アスコルビン酸)は免疫組織および酸化防止防衛(Kagan 1991年1992年の主要部分である; Peters 1993年)。 それは遊離基の生産を防ぎ、免疫細胞のDNAの損傷を減らす。 さらに、ビタミンCのdownregulatesはビタミンE (Schwager 1998年)のリサイクルに親炎症性cytokinesの生産加わり。

Bのビタミンは酸化防止防衛に間接的に貢献し、免疫機能のかなりの影響がある。 ビタミンB12およびB6はシステインの作成、グルタチオンの統合の主要部分の補足因子である。 BのビタミンおよびビタミンEの不足は免疫反応(Murrary 2000年)で異常を作成する。

Lipoic酸は抗ウィルス性、自由根本的癒やすこと、および免疫があ後押しの質の有効な酸化防止剤である。 それは脂肪および水両方(Kagan 1992年)で溶ける、酸化させ、減らされた形態(Bustamante 1998年)で活発であるので珍しく。 Lipoic酸は他の酸化防止剤を再生できる(例えば、かなりビタミンCおよびE)および昇給のグルタチオンのレベル(包装業者1995年1997年; Scholich 1989年; Fuchs 1993年)。

アミノ酸のチロシンから総合される補酵素Q10 (CoQ10)は心筋の高い量にある。 CoQ10は利点の広い範囲を示した。 それはすべての体細胞のための第一次エネルギー源のアデノシン三リン酸(ATP)の生産の必要な補足因子である。 CoQ10のレベルは高められた脂質の過酸化反応と関連しているかもしれない人間が老化すると同時に自然に低下する。 CoQ10は遊離基の強力な酸化防止剤そして清掃動物である。 それは脂質の過酸化反応を禁じ、ビタミンE (Alleva 1995年)を共働作用して使用する。 CoQ10に免疫組織の刺激に於いての重要な役割があり、免疫機能(Folkers 1985年)の複数の変数を改善する。

乳しよう蛋白質。 乳しよう蛋白質はミルクから隔離される。 乳しようの蛋白質はボディにいつでも利用でき、乳しよう蛋白質は有効な酸化防止剤を含んでいる。 その酸化防止活動はグルタチオン(Walzem 2002年)へ前駆物質であるグルタミン酸塩およびシステインの高い濃度が原因である。 乳しようはまた免疫組織を高める次を含む複数の物質を含んでいる:

  • リンパ応答(Guimont 1997年)を調整するベータ ラクトグロブリン、
  • BおよびTのリンパ球に対する直接的な効果をもたらし、酸化圧力を減らす機能があるアルファ ラクトアルブミン、
  • 有毒な過酸化水素(Sundberg 1991年を減らすLactoperoxidase、; Ha 2003年)

Lactoferrin、乳しよう蛋白質の主要コンポーネントはまた酸化防止剤(Steijns 2000年)として、機能する。 それは腸の壁を通して細菌の吸収を禁じることができる。 乳しよう蛋白質はNK細胞(Nishiya 1982年)を活動化できる。 実験室では、lactoferrinはマウス(マーシャル2004年)の癌細胞の転移を禁じ、IL-2および自然なキラー活動(渡辺2000年)を高めた。

鉱物

銅、亜鉛(Prasad 2000年)、およびセレニウムの影響のような金属微量栄養は酸化防止酵素の活動および酸化圧力を減らすことができる。 子供の間で、亜鉛の不足、銅およびセレニウムは免疫の不足および伝染(Cunningham-Rundles 2005年)につながった。

セレニウムは複数にキーの新陳代謝の細道(Rotruck 1973年かかわる; McKenzie 1998年、 2000年)。 グルタチオンの過酸化酵素、グルタチオンをリサイクルする酵素は酸化防止活動(アーサー2003年)のためのセレニウムの存在によって、決まる。 植物食糧がセレニウムの主要な食餌療法の源(例えば、ニンニクはセレニウムで豊富である)であるが、食餌療法のセレニウムの高い濃度は肉に起こる。

亜鉛不足は減らされたTのリンパ球およびBのリンパ球機能のために損なわれた免疫機能に、部分的につながる。 亜鉛はIL-2 (田中2005年)の発火そして生産を減らす機能を示した。 銅および亜鉛は一緒にグルタチオンおよびスーパーオキシドのディスムターゼ(芝地)のような内部的に作り出された酸化防止剤を(Kuppusamy 2005年)刺激するために示されていた。

DHEAおよび免疫機能

Dehydroepiandrosterone (DHEA)は副腎によって作り出される。 DHEAは100代謝物質に持ち、ボディによってエストロゲンおよびテストステロンの生産のために使用される。

DHEAの血レベルは生命の第3十年にまで最高になったり、そして急速に低下する上がる。 Endocrinologistsおよび反老化の研究者はそれから他のステロイドのホルモンの低下を作り出すずっとDHEAのこの減少に焦点を合わせている。

動物実検は、DHEAが多くの生物学的作用を、抗癌性を含んでもたらすことを提案し、neurotrophic、そして反老化の効果(Bovenberg 2005年)免疫があ高める一般的な。 人のDHEAの補足の最近出版された総論は循環系、ボディ構成、皮、中枢神経系、性機能および免疫組織(Saad 2005年)の説得力をこめて研究をDHEAの肯定的な効果を示すことを見つけた。

細胞レベルで、DHEAはステロイド ホルモン(Perrini 2005年)として周辺ターゲット ティッシュの行為を、間接的に(男性ホルモン、エストロゲン、または両方への転換に続く)または直接出し。 より低いDHEAのレベルはIL-2の減らされた生産および親炎症性cytokine (ハンマー2005年)であるIL-6の前で増加と関連付けられる。 調査はより若く、老人でさまざまな年齢の人口のDHEAの血レベルそして周辺血の単核の細胞(PBMCs)を比較するために行われた。 結果は免疫組織(ハンマー2005年)の年齢準の変更にリンクを表すかもしれない老化の人間PBMCsによって性のステロイドの新陳代謝の重要な変更を示した。

さまざまな自己免疫疾患のDHEAの免疫調節の効果は調査された。 慢性関節リウマチの患者のDHEAの相対的な減少は、HIVおよびエイズ全身性エリテマトーデス、敗血症および外傷(陳2004年)注意された。 全体的にみて、DHEAの血レベルは診断要因として免疫組織の老化の影響の評価で使用された。 補足DHEAは老化の、重点を置かれた、およびずっと免疫があ妥協された個人(バレンティ2004年)の若々しいホルモン性の血レベルを元通りにするのに使用されたとき臨床的に貴重である。

DHEAの代謝物質の1つは、7 keto DHEA、また免疫組織を支える機能のために調査された。 調査は7 keto DHEAの補足の4週が年配の人および女性(Zenk 2004年)の免疫機能を改善したことが分った。 、65の年齢にわたる二重盲目のランダム化された、これでは偽薬制御の調査、22人の女性および20人は100 7 ketoのmgをまたは偽薬に毎日二度取った。 7 ketoグループは免疫のサプレッサーの細胞の重要な減少および免疫のヘルパー細胞の顕著な増加があった。 7 ketoグループはまた伝染に答える好中球、最初の白血球のdiastolic血圧そして増加の減少を見た。

Polyunsaturated脂肪酸

魚油および亜麻仁オイルで見つけられる炎症抑制の行為(Kaminogawa 2004年)のためにオメガ3の脂肪酸のようなPolyunsaturated脂肪酸は、調査された。 Polyunsaturated脂肪酸はTNF-α (ジョンソン1993年によって引き起こされる炎症性応答を減らす; Pedersen 2000年)。

米国のほとんどの人々にオメガ6 (例えば、コーン オイル)の動物性脂肪そして植物油の食事療法のためにオメガ6の脂肪酸へのオメガ3の比率で不均衡が高く高くある。 この不均衡は発火(カルダー1997年)と関連付けられた。 比率は補足のオメガ3に脂肪酸を取ることによって改善することができる。 オメガ3の脂肪酸はまたに示されていた:

  • 妨害しなさい細胞免疫組織(Pedersen 2000年)の抑制を
  • TNF-αの生産を抑制し、もたらしなさい炎症抑制の効果(Grimble 2002年)を

Probiotics

消化器は生きている細菌(microflora)に強い免疫反応を支えるのを助けるために頼る。 これらのprobiotic細菌はである外国の細菌およびアレルゲンが腸の壁を防ぐのを助け、腸の免疫組織(Marteau 2001年の全面的な健康にとって重要通ることを; Conway 1987年; ロビン ブラウン 1981年)。 Probioticsは付加的なprobiotic細菌(より完全な1991年の提供によって腸のmicrofloraを高めるヨーグルトおよびケフィアのような食糧にある、; Isolauri 2001年)。 最も一般的なprobiotic細菌は乳酸桿菌であり、bifidobacteriumはヨーグルトで、見つけた。

Probioticsはまた腸の免疫学の障壁を増強する。 乳酸桿菌はphagocyticおよび自然なキラー免疫細胞の活動(Kaminogawa 2004年)の改善によって自然免疫を刺激する。

ブドウの種のエキス

proanthocyanidinsとして知られているブドウの種の化学薬品に有効な酸化防止および免疫があ後押しの特性(Ashraf-Khorassani 2004年がある; Bagchi 1997年; Bagchi 1998年)。 それらはグルタチオンおよび芝地(ポン2000年)のような内部酸化防止剤の活動を高める。

ブドウの種のエキスの酸化防止剤は二度ビタミンC (Bagchi 1997年有効なビタミンEおよび4倍有効である; Bagchi 1998年)。 実験室調査では、proanthocyanidinsはIL-2の生産、およびIL-6 (Cheshier 1996年)の減らされた生産高められたNK細胞の力を高めた。

緑茶のエキス

カテキンとして知られている混合物のクラスを含んでいる緑茶のエキスは科学者が酸化防止および自由な根本的掃気能力についての詳細を学ぶと同時にますます普及するようになった。 緑茶の最も有効なカテキンの1つはepigallocatechin 3没食子酸塩(陳2002年)である。 緑茶のエキスはビタミンCおよびB (長谷川2002年でまた豊富である; 長谷川 1998年)。

緑茶に脂質新陳代謝の肯定的な影響があり、抗癌性の効果を出す。 緑茶は炎症性プロセスを調整し、DNAの損傷(林1998年)から保護する。 緑茶からのカテキンはかなりの酸化防止活動(陳2002年)を示し、有効な遊離基の清掃動物(Zhong 2003年である; ヒメネス ローペッツ 2004年)。

Hyperimmuneの卵のエキス

Hyperimmuneの卵のエキスは独特な免疫の保護を提供する。 ずっと昔に、 農業の科学者は人間を脅す細菌に対して雌鶏を免疫にすることができることを発見した。 この免除は彼女の卵(Dias daの樹林2010年に雌鶏をそれから渡された; 学部長2000年; Cama 1991年)。 それらのいわゆる「hyperimmune卵」の免除からの集中された蛋白質のエキスはそれらを消費する人間に相談する(Fujibayashi 2009年; Sarker 2001年)。

Andrographis

アジアおよびインドの治療師は伝染および発火から風邪および熱(Ji 2005年)まで及ぶ疾患の処置のために長くハーブのAndrographisの苦いpaniculataを規定してしまった。 研究者はいくつかのハーブの有効成分を隔離した。 これらの中の責任者は血の細胞産出の骨髄や脾臓のティッシュに対する効果を、一部には、出すと信じられるphytochemicalsのandrographolidesである。 1つのそのような混合物、andrographaninは、ある特定の白血球の機能を外国の細胞を確認し、中和する高める(例えば、腫瘍の細胞およびウイルス) (Ji 2005年)。

ベータ グルカン

ベータ グルカンは病気および伝染への応答を最大限に活用することによって自然に免疫組織を後押しできる。 ボディがベータ グルカンを自然に作り出さないので、それらを得る唯一の方法は館外資料によってある。 調査はベータ グルカンが意味するimmunomodulatorの代理店として誘発する免疫組織の調整を助けるそれをより有効にさせるでき事の滝を機能することを示した。 具体的には、ベータ グルカンは摂取し、侵入の病原体を破壊し、そして攻撃(アレルギーおよび感染症2012年の国民の協会)に他の免疫細胞を刺激する多目的な免疫細胞である大食細胞の活動を刺激する。 大食細胞はまたcytokines、分泌されたとき免疫細胞が互いに伝達し合うことを可能にする化学薬品を解放する。 さらに、ベータ グルカンは腫瘍かウイルスに致命的な白血球(リンパ球)をその縛り刺激したり、およびそれを破壊するために化学薬品を解放する。