生命延長スキン ケアの販売

心不全

心不全の診断

物理的な印および徴候

心不全の主徴候は含んでいる(Foley 2012年):

  • 呼吸する身体活動(練習の不寛容)のための減らされた容量をもたらす場合がある難しさ(呼吸困難)、および疲労。 穏やかな心不全では、呼吸する難しさは高度の心不全に残りで呼吸することは患者が困難かもしれないが身体活動の間にだけあるかもしれない。
  • 周辺か肺水腫(追跡2005年)で起因するかもしれない流動保持。 但し、心不全を用いるすべての人々が練習の両方不寛容および浮腫を表わさない。
  • 頻繁な夜の排尿(nocturia)。
  • 高度の心不全では、腹部の不快ゼーゼー息をすること、無食欲症および減量はの徴候現れるかもしれない。

心不全を提案するかもしれないある印は中心のサイズ(例えば心臓肥大症)の変更をおよび/または低い血の酸素のリズム、損なわれた肺の機能、証拠、および腹部の膨張含んでいる。 これらの印は心不全の厳格と普通進歩的であり、心不全が緩和するためにまたは厳しい段階(Foley 2012年)進むと同時に一部は穏やかな心不全で明白ではないかもしれないが現れる。

診察道具

練習のテスト。 練習のテスト(トレッドミル テストか6分歩行テスト)が練習の許容の変更を監視するのに使用することができ、ガス交換または血の酸素の飽和の測定と心血管機能(靴屋2012年の量的な徴候を提供するために結合されるかもしれない; Pollentier 2010年; 追跡 2009年)。

心血管機能変数。 心不全は左心室の放出の一部分(追跡2009年)の測定によって査定することができる左心室の構造および機能異常の広い範囲と関連付けられるかもしれない。 左の心室の放出の一部分は左心室を去り、各心拍の全身循環を書き入れる血の一部分を測定する。 それは左心室がそれ自身を空ける効率を表す。 正常な放出の一部分は55-70%である(ieは、普通作用の中心各心拍の左心室の総血の55-70%を出す)。 40%と55%間の放出の一部分は心臓損傷を示すかもしれ<40%は心不全または重要な心筋の損傷(アメリカの中心連合2012年)の診断を支える。 心不全が常態の放出の一部分(追跡2009年を持つ患者で行われることができることに注意することは重要である; アメリカの中心連合 2012年)。 従ってこの測定は他の診断試験と共に解釈されなければならない。

Biomarkerのテスト

  • またBタイプのnatriureticペプチッドと呼ばれる頭脳のnatriureticペプチッド(BNP)は、現在心不全を診断し、臨床結果(Weber 2006年を予測するための最も測定されたbiomarkersの1つである; Nagarajan 2011年; van Kimmenade 2012年)。 BNPは心筋の伸張か傷害(Weber 2006年に応じて心室(cardiomyocytes)の細胞によって大抵解放されるペプチッド ホルモンである; Di Angelantonio 2009年)。 従ってそれは普通血の容積および血圧を下げるために尿にナトリウムおよび水を解放するように腎臓に信号を送るために作用する。 BNPおよび前駆物質の片(NTproBNP)の血清のレベルは比例して量を示され、心循環器疾患(Di Angelantonio 2009年)のための危険のレベルと上がることができる。
  • 心臓troponinsはcardiomyocyteの損傷または死に 循環に(cTnIおよびcTnT)中心の筋繊維と関連付けられる規定する蛋白質および解放することができるである。 血清の心臓troponinsのQuantitationは心臓発作からののような心筋(Nagarajan 2012年)への激しい損傷を、検出するための金本位である。 心臓troponinsはまた慢性疾患の間に細胞から、心不全(Nagarajan 2011年)のような「漏る」かもしれ高感受性の試金(hscTnT)を使用して血清のcTnTの測定は心不全の診断および危険性評価(Wang 2000年で使用することができる; Nishio 2007年; McQueen 2013年)。

甲状腺機能亢進症および未処理の甲状腺機能低下症が心不全へ第一次か有力な原因である場合もあるおよび電解物のレベルのための標準的な血液検査および肝臓と腎臓の機能(ie、化学パネルおよび完全な血計算[CBC])ように診断で助けるかもしれないおよび心不全の監視が甲状腺剤機能テスト(特に甲状腺剤刺激的なホルモン[TSH])含んでいる付加的なテスト(追跡2005年)を査定するため。

ホモシステイン、インシュリンそっくりの成長因子1、C反応蛋白質、腫瘍の壊死の要因アルファ(TNF-のα)、およびinterleukin6 (IL-6)のような心血管の危険のマーカーはまた心不全のために特定でし、診断(van Kimmenade 2012年)よりもむしろ予想のためにより関連するかもしれないが、(Kenchaiah 2004年)査定されるかもしれない。

鉄および心不全

鉄は心不全のdualistic役割を担う; 鉄の両方積み過ぎおよび鉄不足は心不全と、異なった状況で関連付けられる。 鉄は遺伝性の鉄新陳代謝の病気の(例えば、第一次hemochromatosis)または酸化圧力によって細胞死をもたらす多数の輸血の後の心臓筋肉で集まることができる。 この現象は鉄積み過ぎの心筋症と呼ばれ、鉄の積み過ぎの無秩序の人々の心不全の主要な原因である。 transferrinの飽和と呼ばれる血液検査が鉄の積み過ぎのために選別するのに使用することができる。 医者は鉄新陳代謝の病気の個人的なまたは家系歴の心不全の患者の鉄超過分のために鉄の積み過ぎが別の理由(Kremastinos 2011年のために疑われればまたはテストするかもしれない; Gujja 2010年; マーフィー 2010年)。

一方では、心不全を用いる個人は彼らの状態が進歩すると同時に鉄不足を開発するかもしれない。 以上1500の心不全の患者を含む調査の分析では、主題の50%は鉄であると不十分見つけられた(Klip 2013年)。 また、慢性の心不全を用いる552の主題の2013調査は鉄不足が(Comin-Colet 2013年)減らされた生活環境基準と強く関連付けられたことが分った。 鉄不足の心不全の患者の鉄の補足は改善された徴候、機能容量、生活環境基準、および減らされた入院許可(Filippatos 2013年と関連付けられる; Kapoor 2013年; Avni 2012年)。 鉄不足が否定的に心不全の結果に影響を与える特定のメカニズムははっきり定義されないが、鉄不足関連貧血症が時として原因であるかもしれ減らされた鉄の直接的な効果に他で貯える(Jankowska 2010年)。 鉄および総鉄の結合容量(TIBC)テストは鉄不足のために選別するのに使用することができる。

貧血症は心不全を用いる個人間でかなり一般的で、悪い結果と関連付けられる。 鉄不足は貧血症の多くの場合顕著な原因である、しかし貧血症は心不全の鉄不足とは関係なく起こることができる。 鉄不足を除いて、心不全の貧血症の他の考えられる原因は赤血球の生産を制御するエリスロポエチン(ホルモン)、流動保持(Westenbrink 2007年)の腎臓問題および問題の損なわれた生産を含んでいる。 貧血症の認識そして管理は心不全の心配の重要な部品としてますます確認されるが、最もよい処置の作戦はまだこの執筆(Shah 2013年の時現在に調査されている; Pereira 2013年; Kilicgedik 2012年; Jankowska 2010年)。 複数の血液検査は貧血症のための選別のために有用である場合もあり、ferritin、総鉄の結合容量(TIBC)、ビタミンB12、folateおよびreticulocyte (未熟な赤血球)の計算を含むガイドの処置を、助けるかもしれない。

心電図検査およびイメージ投射

心電図 (ECG)が心腔の電気異常、拡大、および不整脈を測定するのに使用することができる。 それは心不全(追跡2009年)に貢献できる心臓異常のためのスクリーニングの重要な用具である。

echocardiogramは 心不全(追跡2005年)のための最も有用な診断試験間にある。 エコー心電図検査は心筋または弁の異常を視覚化したり、心腔のサイズの変更を量的に表わすか、または異常を検出するのに中心の実時間イメージを表示し、血の流れで使用することができる超音波の技術である。 ドップラー流れと結合されたとき、それ表す心不全(追跡2009年)と患者のための重要な診断アプローチを調査する。 エコー心電図検査はまた推定するべき重要な技術であり、左の心室の放出の変更を監視するために小分けしなさい。 また他の映像技術が心腔のサイズを評価するか、心筋の損傷を検出するか、または肺水腫を検出するのに使用されるかもしれない; これらは箱のレントゲン写真術(「X線」)、コンピュータ断層撮影(CTまたは「CAT」スキャン)、および磁気共鳴イメージ投射(MRI) (追跡2009年を含んでいる; Mangalat 2009年)。

心不全の分類そして足場

いろいろなアプローチが心不全によって課される機能限定の程度の量を示すのに使用されていた。  最も広く利用されたスケールは身体活動の異なったレベルで慰めのある程度に基づいて4つのクラスの1つに心臓病気の患者を分類するニューヨークの中心連合の機能分類(NYHA)である。

NYHAの機能分類 (ニューヨークの規準委員会1964年)

  • 心臓病気のクラスI. Patients身体活動の限定がない。 通常の身体活動により過度な疲労、動悸、息切れ、または胸痛を引き起こさない。
  • クラスII。 身体活動のわずかな限定に終る心臓病気の患者。 それらは残りで快適である。 通常の身体活動は疲労、動悸、息切れ、または胸痛で起因する。
  • クラスIII。 身体活動のマーク付きの限定に終る心臓病気の患者。 それらは残りで快適である。 より少なくより通常の活動により疲労、動悸、息切れ、または胸痛を引き起こす。
  • クラスIV。 不快なしで身体活動を続けていく無力に終る心臓病気の患者。 心不全または胸痛の徴候は残りであるかもしれない。 どの身体活動でも引き受けられれば、不快は増加する。

、第2アプローチは標準的指針(Jessup 2009年の心臓学の基礎/アメリカの中心連合(ACCF/AHA)のタスクフォースのアメリカの大学によってNYHAの分類体系を補足するように意図されている心不全の分類がNYHAの分類体系が重要な相互観測者の可変性に応じてあるという事実が原因で開発された; Brozena 2003年)。 このシステムは心不全の開発および進行両方(Jessup 2009年)を考慮に入れる。 ACCF/AHAの足場システムは心不全の開発そして進行にかかわる4つの段階を識別する。 最初の2つの段階(AはおよびB)は公然の心不全としては考慮されないし、心不全にし向けるあり、そして危険な状態の患者(追跡2005年助ける)の早い同一証明が付いている医療サービス提供者を試みである危険率が。

心臓学の基礎/アメリカの中心連合の足場(追跡2005年 )のアメリカの大学

心不全の危険がある状態に

  • 段階A。 心不全のための、しかし心不全の構造病気か徴候なしの危険度が高い
  • 左の心室の 肥大/機能障害のような、しかし心不全の印または徴候のない段階のB. Structuralの心臓病、

心不全

  • 心不全 の前か現在の徴候の段階のC. Structuralの心臓病
  • 段階D.の 専門にされた介在を要求する処置抵抗力がある心不全