生命延長血液検査の極度の販売

打撃

打撃の複雑化

認識能力、認識、調整、スピーチおよびバランスは打撃によって損なうことができる。 まひ状態はまた可能である。 特定の効果は悩障害の位置そして範囲によって決まる 例えば、頭脳の右半球以来ボディの左側の動きを、右半球の打撃ボディの左側のまひ状態をもたらすことができる制御する。 小脳の打撃はバランスおよび調整に問題を起こし脳幹の打撃は呼吸および心拍数のような不本意な「人生のサポート」機能を損なうことができ、死に導くことができる。 多くの患者の障害者をする打撃の5つの共通の複雑化は失語症、苦痛、pseudobulbar影響、管の痴呆およびまひ状態/spasticity (NSA 2012c、gのf)である。

  • 失語症。 すべての打撃の生存者の約25%は失語症-話されていたか、または文語を話し、理解する機能の減損--を経験する。 失語症はスピーチおよび言語処理にかかわる頭脳の地域への打撃誘発の損傷の結果である。 失語症を用いる多くの患者はスピーチ/言語療法(NSA 2012gから寄与する; メイヨー・クリニック2012c)。
  • 苦痛。 打撃の犠牲者は打撃に続く苦痛か週に後で月を経験するかもしれない。 何人かの打撃の犠牲者は接合箇所に隔離されるかもしれないローカルか機械苦痛を経験する。 このタイプの苦痛は傷つけられた筋肉か他の柔らかいティッシュによって引き起こされる。 他の犠牲者は頭脳への損傷によって引き起こされる慢性の中央苦痛を経験するかもしれない。 中央苦痛は傷つけられた頭脳が苦痛メッセージをきちんと解釈しない起こり、苦痛としてので最もわずかな接触を登録するかもしれない(NSA 2012f)。
  • Pseudobulbar影響。 脳幹および大脳皮質の区域を損なう打撃により-頻繁に破壊の正常な社会的な相互作用笑うか、または叫ぶことの制御できないエピソードで起因するpseudobulbar影響と呼ばれる条件を引き起こすことができる。 打撃の犠牲者の52%までpseudobulbar影響(Rosen 2008年の少なくともある徴候を報告する; Parvizi 2001年)。
  • 管の痴呆。 打撃の犠牲者のほぼ5分の1が彼らの精神および認識能力(NSA 2012c)の問題を開発すると推定されている。 知的な能力のこの損失は減らされた血の流れによって引き起こされる頭脳への組織の損傷からの管の痴呆そして結果と呼ばれる。 証拠は打撃が痴呆(Sahathevan 2012年)の危険を倍増することを提案する。 管の痴呆のよくみられる症状はメモリ損失、混乱および減らされた注意力(Pendlebury 2009年)を含んでいる。
  • まひ状態及びSpasticity。 打撃の犠牲者の経験の完全なまひ状態-自発的に筋肉を動かす無力。 それ以外の場合、患者は腕や足の動きを損なう剛さまたは筋肉のきつく締まるを経験するかもしれない。 spasticityと呼ばれるこの条件は頭脳の部分からの筋肉へのメッセージがきちんと運ばれないので起こる(NSA 2010年)。 場合によっては、傷つけられた頭脳は厳しいけいれんを起こすことに類似した苦痛な筋肉痙攣を引き起こす長い一定期間によりの契約に筋肉に信号を送る(Bhakta 2000年)。